今日は良い天気ですね!

今日は良いお天気ですね!

【ちびっこかいじゅう】のルルノンも、公園でのんびりとしていますよ!
a0054076_14374132.jpg


そんなルルノンとララノンの姉妹が活躍する動画が見られるのは

Rino Kids TV
http://www.youtube.com/user/rinokidsTV

とくに この日曜日に キッズバラエティ ルルララ・ノンノン♪の最新話が
アップされたばかりですよ!
是非ご覧ください!

http://www.youtube.com/watch?v=33ri6t4PK38
by AWAchampion | 2010-11-29 14:39 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

GREEもはじめました

さてさて、ネット上で展開している Rino Kids TVのアクセス数向上のために、
GREEもはじめました。

GREEをやっている皆様。ぜひお友達になってくださいね。
特にミクシーには入れない、学生の皆様!
ルルノンの情報をバシバシ書いていきますので
チェックしてくださいね!

ところで、良くまだ分かっていないですが、もともとGREEってミクシーと同様
招待制だったんですかね?

入会したら いきなりももクロの赤い子 かなこちゃんとお友達と言うことになっていて
彼女の日記がザラザラと流れ込んできました・・・。
まあ、要は新規入会者には、有名人が一人自動的に友達になるんでしょうね。

実はですねぇ・・・私 ミクシーのほうに、ちょうど今晩
「ももいろクローバーにみる、web展開の可能性」的な
かなりの長文を載せていまして、そのタイミングで、いきなりももクロのリーダーと
「お友達」ということになっちまったので、相当びっくりしました。

わははははは!


あ、ちなみにですが・・・。

私の日記は 長文・・・このブログ&ミクシー
        短文・・・FACEBOOK&GREE
   愚痴&煩悩・・・・ツイッター

と言う風になっています。
ブログとミクシーは 別に連動していませんので、4割ぐらいは別の長い文章が載っています。
ミクシーに入っていらっしゃる方は、どうかそちらも覗いてみてください。
by AWAchampion | 2010-11-29 07:09 | Diary | Trackback | Comments(0)

you tube上で展開している Rino Kids TVでは、
キッズバラエティ 「ルルララ・ノンノン♪」シリーズ01 第3話を配信開始しました!

ちびっこかいじゅう 姉妹 ルルノンとララノンが
今度は「なぞなぞ対決」をします!

お楽しみに!




そんな 「ルルララ・ノンノン」シリーズ01 第1話~第3話が楽しめる
Rino Kids TVは

http://www.youtube.com/user/rinokidsTV

です。
by AWAchampion | 2010-11-28 01:55 | 告知 | Trackback | Comments(0)

先日 「アイドリング!!!」の特番を見ました。

そこで、彼女達のキラーコンテンツである相撲を見ました。
「え?相撲?」とお思いでしょう?
そうなんです、アイドルグループの番組であるはずの、「アイドリング!!!」の
鉄板盛り上がり企画に 相撲があるんです。

本当に普通にメンバー同士で相撲をするんです。
で、勝敗を決めるということなんですが、
これが凄く面白い!

アイドリング!!!というアイドルグループは
第一期・第二期・第三期・第四期の4回オーディションが行われていて
多分いま25号ぐらいまでいるんでしょうかね?

で、その期ごとの対抗戦という形で行われるんです。
そこで、「第三期の絆は永遠だ!」みたいなことがあり、
応援合戦があり、ガチで女の子達が相撲をして泣き叫ぶという
わけの分からない展開!

特に第三期メンバーの大川藍ちゃんという、とても可愛らしい美少女系の
アイドルさんが、泣き叫びながらガチで相撲を取る姿は、
馬鹿馬鹿しさを通り越したバカばかしさ!


いや、これが何で面白いのかと言うと 理由があるんです。
世間を重んじる日本の社会の中のエンターテイメントと言うのは
韓国の「スキル主義」のアイドルではなくて
どうしても 「関係萌え」という要素が重んじられます。

つまり 同期の絆・先輩と後輩の篤い友情 みたいな?
昔から日本人はそういうの好きじゃないですか?

で、アイドルグループにもそれを導入したのが
古くは「キャンディーズ」
NHK ヤング101のメンバー なんかなんですが、
21世紀をまたぐ辺りで
モー娘。が「ASAYAN」で 合宿をしたり、デビューの条件として1万枚の手売りをしたりという
【精神的に負荷をかけることで、現れる素の感情を愛でる】
という方法論が生み出されました。

これは、もともとはドキュメンタリーの手法なんですが、それをエンターテイメントに持ち込んだわけですね。
源流はテリー伊藤の「天才たけしの元気が出るテレビ」だったりします。
アイドル番組とは違いますが、TBSの「SASUKE」は完全に、サスケオールスターズを
アイドル扱いした構図になっていますよね。

それを、さらに体系的に推し進めたのが
AKBの「総選挙」というシステムだったのです。
人気を数値に変えて、そこで生まれる表情を掬い上げる・・・。
この下半期のAKBのドーピング的な人気は 大島優子と前田敦子の物語を
みんなが知る事になったのが大きいですよね。

AKBは、【負荷をかける】のに、真剣な道を選んだのですが、
徹底的にメタ構造と言うか、パロディ化してしまったのが
アイドリングの【大相撲】なんです。

この番組のクリエーターである 門澤清太さんや、酒井健作さんがはじめから
「メタとしてのアイドルへのプレッシャー」を意図して
大相撲を始めたかどうかは分かりません。単にじゃんけんハンマーの的なお遊びとして
はじめたのかもしれません。

ところが、今では アイドルの仕掛けの壮大なパロディ となっていて
非常に面白いです。

いや、ホント、アイドリングの子たちって、意外と年齢も高いので
ちゃんとした大人もいるし、可愛いんですけど、相撲で泣き崩れている姿って
びっくりするほど馬鹿馬鹿しい爽快感があります。

フォンチーちゃんとか、結構正統的な美人なのに相撲で負けて
「一期生の意地を見せたかった・・。」とかハラハラと泣いていたりするわけですよ。
そうすると、4期生の中学生ぐらいの子が、ポツリと「みんな、何で泣いてるの?」と
「王様は裸だ!」的な事を言ってオチがついたりするという、素晴らしい展開。

これも発明ですよねぇ・・・。



CM

岡田倫太郎って誰だ?と言う方がほとんどだと思います。
そんな有名なディレクターさんでもないですし・・・。
ということで 私のお仕事から 「サンリオぽこあぽこ」


by AWAchampion | 2010-11-27 21:21 | テレビ | Trackback | Comments(0)

今日は良い天気でしたね!
私は、オリジナルパペット ルルノンとララノンのメンテナンスを
川崎市は元住吉にある 人形劇団ひとみ座さんにお願いしていたのですが
出来たという連絡を受けまして、のんびり
元住吉のブレーメン商店街をお散歩しながら ひとみ座まで行きました。

ひとみ座ではセサミやぽこあぽこでお世話になった方々がたくさんいて
なにやら同窓会的な雰囲気。

さらに、娘達 ルルノンとララノンも綺麗になってかえってきました!

そこで嬉しくなったので
ルルノンと2ショット!

a0054076_15291552.jpg


そんな 【ちびっこかいじゅう ルルノンとララノン】の活躍は
Rino Kids TV
http://www.youtube.com/user/rinokidsTV

にてご覧になれます!
by AWAchampion | 2010-11-24 15:30 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

FACEBOOKもはじめました。

さて、分からないながらも 一応FACEBOOKもはじめました。

もし皆様の中で、FACEBOOKもやっている方は、
どうぞ「岡田倫太郎」で検索してみてください。
で、お友達にもなってください。
宜しくお願いします。

しかし、いろんな発信手段があって、
追いつくのもアップアップですよ!!

大変な時代になったもんです!!
by AWAchampion | 2010-11-23 21:56 | Diary | Trackback | Comments(0)

私がyou tube上で展開している専用チャンネル Rino Kids TVでは
キッズバラエティ 【ルルララ・ノンノン♪】01シリーズの第2話の配信を開始しました!

今度は しりとり対決!

是非ご覧ください!




Rino Kids TV
http://www.youtube.com/user/rinokidsTV
by AWAchampion | 2010-11-22 01:00 | 告知 | Trackback | Comments(0)

昨日の【夜中の大散歩】ですが
ルートを出してみました。

距離 15.6キロ

勾配 最大 33メートル

標準時間 徒歩 3時間6分

だそうです。

私は2時間50分でしたから
少し早かったですね。

昔の人は大体一日4里を歩いたといいます。
ほぼ、昨日のルートと同じですね。

要するに赤坂の弁慶橋のお堀から
中仙道第一の宿場 板橋宿まで歩いたような
事になりますね。

途中で甲州街道の宿場 内藤新宿も
通りましたし、鉄砲隊の居住地 百人町も通りましたから
ちょっとした歴史散歩だったみたいですね。
by AWAchampion | 2010-11-21 02:54 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

今日、赤坂見附のオムニバス・ジャパンで編集がありました。

もう事前に電車のあるうちには帰れないことは分かっていまして、
で、タクシー代が出ない番組であることも分かっていました。

前回のこの番組では 終了が33時半・・・つまり9時半だったので
余裕で電車で帰れたのですが、今日はなんと25時に終わってしまいました。

そこで・・・フト、「果たして赤坂から板橋区まで歩いて帰ることは
可能なのか?」という疑問が沸き起こりました。

もともと【東京ウォーキングマップ】のロケハンで都内を
くまなく歩いていた私です。最近は歩いていないとは言え、まだギリギリ
30代。なんか良い思い出になりそうだったので、歩いてみました。

ツイッターでも実況しながらの大散歩開始です。

1時10分に豊川稲荷横の編集所を出発

1時18分に赤坂見附の交差点をわたりました。

紀尾井町から麹町を抜けて四谷までは わずか15分

1時45分に四谷三丁目を通過しました。

そこから新宿方面へ・・・。

1時58分に新宿二丁目界隈を通過・・。
ゲイバーの灯がぼんやりと怪しく光っていました。

2時またぎ辺りで 新宿三丁目から紀伊国屋前へ・・。

この辺りはまばゆい光で、全然夜中であることを感じさせません。

2時10分に歌舞伎町の区役所どおり辺りに差し掛かりました。
すると今日は花園神社の酉の市だったのか、まだ屋台が出ていて
人ごみでごった返していました。

もちろんホスト・キャッチ・キャバクラ嬢など、
お馴染みの人々と、アルコールの匂いが渦巻く 東洋の不夜城です。
特に、風林会館の前は、なにやらピリピリするほどの暴力の
においを感じました。
そこから坂を上ると オスローのバッティングセンター。
この場所が煌々と照明に照らされて、金属バットの乾いた音を
奏でている様子が、いかにも新宿歌舞伎町です。

区役所どおりは今、並木に青いLEDがつけられてクリスマスっぽく
なっているのですが、その蒼さが、また暴力の匂いを感じました。

職安どおりに出て、ドンキホーテから百人町へ・・。
この辺りは本当に韓国料理屋さんばかり・・。
しかも大盛況!韓国の人は宵っ張りなんですかね?

新大久保から一本裏道に入ると ロッテ本社です。
ロッテ本社の周りは、この新宿工場で働く人のための寮だったり
安い宿がたくさんあります。

百人町やら大久保は、昔は良い街でした、
ですから建物も昭和30年代ごろの素敵な意匠のものばかりで
なかなか良い路地歩きでした。

そこから、戸山公園方面へ。
この辺りはなんか暗いですね。

そして高田馬場。私は大学が早稲田だったので
駅前のニュー浅草も、鳥やすも懐かしいです。
しかし、あれだけあった古本屋さんは 本当に全てなくなってしまった
んですね。
都内屈指の古本屋街は、全てラーメン屋にかわられていました。

馬場下町から明治通りを抜けて目白方面へ
坂が続きます。
やがて、池袋のジュンク堂が急に見えました!

そこが、3時20分。
そして池袋西武前が3時25分。さすがに静かです。

しかし池袋といえば西口。
ロサ会館の辺りを歩くと「社長!もう一軒!」「どう!キャバ!」
みたいな人々が私に鈴なりです・・・。

そんなこんなで、板橋区の自宅に着いたのがちょうど4時
編集所を出てから 2時間50分でした。

まあどこにも寄らず ノンストップ歩きでしたから、
昼間に歩けば3時間半ぐらいでしょうか?

赤坂から新宿は、普通に徒歩圏内だと思いました。
逆に新宿から池袋は遠いですね・・・。

なんか自信がつきました
夜中に歩くと、ぶつぶつといろんな独り言を言いながら歩くので
人は哲学者になりますね。
by AWAchampion | 2010-11-20 04:39 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

AKB48が新曲「Beginner」を100万枚売ったとのことですが、
老舗のモーニング娘。はどうなのかしら?と思っていたら、
新曲のPVが you tubeの「おすすめ」に表示されていたので
クリックしてみました・・・。

そしたら・・・いやぁ・・・・驚いた!

まあ見てください

モーニング娘。「女と男のララバイゲーム」




これ・・・・ロシア民謡のテイストですよね?

もっと詳しく言うと ポルカではないでしょうかね?
ポルカはチェコ発祥の舞踊リズムで
「王様と私」の「Shall we dance?」などが有名ですが、
これは、ホント、ガチのロシア風味の歌謡曲に仕上げてあります。

これに近いのは
カチューチャ  ロシア民謡



とか 
さらにポルカ歌謡の金字塔 「老人と子供のポルカ」




いやぁ・・・・すごいなぁ・・・つんくさんは。

この、近年一番モーニング娘。の動向が集まるであろう この時期に
「ポルカ歌謡」をぶつけてきましたよ!

でもね、意外と分からないでもないです。
というのは ロシア民謡は戦後、学生や労働者を中心に歌声喫茶で
歌われていたキラーチューンです。

つまり日本人の心に染みる いい マイナーコードの旋律をもっているんですよ。
だが、この時期にあえて・・・・というところが凄い。

つまりこの曲を生み出すには はっきりと
「今度はロシア民謡テイストで!」と思わないと出来ない曲なんです。
普通に作ってたら、出来ちゃいました・・・という曲ではありません。
そこがすごいです。

ただ・・・・
ここまで 曲に個性があるのに、どうしてPVは無個性なのでしょう?
別にコサックダンスをやれ・・・という事を言うつもりはありませんが、
例えば、衣装にもう少し スラブっぽいイメージをつけるとか
PVのアートワークスを、少し 1920年代の ソビエト アバンギャルド風にするとか
ちょっと工夫するだけで、全然違うと思うんです。

曲もティンパニーから入って、相当弦やらなにやらも入ってるじゃないですか?
例えばですよ、ロシアっぽいオーケストラが 演奏している会場で、
ボリショイサーカスっぽい モーニング娘。が踊っている・・・なんて
ことだっていいわけですよ。
それはとにかく 変なイメージですから 絶対世間に刺さりますし、
海外のファンも喜ぶでしょう。

もっと言ってしまえば・・・・。
ロシア民謡は、労働歌でもあり、また抵抗歌でもあります。
この時期にこういうタッチの曲を作ったつんくさんの頭の中にも
「冬」→「さむい」→「ロシア」→「ソビエト」 という思いも当然あったでしょうし、

『巨大帝国AKBに対して、今、ハロプロ人民軍は決起した!』という
事を思わせるような、PVだっていいわけです。
それこそ「戦艦ポチョムキン」みたいなPVで、
チェックの制服を着た政府軍を倒す 少女人民軍が、
ハロープロジェクトの旗を高らかに振る。みたいなPVだったら、すご~~~く話題になると思います。

タイトルも 「女と男のララバイゲーム」だと、どうしても
「男と女のラブゲーム」っぽい 年末向け演歌なのかしら?と思うじゃないですか?

これが、例えばですよ・・「愛のスパシーバ!」ってタイトルなら 
いいかどうかは別として、心に引っかかると思うんですよ。
アートワークスやら、全体のプロデュースにどこまでつんくさんが関わっているのか
分かりませんが、
これはいくらなんでも惜しい!

この冒険が、たんなる 「なんか古臭い曲だね」で終わってしまうのは
ディレクションの失敗ですよ。
がんばって!!
by AWAchampion | 2010-11-16 17:43 | 歌謡曲考察 | Trackback | Comments(0)