演歌と任侠界

これを書くかどうか迷いましたが、
どうしてもちょっと違和感があるので書きます。

今年の10月に暴力団に対する法律が変わり、
NHKでも 過去に暴力団とつながりのあった 演歌歌手の
紅白への出場取りやめなどを検討しているそうです。

確かにわたしも 暴力団、任侠界の人々と興行界に深いつながりがあるのは
恥ずべきことだと思います。

それが前提でお話をします。

もともと 演歌の前身とも言える 浪曲・浪花節の興行や
新内流しの興行などは、旅芸人方式で行われ
神社仏閣の境内などで 興行を打つことが多くありました。

日本各地には的屋と呼ばれる、お祭りでの縁日などを仕切る人々が
それぞれの土地を縄張りのようにして 移動販売や 旅芸人 それに
大相撲の地方巡業などの
便宜を図り
それがいつしか 興行主として大きな力を持つようになりました。

更に博徒系であった 神戸の山口組も2代目組長 山口登氏が
西日本の浪曲の興行権を取得。ロードマネージャーとして機能し
土地々々では 地元の的屋組織が世話を見るという
スタイルが確立しました。

演歌は昭和30年代 浪曲の衰退と入れ替わるように
発展した新しいエンタメで、その地方巡業スタイルは 過去の浪曲のものを踏襲しました。

多分 今いる演歌の歌手の方は
新人の時にレコード会社に所属して キャンペーンを始めた時点で
任侠界の方がやっている 地方興行主の様々な庇護のもとに活動を始め
お世話になっているはずです。

それは 彼らがどうのということではなく
既に確立したシステムに組み込まれないと活動ができなかったわけですから、
選択する余地なんてなかったはずです。

今後はともかく 過去のことで
演歌歌手本人に対して 任侠界・・ヤクザとの付き合いを一方的に非難するのは
間違いです。

それを言うなら レコード会社は絶対知っていたはずです。

過去は仕方がないです。
だって、システムがそうなっていたわけだし、もし「ヤクザのシステムに乗りたくない」と
言った人がいたとしても、その人は 今 紅白なんて出てないですよ。

過去は仕方がないです。
そりゃ 色々と地方でお世話になった興行主のご家族の結婚式とかに
出たことがある人だっているでしょう?

1年の猶予を与えるべきです。
既に契約がされている興行は そこにお客様がいる以上 断れないコトだって
あるでしょうから・・・。

その上で それぞれのレコード会社が、演歌歌手を守って
利益が暴力団に流れない形の 新しい地方巡業スタイルを作るしかありません。

2012年の年末になって、まだ 古いスタイルの巡業を続けている
レコード会社や演歌歌手がいるなら・・・。

そのときに初めて非難されるべきだと私は思います。
by AWAchampion | 2011-10-18 15:44 | 歌謡曲考察 | Trackback | Comments(0)

いやぁ・・・笑いましたよ。

え?何がって?

CSの星 「アイドリング!!!」ですよ。

なにやらアイドリング!!!は この度放送800回目を迎えたそうで、
その記念回が放送されました。

バカリズム升野と森本さやかアナ、それにアイドリング!!!のメンバーが
一緒にくす玉を割って お祝い!
それぞれが、800回に寄せる想いを話して 楽しい雰囲気で番組が進行します。

と、バカリズム氏が

「この番組を支えてくださったのは この方たちです!」
というと  
ペデスタルカメラの近くで、レフ板をもったり、ブームを掲げたり ケーブルをさばいている
決め顔の スタッフさん達!

「そう!技術の皆様です!」


「やや!あそこにも!」

と言うと別の場所に不自然に決め顔で固まっている 美術さんたち!

「そう、美術の皆様です!」


「この人たちが居なかったら、800回なんて
出来ませんでした!
みんなでお礼を言いましょう!」


「ありがとうございました!」



・・・・・・


「という訳で 記念すべき800回記念は

 フジテレビ技術vsフジテレビ美術!」


え?


えええ?


なんだそれ?


アイドル置いてけぼり?(笑)


カメラさんをはじめとする 技術さん5人と 
フジアール 美術進行さんをはじめとする 美術さん5人が 対決!?


しかもその対決が 
似顔絵対決とか そういう ショボショボ系!


アイドリング!!!の女の子たちが後ろから力なく 「ガンバレぇ・・・」とおっさんたちを
応援するという シュール映像!



いやぁ・・・今までも色々と
「アイドルが 30分間 インフルエンザの予防接種を受け続ける」
「アイドルが 30分間で20人がちゃんと 風船ガムを膨らませたらクリアー・・20分ぐらい口のアップだけで進行、しかも失敗!」
「ドッキリ企画 アイドルのなかに カワイイスタッフを紛れ込ませて【アイドルじゃないのは誰?】クイズを アイドリング!!!を知らないおばさんとかに出して、どんどん本物のアイドルがスタッフに敗れていく」

など エロネタではない 
革命的な アホ企画をやってきて
私に衝撃を与え続ける アイドリング!!!ですが、
今回の企画には衝撃を受けまくりました。

「アイドリング!!!」って名前の番組なのに
記念回で
ついにアイドリング!!!のかわい子ちゃんたち 置いてけぼり!!

オッサンたちの戯れを 酒を飲みながらアホづらで
大笑いしながら観る私

いやぁ、スゲェ。

自由すぎる。
by AWAchampion | 2011-10-16 19:29 | テレビ | Trackback | Comments(0)

  
 先日とあるDVDの撮影に向けて 3歳児40人のオーディションを敢行しました。
 3才ってねぇ・・・子役でも 結構小さいですよ!

 一度に4人ずつ部屋に入れて 名前とかを言わせるわけですが
 これが7歳ぐらいなら 普通に台本読ませたり演技をさせたりを、
 演出家として
 普通に椅子に座ったまま演出するんですけど
 3歳児の場合 雰囲気を作りながらも こちらの指示がきちんと入るかどうか?
 と言うのを 見極めなければいけません。

 そこで 私 一緒に40人と遊びながら オーディションしましたよ。

 いやぁ・・・大変だった。
 最後の方 フラフラ!

 でもいい子が見つかりましたよ。
 それに 子役たちも 「このおじさん好き!」って言ってくれたしね。

 人間、やはり 何かをやってもらうためには、その人に好意をもってもらわなければ
 いけないのは 子供も大人も同じです。

 例えば職人さんなどの取材でも その人のことを事前に 詳細に調べ上げて
 「この人になら 俺の人生を話してもいいか」と思わせるのって 演出の一つだと
 思うんです。
 もちろん人として重要な演出であって、小手先のテクではないですよね。

 子供に対しても同じだと思います。
 子供との距離に飛びこんで 感情を共有しながら 演出しないと うまくいかないと思います。
 メソッドアクティングがあるなら メソッドダイレクティングだってあると ボクは思いますよ。

 
by AWAchampion | 2011-10-16 19:02 | Diary | Trackback | Comments(0)

ショック in 赤坂

そういえば 最近ショックなことがありました。

友人と「おでんでも食べにいこうよ」ということになり、
おでんならやっぱり赤坂見附の「淳美屋」でしょう?
カノックス時代に散々通った おでんの名店だし・・・。

と思って 一緒に一ツ木通りに ルンルン気分で
偉そうに「この辺は 昔からよく知ってるんですよ」 と解説するも

あれ・・・・?

あれれれ・・・・?

あれれれれ・・・・・?

2往復しちゃいました。

「あの・・・・よく知ってるんじゃないですか?」

「ええ、知ってるんですけど・・・。オカシイナ?」

で、一ツ木通りに10年前からいる もつ鍋屋の兄ちゃんに
「淳美屋さん なくなったの?」と聞いたら
「ええ、なんでも女将が体を壊して 閉店しましたよ」

ガ~~~ン!


「じゃあ、すみません。代わりに私が知ってる オイシイちゃんこの店に行きましょう」


そうです。ちゃんこ「食神」です。
ここもカノックス時代に散々通いました。


あれ・・・・・?


あれれれれ・・・・・?


あれれれれれれ・・・・・・?



つぶれて~~ら!






「あの~~~よく知ってるんじゃないんですか?」


「すみません!」



いやはや 何事もロケハンは必要です。


しかしカノックス時代の思い出のお店が 軒並み潰れていたのは
ショックすぎます。
by AWAchampion | 2011-10-11 03:10 | Diary | Trackback | Comments(0)

最近のワタクシ

最近 私のブログから告知が減ったなぁ・・・とお気づきの方も多いのではないでしょうか?

いや、別に仕事をしていない訳はありません。
むしろかなり忙しくやらしていただいています。

今はレギュラーでとあるCSの情報番組の演出を 毎週やっています。
「演出:岡田倫太郎」とは名前が出ない仕事なので 詳しくは書きませんが、
もともと 全く知らなかった伝統芸能の分野なので、毎日 新たな発見があります。

あとは、年明けにかけて ガツンと色々出てきます。

結構いい仕事なので またお知らせしますね!


あと、ルルノン&ララノンも近く再開しますよ!


もう少しお待ち下さいね!
by AWAchampion | 2011-10-11 03:01 | Diary | Trackback | Comments(0)

有川浩 「図書館戦争」

先日 ようやく有川浩「図書館戦争」を読みました。

とても評判が良く、特に若い人が「最近おすすめの本です」なんて書いていることが多いので
読んでみました。

まず読んで思い出したのが
映画「スターシップ・トゥルーパーズ」ですかね?

あの学生がそのまま 軍隊に入ってしまって
学生ノリのまま 戦闘に巻き込まれてしまう・・・という感じが
かなり似ていたと思います。

男女を軍隊の中で意図的に混合させて
そこでの萌えを描いているという主題が同じなのでしょう。


ただ、それにとどまらず 着想が「本を守る図書館員が武装を始めた」という
ところだというのが素晴らしいですよね。
その姿勢だけで まず感情移入しますからね。



なんか軍隊っぽくないとか、この主人公は 実はスゲー不細工で、教官にとっては
ガチで迷惑なのでは?
と思っちゃったりもするのですが、
なかなか 楽しめました。

とりあえずいま、続編読んでます。
by AWAchampion | 2011-10-10 03:16 | Diary | Trackback | Comments(0)

先日 久しぶりに 村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を
読みました。

多分前回読んだのは20年ほど前、私が大学生の頃だったと思います。

特にこの小説は 引用されている小説とか音楽とかが多くて
正直大学の時の知識ではよくわかりませんでした。
が、今は違います。
きちんと 彼が意図したタイミングで音楽も頭の中に流れてきますから
とても楽しめました。

確かにオウム以前の村上春樹の 高踏趣味があふれた作品で、
ワクワクするような 激しいストーリーと逆に とても静かな
とても詩的な時間が流れる 素晴らしい作品でした。

「ノルウェイの森」が村上春樹の代表作と言われていますが
むしろ こうしてパラレルワールドが進行していく話にこそ
彼の真骨頂がありますよね。


先日「ノルウェイの森」も読み返しました。
どこかにその事を書きましたが、今や あの作品の中で
私が一番感情移入できるのは、 冒頭 ルフトハンザの中で
「ノルウェイの森」を聞いて 失った過去をふと思い出す
38歳の僕なんです・・・・。

あの過去がフラッシュバックする瞬間って、大学生の時に
思い出す過去なんて 薄っぺらすぎて 訳が分かりませんでしたが
今なら分かります。

そして「あそこで もし 彼女をしっかり 抱きとめていれば」的な事を
思う気持ちも とてもよくわかります。

小説や映画鑑賞の醍醐味は、年齢を重ねて 同じ作品を見ても
全く印象が変わるところですね。

なんか 素敵な週末を過ごしましたよ。
by AWAchampion | 2011-10-10 02:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

四十肩デビュー

いやぁ・・・。

私、四十肩デビューしてしまいました。


ある日 普通にパソコンで編集していたんですね。
そしたら 急に左手に激痛が・・・。

だって左手だから、キーボードを打つときにしか使わないのに・・・。

そこから腕が全く上に上がらなくなってしまいました。


マッサージに行ってもダメ。
湿布を貼ってもダメ。

痛くて横にもなれません。

結局1時間ぐらいしか眠れずに スタジオ収録へ・・・。


CSのスタジオ収録だったので
時間とか 出しVを自分で操作しないといけない
貧乏スタイルサブ なもんですから、左手もフル活動しなくてはいけません


いやぁ・・・・辛かった。


結局2日間続きましたよ。激痛は。

たしかに40代だけど そんな40になってすぐなる?
ちょっとガックリ・・・。

なんとかなりましたけどね、今は。
by AWAchampion | 2011-10-02 05:56 | Diary | Trackback | Comments(0)

わはははは。
2011年9月30日 金曜日
笑っていいともに出演してしまいました!


まあ、聞いてください。

たまたま 今日新宿に行く用事があり アルタ前を通りかかったら
ちょうど12時5分前でした。



そりゃぁ・・・・並ぶでしょ?



そうです。

あれです。


オープニングですよ!!



結構背の低い御婦人の後ろに立ちましたら
バッチリ写ったんじゃないでしょうか?



ワハハハハハハハ。



東京ならではの光景ですな。



ちなみに 毎日映りに来て いつも画面下手下をキープしている
赤い髪の毛の男性、今日もいましたよ!
by AWAchampion | 2011-10-01 00:13 | テレビ | Trackback | Comments(0)