珍品映画を見ました「Winter in Tokyo」(インドネシア映画)

実は今、とある番組のロケでニューヨークにいます

来るときJAL便を利用したのですが
その飛行機の中で、映画を見ようと色々探っていたら
ワールド映画のコーナーで「Winter in Tokyo」という文字が
どうやら インドネシア映画で 英語字幕が付いているようです

そこで興味をそそられて見てみました

a0054076_11264292.jpg
見始めて いきなり「Winter in TOKYO」のタイトルが乗っている駅の表示が「長岡」と書いてあり
不安な出だし・・・

見てみるとこれが中々の珍品でした

出演者は基本 インドネシアの役者さんなんですが
名前が KEIKOとかKAZUTO みたいな日本風
しかも まず会話の最初は 片言の日本語で「メッチャ寒いねぇ~ 元気~ 」みたいな
感じで始まり その後はずっとインドネシア語
つまり 会話の最初と最後の2ワードぐらいだけ日本語で後は 急に流暢なインドネシア語に
なるのです

で、設定もどうやら日本人設定

内容も、矛盾だらけの 一時期はやった携帯小説みたいなものが延々続きます
(私よりも徹底的に詳しく書いてらっしゃるサイトがあるので
 ご紹介します)
いやぁ・・・とにかく珍しい物を見ました

しかし女の子は可愛いですから
是非JALの国際線をお使いの皆さんは見てみて下さい
日本未公開だそうですが、これは是非日本でDVD化して欲しいです!(笑)
まさにつっこみどころ満載!






トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/237812669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2017-09-30 11:33 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)