橋下市長と文楽

今日の毎日新聞で 橋下市長が文楽を見て
「演出や台本が古すぎる、改善せよ」と苦言を呈したとありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120726-00000099-mai-soci

まあもちろん私はその会見を見たわけじゃないので
色々バイアスがかかった記事だとは分かりつつも、
さすがに ちょっとこれは 橋下さんに賛同できない気がします。

これは放送人形劇の演出家としては、
「そういう現代的な手法の人形劇は、テレビで私がやるべきもので
文楽の方がやるべきものではない」というのが基本的なスタンスです。

もちろん江戸時代、文楽は同時代性を得た演劇形態だったワケですが
今は、その「300年前の人を熱狂させた 台本&演出」が、今に通じると
信じてやっていらっしゃる方々の集団なわけです。

実際 「心中天の網島」「女殺し油の地獄」などは、現代でも何度も映画化されていますし
歌舞伎の演目にも、ものすごく多くの文楽由来の演目があるというぐらい
この文化は独特でエバーグリーンなものなのです。

ただ、確かに21世紀としては 刺激は少ないかもしれない
でも守るべき価値のあるものだと思います。

橋下さんは、私より高校で一学年上 名門北野高校、大学は同門ですが、
わたくしは第二文学部 橋下さんは法学部と、
常に私より頭のいい場所におられた同世代の方なのに、どうして
そんな簡単な 嗅覚がないのか?ちょっと不思議です。

この「台本が古い」という指摘も
黒澤監督が以前ぼやいた
「俺が赤い絵を描いているのに、青くないと文句を言われても困る」
というのに似て、そもそも 橋下さんの視点がずれています。

ただ、ここまで来ると 橋下さんは古典が好きじゃないということが
はっきりわかります。

だったら、文楽を京都か東京に持ってきませんか?
東京に持ってきてくれれば 私は嬉しいです。

彼は「文楽は税金で守るべきものではない」の一点張りなんでしょ?
同時代性があるなら、民間で守れるはずだ・・・ということなんでしょう。
じゃあ東京で守りましょうよ。
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/15855516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2012-07-27 09:54 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)