大人AKBに 『巨人と玩具』を思う

いやぁ・・・・

すごいですね・・・。

ホントに・・・。

久々に言葉を失いました。

と言うのは yahooのトップページに
大人AKBさんが握手会に出たという記事が載っていたのです
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140511-00000009-mantan-ent

この記事を見て 開高健 原作 増村保造 監督作品の
『巨人と玩具』という映画を思い出しました
http://youtu.be/tioJLZXnYSo

これは 高度経済成長期の昭和30年代後半
二つの大きなお菓子メーカーが 存亡をかけて激しく争っていた
時の話です。

片方のメーカーの若手宣伝部員がある日
『わざわざ スターを使わなくても 自前でスターをでっち上げて
そのスターにCMをやらせればいいのでは?』という案を思いつき
学生だった 歯の欠けた ちょっとおブスの女の子を
企業の力で ごり押しし、雑誌や新聞、CMにいきなりバンバン出して
スターを作り上げます

作戦は大成功
昨日まで貧乏学生だった女の子は、急にメディアスターになり
その子をCMに起用した お菓子メーカーはライバルを出し抜きます

しかしやがて、その子は本当にスターになり始め
ライバル会社の仕掛けもあり
宣伝部員の手を離れて暴走し始めるのです・・・・。

という話で、本当に面白い映画です

で、今回の大人AKBさんですが
要するにグリコの大人向けポッキーか何かのCMのための
企画なのです

まさに『巨人と玩具』じゃないですか!

なんですけど、昭和30年代と平成26年の違いは
今回の場合、雑誌にグラビアページに載ってスター扱いされるとか
彼女のメインのCMが流れるとかそういう事もないまま
いきなり握手会に入っているのです。

つまりまだなんでもない無名の人が、無名の人と
握手をしている様子を カメラが捉え ネットで報じられる・・・。

こんなアバンギャルドな事があるでしょうか?
さすがの開高健も思いつかなかったでしょう。

要するに 『ある日急にアイドルになる』というシンデレラストーリーの
【イメージ】だけをCMにしているのです。
だから なんとなく辻褄はあっているんですけど
冷静になってみると 握手している人は「この人なに?」
握手会に出ている 塚本さんも「何を話せばいいのか?」

そこに人はもう 関係ないんです
【イメージ】CMですから・・・。

凄い話です。

こんなにエンターテイメントについて 醒めた目でCMを作る
というのは 本当になんか そこにある虚の深さに
ただただ 立ちすくんでしまいます。

久しぶりに 『はじめ人間 ギャートルズ』のエンディングテーマを
聞きたくなりました

♪ なんにもない なんにもない まったく なんにもない・・・・
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/19785870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2014-05-12 00:14 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)