大切な友人たちとの邂逅

先週末、私が20年来大切な友人としてお付き合いしている
早稲田大学映画研究会の 同期連中が一同に会しました。
というのは、我々の仲間の一人が結婚したのです。

彼・・・K君は 私より二つ上で、私同様 頭はそれなりにアレで、お腹もそれなりにアレですが
とても素敵な奥様と知り合い、結婚することとなりました。

そこで、福岡からHくん、長野からKくん、Tくん、秋田からSちゃんが出てきて
さらに 最年長Kくん、精神科医Iくん、機材会社ディレクターFくん
若妻Hちゃん、アニメAP Mくんが集合!幹事をつとめたTくんとRちゃんの夫妻もあわせて
私を含め12人が大集結!
飲みましたよぉ!

いやぁ、楽しかった。

もう我々は知り合って22年経つんです。
最年長Kくんのお子さんは、来年高校受験だそうです。

しかし、なんでしょうねぇ・・・。距離感が変わらないのが嬉しいですね。

まあ話す内容は 「おれ、糖尿かな?」とか「四十肩になりました」みたいな話では
ありましたが・・・。

それに大学時代のように Hくんは我が家に泊まりに来まして
色々話しました。

Hくんは大学卒業後 イタリアにカメラマン留学に出たつもりが
料理がうまかったことから、何故かイタリアのコミュニティで料理人として
重宝され、
なんだか流れ流れて、最終的にポーランドに住み、かの地のヒルトンホテルで
日本料理屋さんをやっていたという不思議な人で
今は福岡で、ポーランド人の奥さんと二人で、店舗開店準備中という人です。

それだけに、話も面白く
すっかり寝不足になりました。

これで仲間の中で独身なのは 私とFくん、Mくんの3人だけとなりました。
いやはや、マイッタナ。
by AWAchampion | 2011-11-29 03:39 | Diary | Trackback | Comments(0)

若尾文子インタビュー

たまたま BSプレミアムで若尾文子インタビューを見ました。

しかし彼女は77才だそうですが、変わらないですね。
節制して生きてきたというのか、なんというのか・・・。

番組は1Hのテレビとしてとても良く出来ていて
特に溝口健二監督の「赤線地帯」のエピソードは、興味深かったです。

1週間も同じシーンを演じさせて 一回もカメラを回さないというも
今となってはそんなことができる人は一人もいないですよね。

そして増村保造監督のエピソードも聞けました。

ただ、私は早稲田大学映画研究会出身です。

もうちょっと聞きたかったかも?と思いました。

特に増村保造監督は その才能が過小評価されている監督の一人だと
私自身は思っているので、是非もっともっと 彼と若尾さんのエピソードは
聞きたかったです。
チネチッタで修行をした増村監督の作品群は素晴らしいです。

あと、若尾文子と言えば「雁の寺」「しとやかな獣」の川島雄三も忘れることはできません。
川島雄三監督も、これまた天才肌の狂気の監督です。
是非 若尾さんから話を聞きたかったですね。

さらに彼の夫は
あの鬼才 黒川紀章です。
「君はゴシックだ!」という口説き文句は素敵じゃないですか。
「低嶺の花」が「歪んだ美しさ」に昇華するまでには
どれだけの天才との葛藤があったことでしょう・・・。

若尾文子という人は あのにこやかな笑顔で
何人もの天才と渡り合ってきた 猛者なのです。

その猛者ぶりをもっともっと聞きたいです。
多分ディレクターさんは聞いていらっしゃるんだと思いますが
是非 完全版も見たく思いました。
by AWAchampion | 2011-11-22 23:00 | テレビ | Trackback | Comments(0)

先日仕事で 初めて小倉に行きました。
そこで 羽田から北九州空港へ行ったのですが、T北S社のOプロデューサーから
「どういう交通手段でいきますか?」と聞かれたので

「是非、是非スターフライヤー航空で!」

と即答しました。

私・・・、ずっと、ず~~~っと乗ってみたかったのです。
スターフライヤー航空に。

羽田空港の一番隅で なにやら黒光りするカッコイイ飛行機を見たことがありませんか?
あれがスターフライヤー航空です。
機内もクロ一色。すべてのシートが黒の革張りで、国内線でありながら全席シートに
モニターがついていて 短編映画などが楽しめ、CAの制服もクロ一色。

いやぁ、カッコイイ!

とずっと思っていたのです。

実際ひとりのデザイナーさんが すべてのトータルデザインを担当しているそうです。

まあ飛行機の中は普通のエアバスの小さいやつなんですが
デザインのせいか、とても高級な旅をした感じがして
とても快適に過ごせました。

そこで思ったんです。

最近 航空会社もローコスト化を進めているじゃないですか?
でも、その昔、エアラインは デザインがとてもカッコ良かったです。
パンナムなんて今でも素晴らしいデザインだったと思います。

当時の日本航空の鶴丸も 私のとっては憧れのデザインでした。

人が空を飛ぶ・・・・このことだけで実は非日常なんです。

非日常の体験には、非日常な住空間が必要だと思います。

エアラインは きちんとトータルデザインをしてこそだと思います。

その意味ではスターフライヤー航空には、とても満足しました。
by AWAchampion | 2011-11-22 02:54 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

学園祭の思い出

大学の学園祭シーズンですね。
1990年~1993年まで 早稲田大学にいた私も
もちろん早稲田祭を経験してますよ。

当時はバブル絶頂!

しかし私は映画研究会の一員として
西門近くの部屋に暗幕を貼って、8ミリ映画を延々と上演していました。


で、先日 22才のADさんとお話していたのですが
彼女の短大には、彼女の在学中にペナルティが来たそうです。


で、ふと思ったんですが、当時の早稲田祭に来ていた芸人さんて
誰なんでしょう?

女性アイドルなら 年代的に杉本彩とか千堂あきほなんですよ。
それは間違いないです。

でも、芸人さんって・・・?

私はくりーむしちゅうの上田さんと早稲田で、ほぼ同期ですから
ボキャブラ勢である訳がありません。

そうなると・・・?

ウンナンとか?
ちびっこギャングとか?

テレビ的にはとんねるず全盛期であったことは間違いないです。
99とか、雨上がりとかとも同世代の私ですから そのへんの人も
まだ早稲田祭には来ていないでしょう・・・。

じゃあ誰なんだろう?

なぞです。



ちなみに この業界に入ってからお友達になった
中島ひろ子さんは、当時「桜の園」の主演女優としてアイドル扱いで
シネマ研究会さんのイベントに来ていたのが、とても懐かしいですし、
ご本人にももちろんお話しました。

色々懐かしいなぁ・・・。
by AWAchampion | 2011-11-15 03:45 | 懐かしいもの | Trackback | Comments(0)

「モテキ」見ました

かなり評判が良かった映画「モテキ」をようやく見ました。

私は深夜ドラマの「モテキ」を見ていないので、ドラマとの連結とかはちょっとわかりません。
単純に初見での感想を書きます。

公開が終わりそうな映画だから ネタバレしてもいいよね?

でも、これから見るつもりの人は、逃げてくださいね。





さて、まず第一印象は
同世代のテレビマン 大根監督カッコイイなぁ・・・。ということでした。

いや、面白かったですよ。ホントに。
それに私の世代の人がやりたい事を実現している、「道楽が嵩じて映画になってしまいました」
という感じがとても良かったです。

ボクはテレビマンが作る映画って、こういう事なんだろうなぁ・・と思ってみてました。
テレビ演出をする際、ドラマであろうが、バラエティであろうが、ドキュメンタリーであろうが
子供番組であろうが、まず叩き込まれるのは
「画の間を埋めろ」ということです。

特に日本では テロップやSE などの情報量を 画面いっぱいに詰め込む事で
誰にでもわかるように盛り上げる事を求められます。
それが進化して、今ではそこに作家性が一番反映するともいえます。

逆に映画は 引きの美しい絵に詩的な表現を込めて、より大きな隠喩にするために
抑制した語り口を積み重ねて行くようなことが求められます。

映画「モテキ」は、映画としてはとても変化球な表現方法で、過剰表現ですが、
テレビマンが自分の作家性を出すには、変にアングルにこったりするのではなくて
こういう テロップ処理やナレーション、CGみたいなことだろうと思いました。

そして実際 彼の作家性は十分に そういう表現の中に現れていたと思います。

ですから テレビマンがテレビの手法で面白い映画を撮ったという意味で
とてもカッコイイなぁと思いました。


キャラ造形は、もともと漫画がベースですので
漫画っぽいです。特に長澤まさみは ものすごく魅力的で
僕もその可愛らしさにクラクラ来ましたが、
冷静に考えると、あんな子いませんよ!(笑)

あれこそ ここで語られる童貞サブカルの妄想です!

大根監督も「実際の女性はこっちなんだよ」という造形として 仲里依沙と麻生久美子を
出しています。
まあ、でも・・・長澤まさみに持っていかれますよねぇ。
だって可愛いもの。

あとperfumeが出てくるところは笑いました。
ウッディ・アレンの「世界中がアイラブユー」みたいだなぁと思いつつ
あの、超魅力的な 殺人兵器みたいな 長澤まさみの10秒後に出てきた
のっちもかしゆかもあーちゃんも、ちゃんとピカピカしていたのに感心しました。


おしゃれサブカルの話ですよ。これは。
私が好きなプロレス由来のサブカルは もっと泥臭いですが
でもとても楽しめましたよ。

在日ファンクがいきなり出てきたのも笑ったし
瀧さんが、いかにもの役で出てきたのも笑いました。


ももクロちゃんの事を出すときに
あの名演 tokyo idol festival 2010 のパフォーマンスを出してきたのは
唸りました。

ただ、できればアイドルから 
アイドリング!!!の「モテ期のうた」を出して欲しかったですねぇ。
どう考えても ぴったんこの曲だと思うんですけどねぇ・・・。


私はこの映画を池袋のレイトショーで見て
初めから最後まで ゲラゲラ笑いながらも

身の丈に合わない女性を好きになって、自分の小ささに悔しくなったり、
一旦別れてから、寂しくなって 駆け出して告白したりしたなぁ・・と甘酸っぱくなりましたが、
見終わったあと 結構な数のカップルが
「あれって、どういうことなんだろう?わからなかった」みたいな事を
話していたのも ちょっとショックを受けました。

リアルに充実している人生を送っている人は
もしかして 結構この描写がわからないことが多いのか?と思うと
かなりのショックでもありますね。
by AWAchampion | 2011-11-12 00:01 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

ホッとしました

昨日 久々のこども向けDVDのお仕事が終わりました。

いやぁ・・・ものすごく上手く行きました。

中身もGood・予算もOK・スケジュールより巻いて終わりましたよ!

お陰様でお仕事が非常に楽しく終わりましたよ。



まだ公表できませんが、また告知しますね。
by AWAchampion | 2011-11-11 08:01 | Diary | Trackback | Comments(0)

ビックリ仰天 

いやぁ・・・。昨日はびっくりしました。

最寄駅の近くのコンビニで、朝方 雑誌「SPA」とオニギリを買って
いつものようにレジに行きました。

するとレジにいた、推定21歳ぐらいの若い女性の店員さんが、
「SKEなら誰が推しメンですか?」と
いきなり聞いてきたのです。

え?は?う?

な、なに?

まさに藪から棒に なんだそりゃ?

で、よく見たら 今週号のSPAって SKEのポスターが付いていたみたいなんです。
で、表紙に「SKE ポスター!」みたいな事が書いてあるので
声をかけたんじゃないでしょうかね?

しかし、あまりにいきなりだったので、

「いや、この雑誌は私は平成になった頃からずっと買っているのだよ、お嬢さん」と渋くも言えず

「そりゃ 松井珠里奈ちゃんでしょ?」とも返せず、

結局

「ん~~~ごめんね、おじさんよくわかんないや」

という返しになってしまいました。



しかし、よくよく考えてみると
この店員さんも 天衣無縫というか、何というか・・・。
だって、私の風体はそれほど若い訳はなく、歳相応に頭も薄いですしお腹も出ていて
普通に中年の格好だったと思います。まあ服はちょっと若かったかもしれませんが・・。

そのオジサンに朝一でそんな大喜利をふっかけてくるなんて・・・。

いやぁ・・・・やられた。びっくりしちゃった。

そもそも、男性雑誌、特にSPAのグラビアに誰が載っていても
別に見ないですよねぇ・・・。

それにまあ、職業柄アイドルには詳しいですけど
別に肩入れしている子がいるわけでもありませんしねぇ・・・。
by AWAchampion | 2011-11-09 08:31 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

確かな手応え

今年一年 本業の子供番組は 色々企画段階では
面白い話もあったんですが、なかなか身を結ばずに歯がゆい思いをしてきました。

しかしようやく とりあえず一本 DVDを作ることが出来ています。

で、今日はその編集の1日目でした。

・・・・いい感じですよ。

こども向けDVDはCGを加工したり、画面をキラキラさせたり
イラストにへんてこな動きをつけたり 色々加工しなくてはいけません。
でも、いい感じで上手くいきました。

それほど長い作品ではないんですけど
なんか やっぱり岡田テイストって出ますね。
私はセサミストリートで育ってますから なんか 毛羽立ったものや
布っぽいモチーフが好きなんですけど
そんな感じの作品に仕上がりつつあります。

古巣の共同テレビにお世話になって 良い感じです。

告知できるタイミングになったら 久々に告知しますね。


待ってろ!全国のちびっこ諸君!
君たちを夢の世界へ連れていってやるぜ!!!
by AWAchampion | 2011-11-08 00:43 | Diary | Trackback | Comments(0)