巨星 墜つ 岩谷時子さん死去

越路吹雪のマネージャーとして知られ
「愛の讃歌」「サン・トワ・マミー」などの作詞や
多くの東宝ミュージカルの作詞家として知られた
岩谷時子さんが昨晩亡くなられたそうです。
97歳の大往生でした。

岩谷先生はそれこそ 日本の輸入ミュージカル 第一号
江利チエミ版「マイ・フェア・レディ」から訳詞を手がけ
今帝劇でやっている「レ・ミゼラブル」歌詞も手がけるなど
本当に日本のミュージカルの向上に尽力した第一人者として知られます

何しろ『マイフェアレディ』の『踊り明かそう』
 ♪ 夜明けまでも 踊りたいの 夢をのせて
『屋根の上のバイオリン弾き』の『サンライズ・サンセット』
 ♪ 日は上り 日は沈み 時は行く
『レ・ミゼラブル』の『夢やぶれて』 
♪ 夢を見ていたわ のぞみ高く 生きて
などが同じ人の筆で書かれているって凄いことです。

私の父 岡田敬二も何度かお仕事をさせていただいたようで
彼女との打ち合わせには非常に緊張して家を出ていった様子が
今でも思い返さえれます。
特に宝塚で父が演出した ナツメさんの『キス・ミー・ケイト』
カナメさんの『グランドホテル』などでは、ガッツリお仕事をさせていただいていたようで
25年前 すでに70歳だった岩谷先生と、40代後半だった父の
仕事ぶりを想像すると、今や同業者となった私もなんだか緊張してきます。

本当に日本のミュージカル界の至宝でした

ご冥福をお祈りいたします


偶然ですが
昨日行われた『十八世中村勘三郎 一周忌メモリアルイベント』内で
大竹しのぶさんが 昭和五十二年に勘三郎さんと共演した
『若きハイデルベルヒ』の曲を二曲歌いましたが
その作詞は やはり 岩谷時子さんでした。

寂しがり屋の勘三郎さんが岩谷先生を呼んだのかもしれませんね。
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/18866499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2013-10-28 13:39 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)