ハリウッド版 ゴジラを見ました

先日話題の ハリウッド版ゴジラを見ました

今回は内容に関するネタバレはしません
私は3D吹き替え版で見たのですが
この作品に関しては3D字幕で見たほうが良いと思いました

というのはゴジラ映画と言うのは実はゴジラが出てくる前の方が
色々見せる要素があるものなのですが
そこでは3Dが邪魔になるのです
もちろん怪獣が暴れているところは3Dの方がいいんでしょうが
今回のように日本の描写が出てきたりするところは
普通に2Dで、しかもアメリカ人が話す日本語みたいなのを
堪能した方が面白いと思いました

渡辺謙ふんする日本人科学者の名前が
芹沢博士というのは にやりとするところです
つまりオリジナルゴジラの主人公の名前です

でもそこまで来たら オキシジン・デストロイヤーを
使ってほしくなりますよねぇ

この映画でもそうですし
『パシフィック・リム』の菊地凜子もそうでしたが
「分かってる」監督が取る日本人科学者と言うのは
大体 「自然をバカにするものは自然にしっぺ返しにあう」
みたいな事を言ってアメリカ軍の偉い人を困惑させます
今回も言ってますよ!
これはなんとなく伝統なんでしょうね

正直評判ほどは私はグッときませんでした
これなら金子修介さんがとったガメラシリーズの方が
良いと思いました
CGの出来上がりも含めてです
スーツアクター&ミニチュアの方が良いこともあると思いましたよ
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/20089405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2014-08-13 02:37 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)