時代を超えて残したい 名作歌謡曲をつづっていくコラム
「歌謡曲スタンダードナンバー」 

第8弾は、キャンディーズの「やさしい悪魔」です。

これは以前 ピンクレディーのペッパー警部を取り上げた際に、そこの映像が
ピンクレディとキャンディーズの競演という、超貴重映像だったことから、
キャンディーズも取り上げたくなりました。

この曲はご承知の通り 作曲は吉田拓郎です。

♪ oh devil, my sweet little devil uh~ やさしい悪魔

とか

♪ あの人の影が映ったら 私の心は もう 動けない

とかの下線部のあたりは まさしく拓郎節ですね。

ナベプロの養成所出身で徹底的にジャズの要素など、最先端の洋楽を叩き込まれた
キャンディーズがこの拓郎の歌を歌い、
逆に ベッティ&クリスのようなフォークデュオだったピンクレディが、都倉俊一から
曲を提供されるというのも非常に不思議で、人生って分からないナァと思いますね。






当時 子供だった私は、あまりよく分からなかったのですが、衣装も非常にセクシーです。

この衣装は 要するに1920年代~30年代あたりの「ファム・ファタル」をイメージして
いるんでしょう。

詞では「やさしい悪魔」とは男の人のことですが、ナベプロのプロデューサーは
そこに、逆に「キャンディーズの小悪魔的な部分を出したい」と思ったのでしょう。
その思いを、とくにランちゃんは非常によくくみ取って、いい表情で歌っています。

まさに「ファム・ファタル」・・・男を滅ぼす運命の女 のイメージにぴったりです。

当時 まだ21ぐらいだったというのですから、凄い話ですね・・・。

30年ぶりぐらいにちゃんと聞きましたが、アレンジも中々素敵ですね。
メロディは拓郎節なんですが、ホーンが入ったり、ベースをスイングさせることで
かなり印象が違って聞こえます。
by AWAchampion | 2008-08-30 02:43 | 歌謡曲スタンダードナンバー | Trackback | Comments(0)

時を超えて 語り継ぎたい 名曲歌謡曲を取り上げるコラム 
「歌謡曲スタンダードナンバー」ですが、今回からyou tubeがそのまま貼り付けられることに
なりました!

その記念すべき第7回は 由紀さおり「夜明けのスキャット」です。

この曲はいずみたく氏の作曲された、まさに名曲です。

いずみたくという人は、日本のオリジナルミュージカル作曲家の 草分けにして大家とも
いえる人物で、物語性のある曲・・・つまり4分なら4分の中の構成力がずば抜けた
すばらしい作曲家さんでした。

彼はまさにこのコーナーで取り上げるべき「日本のポップス」の先駆者であり
ピンキーとキラーズや、この由紀さおりをはじめ、素晴らしい人材を世に送り出してきました。

この「夜明けのスキャット」はもともとラジオの深夜放送むけに書かれたそうで、
始めはスキャット部分しかなかったそうです。ただ、それがあまりに評判を呼び
歌詞の部分が付け加えられたとの事でした。

では、名曲をじっくりとお聞きください。



ちなみに過去の 「歌謡曲スタンダードナンバー」コラムも出来る限りyoutubeを貼り付けました!是非そちらもご覧ください!
by AWAchampion | 2008-08-30 02:11 | 歌謡曲スタンダードナンバー | Trackback | Comments(0)

まもなく 始めます!

まもなく ちょっと新しいことを始めます!

今ワクワク準備中です。

皆さんに新しいものを発信できそうですよ・・!

お楽しみに!
by AWAchampion | 2008-08-30 02:01 | Diary | Trackback | Comments(0)

先日、新江ノ島水族館へ行ってきました!

いや~、水族館は癒されますね。
以前、セサミで「モジャボが水族館へ行く」という回を撮って以来、
新江ノ島水族館はお気に入りなのです。

とくにここのお勧めはクラゲ!

クラゲを見ていると時を忘れます。

では、みなさんも涼を感じてください!

a0054076_22453363.jpg

a0054076_22454988.jpg
by AWAchampion | 2008-08-11 23:19 | Diary | Trackback | Comments(0)

10年ぶりのMac

最近仕事で「final cut使えますか?」とよく聞かれます。

その度にいつも「AVID media composerは得意です」と答えていたの
ですが、あんまり良く聞かれるので、遂に買いましたよ10年ぶりに macを!

10年前は mac performerのモニター一体型の奴で、
まだダイヤル回線モデムでしたから、yahooのトップページを
表示するのに3分ぐらいかかっていました。
11時以降はテレホーダイタイムに突入するから、いきなり
つながらなくなったりして・・・。懐かしいですね。
プロバイダーも、ベッコアメだったのかな?

しかも、まだパソコン初心者でウブでしたから、すっかり
友人に騙されて、
「メモリーを自分で増設するなら、PCは静電気を嫌うから・・」と
全裸で、ドアノブを左手で握りながら、右手だけでメモリーを増設
したのもいい思い出です。
by AWAchampion | 2008-08-11 03:24 | Diary | Trackback | Comments(0)

赤塚不二夫さんが先日なくなられたことに際して、タモリさんから、
このようなコメントが事務所を通じてあったそうです。

 「私の恩人でもある赤塚不二夫氏が亡くなりました。赤塚先生の作品はそれまでになかったもので、そこに登場するキャラクターとともに我々の世代に強烈な影響を及ぼしました。そして、私がこの世界に入ろうとした時に、突然私の前に現れて、デビューのきっかけを作り、その後の物心両面での援助は肉親以上のものでした。

 あれから32年が過ぎました。色々な出来事、その場面が頭に浮かんでいます。ここに改めて感謝し、ご 冥福 ( めいふく ) を祈ります。先生ありがとうございました」

タモリさんと赤塚さんと言えば、本当に伝説的な出会いとして有名です。

あるとき博多で山下洋輔バンドが公演をしたさい、ホテルの一室で赤塚さんと一緒に
どんちゃん騒ぎをしていたそうです。そこへ、たまたま隣室の友人に逢いに来ていた、
博多市内のボーリング場のマスターをしていた森田氏が、あまりの楽しそうな光景に
山下&赤塚氏の部屋にいきなり乱入して、イグアナの真似をしたそうです。
その後、4ヶ国語マージャンなど、その部屋で朝まで森田独演会が続いたそうです。

それから3ヵ月後、全国ツアーからかえって東京で飲んでいた山下氏と赤塚氏が
「博多の伝説の男 森田を東京へ呼ぶ会」というのを、行きつけのバーで結成。
そこで集めたカンパで、森田氏を東京へ呼び寄せ、その日から数ヶ月赤塚氏の家に
居候させて、「タモリ」としてデビューさせたのだそうです。

タモリさんからすれば、まさに恩人中の恩人。

素晴らしい出会いが、日本のエンターテインメントを変えたともいえますね。

赤塚さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
by AWAchampion | 2008-08-04 21:37 | Diary | Trackback | Comments(0)