今月半ばに テレンス・マリック監督の「ツリー・オブ・ライフ」を見ました。

私の周りでも賛否両論で、良いという人は「人生の一本だ!」
ダメだという人は「寝た」と言う 作品で、いかにもテレンス・マリックらしいなぁと思い
見てきました。

ちなみに シニフィアン・シニフィエでおなじみ 蓮實重彦さんは 
相当この映画に怒っているそうです。

しかし私は テレンス・マリック監督のデビュー作「Badlands(地獄の逃避行)」を
アメリカ映画10傑の一つに入れているほど好きな作品なので かなり期待していきました。

ということで このあと ネタバレしますが、
正直この作品は 言葉で聞いても 大したネタバレにはならないと思います。


が、これから観る方は 一応逃げてください。





さて、いいでしょうか?


物語はいくつかの レイヤーに分かれて進行します。

具体的に言うと
まず ある日 オブライエン夫妻のもとに 次男がわずか19歳で戦場でこの世を去ったという
訃報が届きます。

続いて、その兄 ショーン・ペンが数十年後 
その出来事を思い出しながら 現代のニューヨークをさまよい歩きます。

そのさまよい歩きの中で
父 ブラッド・ピットとの確執や 母への思慕の想いなどを思い出します。

と、同時にその思いは ミクロの人々の営みを超え マクロの 地球の営み全体に
隠喩として投影されるのです


・・・・と文章で書いてもわかんないですよね?

まあ、見てくださいとしか言いようがありません。


もともと テレンス・マリックは 田舎の人々の生活を、自然界全体の中のサイクルのひとつとして
描くのが得意な作家です。
有名な「天国の日々」もそういうお話で、
撮影も 人工的な光を極力避けつつ、幻想的な雰囲気を出すために
天才カメラマン ネルトール・アルメンドロスによって 「マジック・アワー」での伝説的な撮影が
行われたのです。

私が好きな「地獄の逃避行」も、ボニー&クライド的な物語を
アラバマの自然をバックに 描くことで、とても詩的で美しい作品に仕上げています。

で、今回私は 2つのことを思ってみていました。

まずミクロの場面・・・つまりブラッド・ピット父や母と子供たちのシーンは
素晴らしかったです。
美しいジョン・カサベテスみたいな 感じ?
リアルなんだけど、とても抑制の効いた物語が進行していきます。
このレイヤーはびっくりするほど良かったです。

ただ、マクロのレイヤー 地球の営みを描くところは
ちょっと好みではなかったです。
1970年代初頭に コッポラが撮った「コヤニスカッティ」という映画があるのですが
なんかそれみたいで、
要するにちょっと 自然の描き方に 昔の映画作家の眼差しを感じてしまいました。

私の感想としては
いい映画だと思いましたが
やはり「Badlands」の衝撃にはかなわないと思いました。


というわけで 「Badlands]のトレーラーを貼っておきます



この話は 実際にアラバマ州であった話なんですが田舎の名門高校に通う
ピアノの好きな少女と、23歳のごみ回収車のドライバーが恋に落ち
少女の父を撃ち殺し、家を焼いて
二人で逃避行を重ねます。

そしてツリーハウスをつくり 二人だけの生活を始めるのですが
警察の追っ手が迫り・・・・という作品です。

是非見てください。
これはマジいい映画です。
アメリカン・ニューシネマの系譜にいる作品ですが、本当に美しい作品です。

ちなみに 「コヤニスカッティ」もトレーラーを貼っておきます


by AWAchampion | 2011-09-24 00:11 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

final cut proの危機

ここ数年 テレビ業界では オフライン編集というとfinal cut proが標準でした。

だいたい撮影が終わると データーを取り込んだHDDをコロンと渡されて、
「じゃあ 岡田さん ○○日にプレビューよろしく」というのが基本でした。

まあ大体フリーランサーは自分でfinal cut proを持っているもんでしたし
もってなくても使えて当然なので 東京オフラインセンターなどの
レンタル会社から気軽に借りることが多かったです。

しかしアップルがfinal cut proのレンタル業務を禁止したと話があり
現在そういうレンタル業務はストップしています。

すると、業界としては、レンタル業務ができて 個人で所有できる別のソフトに
移ってしまう可能性があります。

今、業界では古くから使われているAVID
手軽で安い final cut pro
windowsベースの premier が使われています。

もしかしたらここで一気にpremireに移ってしまうかもしれません。

すると、安いと言ったって、機材も含め30万以上の出費を覚悟しなくてはいけません。

痛い。

痛すぎます。

我々フリーはボーナスとかないですし、そもそもそんな長期のローンが組めませんから
即金で30万が消えていくわけです。

痛すぎる・・・


そんなfinal cut pro で作ったパペットショーが
Rino Kids TVで展開されている 「ルルララ・ノンノン♪」です!


by AWAchampion | 2011-09-22 08:57 | テレビ | Trackback | Comments(0)

9月14日に 東京會舘にて 父 岡田敬二の 麗美友会が行われ、
お陰様で 160人を超える人々にご来場いただきました。

本当にありがとうございました。

いつも本当に思うのですが、宝塚のファンの方って
下は十代から 上は 70代?80・・・代?の淑女まで
本当に幅広くて、そういう方々が同じ話題で盛り上がれるというのが
とても素敵だと思います。

当日は 元月組の大スター こだま愛さんに 「ル・ポワゾン~愛の媚薬」のテーマを
歌っていただくなど 大変盛り上がり
最後は みなさんで「すみれの花咲く頃」の合唱で終わりました。

父も今年で70才ではありますが、まだまだ頑張っております。

今後ともよろしくお願いいたします。
by AWAchampion | 2011-09-19 09:06 | Diary | Trackback | Comments(0)

亡き師と大変ゆかりの深い制作会社さんから、とてもいいお話で
声をかけてくださいました。
そこで、「久世さんがご存命なら、不肖の弟子の私になんと言ってくださっただろう?」
と思うと、ちょっと色んなことを考えてしまいました。

私は本当に弟子筋でいえば末端もいいところで、
助監督として数本 一番下(6番目の助監督とかでした)でついたことはあるんですが
カノックスではずっと傍系でした。
早くからTBSに出向に出されて、鴨下信一さんに美術番組でしごかれたり
「料理バンザイ」で早くからチーフADにしていただいたので、テレビマン的な出世は
それなりに早かったのですが、逆に久世さんの目には止まらないキャリアを
歩んでいました。

ですから入社から5年経っても名前を覚えていただけないような弟子でした。

ディレクターとして「東京ウォーキングマップ」を撮っている時に
久世さんに自分が撮ったモノの中で少し自信があった回を見ていただいて、
そこで初めて「こういう奴がいるんだ」とお知りになったようで、
それからは 末端の弟子ではありますが、作品に対して批評をくださるという
大変 光栄な立場で接していただいていました。

今でも自分の支えとなっているのは、
久世さんはご自分のキャリアの中で 紀行番組をお撮りになったことがなかったのですが、
私に「お前がやっている、あの番組は良いな。俺にも撮らせろ」と
言ってくださった事です。

もちろんTBSで日曜の朝5時からやっている番組に 巨匠が降臨するということは
ありませんでしたが、私にお世辞を言う事もないでしょうから、本心だったと思います。
それが私のささやかな自慢です。

でも、本当はキャリアの大きな転換となった「セサミストリート」を
見ていただきたかったです。

ミラーボウルギンギンの作品群は「ムー大陸」をお撮りになった久世さんの
お好きなタッチの ドラマだったはずです。

絶対「こういうのは俺の方が絶対良いものを撮る。お前じゃダメだ。俺に撮らせろ」と
おっしゃっただろうなぁ。と思いますし、
「セサミ」を見ていただいて、そういうふうに怒られたかったなぁと
思います。

師が亡くなって、来年3月で七回忌です。
by AWAchampion | 2011-09-15 04:48 | テレビ | Trackback | Comments(0)

な?なんだ?

なんか夜中にツイッターにすごいTLが飛び交っていました。

「こんなところで えびぞりジャンプ!」
「ドルトムントで ももクロ!」

へ?


で、起きて調べてみたら、今 ドイツはドルトムントで 文化庁が主催する
「メディア文化祭」という 日本のポップカルチャーを紹介する展示会が
やっていて、そのオープニングイベントとして
VJ 宇川直宏さんやら 初音ミクDJイベントやらと混じって
ももいろクローバーの公演が行われたそうです。

いやぁ・・・。

ドイツのテクノ好き&ボンクラカルチャー好きの前で、
前山田氏の曲に乗せて暴れまくる 5人の極彩色の少女たち・・。

いくらなんでもバカ負けしました。

すごいなぁ・・・。わけわからないけど、すごいなぁ・・・。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そこで、ふと思ったんですけど、ヨーロッパに輸出される日本のポップカルチャーって
パリエクスポのモー娘。だったり
perfumeだったり
初音ミクだったり、ももいろクローバーだったりと
とにかく 広義のテクノサウンド+少女 というイメージなんでしょうね。

例えばこれが、嵐だったらいいのか?というと
どうも座りが悪いです。

映画「バベル」でも菊池凛子が演じたのは
マイクロミニを履いた 女子高生でしたものね・・・。

とにかくもう、そういうイメージなんでしょうね。
by AWAchampion | 2011-09-10 04:21 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

さてさて、今年もNFL (アメフト)の季節がやってきましたよ!!

私の大好きな フィアデルフィア・イーグルスは 今年こそスーパーボウルを制覇できるのか?

そして私の大好きな QBドノバン・マグナブは 昨年からの新天地ワシントン・レッドスキンズで
頑張れるのか?

楽しみですねぇ。

ちなみに私が好きだった ”イーグルスの”QB ドノバン・マクナブのプレイです。
グリーンのジャージの5番が素晴らしいプレーをします。



凄くない?

素晴らしいですよ!!
by AWAchampion | 2011-09-09 09:23 | テレビ | Trackback | Comments(0)

この秋の風邪は・・・

いやぁ・・・涼しくなったので
いきなり風邪ひいちゃいました。

今年の秋の風邪は、どうやら喉に来るようです。

みなさまもお気を付けて!
by AWAchampion | 2011-09-08 09:54 | Diary | Trackback | Comments(0)