「コーヒープリンス一号店」を見ました

今日、青山劇場でミュージカル「コーヒープリンス一号店」を見ました。

この作品は韓国ドラマの大ヒット作 「コーヒープリンス一号店」を
「テニスの王子様 ミュージカル」の演出・振付で知られる上島雪夫さんが演出された作品でした。

私はセサミストリートでお仕事をご一緒した 振付家の井口綾子さん(セサミのメグちゃん役でした)
が、上島さんといつも仕事を一緒にされている関係で 大人気作品の千秋楽ではありましたが、
とてもいい席で拝見しました。

ストーリーは イケメンばかりのカフェに潜り込んだ 男勝りの女の子と、社長の勘違いから
始まった恋の顛末・・・という作品で、韓国ドラマらしい甘くて情熱的なお話でした。

主役は 「レ・ミゼ」のマリウス役などの経験のある 山崎育三郎さんと
「ピーターパン」の高畑充希さん
また脇を尾藤イサオさんと、中尾ミエさんの重鎮が支えるという感じでした。

テレビドラマシリーズのミュージカル化なので 若干展開が早すぎて
戸惑ったところもありましたが、
逆にキャラクターがしっかりと、そしてブレがなく生き生きとしていたので、
後半はドンドンのめり込んで面白く見ました。

やはり、物語は、ストーリーもさることながら キャラクターなのだということを強く感じさせられました。

多分上島さんはそれほどギュウギュウに締め付けるタイプの演出家ではなく
キャラを生きて、キャラから生まれる自然な言葉を役者に求める感じの方だとお見受けしました。
ですから、若い役者さんたちは 相当伸び伸びやってらして、
そこがとても好感が持てました。

正直舞台装置などは、ちょっと見ていて位置関係が混乱したところもあり、
「この人がどこに住んでいるのか?」「この人は何故、この人の家に遊びに行ったんだ?」みたいな
ところで 意味がわからなくなるところはありました。
それは 色々改善の余地があるとは思います。

でも、全体的にとても肩の力の抜けた、愛すべき佳作だったと思います。

ただ、一点・・。
着地点は ちょっと長すぎた感じはしました。
もっと手前でバシーンと終わっても 同じ感動があったんじゃないかな?とも
思います。韓国ドラマって、妙にヒロインとかを一回海外に出したがる傾向がありますよね?
でも、この作品に限っては 別にその前で終わって、もっと早くウンチャンに
女性の格好をさせたほうが きれいに落ちたのでは?と思いました。
まあ、多分原作がこうなっていて、ドラマではそこそこ尺が取られているので
変えられなかったというのは十分考えられますけどね。

なんか、見ていてとても青春の匂いのする、清々しい作品でした。

あと、中尾ミエさんの歌を久々に生で聞きましたが
すごいですよねぇ。
いやはや、やはりあの頃のナベプロでトップを張っていた凄玉ですよ!彼女は。
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/15104623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2012-04-22 01:06 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)