東京芸術劇場『ハンスはハイリ~どっちもどっち?』

今日、東京芸術劇場のプレイハウス(500人程度の中劇場)で
スイスを拠点とする パフォーマンスユニット
Zimmermann&de Perrotの 『ハンスはハイリ』を見てきました

これは私のFB仲間である 道化師のYAMAさんが
(道化師 YAMAさんHP http://balloon-circus.com/yama/
おススメしていたパフォーマンスで
ダンスとサーカスと大道芸を足して3で割ったような作品だという事でした


行くと、多くの四角の枠が舞台上においてあります
その枠を通して いろんなパフォーマンスが
行われるのですが
途中で黒い枠が取れると 後ろに 巨大な 4つの部屋が現れます
それは セットごとぐるぐると360度回転するようになっていて
回転する 枠のなかで翻弄される人間の生活・営みを
コミカルに表現していました

まあ見てもらった方が良いでしょう



劇場で見ると相当スペクタクルがあって
ドキッとしました
シルク・ド・ソレイユじゃなくても こういう事できるんだっていう
いい刺激になりました

客層はとても不思議で
小さい子供連れ 3割・創作ダンスを見るような難しい客 2割・外国人 2割
中年カップル 3割と言う感じでした

内容は コミカルで誰にでもわかるとパントマイムが主流でした
でも、意外とセクシーな描写・・・それも男同士何かも多くて
非常に不思議な90分間でした
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/19784495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2014-05-11 18:39 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)