「ウォーリー」を見ました

先日、「ウォーリー」を見てきました。

アメリカのエンターテインメントの凄さをまざまざと見せ付けられた
感じがしましたよ・・・。
素晴らしい。
本当に堪能しました。

で、例によってこの先ネタばれしますよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
映画はいきなり、地球に人類が誰もすまなくなり、ゴミ溜めになった
ニューヨークから始まります。

それが、砂埃と、鉄くずと瓦礫ばかりの世界であるために、
ピクサーの3DCGと相性が良く、一瞬実写かと見間違うばかりの
完成度である所に、まずどきもを抜かれます。

そこに一人だけいる、ゴミ収集ロボット「ウォーリー」。
彼の設定は、かつて人間がロボットたちを発明した事で
怠惰でバカになり、家の掃除やゴミ集めなどを、大量生産ロボット
「ウォーリー」に任せていた・・・。そのたった1台の生き残り
という事になっていました。

主役のウォーリーは「うぉ~り~」ぐらいしか話さないのですが、
地球に捨てられている広告映像を上手く使って、物語は
彼にあったバックグラウンドを、登場人物でなく
町のノイズから描き出します。

彼が700年も生きながらえているのは、太陽電池で動くから
彼の部品は、以前の彼の同僚達から奪っているから・・。
など、物語のつじつまも、良い感じであっています。
(何故、町に電気が今でも供給されているのか?という所は
結構怪しいのですが)


とにかく前半20分、主人公はほとんど言葉を話さない、ロボットと
その友達のゴキブリだけ・・・。という凄い設定にもかかわらず
彼の孤独が、ガツンと伝わってきます。

だからこそ、途中で「植物探査ロボット」イブを見つけたときの
胸の高鳴りは、本当に素敵です。

ウォーリーがイブを自宅に招待する辺りは、まさに古典的な
ニューヨークスタイルの物語みたいで、
いつの間にかウォーリーが、ウッディアレンに見えてくる感じさえ
しました。

それが、後半
宇宙に飛び出してからは、素晴らしく変化します。

かつて地球にいた人間たちの豪華客船は、700年もの間
航海をつづけ、すっかり足などは退化してしまっていました。

だけどその変化の無い、快楽を享受して飽き飽きしていた人間は、
そのイブが持ち込んだ一株の植物に、希望を見出します。

この脚本の素晴らしいところは、
船長の側にも、オートパイロット側にもきちんと、それぞれの正義が
あって、行動しているというところがしっかりと描かれている
所ですね。

良くこの手のお話は「コンピューターの暴走」で済ませてしまうのですが、しっかりと「何代か前の船長の指令」を守っているという
コンピューターの立場ももっともであるのが良く分かります。


それでも、地球に戻ってきた人類達が、自分の足で立ちあがる様子などは、本当に感動的でした。


すごく王道のストーリーの中に、無数の映画的引用と小さなギャグが
詰め込まれた、物語で、
「知識なんて全く必要ないけど、あれば楽しい」という
理想的な脚本作りをしていて、本当に打ちのめされました・・。
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/7805200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2009-01-10 14:17 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)