「グランドホテル」見てきました

今日 東京宝塚劇場に「グランドホテル」を見てきました

これは1993年に、トニー賞演出家のトミー・チューン氏のカンパニーと
父・岡田敬二をはじめとする宝塚歌劇団が共同で作り上げた
宝塚版「グランドホテル」の再演です

当時は 人気絶頂のスターとして 涼風真世
ナンバー2と言うよりも、既に同格のスターだった天海祐希
さらにのちの大スター ナンバー3の久世星佳などが出演

しかしスターのサヨナラ公演だったにもかからず
涼風真世は 主役でありますが
中年の猫背でめがねをかけた オットー・クリンゲラインを演じ
天海祐希は 脇役で
グルーシンスカヤの親友の女性 ラファエラ役という 
極めて宝塚らしくない配役での公演でした

しかしこれが素晴らしかった
単に「清く・正しく・美しい」だけじゃない
ちゃんとしたミュージカルを宝塚もやって、それがとても心に響きました

今回は 主役の珠城りょうさんが スターお披露目ということもあり
宝塚っぽくアレンジされて
前回久世星佳がやった 泥棒男爵の役を演じていました

これはこれですっきりして良かったと思います
「グランドホテル」形式というのは 主役がはっきりしないというか
群像劇の代名詞のように使われるわけですが
ハンサムな男爵の苦悩を主軸に据えることで
まあ、見やすくはなりますしね。
それに極めて宝塚っぽかったです。

それに新しく演出に入った 生田大和さんは、ご自分がバレエダンサー出身の
演出家さんだけあって
付け加えた 男爵の駅のシーンは 白鳥の湖の「瀕死の白鳥」っぽくて
とても良かったです

宝塚でクリンゲラインを主役にするには
その主役に 特別な輝きがなくてはいけません
その意味で 大スター 涼風真世の最後というのは ここしかない!という
タイミングだったのでしょう

しかし 前回その役にスターを指名した トミー・チューンもあっぱれなら
その極めて宝塚っぽくない配役を 腹をくくって受け止めた
父を含めた宝塚の首脳陣もあっぱれでしたね

だって当時の涼風真世と言えば
小池修一郎さんの快作「P・U・C・K」で
真夏の夜の夢の妖精パックを演じて
宝塚ファンを萌え死にさせていた 王子様中の王子様でしたよ
それが、猫背で病弱で、ほとんどダンスもなく
ふらふらとした 髪の毛もくしゃくしゃの中年男性役ですからね
いや凄い話ですよ

改めて見ながら24年前の父の仕事に感銘を受けた一日でした





電話で父に話したら
「そうか、俺の凄さが今頃分かったか」と 
これまた父らしい言葉が返ってきましたよ(笑)


トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/23730063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2017-03-19 20:09 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)