『超高速 参勤交代』を見ました

先日 映画『超高速 参勤交代』を見ました
もう明日で公開が終了するので これもネタバレ積極的にしちゃいます

この作品は 映画の脚本界の新人賞として知られる
城戸賞を受賞した土橋章宏さんのオリジナル脚本をもとに
『釣りバカ日誌』などで知られる本木克英監督がメガホンを取った作品です

舞台は福島 いわきの小藩 湯長谷藩
老中の策略により 通常8日以上かかる参勤交代を
実質4日で行う事になり
お金も人も時間もない中で 超高速参勤交代を実現するという
作品です

なんとなく新東宝の『マラソン侍』とかを思い出しましたが
かなりそういう色合いの濃い コメディ時代劇です

この作品はさすが城戸賞作品
非常に脚本が良く出来ています
それは キャラクターが非常に魅力的で
しかもそれぞれに成長譚があり
それでいて ちゃんと身分の差からにじみ出る情をすくいあげている
という、かゆい所にちゃんと手が届いた作品だと思いました

まあもちろん本木監督ご自身が書いていますが
コメディ要素が強すぎると言えば強すぎます
でも、良く流行っている『時代劇のコスチュームだけ借りた
小劇場っぽい作品』ではなく
ちゃんと時代劇のコメディです
これが非常に良かったと思います

佐々木蔵之介さんは非常に良いですね
青年の香りを残しつつ 威厳も表現できる稀有な俳優さんです

役者陣の中では六角精二さんの良さも光りました

またメインどころではありませんが
殿の妹役 舞海美海さん・・・(宝塚の娘役出身だそうです)
が非常に良いと思いました

肩の力を抜いて見られますが
うっかり泣かされそうになるいい映画でした
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/20091696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2014-08-13 22:43 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)