ダンケルク見ました

さて 非常に話題になっている映画「ダンケルク」見てきました
ネタバレしますので まだ見てない人は逃げて下さいね!






さあ、いいですか?
クリストファー・ノーラン監督の最新作は
第二次大戦の緒戦で ドイツ軍がフランスに侵攻
イギリス軍とフランス軍が海沿いのダンケルクに追い詰められて
そこから脱出させる・・・という作戦の映画化でした

映画はいきなり 若い二等兵の元に空からビラが配られたビラが舞ってる
所から始まります。
そのビラには英語で「君たちは包囲されている。投降しなさい」と書かれていて
それだけが状況説明
その他は とにかくダンケルク海岸から逃げ出そうとする兵隊達の描写が
非常にリアルに描かれます
海岸から脱走しようとする兵士達。その中でイギリス軍の二等兵と
物を言わぬ兵士(フランス軍)との友情
対岸のイギリスから 民間の小舟が兵士を救出しようとダンケルクに向かう途中で
難破した船から救った兵士が船の中で錯乱するようす。
ドーバー海峡上空で 英国空軍スピットファイアとドイツ空軍メッサシュミットの闘いと
英国空軍パイロットの孤独。
などが 結構時系列をガンガン無視して 昼夜関係無く奔放にカットバックされる構成で
正直初めはとまどいます

もちろん全て もの凄く簡単なストーリーなので 混乱するほどではありませんが
感情移入という面では中々しにくい映画かも知れません

この映画はそういう「1兵士への感情移入」とか「敵にも事情と大義名分があったのだ」みたいな
従来の戦争映画では無く
ただただ、ひたすら戦場体験型の恐怖映像が続きます
その意味では 結構ゾンビ映画とかに近いかも知れないです

音響や映像、ディティールの素晴らしさなど
映画のクオリティはもの凄く高いですが、皆さんの思っている戦争映画の感情はわき上がりません
むしろ ノリとしては竜巻映画とかに近いかと思いました

ここでふと、同じフランスの海岸で繰り広げられる「史上最大の作戦」を思い出しました
あの映画は遙かにエンタメを意識して作られていますが
とにかく戦後20年ぐらいしか経っておらず、役者もスタッフもみんな戦争体験者であるという
異常なディティールのリアルさがあり、正直ダンケルクよりもリアルに見えました

不思議な物ですね。テクノロジーだけが映画を前に動かすわけじゃ無いんですよね




トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/237812592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2017-09-30 10:59 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)