先日 仕事でロンドンに行く機会がありました
ロンドンと言えば 私は早稲田大学卒業後 1994年から1996年末まで
住んでいました

当時は1992年のバブル崩壊直後ではありましたが、今より遙かに
日本の状況は良く、多くの若者は海外を目指した時期でもありました
私も日本を飛び出し 青春時代の最後の2年半を
この国で暮らしたのです

a0054076_00422670.jpg
左が私、右が弟です
ロンドン定着は1994年ですが 初めて行った1991年の写真です

それが21年前のこと、
その後2006年に一度行きましたが
そこからも11年経って 本当に久しぶりにロンドンに行きました

普段 海外ロケでは自由時間は帰りの空港の中しか無いのが普通なのですが
神様の思し召しでしょうか?
今回は2時間 ロケ中に自由時間がありました

そこで・・・思い出散歩をしてみることにしました。

私が通った 映画学校は当時 Covent garden駅の近くにありました
a0054076_00460793.jpg
a0054076_00462370.jpg
駅はビックリするぐらい 21年前そのままでした
a0054076_00470378.jpg
駅から歩いて2分
その学校はありました
当時は The London International Film Schoolと言いましたが
今は改称して The London Film Schoolという名前になっているみたいですね

a0054076_00482969.jpg
a0054076_00485564.jpg
で、記念撮影
校舎の雰囲気も何もかもあのときと一緒です
a0054076_00492634.jpg
さらにここまで来たら思いで巡り
映画をヤマほど見た Prince Charles劇場
ここは毎週土曜日に 「みんなで踊ろう ロッキーホラーショー」上映をやっている事で
有名な劇場で、当時もやっていましたが、なんと今でもやっているみたいです
a0054076_00520593.jpg
さらに「オペラ座の怪人」がやっている Her Majesty 劇場
a0054076_00532214.jpg
そしてここですよ ここ!
当時 ロンドンにいた日本人学生なら必ず通った
「ロンドン一安い 中華料理店」 ワンキー

a0054076_00543540.jpg
当時そのまんま!
a0054076_01011636.jpg

a0054076_00550626.jpg
a0054076_00561366.jpg

メニューも殆ど同じでした
特によく食べたのが160の
Assorted Meat Rice
日本語で言うと「ごちゃ混ぜ肉メシ」ですね

で、頼んでみました
店に入ると 「イギリス一失礼な店」と言われただけあって
当時とおなじように ぞんざいに席を指さされます
座るとこんな感じ
当時よりはちょっと綺麗になっていました
a0054076_01013330.jpg
で、待つこと10分
ついに・・・

キタ~~~~~~!

Assorted Meat Rice!

a0054076_01021388.jpg
そう ご飯の上にその日使った肉の切れっ端がごちゃ混ぜに入っているというご飯
肉というか、イカ・鴨・焼き豚・ハムなどが乗っていますね
このごった煮感が好きだったんですよ!
a0054076_01033243.jpg
実際食べると凄く美味しいんです
本当に当時と同じ味で 不意に泣きそうになりました
24歳の頃、46歳の私が独身だとは想像していませんでしたし、映画監督になっているものだと
信じ切っていましたが
実際にはテレビディレクターで、まあ何というか、それで今でもメシを食えているので
夢が7割方叶っているという 非常に曖昧な結末なんですけど
いろんな事を思い出させる旅でした

ただ一つ変わっていたことが・・・

当時このAssorted Meat Riceは £4.5でした
当時のレートで 750円ぐらい?
でも よく見ると £5.8に値上げしていました
今もレートはそんなに変わらないので計算すると・・・  950円ぐらい?

いやいやいや
それは高いんじゃ無いの?(苦笑)


# by AWAchampion | 2017-07-20 01:07 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

連日 猛暑が続きますね。
もうすっかり夏ですね

で、先日 ローソンでこの商品を買ったんです
a0054076_01553188.jpg
そしたら 10数年前からよく知ってる 日本人の店長さんが
この商品を見て こう言うんです

「温めますか?」

ん?

は?

へ?

あまりのアヴァンギャルドな質問に 思わず 3回聞き返してしまいました

人は母国語であっても、あまりに場違いなことを言われると
言葉が頭に入ってこないんですね

そしたら なんと
これは 電子レンジで40秒温めて飲む商品なんだそうです

温めることで シャーベットがシャリシャリ状態になって
そこをストローで飲むのだそうです

でもまさか アイス売り場に入っている商品を
電子レンジに入れるとは思いも寄りませんでした

で、
「てっきり自然解凍するのかと思ってましたよ」

といったら

「ハハハハ、それじゃ 日が暮れますよ」

と 
まさかのこっちが変な人扱い!

うわぁ・・・・(苦笑)



# by AWAchampion | 2017-07-09 02:00 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

全然知らなかったのですが
私が2006年に作った「ハローキティのマジカルあいうえお」が
今Amazonビデオに入っていて

なんと!

なんと、再生回数が全体の50位以内に入っているそうです

えええ!

ありがたい!

自分が作ったモノが10年の命を吹き込まれているのが
嬉しすぎて泣きそうです


ありがとうございます

# by AWAchampion | 2017-07-09 00:28 | 告知 | Trackback | Comments(0)

以前 すき家で深夜に店員が調理も接客も含めて1人でやるという
体制になったところ、問題が頻発したという事がありましたよね?

私もこの前同じようなことがありました

以前からお仕事をいただいている会社でのこと
10何年前からお仕事をしていて
それなりにいろんな人と仕事をしているのですが
とあるプロデューサーさん
仮にSさんとしますが
彼と仕事をすると、なぜか納品後問題が頻発するのです

基本的にそのSさんは、良く言えばディレクターに全て任せる方式。
悪く言えば 丸投げ。つまり 放っておかれてなんだか分からないけど
一人で何でもやらざるを得ない いわばワンオペレーション体制なのです

一人で何でもやるのは良いのですが
チェックするのが全てが終わった後なんでしょう
なので 取り返しが付かない時期になって
大騒ぎになり
「お前に任せていたのに。お前のミスだ」
みたいなことが起こるのです

でもね・・・・

その会社で他の人とやっても
そんな事起きないんですよ

ワンオペレーションというのは かなり練られたマニュアルがあってこそ
成立するモノなんだと思います

昔からつきあいがあるとは言え、年に何回か?しか行かない会社で
全くほおっておかれて
一個一個
「これでいいのかな?何にも言われないけど?」とやっていては
そりゃミスも出ます
だって それこそ その会社に入るパスも無い状態で
コピー1つ取るのも大変なのです。

そんな状態で
いちいち 一人で手探りでやるわけですが
でも 実は正解は別にあるわけですからね・・・。

どこの会社でいるんでしょうけれど
下請けに丸投げしておいて 納品後に「あそこがミスだ。ここもミスだ」と
減点していくパターンの人・・・。

本人は下請けのせいにして 傷つかないのかも知れませんが
結局商品やサービスに如実に表われてきます

聞くとSさんは なんか
情報番組で放送後 色々と公的機関から怒られた経験がおありだそうです
まあそうだろうなぁ・・・
なんとなく原因が分かるなぁ・・・と思いました

マネージメントというのは 非常に難しいモノだと思います
そこが上手く行けば 事業全体が上手く行くし
マネージメントがダメだと やっぱり上手く行かないんですよね





# by AWAchampion | 2017-07-07 19:59 | Diary | Trackback | Comments(0)

先日、元共同テレビ第二制作部長で、現バンエイト役員だった
近藤孝子さんの 定年お祝いの会が開かれ、私も顔を出してきました

私はテレビ業界に入って20年になりますが
近藤さんは その中でも最もお世話になった方の一人です

はじめてお会いしたのは 1997年
私はまだ 駆け出しのADさんというか ドラマの助監督さんで
「白いモノも黒という」「現場で異議を唱える奴は鉄拳制裁」みたいな現場に辟易として
日本のテレビ界に希望が持てなくなっていた時のこと

たまたま 私がいたカノックスと共同テレビで 共同制作の番組がアリ
そこに配属されたときに 共同テレビのプロデューサーさんとしてお会いしました

とても明るくて、私が言ったこともちゃんと聞いて下さる方で
「日本のテレビの世界にも、こういう方もいるんだな」と 私がその後やっていくにあたって
希望を持たせて下さった方でした
そして私は当時 全然出来ないADさんでしたが、なぜかかわいがって下さいって
その後も色々交流が続きました

そして2004年 カノックスが解散します。
ディレクターにはなっていましたが
路頭に迷いそうになっていた私を、共同テレビに拾って下さり
ちょうど始まる寸前だった セサミストリート日本版の演出チームの一人に
加えて下さったのです

そこで拾って下さらなかったら 確実に今の私はいません

最近では飲む席で冗談ばかり言っていましたが
さすがに今日は お礼を言わせていただきました

近藤さん 今まで本当にお世話になりました


# by AWAchampion | 2017-06-29 23:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

先日 カノックス時代に大変お世話になった
佐藤将之さんに頼まれて
NPO法人 パラフォトの皆さんの前で
小さな会合の中で お話ししてきました

内容は昨年私が手がけた WOWOWのパラアスリート・ドキュメンタリー
「WHO I AM」の事について

大枠は WOWOWプロデューサー 太田さんが
都内の多くの大学で講演会をされているのですが
各論を聞きたいと言うことで
タティアナ・マクファデンさんに代表される
「スポンサーの付いている 経済的に豊かなパラアスリート」の現状について
語ってきました

a0054076_05080313.jpg
a0054076_05081862.jpg
a0054076_05083409.jpg
a0054076_05084607.jpg
取材する事はあっても
人の前でお話をして その後 色々質問されることになれていないので
難しいですね

伝わる話し方・・・について 反省させられた一日でした

# by AWAchampion | 2017-06-29 05:10 | Diary | Trackback | Comments(0)

先週の土曜日 ちょうど 新宿武蔵野館で
前評判が高く、今年のカンヌや アカデミー外国語賞でも話題となった
ドイツ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」の封切り日だったので
見てきました

まだ公開から日が浅いですが ネタバレしますよ
見るつもりのかたは逃げて下さいね

ちなみに予告編


さて 内容ですが 公式HPによると
悪ふざけが大好きな父・ヴィンフリートとコンサルタント会社で働く娘・イネス。
性格も正反対なふたりの関係はあまり上手くいっていない。
たまに会っても、イネスは仕事の電話ばかりして、ろくに話すこともできない。
そんな娘を心配したヴィンフリートは、愛犬の死をきっかけに、彼女が働くルーマニアの首都ブカレストへ。
父の突然の訪問に驚くイネス。ぎくしゃくしながらも何とか数日間を一緒に過ごし、
父はドイツに帰って行った。ホッとしたのも束の間、彼女のもとに、
<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れる。
職場、レストラン、パーティー会場──神出鬼没のトニ・エルドマンの行動に
イネスのイライラもつのる。しかし、ふたりが衝突すればするほど、ふたりの仲は縮まっていく…。

という作品なのですが、
一言言わせてもらいます

長い!

長すぎるよ!


いや オフビートな作品で 何も無い間を作って テンポの悪さを
関係性の悪さや、居心地の悪さにして、それが後半 ドンドン縮まっていくという
演出手法なのはわかります

でもね、このネタで 2時間40分超えはキツいぜ!
2時間で良いでしょ?
いや、ウッディ・アレンなら100分で作るね

絶賛の声が結構多いのですが 私は この居心地の悪さを作り出す編集に
まんまと乗ってしまったのか?とにかく見ていて不快なテンポが耐えられませんでした

それは色々あって
後半 汚い親父が トニ・エルドマンに変装して ビジネスマンの娘の行く先々に
現われるのが コントとしては面白いのですがリアリティに欠けるという
そもそもの点で乗れなかったり
なんか、何カ所か出てくる セックスジョークが メチャクチャ下品というか
生々しくて (なんと女性監督だそうです)
ちょっと生理的に無理だったりしました

それから 最も大きな違和感は
父が心配している 娘の その心配の内容が
「忙しすぎてストレスを感じている 現状」なのか?
「第三世界の人の犠牲の元に成り立っている 彼女の仕事」なのか?
ちょっとブレているという点です

野心的な作品であるとは思いましたが
脚本が 良いとは思えませんでしたし
私は正直 ★を付けるなら 5点満点中2つですかね?


# by AWAchampion | 2017-06-29 04:57 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

先週の土曜日に映画を見てきました

「何にしようかな?」と思っていたら
新宿で 朝10時から なんとフランソワ・トリュフォーの「突然。炎のごとく」やってるじゃ
ないですか?

ということで行ってきました

イヤ久しぶり
多分20年ぶりぐらいに見ました
そうそう「ジュール・エ・ジム」っていう原題でしたね

内容は フランス人のジムと、オーストリア人のジュールが親友になり
何処に行くにも一緒という生活をしていたら
ある日そこに自由奔放な女 カトリーヌが現われ
二人の男に愛されながら 振り子のように行ったりきたりする という
映画です

それをラウル・クタールが いかにもヌーヴェルバーグっぽい
自由奔放にぶん回すカメラワークをして
それを トリュフォーがさらに ズームも何も関係無く 自由にぶった切り
編集する・・・
とにかく ストーリーも映像も 自由奔放な作品でした

最近の映画は 良い意味で映画言語をがちがちに守る作品が多く
ここまで 自由でメチャクチャな作品はあまり見られません
でも やっぱり映像の作り手としては こう言う作品に
刺激を受けることも多いのです

久々に ヌーヴェルヴァーグにどっぷりつかった
2時間でした

# by AWAchampion | 2017-06-29 04:43 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

正直今年 色々ストレスが溜まっています

そこで・・・

はじめて

行ってしまいました

そう、

ここだぁ!

a0054076_21072107.jpg
猫カフェです!

私と猫との関わりなんですが
私 子供の頃 小児ぜんそくだったんですね。
それで 両親が心配しまして 犬や猫は飼ったことがありませんでした
(私が生まれる前は 犬を飼っていたらしいですが)

で、まあ40代になるまで そんなに猫とふれあって
来なかったですが
アニマルセラピーっていうんですか?

でもね、多分私の身体に全然猫のにおいがしないからか
猫が逃げていくんです

a0054076_21100206.jpg
そこで仕方なく
こんなこともしてみました

a0054076_21113083.jpg
鏡越しに撮影すると ぶれずに猫が写りますね

でもまだまだトライ!

a0054076_21120934.jpg
結局寝ている猫を撫でさせてもらいました

でも癒やされましたよ
こう言う世界があるんですね


# by AWAchampion | 2017-06-24 21:12 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

この → 
隣にある プロフィール欄は 今まで空欄でしたが
色々書きました
もし私が 何者だ?とお思いの方・・・
怪しい者ではございません
どうぞよろしくお願いいたします

# by AWAchampion | 2017-06-21 02:52 | Diary | Trackback | Comments(0)