カテゴリ:Diary( 320 )

10月中旬から、ずっと赤坂のアークヒルズにあるテレビ朝日の関連会社さんで
延々編集しています

アークヒルズは 森ビルが開発した「◎◎ヒルズ」の走りであり
ビジネスビルでありながら、高級住宅街でもあり、カラヤン広場には
ベビーカーを引いた セレブママたちが歩いていたり
オーバカナルでお茶したりしています

そんな雰囲気ですから・・・近くにコンビニが無いんです

いや無いことは無いんですが、都心にしては結構歩くんです

で、その代わりになんと 成城石井が24時間営業をしています

私がいるテレビ朝日映像から成城石井までは徒歩30秒なので
どうしても夜中煮詰まると 成城石井で買い物をすることになります
すると さすが高級スーパーだけあって 細々とした物でもベラボーに
美味しいのです!

例えばこれ!
a0054076_10552774.jpg
成城石井のざくろジュース!これマジ激うまですよ
お値段は普通の160円ぐらい
イヤマジ 激うまです!おすすめ!
それからこれも!

a0054076_10562584.jpg
成城石井のフルーツプリン
これは290円ぐらいですが 超ウマ!
最近確かにコンビニスイーツのレベルが上がりましたが
全然違う!
編集で2日徹夜して 朦朧とした私が食べていきなりハイになるぐらい
がつんとくるうまさですよ!

イヤマジ
成城石井万歳!
板橋にも作って欲しいなぁ・・・

by AWAchampion | 2017-11-12 10:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

カズオ・イシグロがノーベル文学賞を獲られたそうですね

実は私、3年ほど前に「宮崎美子のすずらん本屋堂」のディレクターを
やっていた時に カズオ・イシグロさんにインタビューする機会があり
色々読んでいたのですが、流れてしまったんですよねぇ・・・

そのときインタビューしていれば!

そしてサインでももらっちゃっていたら!!!

いやでも カズオ・イシグロのノーベル文学賞は
本当にまっとう中のまっとう。
とって当たり前だと思います

「私をはなさないで」が日本でテレビドラマ化された関係で
有名ですが
「日の名残り」はとんでもない名作だと思います

by AWAchampion | 2017-10-06 00:57 | Diary | Trackback | Comments(0)

松井秀喜さんに取材

松井秀喜さんの取材でNYにやってきました

そして今日こんなネット記事が出ています

ありゃりゃ、松井さんの左側を歩いている人って・・・
そう私ですよ あはははは


by AWAchampion | 2017-10-03 07:51 | Diary | Trackback | Comments(0)

私は元々は8mm 16mmフィルムで映画を撮っていたインディ映画の人でした
それがテレビマンになって 久世監督のもとで修行して
2004年に独立したときは 私が撮ったことがあるジャンルというのは
ウェブドラマと散歩番組だけでした

それから13年
自分では 子供番組の人だと思っていたのですが
ここ数年はゴールデンタイムの情報番組でVTRを作ることも多くなり
先日は30分近い再現ドラマブロックまで撮らせていただきました。
他にも昨年ぐらいからスポーツドキュメンタリーのお仕事も増えてきました。
さらに、プロレスの煽りVTRもやらせていただいていますし、
定期的にNHKの公開収録音楽番組の裏スイッチングディレクターもやってます
そして、囲碁の対局番組だって作れます

フリーランスは前のお仕事が次のお仕事の名刺代わりになるわけですが
ありがたいことに ドンドンお仕事の幅が増えています。
ふと、「あのままカノックスがつぶれずにいたら、どうなっていたんだろう?」と
思い返すこともありますが
私は多分外に出た方が良かったんでしょうね。
そう思います

音楽番組と囲碁対局番組とプロレス煽りVが一緒に作れる人って
そうはいませんからね エッヘン!

by AWAchampion | 2017-09-03 14:39 | Diary | Trackback | Comments(0)

うわ!なにそれ!

いやはや、長い旅行記書いたのに 消えちゃいましたよ
もう一度書きます
クソ~~~!

by AWAchampion | 2017-08-28 18:44 | Diary | Trackback | Comments(0)

以前 すき家で深夜に店員が調理も接客も含めて1人でやるという
体制になったところ、問題が頻発したという事がありましたよね?

私もこの前同じようなことがありました

以前からお仕事をいただいている会社でのこと
10何年前からお仕事をしていて
それなりにいろんな人と仕事をしているのですが
とあるプロデューサーさん
仮にSさんとしますが
彼と仕事をすると、なぜか納品後問題が頻発するのです

基本的にそのSさんは、良く言えばディレクターに全て任せる方式。
悪く言えば 丸投げ。つまり 放っておかれてなんだか分からないけど
一人で何でもやらざるを得ない いわばワンオペレーション体制なのです

一人で何でもやるのは良いのですが
チェックするのが全てが終わった後なんでしょう
なので 取り返しが付かない時期になって
大騒ぎになり
「お前に任せていたのに。お前のミスだ」
みたいなことが起こるのです

でもね・・・・

その会社で他の人とやっても
そんな事起きないんですよ

ワンオペレーションというのは かなり練られたマニュアルがあってこそ
成立するモノなんだと思います

昔からつきあいがあるとは言え、年に何回か?しか行かない会社で
全くほおっておかれて
一個一個
「これでいいのかな?何にも言われないけど?」とやっていては
そりゃミスも出ます
だって それこそ その会社に入るパスも無い状態で
コピー1つ取るのも大変なのです。

そんな状態で
いちいち 一人で手探りでやるわけですが
でも 実は正解は別にあるわけですからね・・・。

どこの会社でいるんでしょうけれど
下請けに丸投げしておいて 納品後に「あそこがミスだ。ここもミスだ」と
減点していくパターンの人・・・。

本人は下請けのせいにして 傷つかないのかも知れませんが
結局商品やサービスに如実に表われてきます

聞くとSさんは なんか
情報番組で放送後 色々と公的機関から怒られた経験がおありだそうです
まあそうだろうなぁ・・・
なんとなく原因が分かるなぁ・・・と思いました

マネージメントというのは 非常に難しいモノだと思います
そこが上手く行けば 事業全体が上手く行くし
マネージメントがダメだと やっぱり上手く行かないんですよね





by AWAchampion | 2017-07-07 19:59 | Diary | Trackback | Comments(0)

先日、元共同テレビ第二制作部長で、現バンエイト役員だった
近藤孝子さんの 定年お祝いの会が開かれ、私も顔を出してきました

私はテレビ業界に入って20年になりますが
近藤さんは その中でも最もお世話になった方の一人です

はじめてお会いしたのは 1997年
私はまだ 駆け出しのADさんというか ドラマの助監督さんで
「白いモノも黒という」「現場で異議を唱える奴は鉄拳制裁」みたいな現場に辟易として
日本のテレビ界に希望が持てなくなっていた時のこと

たまたま 私がいたカノックスと共同テレビで 共同制作の番組がアリ
そこに配属されたときに 共同テレビのプロデューサーさんとしてお会いしました

とても明るくて、私が言ったこともちゃんと聞いて下さる方で
「日本のテレビの世界にも、こういう方もいるんだな」と 私がその後やっていくにあたって
希望を持たせて下さった方でした
そして私は当時 全然出来ないADさんでしたが、なぜかかわいがって下さいって
その後も色々交流が続きました

そして2004年 カノックスが解散します。
ディレクターにはなっていましたが
路頭に迷いそうになっていた私を、共同テレビに拾って下さり
ちょうど始まる寸前だった セサミストリート日本版の演出チームの一人に
加えて下さったのです

そこで拾って下さらなかったら 確実に今の私はいません

最近では飲む席で冗談ばかり言っていましたが
さすがに今日は お礼を言わせていただきました

近藤さん 今まで本当にお世話になりました


by AWAchampion | 2017-06-29 23:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

先日 カノックス時代に大変お世話になった
佐藤将之さんに頼まれて
NPO法人 パラフォトの皆さんの前で
小さな会合の中で お話ししてきました

内容は昨年私が手がけた WOWOWのパラアスリート・ドキュメンタリー
「WHO I AM」の事について

大枠は WOWOWプロデューサー 太田さんが
都内の多くの大学で講演会をされているのですが
各論を聞きたいと言うことで
タティアナ・マクファデンさんに代表される
「スポンサーの付いている 経済的に豊かなパラアスリート」の現状について
語ってきました

a0054076_05080313.jpg
a0054076_05081862.jpg
a0054076_05083409.jpg
a0054076_05084607.jpg
取材する事はあっても
人の前でお話をして その後 色々質問されることになれていないので
難しいですね

伝わる話し方・・・について 反省させられた一日でした

by AWAchampion | 2017-06-29 05:10 | Diary | Trackback | Comments(0)

この → 
隣にある プロフィール欄は 今まで空欄でしたが
色々書きました
もし私が 何者だ?とお思いの方・・・
怪しい者ではございません
どうぞよろしくお願いいたします

by AWAchampion | 2017-06-21 02:52 | Diary | Trackback | Comments(0)

ニューヨーク インディペンデント映画の父 ジョン・カサベテスの
代表作に「FACES」という作品があります

これは妻 ジーナ・ローザンズが主演で ある中年夫婦の関係性が
崩れていく様子を
彼女の顔のアップを多用して 表現した1968年の傑作です



で、とある番組で毎回 編集のために
制作会社さんに缶詰になって ずっと合宿をすることになっているんですが
そこでこういうことをやってみました

スタジオ収録5日前 
a0054076_01070467.jpg
スタジオ収録4日前
a0054076_01073751.jpg
スタジオ収録3日前 
第一 プレビュー後大直しがあって・・・
a0054076_01081213.jpg
sスタジオ収録2日前
さらに直してる所
a0054076_01083752.jpg
スタジオ収録24時間前
別の会社に移動して プレビュー後大直し中
a0054076_01094722.jpg
スタジオ収録18時間前
大直し続行中
a0054076_01102169.jpg
スタジオ収録4時間前
夜中から編集室に入り そろそろ朝を迎えるところ

a0054076_01110162.jpg
スタジオ収録30分前
出来たテープを急いでスタジオに運ぶ最中
a0054076_01113900.jpg
スタジオ収録 24時間後 
再編集時
さすがに身体にガタが来て撃沈
a0054076_01120949.jpg
いやはや まさに「こわれゆく男」

え?気がつきましたか?
そう服が同じ・・・合宿ですからね
でもお風呂は一応 入っていますよ


このブログを書いてから気がつきましたが
無声映画の傑作 カール・ドライヤー監督の「裁かるるジャンヌ」の悲壮感の
方がこのブログに似合うかも知れませんね(苦笑)

by AWAchampion | 2017-06-21 01:19 | Diary | Trackback | Comments(0)