ヘンテコ映画3本立て

今日はお休みだったので、ヘンテコ映画ばかり見てました。

●「不良番長 口から出まかせ」(1971年 東映)

梅宮辰夫と山城慎吾のご存知バカ映画シリーズです。
不良番長梅宮が、不良仲間と海を漂流していると
女ばかりの漁村に流れ着き、いきなりなぜか清川虹子率いる
女村長に、強引に乱交祭りに誘われるという
オープニングからして、もうバカです。

昔の東映東京・大泉学園の撮影所はこんなエログロナンセンス映画
ばかり撮っていたんですよねぇ・・・。

だって途中で、宿がなくなって動物園で寝ていたら
メスゴリラに襲われたので、梅宮辰夫がパンツを脱いで
男性のしんぼるを見せ付けたら、メスゴリラがメロメロになるって
シーンがあるんですよ。
今ではあり得ないでしょ?

いやぁ、東映の3本立ての脳みそ空っぽ映画って、
変な味がありますネェ・・・。

●「でんきくらげ」(1971 大映)

名監督にして、大映テレビの基礎を築いた増村保造監督の、
キャリア後年 不遇の時代の代表作です。
市川雷蔵や勝新太郎で大もうけした大映も、71年の倒産前後は
エロス映画に乗り出していました。

この作品は「いそぎんちゃく」「でんきくらべ」「しびれくらげ」
といった軟体動物シリーズと呼ばれる作品群の一つです。

私は昔 大井町の大井武蔵野館で4本立てぐらいで見たので
あまり覚えていなくて、もう一度見直してみました。

すると、単なるエロ映画かと思っていたのですが、意外な
拾い物のいい映画でした。

渥美マリ演ずるサトミは、場末のバーのホステスの母と、その
情夫と3人暮らし。洋裁の学校に通う貞淑な19歳でしたが、
ある日、母の情夫に手込めにされます。逆上した母は、情夫を刺し
刑務所へ・・・。
サトミは生きていくために、母がいたバーで働くこととなります。

その後サトミは、その魔性の肉体と度胸で銀座のホステスへとのし上がり政財界の大物を転がす「でんきくらげ」となるのです・・・。

でも彼女の心は、彼女をいつも守ってくれる川津祐介演ずる
バーのマネージャーのもの。でも商品である自分に惚れてくれない
葛藤で、彼女はいつしか恐ろしい計画を思いつきます・・・。

というような、まさに大映テレビのパターンの映画なのですが
そこはさすが増村保造。きちんと登場人物のキャラクターを描いて
いるので、今の日本映画のなかに入れたら、確実にキネ旬10位には
入るであろう出来でした。
こういう映画が、いわばエロ映画として消費されていたんだから
日本映画は活気があったわけですよ・・・。


●「俺たちフィギュアスケーター」(2004年 ドリームワークス)

真央ちゃんの活躍などがあったので、気がついたら借りていました。
この映画はご存知の通り、もともと男子シングル フィギュアの
スター同士が、試合会場で乱闘騒ぎを起した事から、スケート界を
追放され、
仕方なく法の網目を潜り抜けて、男性同士のペアーを組んで
再び金メダルを狙うという、ストーリーです。

この話はロッキーや、レスラーのような負け犬映画フレーバーの
バカ映画だったので、非常に感情移入しやすく、
爽快なバカ映画として、レベルの高いものでした。

やはりハリウッドは、この手のバカ映画でもきちんとストーリー
アナリストがついて、しっかり脚本を練っているので
普通に楽しめる映画になっていました。




やはり、脚本をしっかり練らないと
いい映画にはなりませんし、逆に言うと 登場人物のキャラクターや
動機付けがしっかりしていると、バカ映画やエロ映画でも
非常に見ている人の心を掴むことができるんだナァ・・・。と
再確認しました。
by AWAchampion | 2010-02-28 23:54 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

私、このたび 映像&音楽プロダクション 「Rino-Bravo Cinema」を立ち上げました。

リノ・ブラボー・シネマ公式HP
http://rino-bravo-cinema.com/

子供向けコンテンツはモチロン、
「東京ウォーキングマップ」での演出経験を生かして
店舗のVPや、商品紹介VTR の映像制作と、

鼻歌を、アレンジしてきちんとした 曲に仕上げ、採譜する音楽制作の

2本柱で活動しています。



低価格・定額制のあんしんパックもありますので、是非ご利用ください!
by AWAchampion | 2010-02-26 23:53 | 告知 | Trackback | Comments(0)

いやぁ、今日 東京は雪が積もってますよ!

寒い寒い!

足元滑る滑る!

危ない危ない!



ワンコとちびっ子は楽しいでしょうけれど、
おじさんには厳しいですネェ・・。

みなさん、足元には気をつけて!
by AWAchampion | 2010-02-18 08:40 | Diary | Trackback | Comments(0)

先日、とある現場で神田沙也加さんにお会いしました。

そう、聖子ちゃんの娘さんで、いまは「レ・ミゼラブル」のコゼットなど
ミュージカルで活躍されている女優さんです。

いや~~びっくりしました。

え?

何がって?

あのね、

神田沙也加さんって、びっくりするほど素直で、明るくて性格が良い人だったんです。

普通、アレだけの大アイドルの娘さんで、それこそ生まれた時からマスコミに追われていて
さらに両親は離婚していて、母親の不倫なんかもバシバシ報道されていて、

本人もアイドル歌手としてのデビューは、それほど上手く行かなかった・・
という流れなら、もう少し内気だったり、警戒心が強かったり、色々と捻じ曲がっていたりするものです。

私は数々の子役さんも見てますし、そういうものなのです。

しかし まさに「クイーンオブスターの娘」・・ともいえる神田沙也加さんが
あれほど 本当に普通に良い人に育っているというのを見て、
聖子ちゃんは何だかんだ言われながら、ちゃんと子育てしていたんだなぁ・・。と
感心しました。
by AWAchampion | 2010-02-13 12:40 | Diary | Trackback | Comments(0)

今日、日テレで「崖の上のポニョ」を見ました。

私は封切り当時にMIXIに、ポニョについて思うところを書きましたが、
今回こちらに転載します。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>以下2008年 8月6日付日記の転載

今日、渋谷で午前中に打ち合わせを済ませた後、11時50分からの回の
「崖の上のポニョ」を見ました。


以下ネタばれします。見てない方は、今のうちに逃げてぇぇぇぇ!




見た率直な感想を言えば、
「素敵な初恋のストーリーだが、確かに大人向けかも?」という
事でした。

ストーリーは ジュール・ヴェルヌの小説「海底2万リーグ」で、
潜水艦ノーチラス号に乗っていた、少年フジモトが、海の聖なる母性
グランマンマーレに恋に落ち、人間であることをやめ、海の代弁者となって大人になった時代の話・・。
彼が海底でくらげの養殖を始めているところから始まります。

フジモトとグランマンマーレの子供たちは、魚のポニョと妹達。
そのうちポニョは外の世界が見たいと家出します。

家出した先でポニョは5歳の少年宗介に出会い、恋に落ちます。

一度は戻されますが、「宗介にあいたい」一心で彼女は人間に
姿を変え、また陸を目指します・・。


といった話です。

もちろんベースにはアンデルセンの「人魚姫」があったりして、
大人にとっては、知識があればあるほど、楽しめますし、
フジモトの目的が「地球と海ををもう一度デボン紀のような、命あふれる時代に戻したい。そのためには人間が邪魔である。」と思っていたり
する心も、大人であればこそ分かるのです。

今までの宮崎映画を見ている人にとっては、彼のテーマである
「自然との共生」のベクトル上の話なんだということが、大人であれば
ニヤリとしてしまうほど分かりやすく展開します。


で、ポニョはもう理屈なしに好きになった男めがけて、一目散に
会いに行くわけです。
山口智子が「ポニョに女の本性を見た」と言っているのが非常に
的を得ていて、理屈抜きで宗介を追っていく様子は、ちょっと
近松の登場人物を思わせて、大人から見ればかなり性的にも思えます。

この映画は、画面上に無数にちりばめられた引用や
隠喩を紐解く知識を持った上で、
「どうしても逢わねばならぬ人がいる」という
本能的な体の疼きが分かる、高校生以上の人には、非常に響く素晴らしい作品だと思います。

が!


劇場を埋めた半数の 5~9歳の子供達は、
見た後みんなでっかい「?」マークを
頭から噴出していました。

その理由は非常に明確に2つあります。

一つは、ポニョはすでに魚の時点で「ポニョ、宗介好き!」としゃべれているので、
子供からしたら、別に人間だろうがしゃべる魚だろうが、
あまり変らないのです。
子供はアニミズムの世界で生きています。だから人間の姿を持つ
事の重要性をあまり感じないばかりか、「魚としゃべれて素敵」と
逆のことを思ってこの映画を見ている事もあると思います。

なので、「最後にキスをすれば、人間になれる」というフックが
あまり効いていないのです。
ポニョが人間になることは、子供達にとって
必ずしも完全なハッピーエンドとは言えない場合もあるのです。
これは、「魚のときはしゃべれない」としておけば随分違ったと思います。

二つ目は、「ポニョを人間にするための古い魔法」とは、男の子の
変らぬ愛情のことだと思います。
本当は、「異形のものであるポニョを、それでも君は愛せるのか?」
「モチロン、愛は永久に・・。」というやり取りがあって、
おもむろに王子のキスをささげるという流れなのでしょう。

が!ラストはアクシデントでポニョからキスしてしまうので、
子供達からすると、「宗介は結局なんにもしないで、話聞いただけジャン」と思ってしまうと思います。
さらに、その話も「ポニョが魚だったことは知ってますか?」という
話に「うん」というというものでした。
これは観客の誰もが、既に知っていることなので、特に子供はハードルに感じないでしょう。

だから「失敗すると泡になってしまう」というフックが全く効かないままいきなり終わってしまった感じがありました。

大人の目から見ると、「ポニョの初恋の純粋さ」に胸を打たれるラストですが、子供の目から見ると、ひねりすぎた気がしました。

宮崎さんが「子供の反応が薄い」とおっしゃっていたそうですが、
私が見る限り、理由はかなりはっきりしていたように思います。

これは高校生がみたら、胸を焦がして何度も見返してしまう作品だと
思います。今の子供がDVDで何度も見て、何年か後のある日不意に本当のメッセージに気がつく類の映画でしょうね・・。

それとは別に・・・。

車で走っているときに、よそ見してソフトクリームをなめたり、
助手席の子供がシートベルトをしなかったり、
退避勧告を無視したりするシーンは全て、テレビでは考査の対象になり、普通は放送できません。
テレビドラマで同じ事をすれば、全て台本段階でカットを要請される
かなりNG度の高い事柄ばかりです。

日テレはこの映画を放送できるのでしょうか?
ちょっと心配になりました。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>引用ここまで

1年半たって、
2度見ると、この映画にふんだんにまぶされている、引用や暗喩に
気がつくことも多いです。

しかし、それでも私自身100%分かったとは言いがたいです。
やはり ポニョの父 フジモトは、ヴェルヌの小説を読んでいない私にとって、
映画全体を通して、統一した立場で様々な行いをしているように見えないです。

また この映画がヴェルヌの小説を下敷きにしているという、説明はやはり
映画の中に、私は見つけられませんでした(上記の文章は、パンフレットを読んだあとに書いています)

まあ私が無学といえば、それまでなのですが、5歳の子供はもっと知らないと思うのです。
う~む。やはり この映画を100%楽しむためには 監督本人の注釈がたくさん必要な気がします。

それから日テレは 私の心配をよそに バリバリノーカットに近い形で放送しましたね。
by AWAchampion | 2010-02-05 23:22 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

アントニオ猪木氏が、世界最大のプロレス団体WWEの制定する
Hall of Fame(名誉の殿堂)入りを果たすことが発表されました。



今年の3月28日に授賞式が行われ、翌日のプロレス界最大の祭典 レッスルマニア26にも
登場するそうです。

そしてインダクター(推薦演説人)は、日本でおなじみスタン・ハンセン!
いやぁ、すばらしいです。



このWWEのHall of Fameは1994年に アンドレ・ザ・ジャイアントの死去に伴い
彼の功績をたたえるために制定され、始めはWWEのOBたちが選ばれていたのですが、
そのうち 他団体やレフリー、リングアナなどプロレスに関わる人々を広く一般に
たたえる賞となりました。

ですからAWAのニック・ボックウィンクルやら、NWAのドリーファンク・ジュニアなども
殿堂入りしています。

年に一度、WWEの所属選手も善玉・悪玉の枠を超えて全員 正装で出席し、
1万人規模のお客さんと共に、プロレス文化を彩ってきた先人達をねぎらう
すばらしい舞台で、特に2008年の、最後のミスターNWAチャンピオンこと
リック・フレアーの殿堂入りは感動的でした。

そんな中で日本人として初めて 今年でデビュー50周年を迎える
猪木さんが受賞されたわけです。


これはプロレス史を知るものなら本当に感慨深いです。
もともと アメリカやヨーロッパで 1910年代ごろから 興行として行われていた
プロレスは、戦後 各州および各国にいる 興行主(プロモーター連合)が
NWA(世界レスリング連合)という統一プロモーションを作り、そこでチャンピオンを
制定しました。

それが、オールドファンには懐かしい、ルー・テーズだったのです。

日本では、力道山率いる日本プロレスがNWAに加盟し、その系譜は
ジャイアント馬場が率いる 全日本プロレスへと引き継がれました。

逆にアントニオ猪木率いる 新日本プロレスは日本を代表するプロモーションとは認められず
猪木は独自で無名の選手だったタイガー・ジェット・シン スタン・ハンセン ハルク・ホーガンなどを
発掘しつつ、「猪木×アリ」戦や、異種格闘技戦など、異端路線を走りました。


そのころニューヨークの一ローカル団体だった WWWFという団体も、統一プロモーションから
脱退し、独自のチャンピオンを制定しました。
そんなWWWFと新日本プロレスは、反主流同志で提携し、藤波辰己・キラーカーン
タイガーマスクと言った日本人スーパースターを作り上げました。

しかしそのWWWFのオーナーを父から引き継いだ ビンス・マクマホン・ジュニアは
新日本とも手を切り、猪木のライバルとして活躍していた ハルク・ホーガンを引き抜き
テレビの力で ショーアッププロレスを作り上げ、全米のプロモーションを一つ一つ潰し
最終的にNWAを崩壊させたのです。

そのころから WWWF=WWEの帝王 ビンスと猪木は犬猿の仲と言われるようになったのです。

そんな二人が恩讐を超え、再び握手する時が来たのです。
ビンスは今回の猪木氏の受賞に際し、次のようなコメントを発表しています。

「アントニオ猪木氏は、日本そして世界におけるプロフェッショナル・レスリングの地位を高めたパイオニアです。
 50年にも渡るそのキャリアの中で猪木氏は、全ての素養を兼ね備えた選手そしてプロモーターとしてさまざまな成功を成し遂げ、文化の象徴となりました。
 ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンから東京の武道館まで、猪木氏はその類まれなる技術で世界中のファンから称賛を得てきました。
 WWEは、プロレス史においてもっとも崇拝され、もっとも尊敬されてきた猪木氏にこの名誉を授与出来ることを大変誇りに思います。」


こんな感慨深いことはありません。猪木さんおめでとう!
by AWAchampion | 2010-02-05 01:29 | プロレス界展望 | Trackback | Comments(0)

さきほどyou tubeを見ていたら、中川家の礼二が
もの凄くリアルな ロケ現場の物まねをしていました。



いや、ホントリアルとかリアルじゃないとかの話じゃなくて
これこそロケ現場です。

ロケ現場はこのほどさようにギスギスしていまして、
私もなんどカメラマンさんとケンカしたか分かりません。

いやぁ・・。すごいリアルでギョッとしました・・・。
by AWAchampion | 2010-02-03 20:41 | テレビ | Trackback | Comments(0)

私、恥ずかしながら今日 誕生日を迎えてしまいました。

遂に39歳!

う~む、すっかりオッサンです。
16歳ぐらいの頃 思い描いていた39歳とは正直随分違います。
いやぁ・・・家も車もなく所属する会社も無く、
ましてや奥さんもいないとは思いませんでした。

ま、でもその代わり、それなりに番組やらDVDを演出出来て、
特に子供達に喜んでいただけているのは、とても嬉しいです。
未来を作る仕事・・・と言う気がしますね。

思い描いたものとは違っていても
それなりに幸せなんだなぁ・・・と思うようにしています。

今年も頑張ります。

皆様のご指導ご鞭撻を賜りたく思っております。
よろしくお願いいたします。
by AWAchampion | 2010-02-02 00:44 | Diary | Trackback | Comments(0)