イングロリアス・バスターズ 見ました

タランティーノ監督、ブラピ主演の新作映画
イングロリアス・バスターズを見ました。

例によってネタバレしますので、見る予定の人は逃げて!




一言で感想を言うなら、
「単にストーリーとしてはおもしろいが、タランティーノは頭がおかしいクソ野郎だ!」です。

物語はナチ統治下のパリで、ジューイッシュ・ハンターと呼ばれるドイツゲシュタポの将校と、テネシー出身の気違いアメリカ軍人に率いられた亡命ユダヤ人部隊の攻防を縦糸に、
パリの小さな映画館の館主にして、逃亡中のユダヤ人である若い娘に
恋したナチスの戦争の英雄にして素朴なドイツ青年の、一方的な
恋の顛末が横糸に進行します。

しかしとにかく気が狂っているサディズムな人ばかりが出てきます。
ブラピはその、テネシー出身のナチハンター部隊長で、とにかく
恐怖を与えるために、ドイツ軍人を無差別に攻撃して
バットで撲殺して、頭の皮をはぎ、100枚を目標にするという
サイコな役で、まったく正義のかけらもないアメリカ人です。

とにかく 15人いる部隊なら、14人までをバットで撲殺して
最後の一人だけ、額にカギ十字の疵をナイフで彫り付けて
逃がすという悪辣さ。
ほんとにそんなことしたらジュネーブ条約にバリバリ違反しているわけですが、そんなのお構いなし!
しかも映像表現も露骨で、頭の皮をはいだり撲殺したりと言うところを
まさにジョージ・A・ロメオも真っ青のグロ表現で描きます。

もう、舞台設定だけ「ナチ」「ユダヤ」「パリ」を借りてるだけで
要は13日の金曜日みたいな映画なのです。

ただ、タランティーノは、観客と登場人物に
「AかBか?どちらも行き止まりだが、どちらを選ぶのだ?」
という選択を迫るシーンが多く、
しかもその状況がホントによく出来ています。

だから、どうしても話は面白く感じてしまうのです。

しかし・・・、いくらクソ野郎のバカサイコアメリカ人と言っても
描いて良い事と悪いことがあります。
私がいやなのは、これをみたバカアメリカ人高校生が、そのまま
貧しさゆえに軍隊に入ると
「ナチは悪人だから頭の皮をはげばいいんだ!」みたいな
ジュネーブ条約もクソも関係ないバカ軍人になりそうな気がします。

いやホント 面白いといえば面白いが頭おかしいです。
とにかく子供連れとかデートでは見ないほうが良いです。
トラックバックURL : http://rokada.exblog.jp/tb/9284858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2009-11-22 04:31 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)