サンリオ版映画 『くるみ割り人形』を見ました

私はサンリオで『サンリオぽこあぽこ』シリーズを作らせていただいたことがあるので
サンリオさんとはその後 ずっとご挨拶に伺うような関係になっています

そんな近しい思いもあったので
サンリオ版映画『くるみ割り人形』を見てきました

見たのは日曜日朝九時の回 某シネコンの200席ぐらいの劇場は
満席!その全てが 6~9歳ぐらいの小学校低学年の子供連れでした

この作品は40年前にサンリオが制作したクレイアニメーションの映画を
元に、きゃりーぱみゅぱみゅなどのアートワークスを手掛ける 増田セバスチャンさんが
リミックスを加えた作品です

とにかく40年前にこういう日本で本格的なメルヘンのクレイアニメがあったことにビックリ!
ビジュアルイメージは素晴らしかったです
増田さんの新撮部分も極力40年前のテイストと合わせようとしていたのに好感を持ちました

ただ、お話がバレエの『くるみ割り人形』より複雑で
主人公の夢が3重に重なるようなところもアリ、子供たちにはちょっと難しかったかもしれません
あと音の数も、大人向けには良いと思いましたが、子供向けには少し足りない気がしました
人形劇ですからちょっと派手につけちゃうぐらいで良いんですけどね…

とは言え良い作品であることは間違いありません
色々刺激を受けました
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/20517999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2014-12-14 14:02 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)