元 共同テレビ 近藤孝子さんのこと

先日、元共同テレビ第二制作部長で、現バンエイト役員だった
近藤孝子さんの 定年お祝いの会が開かれ、私も顔を出してきました

私はテレビ業界に入って20年になりますが
近藤さんは その中でも最もお世話になった方の一人です

はじめてお会いしたのは 1997年
私はまだ 駆け出しのADさんというか ドラマの助監督さんで
「白いモノも黒という」「現場で異議を唱える奴は鉄拳制裁」みたいな現場に辟易として
日本のテレビ界に希望が持てなくなっていた時のこと

たまたま 私がいたカノックスと共同テレビで 共同制作の番組がアリ
そこに配属されたときに 共同テレビのプロデューサーさんとしてお会いしました

とても明るくて、私が言ったこともちゃんと聞いて下さる方で
「日本のテレビの世界にも、こういう方もいるんだな」と 私がその後やっていくにあたって
希望を持たせて下さった方でした
そして私は当時 全然出来ないADさんでしたが、なぜかかわいがって下さいって
その後も色々交流が続きました

そして2004年 カノックスが解散します。
ディレクターにはなっていましたが
路頭に迷いそうになっていた私を、共同テレビに拾って下さり
ちょうど始まる寸前だった セサミストリート日本版の演出チームの一人に
加えて下さったのです

そこで拾って下さらなかったら 確実に今の私はいません

最近では飲む席で冗談ばかり言っていましたが
さすがに今日は お礼を言わせていただきました

近藤さん 今まで本当にお世話になりました


トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/237130533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2017-06-29 23:58 | Diary | Trackback | Comments(0)