2月20日 日曜日に 名古屋は中日劇場で行われた宝塚歌劇団の公演を見てきました。

お目当ては、1990年に初演されて、父 岡田敬二の代表作として知られる
「ル・ポワゾン~愛の媚薬」の21年ぶりの再演です。

ちょうど前日が父の70歳の誕生日と言うこともあり、非常に良い一日でした。

正直言って長男が、父の代表作について論評するのは非常に難しい事です。
ただ、逆に色々な思い出を交えて書ければと思っています。

もともと 父が「ジュテーム」からはじめた事になっている ロマンチック・レビューシリーズですが
実際には第3作の「ラ・ノスタルジー」の成功により、この路線を意識したというところがあります。

この「ラ・ノスタルジー」は、それまでの岡田敬二の特徴であった、パステルカラーで1950年代の
アメリカを強く意識したショーから、はっきりと 今のロマンチックレビューの特色である
抑えた色合いの色調に統一し、バレエや過去の伝説から題材をとるようなシーンを多く
取り入れる構成を取り入れ、当時非常に話題になりました。

この路線は もともと「魅惑」あたりから萌芽し「ジュテーム」で手ごたえを感じて、
(父が今でもベストシーンに上げる 故大浦みずきさんのバレエシーンはこの「ジュテーム」です)
「ラ・ノスタルジー」で結実したといえます。

そのときのスター剣幸は父と相性が良かったらしく、その組で更に ロマンチックレビュー路線を深めて
行った作品が、この「ル・ポワゾン」なのです。

当時 シャネルから「ポワゾン(毒薬)」と言う名の 相当癖の強い香水が発売開始されたところで
ちょっと話題になっていた時期でもありました。
タイトルはそこからきているのでは?と思われます。

何しろ「毒」ですから、美術大橋氏、衣装任田氏、照明勝柴氏とは「大人の香りのするレビューを」
という話し合いがあったのでしょう。
レビューの伝統にのっとった クラウンの手引きにより、物語は始まります。

黒燕尾の裏地に紫を使い、それでいて 良く見るとフリルがついた、フェミニンではあるけれど
大人の印象の男達の踊りのなか、香水に入ったスターが現われる・・・というOPです。
全場アーチは 紫のイメージからか、ぶどうを模したもの。
シーン全体は 黒と紫に統一された孔雀柄という 非常にコンセプトが統一されています。

第二章も夜のシーン
しかし 白鳥や王子のモチーフで衣装はが基調です。

第三章はナイトクラブのシーン
禁断の実 りんごをたべた ナイトクラブの男と女が
エピキュリアンのごとく 悦楽の踊りを踊ります。
悪徳が栄えるナイトクラブは やはり黒が基調の 夜の世界です。

オリジナルではこの後、仲間を失った空軍パイロットが酒場で飲んだくれるという
シーンにはいるのですが、これも夜のシーン。

と言う風に、明らかに夜をイメージしたレビューなのです。
これは結構 「清く正しく美しく」の宝塚にあっては、当時は相当チャレンジ企画だったそうです。
(今はそうでもありませんが)

で、中詰めで 一転して白ホリに、白とピンクの紗がかかった 淡い色彩のセットに変わり
そのなかを 水色の衣装を着たダンサーが踊ります。

これこそ、まさに全体を狙った構成でしょう。
ここで 一気に朝が来たような開放感を味わいます。
その後は エンディングまでまっしぐら。
非常に色彩や 構成にメリハリを考えられた内容となっています。

コンセプトや構成が分かりやすいと 各部署では仕事がしやすいものです。
その狙いがズバリとはまった作品といえましょう。

特に今回見て感心したのはオープニングの構成です。
どうしても香水のセットのために、舞台中央付近にある大セリを使う関係上
レビューのオープニングに不可欠な奥行きのある演出が出来ないという
問題がありました。

そこで、今回 メインテーマのアレンジを、非常にメリハリの利いた構成にしました。
中ほど スターが歌う箇所のアレンジが いきなりアルゼンチンタンゴ調になったり
ブレイクを設けたりと、一つのストーリーのように構成されていました。
それにあわせて、照明も青いサスを入れたりして、
とにかく 相当しっかりした構成のもとに 会議が行われた様子が見て取れました。

もちろん他のレビューにおいても基本ともいえる事ではあるのですが、
意思を徹底させるという事が非常に上手く行っている作品だと思いました。

今回 音楽著作権の関係でクイーンの「We are the champion」が使えず
前述の パイロットのシーンがなくなっています。
代わりに 「ナルシス・ノワール」で日向薫と紫苑ゆう という90年代を代表する
二人のスターが演じた 闘牛士の光と影のシーンが入っていますが、
私は正直、こっちの方が良かったと思います。

同じく音楽著作権の問題などがあったので
思い切って今回は 「ナルシスノワール」「ジュテーム」などのテーマソングを幕間に使用して
【ロマンチック・レビュー 傑作選】に仕立て上げています。
こういうことをすると、「また岡田さんは リバイバルで手を抜いた」的な事を言う人も
いますが、私はこれでいいんだと思います。
それに長男としては 泣きそうになりましたね。
それらの作品をリアルに見ていたとき 父は50代 私は20代になるかならないかの頃でした
色々思い出しますよ。そりゃ。

「ナルシス・ノワール」も 非常に評判の良い作品でしたから
今回はお得だったのでは?と思いました。

見終わった後、私の後列に座っていたご夫人が
「はぁ・・・楽しかった!」と吐き出すようにおっしゃっていたのが、とても印象的で
ちょっと父親を誇らしく思いましたよ。本人には言えませんが・・・。


全然関係ないですが 正塚先生の作品がコメディタッチだったころもあり
星組スターの 柚希礼音さんは、ちょっと往年の名スター 瀬戸内美八さんに似てるなぁ・・。
と思ってみていました。
瀬戸内さんは、80年代を代表する コメディに強いスターでしたからね。
「ミル星人パピーの冒険」という 非常に記憶に残る作品を演じています。


CM

というわけで、ここまでお付き合いいただいた皆様。
せっかくですから あと8分ほどお付き合いください。
私自身は子ども番組の演出家なんですが、権利の関係で
エルモやキティちゃん、トーマスはお見せすることが出来ません。
ですので、私自身のキャラクターの作品をご覧下さい。

キッズバラエティ 【ルルララ・ノンノン♪】シリーズ02の第一話です。
you tubeでRino Kids TVと引いていただければ 色々出てきますよ。



さらに、まだお暇なら こちらも見てってくださいよ!


by AWAchampion | 2011-02-24 10:41 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(1)

いやぁ、笑った笑った。

え?何がって?

昨日のCSフジテレビoneでやっていた アイドリングですよ!

罰ゲームありのバトミントン その名も「バツミントン」をしていたんですが、
とにかくメチャクチャ!

顔中にマッキーで落書きされるわ、
青汁を水に溶く前の粉だけを口いっぱいに含まされたまま、
ゴム風船を歯で割らされるわ、
スーパージョッキーか!というぐらいの暴れっぷり。

CS番組もそうですが、
あまりに面白かったので フジテレビオンデマンドを見たら、
さらにボケが加速して大変な事になっていました。
というか、本放送で27分、オンデマンドが52分だから
半分しか放送していないんですよ。そりゃないよ・・・。

次の月曜日深夜に編集した版が地上波で流れるとは思いますが、
105円で見られるので、オンデマンド完全版52分をご覧になることをお勧めします。
しかし、これDVDにしないんですかねぇ。
もったいない。

CM

パペットは青汁の粉を吹けませんが、こちらも頑張ってます!



by AWAchampion | 2011-02-18 19:56 | テレビ | Trackback | Comments(0)

私の母が主宰しております、 兵庫県宝塚市の子どもミュージカル劇団
【のんのんバレエスタジオ】では、今年8月に行われる
宝塚バウホールでの公演に向けて 生徒募集中です。

今年の演目は アンデルセンの生涯を綴った 「アンデルセン物語」

あのタカラジェンヌと同じ、宝塚バウホールで舞台に立つチャンスですよ!

阪神間で 3歳から中学生までの女の子をお持ちのご父兄の皆様、
娘さんに ミュージカルを通して情操教育をしてみませんか?

流行のヒップホップとはまた違い、体の線が伸びた 美しい立ち姿の女性になりますよ!

詳しくは こちらまで

【のんのんバレエスタジオ HP】 http://nonnon-ballet.com/index.htm


CM

この 【ちびっこかいじゅう ルルノンとララノン】の中に出てくる
バレエ教室が 【のんのんバレエスタジオ】です!


by AWAchampion | 2011-02-18 00:05 | 告知 | Trackback | Comments(0)

昨日アップした 街番組風 東京モノレールの動画が
良い感じでPVが増えています。

みなさん、ご視聴ありがとうございます。

なんか嬉しいですね。
もともと「東京ウォーキングマップ」の演出家だったわけで、
街番組が自分でも好きなんだなぁ・・と再確認しました。

シリーズ化せよという声もいただき、
ちょっと調子に乗ろうかしら?と思いつつ・・ですね。

というわけで、
是非ご覧下さい。


by AWAchampion | 2011-02-16 00:14 | Diary | Trackback | Comments(0)

Rino Kids TVの告知です。

普段は「ちびっこかいじゅう ルルノンとララノン」シリーズを配信しています
子供向け映像主体の Rino Kids TVですが、
今回、大人向けの映像を作成しました。

私が大好きな 東京モノレールについて
「東京ウォーキングマップ」風というか、ナンと言うか
街番組風に作った11分の作品です。

Flying Train
Tokyo Monorail


まあ気軽に見てやってください。


by AWAchampion | 2011-02-14 18:32 | 告知 | Trackback | Comments(0)

めぐる、めぐるよ 時代はめぐる・・・

え?どうしたのかって?

ちょっと 考え事をしていたんです。

前回、秋元康さんがおニャン子クラブを引っさげて、既存の芸能界を荒らしまくった後、
テレビや音楽界に CCガールズやギリギリガールズ 
T-BACKS など、ちょい色物けいのお色気アイドルユニットが
ガンガンあふれ出しました。

時代は巡りますね。

今回も、すでにその兆候が出てきています。

そこで 今回はそういう 「世も末」なアイドルユニット曲を いくつかご紹介しつつ
この不況をエエじゃないか!と笑い飛ばそうと思います。

まずはご存知 あやまんJAPAN
彼女達は イベントコンパニオンなどのセミプロだった人たちが
徒党を組んで 宴会でオゲレツ宴会芸をしていたことから
テレビマンの目に留まり、 とんねるずの「みなさまのおかげでした」で世に知れたという
グループです。

あやまんJAPAN 「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー」



う~ん凄い。お下劣!ヨモスエ!


続いては 爆乳甲子園です。
彼女達は tokyo idol festival 2010の夜公演で
出てきて度肝を抜きましたが、基本的には手島優ちゃんと助川まりえちゃんを
中心とする いくつかの企画ユニットの一つだそうです。
掟ポルシェさんが 最近好んでこの曲をDJでかけています。

まあこれもとても「世も末」な曲です。

爆乳甲子園 「爆乳応援歌」



プラチナムという事務所のアイドルが中心になってやっていまして
他にも 
「爆乳三国志」「胸の谷間にうもれ隊」「爆乳戦隊パイレンジャー」など
数々のユニットがあるそうです。

うひょ~ ヨモスエっ!
by AWAchampion | 2011-02-12 09:17 | テレビ | Trackback | Comments(0)

バニラビーンズというアイドルデュオをご存知でしょうか?

北欧の風に乗ってやってきた二人組 というコンセプトで
キノコ頭のレナと外はね頭のリサからなるコンビです。

もともとは2007年に結成されたらしいのですが、
メンバーチェンジを経て
(旧メンバーは なんと 幻のアイドリング10号ちゃんらしいです。アイドリングの番組にも
殆ど出ていない、我々の世代で言うと 五味岡たまきちゃん的な人ですね)
今のメンバーになったそうです。

「清楚でイノセンスな雰囲気」のアイドルというメインコンセプトだそうですが、
今では、サブカルの人々に愛されているアイドルというイメージが強いですね。

特に、あの アイドルソムリエ 掟ポルシェ氏が今一押しという
アイドルなのです。
掟さんは、あのperfumeを、誰よりも早く推していて
多分まだ中田ヤスタカさんがプロデュースする前から ず~~っと彼女達を
紹介し続けたという信念の人です。

なので、お?と思うじゃないですか。やっぱり。

私が彼女達のことは 話では知っていましたが
生で見たのは、昨年末の申し訳ナイトの時でした。
23時から4時までずっと物販をしつつ、チケットを買ってくれたファンにビンタをかますという
なんとも凄いプロモーションを行っていました。

で、見てみましたよ。PVを。
まずは2009年の曲 「サカサカサーカス」



このPVは なんとなく子ども番組が本職の私などには 非常に親近感のある
イメージと、予算的なボリューム感の中で作られています。
かなりいいPVですよね。
センスもいいですし、ちゃんと間奏で、本当はおしゃべりで キュートな二人の素の表情を
出すのに成功しています。

で、お次は バニラビーンズがCMに出たときに流れていた
あの曲 「D&D」のPVです。
これがカッ飛んでます。



これは笑いました。
なるほどねぇ・・・。
80年代の「ザ・ベストテン」の徹底したパロディになっていて
これはこれでとても面白いです。
特に曲タイトルを乗せるカットを 街灯にして
その間にスタンドマイクを立てる時間を稼ぐ・・・という
テレビの歌番組ならではのカット割を忠実に再現しているのは
爆笑しました。

で、こういう事にもなっています。
「ハイスクールララバイ」 ロマンポルシェ feat. バニラビーンズ



まあ、これはバニラビーンズと言うよりも、普通にロマンポルシェのPVではありますが
かなりアホっぽくて 最高ですね。

近年は先ほども書いた ビンタ会のほかに 「キック会(ファンにローキックをかます握手会の変形)」
「寝起きUst配信」(朝起きると すでにカツラと衣装をつけている・・・という出オチUst)
「ファンの方のご自宅を掃除します会」
など、 サブカル度が過激になってきています。

私が彼女達と、そのクリエーターさんたちに好感を持つのは、
彼女達のビジュアルとは真逆の、「何とかして世間に爪あとを残そう」とギラギラする
その姿勢です。

多分予算もほとんど無いのでしょう。
それに とても二人とも可愛らしいですが、二人とも20歳を越えていて
さらに170センチぐらいあるそうで、とかく「幼さ」を要求されるアイドルタレントとしては
結構不利な条件がそろっています。
さらに、まあ申し訳ないですが、それほど歌や踊りが抜きん出て上手いわけでもないのでしょう。

【持たざる者】が、それでも智恵を絞って、ネットやイベントなどで
変わった事をやり、それを口コミで広げていくのは、とてもクリエイティブな事です。

で、どれほどサブカル路線に走り、変わった事をやっていても
ビジュアルとキャラクターの「清楚でイノセンスな雰囲気」だけはキチンと守っているので
なんとなく全てが微笑ましく見えるのも、作戦ですよね。

この路線で、perfumeのように…と行くかどうか分かりませんが、
こういう人たちと彼女達を取り巻くクリエーターさんたちが、何かの形で報われて、
20年後の人にも届くような作品が残せると良いなぁ・・・と思います。



CM

というわけで、ルルノンとララノンも2人組!
Rino Kids TVもヨロシクです!


by AWAchampion | 2011-02-11 21:43 | 歌謡曲考察 | Trackback | Comments(0)

負けた・・・。

真っ白な灰だ・・・。

え?何がって?

そりゃ・・・。

フッ、負けちまったんだよ。(作り笑顔の頬に涙)




私の近所に パチンコの超大型店が昨日出来まして、
この地区の他のパチンコ屋さんも含めて
いま お祭り騒ぎになっております。

「今日は勝てるだろう?」

そんな思いをこめて、ちょっと大目にお金を下ろして
雪の中参戦してまいりました。

結果・・・


人生で負けたことがないぐらいの 大負け!


ぐぉぉぉ!


今日負ける?俺?

みんなキュインキュイン言わしてるのに?

トマト祭りに参加して、服に染み一つついていないようなもんですよ!

うへぇ・・・。
やられた!

よほど私は博才がないんですねぇ・・・。

マジやばいっす。まだ上旬だもんねぇ・・・。

正月に見た 金の竜を釣り上げる夢は一体どうなったんスか?
正月にひいた 超大吉はどうなったんスか?
by AWAchampion | 2011-02-11 16:21 | Diary | Trackback | Comments(0)

最近の報道により…というよりも、実はずっと前から
大相撲には八百長が横行していると言われていました。

で、「大相撲はプロレスだったのか!」という見出しが雑誌などでつけられていますが
プロレスファンからすると、それは違うと声を大にして言いたいです。

プロレスには確かにアングルと呼ばれる あらかじめ決められた試合結果があります。
しかしこれは、マッチメーカーと呼ばれる人物が、その一つの興行の流れや、
テリトリー全体のストーリー展開を考えた上で、指示を出しています。

つまり プロレスと言うジャンルは、それぞれの興行にいる 複数のマッチメーカー達が
テリトリー内で共同でつむぎだす 複雑な大河ドラマなのです。

それは全て お客さんを喜ばせたり、時にはストーリーを進めるために
期待を裏切ったりする エンターテイメントとして仕組まれます。

その大河ドラマを演ずるレスラー達は、本当に全力で殴りあったり蹴りあったり
しながら表現をします。そこには全く嘘がありません。
ですから、プロレスは少なくとも 対お客さんには、【真剣勝負】なのです。

それに対して 大相撲の八百長は、要するに力士同士の互助会なのです。
お互いが番付を大きく変更させないように、星を売り買いするわけで
そこには お客さんへの視線は全くありません。

もしくは相撲自体が賭博の対象となっている時に、胴元に対しての責任はあるのかも
しれませんが、あくまで力士の都合だけで行われています。

ですから 大相撲の八百長と プロレスのアングルは 全く違うのです。

そもそも 力を抜いて倒れたら終わりの八百長は楽ですが、
相手の技をしっかり受けなければいけない アングルは
むしろ普通にやるより辛いわけですからね。

だから プロレスファンからは「冗談じゃない!」と言いたいですね。

CM

さて、ルルノンとララノンが なぞなぞ対決を繰り広げる
【ルルララ・ノンノン♪】は、もちろんガチンコ!ですぞ!


by AWAchampion | 2011-02-11 03:46 | Diary | Trackback | Comments(0)

最近相撲界では八百長疑惑などが出て、春場所を中止するという事を言っていますね。

そんななか、わがプロレス界は、15年前に同じようにミスター高橋氏の告発によって
大揺れになりました。

が、プロレスは他の格闘技などと違い、勝敗だけで見ない興行です。
むしろそのレスラーが歩いてきた道のりや、今戦っているその理由を深読みする
大河ドラマのようなジャンルなのです。

そんな中で この3月6日の日曜日に 両国国技館で
ZEROーoneという団体の10周年興行が行われます。

ここで、あの破壊王 故橋本真也の息子さん、橋本大地が18歳でデビューを果たすのです。
しかも相手は 父の親友 蝶野正洋。

入場テーマで あの爆勝宣言が流れて
「はっしもと!はっしもと!」と叫んだら、みんな泣いちゃいますよね。
父 橋本真也が命をかけて守った団体の、伝説の旗揚げ戦が
行われた あの両国で、破壊王の息子がリングに立つんですよ!

泣きます。私は多分号泣します。

正直言って今のゼロワンは キャパ1800人の後楽園ホールも一杯にできません。
13000人入る両国国技館なんてはっきり言って

ホント こんなときこそ みんな両国国技館で 物語を味わって泣きましょうよ。


というわけで、

Rino Kids TVでは 大人も子どもも楽しめる 【ルルララ・ノンノン♪】02の第2話を
配信中です!

是非ご覧下さいね!


by AWAchampion | 2011-02-09 19:03 | 懐かしいもの | Trackback | Comments(0)