さて、昨日11月14日にめでたく
NHK-Eテレ 「Rの法則」ライブ&トーク西野カナ(1)が放送されました

いやはや作るのは相当大変でしたが
さすがメインターゲットが10代!
ツイッターでガンガン書いて下さっていたので 
皆さんの反応が通常よりもダイレクトに聞けて
作り手としてはとても楽しかったです

胸キュンドラマは、すずみんさんとなおきさん、それにはーちゃんさんに
出ていただいて、とある廃校で撮影しました
台風が近づくあいにくの悪天候でしたが
おかげさまで キュン死に続出の なかなか良い感じに仕上がりましたね。

あれは実際HPに送ってきていただいた皆様のエピソードを元に
構成したので、本当に「平均値の理想の告白」なんだと思います

はーちゃんが画面下からぴょこんと出てくるのは
あれは、私がパペット演出に強いディレクターですからね
・・・はーちゃん=エルモって事ですね

西野さんもとてもスタジオで楽しんで下さったようです
いろんなVTRで爆笑して下さっていたのが印象的でした

10代限定ライブもたくさんの皆さんに来ていただいて
ちょっと西野さんが緊張しちゃったのか?
実は何度か収録のときに歌詞を間違っちゃって・・・
「ごめんなぁ・・・くやしいなぁ・・・あとちょっとやってんけどなぁ・・」
でもそれがとてもキュートでした
でも残念。さすがにそれは放送できません
スタジオに来て下さった方のボーナストラックと言うことですね

で・・・もう発表になっているようですが
(1)があるって事は(2)がありますよねぇ~~

今編集中ですよ。多分(2)の方がレアトーク満載かも?
どうぞご期待下さい

# by AWAchampion | 2017-11-15 15:41 | Trackback | Comments(0)

10月中旬から、ずっと赤坂のアークヒルズにあるテレビ朝日の関連会社さんで
延々編集しています

アークヒルズは 森ビルが開発した「◎◎ヒルズ」の走りであり
ビジネスビルでありながら、高級住宅街でもあり、カラヤン広場には
ベビーカーを引いた セレブママたちが歩いていたり
オーバカナルでお茶したりしています

そんな雰囲気ですから・・・近くにコンビニが無いんです

いや無いことは無いんですが、都心にしては結構歩くんです

で、その代わりになんと 成城石井が24時間営業をしています

私がいるテレビ朝日映像から成城石井までは徒歩30秒なので
どうしても夜中煮詰まると 成城石井で買い物をすることになります
すると さすが高級スーパーだけあって 細々とした物でもベラボーに
美味しいのです!

例えばこれ!
a0054076_10552774.jpg
成城石井のざくろジュース!これマジ激うまですよ
お値段は普通の160円ぐらい
イヤマジ 激うまです!おすすめ!
それからこれも!

a0054076_10562584.jpg
成城石井のフルーツプリン
これは290円ぐらいですが 超ウマ!
最近確かにコンビニスイーツのレベルが上がりましたが
全然違う!
編集で2日徹夜して 朦朧とした私が食べていきなりハイになるぐらい
がつんとくるうまさですよ!

イヤマジ
成城石井万歳!
板橋にも作って欲しいなぁ・・・

# by AWAchampion | 2017-11-12 10:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

告知 Rの法則

告知です

11月14日(火)
18:55~19:25 
NHKーEテレにて「Rの法則」ライブ&トーク 西野カナ
が放送されます

私はディレクターとして ガッツリ参加!
10代限定スペシャルライブあり!
胸キュン再現ドラマあり!
突撃インタビューありの カナやんファン必見!
いや、全ての10代女子必見の
ドッキドキ 恋バナスペシャルとなっております!

YOU!見ちゃいなよ!




# by AWAchampion | 2017-11-11 14:22 | 告知 | Trackback | Comments(0)

NHKの渋谷放送センターは 1971年竣工で、私と同い年です
そのときに作られた 101スタジオ(通称1スタ)は、当時東洋一の巨大なスタジオと
呼ばれ、そこから「ヤング101」など数多くの名番組が生まれました

1990年代に入り 砧TMCのレモンスタジオ1(スマスマのスタジオ)とか
2000年代にフジテレビ湾岸スタジオなど 似たような大きさのスタジオが出来ましたが
未だ、日本最大級のスタジオとして 現役で活躍しています

で、私 その101スタジオで、このたび演出をさせていただきました。

a0054076_16360925.jpg
そう、ガッツリ音楽番組 撮りましたよ。
紅白やってるようなスタッフさんたちと、撮ってきました

ライブで、お客さん300人入れて大騒ぎ!

詳しくは放送後しか告知できそうにないんですが、
11月14日火曜日の19時台 チェックしてみて下さい
Eテレで面白い番組がRかもよ?





# by AWAchampion | 2017-11-08 16:38 | テレビ | Trackback | Comments(0)

先日早速話題の映画「アウトレイジ最終章」見てきましたよ!
若干ネタバレするので 見てない方は逃げて逃げて!



さあ、良いでしょうか?
アウトレイジは北野武監督が初めて手がけたシリーズ物の映画で
今回は3作目

第一作は2010年 関東の一大暴力団 山王会の中の権力闘争を描いた
作品で、そのバイオレンス描写が話題と成り、
第二作の2012年「アウトレイジ・ビヨンド」は山王会の権力闘争が
関西の花菱会を巻き込み、謀略が謀略を生むリチャード三世みたいな話になりました

そして第三作は前作から5年の時を経て 花菱会と、韓国フィクサー張との闘いという
事になりました

このアウトレイジシリーズは シリーズと言いながら明確な色分けがあります
第一作目はバイオレンス描写のアップデート 現代日本の最新の暴力表現を追求した作品で
かなりスプラッタな表現も含まれています
第二作目は「言葉の暴力表現」に力点を置き、その中で1作目より遙かに練られた脚本で
じりじりと人間関係に潜む暴力を描き出しました

そして第三作
これは 冒頭の画を見た瞬間に「あ!」と誰もが気がつく仕掛けがあります。
そう、北野映画の最高傑作1994年の「SONATINE」そっくりなのです。

「ソナチネ」は、抗争に疲れたヤクザが沖縄で部下達とまったりとした時間を過ごしながら
死に時を求めていくという、乾いた暴力表現と厭世表現が素晴らしい90年代の傑作です。

つまりこの作品はビートたけし演ずる大友の最後の死に場所探しの映画なのです。
もちろんストーリーとしては 花菱会と張グループとの抗争が描かれるのですが
ビヨンドよりもまったりと、そして緩やかに描かれます。
全ては大友の暴力によって解決するという構図が 明らかに他の2作とは違います
ビヨンドは 結構途中まで大友は目立ちませんでしたからね・・・。

最終章というだけあって、老いたギャングスターが人生の最後の時を探す・・・と言う面で
ゴッドファーザーpart3にも似た風合いがあると思いました

この作品も非常に良い作品だと思いましたが
残念ながら 主要な出演者が皆70歳を超えてしまい すこし肉体表現の激しさに欠けるところは
否めません。
その意味で アウトレイジシリーズはやはり ビヨンドが最高傑作だったんじゃないか?と
思いました。





# by AWAchampion | 2017-10-12 05:15 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

カズオ・イシグロがノーベル文学賞を獲られたそうですね

実は私、3年ほど前に「宮崎美子のすずらん本屋堂」のディレクターを
やっていた時に カズオ・イシグロさんにインタビューする機会があり
色々読んでいたのですが、流れてしまったんですよねぇ・・・

そのときインタビューしていれば!

そしてサインでももらっちゃっていたら!!!

いやでも カズオ・イシグロのノーベル文学賞は
本当にまっとう中のまっとう。
とって当たり前だと思います

「私をはなさないで」が日本でテレビドラマ化された関係で
有名ですが
「日の名残り」はとんでもない名作だと思います

# by AWAchampion | 2017-10-06 00:57 | Diary | Trackback | Comments(0)

松井秀喜さんに取材

松井秀喜さんの取材でNYにやってきました

そして今日こんなネット記事が出ています

ありゃりゃ、松井さんの左側を歩いている人って・・・
そう私ですよ あはははは


# by AWAchampion | 2017-10-03 07:51 | Diary | Trackback | Comments(0)

実は今、とある番組のロケでニューヨークにいます

来るときJAL便を利用したのですが
その飛行機の中で、映画を見ようと色々探っていたら
ワールド映画のコーナーで「Winter in Tokyo」という文字が
どうやら インドネシア映画で 英語字幕が付いているようです

そこで興味をそそられて見てみました

a0054076_11264292.jpg
見始めて いきなり「Winter in TOKYO」のタイトルが乗っている駅の表示が「長岡」と書いてあり
不安な出だし・・・

見てみるとこれが中々の珍品でした

出演者は基本 インドネシアの役者さんなんですが
名前が KEIKOとかKAZUTO みたいな日本風
しかも まず会話の最初は 片言の日本語で「メッチャ寒いねぇ~ 元気~ 」みたいな
感じで始まり その後はずっとインドネシア語
つまり 会話の最初と最後の2ワードぐらいだけ日本語で後は 急に流暢なインドネシア語に
なるのです

で、設定もどうやら日本人設定

内容も、矛盾だらけの 一時期はやった携帯小説みたいなものが延々続きます
(私よりも徹底的に詳しく書いてらっしゃるサイトがあるので
 ご紹介します)
いやぁ・・・とにかく珍しい物を見ました

しかし女の子は可愛いですから
是非JALの国際線をお使いの皆さんは見てみて下さい
日本未公開だそうですが、これは是非日本でDVD化して欲しいです!(笑)
まさにつっこみどころ満載!






# by AWAchampion | 2017-09-30 11:33 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

ダンケルク見ました

さて 非常に話題になっている映画「ダンケルク」見てきました
ネタバレしますので まだ見てない人は逃げて下さいね!






さあ、いいですか?
クリストファー・ノーラン監督の最新作は
第二次大戦の緒戦で ドイツ軍がフランスに侵攻
イギリス軍とフランス軍が海沿いのダンケルクに追い詰められて
そこから脱出させる・・・という作戦の映画化でした

映画はいきなり 若い二等兵の元に空からビラが配られたビラが舞ってる
所から始まります。
そのビラには英語で「君たちは包囲されている。投降しなさい」と書かれていて
それだけが状況説明
その他は とにかくダンケルク海岸から逃げ出そうとする兵隊達の描写が
非常にリアルに描かれます
海岸から脱走しようとする兵士達。その中でイギリス軍の二等兵と
物を言わぬ兵士(フランス軍)との友情
対岸のイギリスから 民間の小舟が兵士を救出しようとダンケルクに向かう途中で
難破した船から救った兵士が船の中で錯乱するようす。
ドーバー海峡上空で 英国空軍スピットファイアとドイツ空軍メッサシュミットの闘いと
英国空軍パイロットの孤独。
などが 結構時系列をガンガン無視して 昼夜関係無く奔放にカットバックされる構成で
正直初めはとまどいます

もちろん全て もの凄く簡単なストーリーなので 混乱するほどではありませんが
感情移入という面では中々しにくい映画かも知れません

この映画はそういう「1兵士への感情移入」とか「敵にも事情と大義名分があったのだ」みたいな
従来の戦争映画では無く
ただただ、ひたすら戦場体験型の恐怖映像が続きます
その意味では 結構ゾンビ映画とかに近いかも知れないです

音響や映像、ディティールの素晴らしさなど
映画のクオリティはもの凄く高いですが、皆さんの思っている戦争映画の感情はわき上がりません
むしろ ノリとしては竜巻映画とかに近いかと思いました

ここでふと、同じフランスの海岸で繰り広げられる「史上最大の作戦」を思い出しました
あの映画は遙かにエンタメを意識して作られていますが
とにかく戦後20年ぐらいしか経っておらず、役者もスタッフもみんな戦争体験者であるという
異常なディティールのリアルさがあり、正直ダンケルクよりもリアルに見えました

不思議な物ですね。テクノロジーだけが映画を前に動かすわけじゃ無いんですよね




# by AWAchampion | 2017-09-30 10:59 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

告知2つです

さてさて 番組告知2つです

その1
先日全国で流れました『その原因、Xにあり』の 関西テレビ圏内
近畿2府4県での放送が決まりました

9月19日(火)午後8時からです

たむらあやこさん著「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー」を
元にしたドラマを作りました 見て下さいね!

その2
9月24日(日) 午後1時58分より
テレビ朝日系全国ネットで
『神様に選ばれた試合』というスポーツドキュメンタリーが放送されます
そのディレクターをやってます
どうぞよろしく!



# by AWAchampion | 2017-09-18 00:06 | 告知 | Trackback | Comments(0)