神戸空港を歩く

さてさて、小ネタ集にも書きましたが
神戸空港に初めて行ってみました。

神戸空港には現在 ANAとスカイマークが乗り入れているのですが
私は羽田からスカイマークで行きました。

a0054076_105648.jpg


スカイマークエアラインは 初めて乗ったんですけど、
本来的な意味でローコストエアラインなんですね。CAさんがチノパンにウインドブレーカーで
ほぼ滑走路で誘導している職員の方と同じような格好をしていたのが
かなり印象的でした。
同じくローカルエアラインでも、北九州のスターフライヤーは高級感を出そうとしていますが
スカイマークは真逆のワリキリをしていて、それはそれで新鮮でした。
あと、オーディオサービスがないのもびっくりしましたよ。

さて、神戸空港です。
神戸空港は 以前も書いたように あの神戸市が最も輝いていた
1970年代から80年代頭に埋め立てられた ポートアイランドの
先端にあります。
a0054076_20445493.jpg


とにかく滑走路の向こうはど~~んと海が広がっていて 絶景なので
神戸空港4階にある展望デッキには 多くの人が集まって 飛行機が飛びさる姿を
覗いていました。
なんかその光景自体が 1980年代の大阪伊丹空港みたいで、ちょっと微笑ましかったです。

空港の周辺は 本当に巨大な駐車場の外は何もない風景。
それこそ フジテレビが建った直後のお台場みたいでした。
あの頃も フジテレビが荒野のど真ん中にたってたでしょ?それも80年代後半っぽいなぁ・・・。

a0054076_20474081.jpg


そして その空港から 神戸三宮駅まで
ポートライナーが走っているのです!

このポートライナーはゴムタイヤで走る札幌地下鉄方式の電車なんですが、
運転手が乗っていない 無人都市交通システムなんです!

a0054076_20491125.jpg


このポートライナーは 1981年、「史上最も成功した地方博」として、その後の数多くの博覧会の
見本となった「ポートピア81」に合わせて初お目見えしました。

you tube には当時モーターボート振興会会長だった笹川良一さんが
ポートピア81を訪れた記録映画が上がっていました。


わたしも1981年以来 31年ぶりに乗ってみました!
当時は10才でしたから、モジモジしちゃって運転席の後ろにはいけませんでしたが
41才のおっさんは行けますよ!

いやぁ・・・。懐かしかったです。
なにもかもが 80年代から90年代初頭のバブル崩壊期の日本を思わせる
ある意味文化遺産的なエリアでした。

わたしの「昔の未来都市」萌えをキュンキュン刺激しましたね。

だってね、空港駅から2つ先に 周りが何もないところに
ぽつんとスーパーコンピュータの研究所があったりするんですよ!
いやぁ。懐かしい!まさにバブルの雰囲気!

ボクはこのエリア大好きです!また行きます!

こういうバブルの残骸的なところがあれば是非教えてください!
by AWAchampion | 2012-04-28 10:55 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

NOTTVについて

4月から、ドコモのスマートフォン向けテレビ放送
NOTTVが運用を開始しましたね。

これはいわゆるモバキャスで、ワンセグよりも綺麗な放送で
しかも双方向テレビの可能性があるという放送なのです。

これにはフジテレビのスタープロデューサーの方が
中心となって尽力されていて、私の知っている技術の方も
何人も専属で転籍されています。

3チャンネルあるそうですが、「専門チャンネル」ではなく、総合的な編成で
特に月~金で7時間の生放送枠があるというのがひとつの売りになっています。

これはかなり可能性があると思います。
が、今の段階では ドコモのみ・スマホのみ・2機種のみ と限定されていて
そもそも視聴機会があまりに限定されていると思います。

どうなんでしょ?今スマホでニコニコ生放送が普通に見られる状況下で、
あまりに枷が多過ぎるのではないでしょうか?

先日フジテレビがyou tubeと包括的なパートナーシップ契約を交わしたそうですが
パイロット番組的な物を NOTTVチャンネルとして
YOU tube で流せばいいと思うのですが・・・。

ドコモのケータイ専用テレビ局 BEE TVとの食い合いも気になります。
あちらは エイベックスが親会社で、かなり潤沢なPV素材がありますからね。

しかし知り合いが多いだけに頑張って欲しいです。
子供向け動画のご用命があれば 馳せ参じますよ!
by AWAchampion | 2012-04-28 02:16 | テレビ | Trackback | Comments(0)

ひとつじゃブログを書くほどでもないネタでも
まとめて書けば 何かあるかも? の小ネタ集
今回も張り切って行ってみましょう!

1)業界内視聴率
よく、「業界内視聴率」という言い方をすることがあります。
つまり「同業者によく見られている」という意味です。
しかしその意味で言うと、こども向けコンテンツを専門としている
私の仕事は 残念ながら「業界内視聴率」は、ほぼ無いに等しいです。

まあそりゃそうです。私は子供が楽しむために知恵を絞っているんですから。
子供向けの映像づくりは本当に有意義で、単純にすごく楽しい作業なんですが
名誉とかナントカとはホント無縁です。

ただ、私の夢は10年後や20年後に私の作った映像を見た子供が
大人になったとき、直接話を聞くことです。

2)久々にお会いした方
以前とてもお世話になった 演出家の河東茂さんに久々にお会いしました。
彼は元々NHKのエンターテイメント部のスターディレクターで
例の紅白の「私に3分間時間をください!」の回の演出家として有名です。

何故かとても可愛がってくださっていて、お会いしたときも 一緒にお芝居を見に行って
そのあと珈琲2杯で3時間も 色々とお話しました。
業界の大先輩のお話を伺うのは、楽しいもんですね。
なかなか無いですよ。60代と40代のおじさん同士が喫茶店でだべってる図って・・・。

3)神戸空港
先月、用事があって神戸空港へ降り立ちました。
元々わたしは実家が伊丹空港の近くなので、兵庫県にありながら絶対に使わない空港といっても
良い場所だったのですが、いい機会なのでいろいろ探検しました。

規模としては「ちょっと大きい地方空港」なんですけど
とにかく神戸がバブル期以前の「株式会社 神戸市」と言われて経済的に大成功していた時期に
作られたポートアイランドの最先端にポツンと作られているだけあって、
私の大好きな 「失われた未来都市」的な雰囲気がビンビン伝わってきました。

それに、あのポートピア81の時に 初お目見えした「ポートライナー」はまだ現役なんですね。
それにも感動しました。

史上最も成功した地方博として有名だったポートピア81 ですが
その頃は神戸は 本当にピカピカと輝いた街でした。
震災を経て 今は神戸空港の近くは 未開発地域ばかりの寂しい荒野ではありましたが
なんかそれはそれで、「荒野萌え」「昔の未来都市萌え」の私の心を
かなり刺激しましたよ。
by AWAchampion | 2012-04-28 02:08 | Diary | Trackback | Comments(0)

さてさて、私 J-comに加入後
CSやらオンデマンドで 今まで知らなかったジャンルの番組を観まくっております。

その中でも一番印象的だったのが 「パチンコ・パチスロ系番組」の存在です。
よく、テレビ東京などで 芸能人がパチンコをやって 収支を競いつつ
パチンコ台を紹介する・・・という番組はありましたよね?
斉木しげるさんがやっていた番組などが有名ですし、
今もMXで原口あきまささんがやっているんですかね?

実は地上波ではあまり見かけない そういう番組が
CSでは 「パチテレ!」「サイトセブンTV」という 二つの専門チャンネルと
「MONDO TV」でガンガン流されているんです。

そしてもちろん2局×24時間ぶんのパチンコ番組に全部芸能人が出ているわけではありません。
その殆どに出演しているのは 「パチンコ・パチスロ系ライター」と呼ばれる
パチプロのみなさんなのです!

特に パチスロは 朝から台を選んで設定を見抜く事で勝つことができるという遊戯台なので
パチプロのみなさんの 個性が前面に押し出された番組づくりがされています。

そして それが嵩じて最近では
パチプロの皆さんが 2人~4人ぐらいで連れ立って打ちつつ
メインはトークショーという番組が多くなってきています。

いやホントびっくりしますよ。
ヒロシ・ヤングと木村魚拓のトーク番組 ・・・・・大スター同士ですけど、このジャンルを知らないと全くわからないですよね?

そして更に驚いたことに、地上波の数が東京より少ない地域では 逆にCSの普及率が高く
街中には大きなパチンコ屋さんがあることから、パチンコ系チャンネルを見られていることも多いので
むしろ そのへんの芸人さんよりもずっとずっと パチンコライターの方が知名度が高いらしく
ひと月に20件以上 地方のパチンコ屋さん営業をして 数千万の稼ぎがある方もいるそうなのです。

いやぁ~~~~深い。

テレビって知らないことが多いですね。

ちなみに、パチプロスターたちを上げておきましょう
パチスロ系

木村魚拓:多分このジャンルで一番の人気者 
もじゃもじゃ頭にメガネ 多くの番組でMCを務める
パチプロ界の明石家さんま

ヒロシ・ヤング:癒やし系オッサン 
なんと自分で映像制作会社をお持ちらしく、
ご自分がホストになり
多くのパチンコ系トークショーの司会を務める、パチプロ界のみのもんた

ポロリ:囲碁将棋チャンネルにも出演した 
パチプロ界の千原ジュニア


パチンコ系

かおりっきい☆:パチンコ系アイドルno1
可愛らしい童顔で人気 パチンコ界の前田敦子

銀田まい:早稲田出身のパチンコ系アイドル 
清楚な容姿で人気 パチンコ界の小嶋陽菜

ヒラヤマン:23歳のパチンコ系アイドル 九州弁を話す 
面白カワイイアイドル パチンコ界の指原莉乃7

大崎一万発:元「パチンコ必勝ガイド」編集長ながら、メチャクチャ悪そうなオッサン

守山アニキ:癒やし系MC パチンコ界の小堺一機

わかる人には分かりますよね!



ちなみに私は、会社員時代はパチンコやりましたけど、フリーランサーになってからは
ホントやらなくなりました。やっても1円パチンコを800円ぐらい?やるって感じです。
だって・・・。私には博才がなさそうですから。
by AWAchampion | 2012-04-23 11:04 | テレビ | Trackback | Comments(0)

このブログではすっかりお馴染み
CSのスター アイドリング!!!が 先日発表されたyou tubeとフジテレビの
包括的なパートナーシップ契約の第一段として
you tube内にオフィシャルチャンネルを開設しました。

いやぁ・・・。ようやく!
ようやくこの日がきましたよ。

え?何って?

いやね、今まで私がCS好きとして 如何にこの「アイドリング!!!」という番組が
衝撃的なアホ番組か?ということを力説しても

「またまた、岡田さん 結局マイナーアイドルが好きなんでしょ?」
「河合その子ちゃんのファンだったからって、フジテレビアイドルをそんなに紹介しなくても」
「おじさん そろそろ大人になりなさい」

などと、流されていました。

やっぱりCSですし、ケーブルテレビの契約によっては フジテレビoneは基本セットに
入っていなかったりしますから、なかなか「実際に見てもらえば分かる!」と
力説しても見てもらえなくて 歯がゆい思いをしておりました。

しかしなんてったって オフィシャルですから!
大手を振って you tube 貼り付けちゃいます!

ということで、前にも書きましたが とにもかくにも 「アイドリング!!!大相撲」
そのまま見ても普通に笑えますが、基礎知識だけ書くと
アイドリングは 加入時期により 1期~5期に分かれていて この時は4期が入ったばかり。
人数的に少なく 年齢が近い3期は いきなり4期になめられてる?・・・という煽りがあっての
この流れです。

3期は尼崎出身の20号 大川藍ちゃん
4期は26号 尾島知佳ちゃん 
この二人を中心に物語は展開します。

2010 5月場所2/3


2010 5月場所3/3


そして 戦いはひと月後 拡大
根性んぐ!2/2


これは まだ「アイドリング!!!大相撲」サーガの ほんの序章に過ぎません。
このあと エラいことになるんですけど、それはオフィシャルに上がったら ご紹介します。

アイドリング!!!というと最近では菊地亜美ちゃんが有名ですが、
この3つのVTRでは殆ど出てきません。にもかかわらず このアホさ!
是非ご覧ください。

http://www.youtube.com/user/idolingch?feature=watch
ちなみに・・・
カメラマン 大石さん!お久しぶりです!たまに番組見てると出ていらっしゃるので
お元気そうでなによりです!
by AWAchampion | 2012-04-22 17:13 | テレビ | Trackback | Comments(0)

今日、青山劇場でミュージカル「コーヒープリンス一号店」を見ました。

この作品は韓国ドラマの大ヒット作 「コーヒープリンス一号店」を
「テニスの王子様 ミュージカル」の演出・振付で知られる上島雪夫さんが演出された作品でした。

私はセサミストリートでお仕事をご一緒した 振付家の井口綾子さん(セサミのメグちゃん役でした)
が、上島さんといつも仕事を一緒にされている関係で 大人気作品の千秋楽ではありましたが、
とてもいい席で拝見しました。

ストーリーは イケメンばかりのカフェに潜り込んだ 男勝りの女の子と、社長の勘違いから
始まった恋の顛末・・・という作品で、韓国ドラマらしい甘くて情熱的なお話でした。

主役は 「レ・ミゼ」のマリウス役などの経験のある 山崎育三郎さんと
「ピーターパン」の高畑充希さん
また脇を尾藤イサオさんと、中尾ミエさんの重鎮が支えるという感じでした。

テレビドラマシリーズのミュージカル化なので 若干展開が早すぎて
戸惑ったところもありましたが、
逆にキャラクターがしっかりと、そしてブレがなく生き生きとしていたので、
後半はドンドンのめり込んで面白く見ました。

やはり、物語は、ストーリーもさることながら キャラクターなのだということを強く感じさせられました。

多分上島さんはそれほどギュウギュウに締め付けるタイプの演出家ではなく
キャラを生きて、キャラから生まれる自然な言葉を役者に求める感じの方だとお見受けしました。
ですから、若い役者さんたちは 相当伸び伸びやってらして、
そこがとても好感が持てました。

正直舞台装置などは、ちょっと見ていて位置関係が混乱したところもあり、
「この人がどこに住んでいるのか?」「この人は何故、この人の家に遊びに行ったんだ?」みたいな
ところで 意味がわからなくなるところはありました。
それは 色々改善の余地があるとは思います。

でも、全体的にとても肩の力の抜けた、愛すべき佳作だったと思います。

ただ、一点・・。
着地点は ちょっと長すぎた感じはしました。
もっと手前でバシーンと終わっても 同じ感動があったんじゃないかな?とも
思います。韓国ドラマって、妙にヒロインとかを一回海外に出したがる傾向がありますよね?
でも、この作品に限っては 別にその前で終わって、もっと早くウンチャンに
女性の格好をさせたほうが きれいに落ちたのでは?と思いました。
まあ、多分原作がこうなっていて、ドラマではそこそこ尺が取られているので
変えられなかったというのは十分考えられますけどね。

なんか、見ていてとても青春の匂いのする、清々しい作品でした。

あと、中尾ミエさんの歌を久々に生で聞きましたが
すごいですよねぇ。
いやはや、やはりあの頃のナベプロでトップを張っていた凄玉ですよ!彼女は。
by AWAchampion | 2012-04-22 01:06 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

ヤフーのトップニュースに「散歩番組が大人気」というふうに出ていましたね。
「ちぃ散歩」の後枠に加山雄三さんが決まったり
「ブラタモリ」が好評だったりするからでしょう。

しかし、誰も書かないから私が書きますが
「散歩」そのものを 前面に押し出した番組としては
2001年~2009年に TBSテレビで放送していた
「東京ウォーキングマップ」がその元祖です。

(もちろん 「遠くへいきたい」とか「ぶらり途中下車の旅」など街歩き番組のフォーマット
自体はありました)

しかし、「散歩」そのものに光を当てたという点で
この番組が果たした役割は決して小さくなかったです。

そして、特にこの番組の場合 ご出演される方が決して
いわゆるテレビタレントではなかったので
ディレクターの綿密な事前取材のもとに構成されていました。

15分の番組を作るのに、実際には8時間撮影
そしてその撮影のために 50時間ぐらいの実取材時間を要しました。

私はその番組の演出を手がけておりましたが、今でも非常に光栄に思っています。

番組の性質上、そして制作会社も無くなってしまった関係で
絶対再放送もDVD化もありませんが、覚えていらっしゃる方がいればいいなぁ・・・。と
思います。

思い出を是非お聞かせください。
by AWAchampion | 2012-04-22 00:38 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

「The Artist」を見ました

さてさて、今年の第84回アカデミー賞の作品賞を獲得した
「The Artist」を見てきましたよ!

なんと第1回アカデミー賞作品以来 83年ぶりにサイレント映画が
作品賞を取ったというまさに快挙でしたね!

例によってネタバレしますので、見ていない方は早く逃げて!!














>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
はい、
ここからは もうこの映画をご覧になった方々だけですね?

第一印象は ほかの方もみんなそうですけど
これしかないですよね。

「企画の勝利」

いやほんと、このアメリカ ハリウッドの サイレントからトーキーへ変わる時の映画という
アメリカ映画界のいわば 心のふるさとみたいな題材を

フランス人の、テレビディレクターさんが、
サイレント映画で、モノクロで 
作り上げた・・・。

これが全てです。
いやほんと よくやりました。 この企画を通したミシェル・アザナヴィシウス監督
トマ・ラングマン プロデューサーの勝利です。

日本の、映画学校出身者ではあるが 一介の映画ファンでしかないディレクターさんでさえ
「やられた!」と思いましたよ。
これは、アメリカの全映画人が 「うわぁぁぁぁぁぁ!」と思ったんじゃないでしょうか?
悔しいはずですよ。悔しくないはずないじゃないですか。

その悔しさを抑えて ちゃんとアカデミー賞を上げるところが
アメリカの映画界の素晴らしいところです。

内容ですが
ストーリーは ヴァレンティンという ヴァレンチノを思わせるラテン系のサイレントムービー俳優が
自分のファンであった ペピ・ミラーという女性を偶然後押しして
スターにするのだが、トーキーの訪れとともに、ヴァレンティンは落ちぶれ、ペピは大スターになる
というお話です。

ストーリー自体は 監督ご本人がオスカー受賞の際
「私は お礼を言いたい映画人が3人いる ビリー・ワイルダー ・・・ビリーワイルダー ビリーワイルダー!」
と言っていたように 本当にビリーワイルダーや
その師匠筋であるエンルスト・ルビッチが好きなんだろうなぁという
素敵な アメリカンジョークに満ち溢れた ウェルメイドの物語で
まさに 日本で言えば水戸黄門を見ているような
安心してみられる流れでした。

そこに演出が、
例えば 撮影所の中で クビになったヴァレンティンと主役になったペピがすれ違うシーンで
チャップリンの映画に出てくるような 3階建ての階段輪切りセットをつくって
見せたり
ヴァレンティンとペペが情を交わしていくシーンを キスシーンなどを直接見せず
犬の表情で見せるなど、とにかく サイレント映画をよく研究したセット&モンタージュで
見せてくるわけですから
そりゃ 嫌いになれるわけないですよね?

すでに多くの方が書いていますが
ペピが 初めてヴァレンティンの楽屋に忍び込み 彼の燕尾服を使って
愛を語るシーンはとても美しいシーンに仕上がっています。
あれをやっただけでも この映画が パロディでなく クラシックを狙った映画だということが
分かりますよね。

監督は もちろん ビリー・ワイルダーとルビッチを多くご覧になったそうですが
他にも 「カリガリ博士」などでお馴染み ムルナウの作品などもご覧になったそうです。

そこはヨーロッパの監督さんですよね。ムルナウ・ワイルダー・ルビッチ みんな ドイツ系の監督さんで
当時 1920年代後半~30年代は ドイツは表現主義真っ盛りでした。

ここがとても重要なのですが もともと 映画の父 セルゲイ・エイゼンシュタインが
1924年に 有名な「モンタージュ理論」を発表します。
これは ハードカバー10冊分の長い理論書ですが 超端折ると
「映像で感情を表現する場合 Cというカットで感情を表現するなら AとBには こういう対立した
カットを持ってくるべきである」という理論です。

有名な話ですが お腹をすいた感情を表現するのに、顔芸で「お腹すいた」とやるよりも
「無表情の顔」+「空のお皿」とカットをつないだほうが より分かりやすい・・・という事です。

このモンタージュ理論は そもそもドイツで起こった表現主義に端を発する「記号論」に
強く影響を受けています。
ですから サイレント映画の黎明期、ソビエト連邦とドイツが その映画表現の先端を
行っていたことは間違いの無い話です。

ソビエト連邦の映画はその後 政治的な色合いを濃くしていきますが
様々な理由でドイツからアメリカに逃れた ドイツ系映画人たちは そこで娯楽作品の中に
どんどん 表現主義的な手法を用いて モノクローム映画を豊かにしていくのです。

そこの所をきちんと踏まえた 良い感じの映画になっていたのも 素晴らしいなぁと思いました。


褒めすぎなので いくつか問題点も

まずは 時間設定ですね。 出会いが 1927年  スタジオから解雇されたのが1929年
やけになってしまったのが1932年というのは あまりに短いのでは?と思いました。
まあ、もちろん「金融恐慌!」というストーリーを挟んでいましたが
もう少しタイムスパンがあっても・・・。
いくらなんでも 3年前の大スターを街の人が覚えていないってことはないでしょ?

次に ヴァレンティンの奥さんの描写がちょっと意味不明です。
どうせなら あの冒頭に出てくる ヒロインが奥さんでも良かったんでは?

最後は オチなんですが、
いやぁ・・・。タップをやるところまでは分かります。
同じ題材の「雨に唄えば」のオチも 「タップをやればいいんだ!」でしたから。

しかし せっかくヴァレンティンの声が最後に聞けるのに
「always pleasure」だけじゃねぇ・・・。 これって 返事ですからね。
ここは ビリーワイルダーをリスペクトして
「No one is perfect」に匹敵するような ピシっと決まった言葉で
終わったほうがよかったですよ。

メル・ブルックスが やはり、パントマイムの神様 マルセル・マルソーを
使って映画を作ったとき それまで一言も話さなかった マルソーが
最後にアップで 「no」と一言だけ言うという映画がありましたが
そこは頑張らないと!!!

まあでも 本当に愛すべき映画だと思いました。

主役の ジャン・デュジャルジャン氏が ずっとジーン・ケリーを意識して演じているのも
微笑ましくてよかったです。
で、オスカー表彰式を見ましたが、ご本人はめっちゃくちゃ フランス訛りの英語で
それはそれで大笑いしました。

実際 イタリア系だったヴァレンティノも、日本人の早川雪舟も 英語が訛っているから
トーキーのスターになれなかったわけで、
最後の一言が バリッバリにフランス訛りでも面白かったかも?です。

あ、あとひとつだけ!
英語の字幕が消えるのが早いっす!!
だって3行が4秒とかよ?それは もっと優しくして!
by AWAchampion | 2012-04-15 11:46 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

さてさて、開校38年目で 急に攻めの姿勢に転じた
我が「のんのんバレエスタジオ」ですが、
今度 一日体験教室 を開校することになりました!

「のんのんバレエスタジオ アピアさかせがわ校 一日体験教室」

日時 5月25日(金)&6月1日(金)
    午後4時20分~午後5時20分

場所 アピアさかせがわ校 (阪急 今津線 逆瀬川駅 1分)

参加費 1000円 (事前予約制)

対象年齢 3才半~12才

詳しくは のんのんバレエスタジオ HP http://nonnon-ballet.com/index.htm
をご覧ください!

みなさまもこの機会に是非!
by AWAchampion | 2012-04-14 21:27 | 告知 | Trackback | Comments(0)

母親 岡田泰子の告知です。

私の母 岡田泰子が主宰しております
のんのんバレエスタジオですが、
この度 阪急今津線 逆瀬川駅の駅ビル 「アピアさかせがわ」にて

のんのんバレエ ミュージカルスタジオ
アピア校 


を開校することになりました!

詳しくは こちら!
http://www.apia1-2.com/clubapia/detail.php?course_autono=191

もちろん 今までの 小浜本校もやっておりますが
それに加えて 駅前に新教室を開設いたしました

3歳半~12才までのお子様を対象に
毎週 金曜日 午後5時20分~6時20分
受講費は 月謝 5500円と お手頃価格となっております!

子供ミュージカルを作り続けて 38年!
母が頑張っております!

是非皆さま 娘さん、息子さんに極上の情操教育を!


そしてのんのんバレエスタジオ HPはこちら!

のんのんバレエスタジオ

今はやりのヒップホップ教室もいいけれど、せっかく京阪神地区にお住まいだったら
宝塚バウホールでミュージカルをする娘さんの姿・・・というのも良いじゃないですか?
是非 一度ご検討ください!
by AWAchampion | 2012-04-10 23:00 | 告知 | Trackback | Comments(0)