「アウトレイジ・ビヨンド」見ました

北野武監督最新作 「アウトレイジ・ビヨンド」を見てきました。
このあと、深刻なネタばれをしますので、これから見る人は
とにかく逃げてェェェェ!











逃げました?
ここから先は見た方だけが読んでいいブロックですよ。
マジ ネタばれしますよ。



さて、前作「アウトレイジ」から五年後、
関東の巨大暴力団 山王会は、先代北村総一朗を殺してのし上がった 
二代目三浦友和のもとで急成長。
その影には 山王会の三部組織の武闘派組 大友会の下で修行を積んだ
若くて頭の切れる 加瀬亮が、山王会全体の若頭に抜擢され
経済ヤクザとして生まれ変わったことが大きかった。

その力は政界にまで及び、山王会の天下だと思われたとき
警視庁 暴力団担当の刑事 小日向文世が、刑務所で死んだと思われていた
ビートたけしを出所させる。

という物語です。

前作「アウトレイジ」は「全員悪役」というキャッチコピー通り
なにか 暴力描写先行で、闘鶏が戦いあっているのを
眺めているような感じがしましたが、今回はビートたけし扮する大友や
中野英雄扮する木村。小日向文世の片岡刑事。
花菱会や山王会の動きなど、全て納得できる動機があり
非常に完成度の高い脚本で練られた、人間ドラマでした。

特に加瀬亮扮する 石原が、分不相応に大きくなってしまったが故に
去勢を張り、怒鳴り散らす様子や、
引退した二代目会長 三浦友和と 三代目会長 名高達男の
上座をめぐるちょっとした小競り合いなど、本当にキャラがしっかりしていて
正直前作とは比べ物にならないほど いい作品でした。

たけしさんがそれほど物語の中で 多くの時間出ていないのも良いですね。
ご自分が監督として、ちゃんと引いた目で見られたが故に
非常に密度の濃い 人間ドラマになっていました。

ギャングスター作品で、我々が感情移入するのは
やはり「恨み」とか「復讐心」を暴力で晴らすという
日常では出来ない構図なのです。

そこで武さんは 今回その恨みの根源をしっかりと描いたことで
出演者たちにぐっと感情移入できました。

今回の作品はご自分が「仁義なき戦い」以来のスタンダードを作った
とおっしゃっていましたが、それはその通りで、
冷たい現代社会のヤクザの、綺麗事ではないリアルな損得勘定や
「恨み」の構図を描いたという点で ヤクザ映画の新しい
地平だと思いました。

北野武 初期暴力三部作
「その男、凶暴につき」
「3ー4x10月」
「ソナチネ」
の系譜に確実に入る、四作めの傑作だと思いました。

もちろん「キッズ・リターン」とかもいいけど
ちょっとたけしさんの コント作家っぽい人情劇が入っている
のですが、今回の作品はあくまで冷たく、そして理にかなった
良質のフィルム・ノアールでした。
ヨーロッパがしびれたキタノブルーは ようやく復活しましたよ。

そしてラストが良い。

まさかねぇ・・・。前作から見ているとわかりますが
彼が殺されるとはねぇ・・・。
だって彼は、リア王でいえば 道化の役で
破滅する王国を笑いながら見ている狂言回しなんですけど、
今回「ちょっと出過ぎているかな?」と思ったらこの結末。

いやぁ、北野武という人の 脚本家としての
才能は今一度評価されるべきだと思いますね。
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/16725804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2012-11-03 20:00 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)