今日、池袋で話題の映画「ダークナイト・ライジング」を見てきました。
ネタバレの部分もあります。
まだ公開初週ですから、みんな逃げてェェェェ!



















はい、いいですか?
さて、この映画はクリストファー・ノーラン監督のバッドマン三部作の完結編で
「ダークナイト」「バットマン・ビギニング」に続く作品です。

私は「ダークナイト」をつい最近見て、勉強して見に行きました。

この作品は 普段めったに映画を褒めない 芝山幹郎さんが
絶賛していた作品で、彼の批評はいつもいつも的確なので、とても期待して行きました。


例によって 人物描写は巧みで、単純な善人を作らないというところが素晴らしいと
思います。さらにストーリーも抜け道がとても少ないように思え
非常に観客が感情移入しやすい よく考えられた作品で クオリティの高さを感じました。

しかし、正直言って わたしはあまり好きではありません。

というのは、ストーリーや人物描写のヌケがない代わりに
私が欲しい大きなものが、この映画には無い気がするのです。

それは、「希望」です。

このストーリーの中で、そして「ダークナイト」もそうですけれど
悪人の悪巧みはほとんど100%成功します。
この「ダークナイト・ライジング」でも、確かに中性子爆弾は市内で爆発
しないかもしれませんが、沖合で爆発すれば核の雨だって降るでしょ?
それに、彼らが本当に目指した「悪徳を人の心に植え付ける」という
事は 100%以上大成功しているわけです。

ジョーカーの企みだって ほぼ100%大成功していて、しかも
彼自身は死んでいないんですよ。他の主な登場人物はみんな死んでしまっているのに。

はっきり言ってゴッサムシティは 悪が毎回毎回大勝利してますよ!

これは監督が意図してそうしているわけで、元々こういう作品を作ろうとして
作ったわけです。
だから、企みとしては大成功ですけど、例えば「スターウォーズ」とかの方が
私の好みとしてはず~~~っと上です。

もちろん「ヒーローなんて無力だ」というメッセージですから、
いいんですよ。でも 観客としてはスッキリしません。
色々観客の思いを裏切ってくれて良いんですけど、最後はスッキリさせてくれないと。

まあ、そもそもそういうブロックバスタームービーにしたくなくて
こう言う暗い作品にしている確信犯ですから、監督や製作者の企みとしては
完全に成功なんですよね。

でも、全然見終わったあとスッキリしないっす。

とてもとても精密な絵なんですけど、「感動する映画」であるような
泣き節とか、力強い希望とか、そういうものが一切ない(確信犯的に排除している)ので
見たあとの感触がとても淡白です。

いや、何度も書きますが、これは監督や脚本の質の高さの証明でもあるんです。
だって「ヒーローが希望をもたらすなんて ナンセンスだ」って所から始まってますから・・・。
そして、そういうストーリーに、全力でクオリティを上げるべく 才能を惜しみなく
注いでいますからね・・・。映画としては質が高いんですよ。
そりゃそうなんですけど、まあでも、ぶっちゃけ、バットマンですからねぇ・・・。
もう少しスっとしたくないですか?

今回だって、街をあれだけ破壊すれば 悪人としてはもう、大成功中の大成功でしょ?
バットマン・・・・出てくるの遅いよ・・・・。
それにバットマンの正体も悪にバレるし、武器は奪われるし
好きになったネーチャンには刺されるし、アメフトスタジアムは破壊されるし、人民裁判は行われて多くの人が
人民の手で死んじゃうし、核爆弾は爆発するし、副本部長は死ぬし
本部長の名誉は地に落ちるし、
いいでしょ?もう悪の勝利で。

これは、理由が二つあります。
そもそも このストーリーの中で 悪人の悪巧みは100のうち99までは 成功します。
バットマンが止めるのは最後の一つだけです。

それに、普通の悪人は 
「街を混乱に陥れるために 前説的に何か小さな脅しの企みを成功させる」
という感じですが
このシリーズで出てくる悪人は、
「善人の仮面をはがす」とか「バットマンの富を奪う」
とか「人のあいだに不信感を植え付ける」
「主人公が一番大切にしているものを奪う」みたいな
それぞれ ちゃんとした目的の悪巧みを仕掛けていて、
それが全てちゃんと成功しちゃっているんです。
だから最後の一つを止めたところで
カタルシスが全然ありません。
だって、既に99個の目的は達せられているわけですから。

いや、それもこれも、要はヤリすぎだと思いますよ。

どう考えても ゴッサム市民は、このあと とんでもない悪党だらけの
デカダンスな生活になるでしょうよ・・・?
バットマン・・・・あんた、さすがにもう少し活躍したらどうかね?と思っちゃいます。

まあ、完全に好みの問題ですけど、そういう印象をもちました。


付け加えると、かなりバットマンの勝率がいい「バットマン ビギニング」は
3部作の中で 一番好きというか、スッとしました。
やっぱり勝って欲しいっすよ。
まあバットマンビギニングは「少林寺木人拳とか、少林寺三十六房みたいだなぁ」と思って
前半を見ていました。それもツボです。
by AWAchampion | 2012-07-31 21:09 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

兵庫県宝塚市にある 老舗 こどもミュージカル教室
「のんのんバレエスタジオ」では、来る8月3日 金曜日より
アピアさかせがわ校にて 一日体験講座を開きます

時間は 午後4時20分~5時20分
対象年齢は 3歳半~12歳

受講料は1000円で、事前予約制となっています。

のんのんバレエHP

宝塚歌劇団 荘一帆さんや、劇団四季 荒井香織さんを輩出した
老舗こどもミュージカル教室の授業を お子様にも体験させてみませんか?

最高の情操教育を!
by AWAchampion | 2012-07-30 21:15 | 告知 | Trackback | Comments(0)

橋下市長と文楽

今日の毎日新聞で 橋下市長が文楽を見て
「演出や台本が古すぎる、改善せよ」と苦言を呈したとありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120726-00000099-mai-soci

まあもちろん私はその会見を見たわけじゃないので
色々バイアスがかかった記事だとは分かりつつも、
さすがに ちょっとこれは 橋下さんに賛同できない気がします。

これは放送人形劇の演出家としては、
「そういう現代的な手法の人形劇は、テレビで私がやるべきもので
文楽の方がやるべきものではない」というのが基本的なスタンスです。

もちろん江戸時代、文楽は同時代性を得た演劇形態だったワケですが
今は、その「300年前の人を熱狂させた 台本&演出」が、今に通じると
信じてやっていらっしゃる方々の集団なわけです。

実際 「心中天の網島」「女殺し油の地獄」などは、現代でも何度も映画化されていますし
歌舞伎の演目にも、ものすごく多くの文楽由来の演目があるというぐらい
この文化は独特でエバーグリーンなものなのです。

ただ、確かに21世紀としては 刺激は少ないかもしれない
でも守るべき価値のあるものだと思います。

橋下さんは、私より高校で一学年上 名門北野高校、大学は同門ですが、
わたくしは第二文学部 橋下さんは法学部と、
常に私より頭のいい場所におられた同世代の方なのに、どうして
そんな簡単な 嗅覚がないのか?ちょっと不思議です。

この「台本が古い」という指摘も
黒澤監督が以前ぼやいた
「俺が赤い絵を描いているのに、青くないと文句を言われても困る」
というのに似て、そもそも 橋下さんの視点がずれています。

ただ、ここまで来ると 橋下さんは古典が好きじゃないということが
はっきりわかります。

だったら、文楽を京都か東京に持ってきませんか?
東京に持ってきてくれれば 私は嬉しいです。

彼は「文楽は税金で守るべきものではない」の一点張りなんでしょ?
同時代性があるなら、民間で守れるはずだ・・・ということなんでしょう。
じゃあ東京で守りましょうよ。
by AWAchampion | 2012-07-27 09:54 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

ニュースセンターの卓

先日 とあるNHK BS-1の番組の演出をしました。
昨年からBS-1は報道専門チャンネルとなっていますので
トークショーの演出ではありますが、ニュースセンターからの
放送となるわけです。

テレビには「ドラマ」「バラエティ」「ドキュメンタリー」「ニュース」「教育」「音楽」など
様々なジャンルがありますが、大きく分けて「制作」と「報道」という
二つに分類されます。

私は生まれも育ちも「制作」です。
元々はドラマの助監督からキャリアをスタートしてますからね。

それがついにニュースセンターの卓に座ってキューを振る日が来ました。

スタジオのディレクター卓には、今まで山ほど座ってきましたが、
いやぁ・・・勝手が違いましたね。
面白かったですけど、私の隣に座っていた、「送出担当D」さんは
私が色々やらかすので大慌てでした。

ワハハハハ。まあなんでも経験です。
by AWAchampion | 2012-07-25 02:03 | テレビ | Trackback | Comments(0)

リアルにひどい棋力

いやぁ、ひどい。

最近ちゃんと囲碁をやっています。
で、ネットで対人で打ってみたりもしているのですが
最弱ラウンジで10連敗中
しかも 95目半負けとかを喫しています。

で、あまりにひどいので
さっき ネットオセロを打ってみたところ
やはり最弱ラウンジで3つ角を取られて惨敗!

いやマジで リアルな話
多分本当にここ30年近く 将棋・囲碁・オセロで人に勝っていないです。

これは逆にすごい。

ルールを知っている人で私より弱い人を
ちょっと探したくなりますね。
相当、ものすごく弱い人にも負ける自信アリです。

真剣にやってはいるんですけどね。
by AWAchampion | 2012-07-20 23:05 | Diary | Trackback | Comments(0)

きゃ~~~!

買っちゃいました!

え?何をって!

これ!パンナムのバッグですよ!

a0054076_1558694.jpg


いやぁ・・・これ 子供の頃に憧れていたんですよねぇ・・。

国際線を飛ばせるエアラインは一国につき一つだった1970年代
アメリカのナショナルフラッグだった「パン・アメリカン航空」=パンナムは
「世界の翼」「空の帝国」と呼ばれて憧れの的でした。

そして当時、パンナムの国際線に乗ると乗客に配られたのが このパンナムバッグでした。

いわば洋行帰りの象徴だったんです。

私の父は1974年に一年半、ロンドンとニューヨークにいました
帰ってきた時に持っていた、このパンナムバッグがピカピカ光って見えましたねぇ。

ということで、今復刻版が出てますので
買っちゃいました!

気分上がるぅ!
by AWAchampion | 2012-07-20 16:21 | 懐かしいもの | Trackback | Comments(0)

さて、今日囲碁界では近年で最も重要な対局が行われます。

「第67期 本因坊戦 挑戦手合 七番勝負 第7局」
本因坊 山下道吾 対 天元 井山裕太 の最終決着戦 2日目です。

この本因坊戦というのは 400年前に 本因坊家の初代 本因坊算砂が徳川家康から
「プロ棋士」として認められて以来 囲碁の宗家の一つとして受け継がれてきた
本因坊という家督が、67年前に世襲から実力勝負になった、世界最古の
囲碁タイトルです。

現在の囲碁界でも特別な地位のあるタイトルで、現在の本因坊 山下道吾こと山下敬吾九段は
日本棋院所属の 日本人棋士としては最高の実力者。年齢も35歳と油が乗り切っています。
現在「名人」「本因坊」の二冠を保持しています

そこに挑戦しているのが、以前 20歳で名人タイトルを取り、天才の名をほしいままにした
現在23歳の 井山裕太 天元です。
彼は今 「天元」「十段」の2冠を保持しています。

井山裕太から先シーズン 「名人位」をダッシュした山下敬吾ですが
今回 逆に七番勝負で 常に井山裕太に先攻を許しています。
本因坊制度発足400周年の節目の年に どのような結末が待っているのでしょうか?

井山さんは 現在 囲碁七大タイトルのうち 「名人」「天元」「十段」の保持経験が有り
さらに「本因坊」「碁聖」の2タイトルの奪取にリーチがかかっています。

山下さんは 七大タイトルのうち 「棋聖」「名人」「本因坊」「天元」「碁聖」保持経験が有ります。

囲碁七大タイトルすべてをとったことがあるのは 「二十五世本因坊 趙治勲」と「張 栩」の
韓国出身棋士・台湾出身棋士の二人だけで、日本出身棋士としては
この山下さんの5冠が最高なのです。そこに井山さんが並ぶような流れになるか?という
ところも注目なのです。

さぁ、結果は19時半~20時頃出ます!

超攻撃型の山下さんと、バランス型の井山さん、どちらに軍配が上がるのでしょうか?
by AWAchampion | 2012-07-19 02:49 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)

今日、渋谷の東急文化村「ル・シネマ」で
ドキュメンタリー映画 「クレイジーホース・イン・パリ」を見ました。
これは、1951年開業の フランスのレビューシアター
(ヌードがある方のレビューです)「クレイジーホース」の
バックステージをベテランドキュメンタリスト フレデリック・ワイズマン監督が
描いた作品です。

レビューといえば、日本を代表するレビュー作家の息子としては
これは見なくては・・・と見に行きました。

イメージとしては 極彩色に彩られたステージで 華やかに踊る
鍛え上げられたダンサーたちのパフォーマンスを堪能できると
思っていたのですが、
映画は想像以上にバックステージ寄りでした。

「クレイジーホース」の演出家さんが 女性の美しいボディラインを表現する
照明やセット、衣装など考え出すのに苦悩し、
「創作は一日ではできないんだよ!」と愚痴をこぼすのですが、
映画の中では その舞台シーンで お尻・足・顔といった踊り子さんの
パーツの撮影がことのほか多く、せっかく演出家さんがひねり出した
アイデアがよくわからない 編集となっていました。

う~ん?

私は基本ドキュメンタリストではないので、畑違いではありますが
受け取る側としては、バックステージ物は、
オンステージが美しく撮れていていればいるほど、その舞台裏の
描写が生きてくると思うんです。

しかしオンステージを、演出家の意図とは違い、女体そのものに
ガッツリフォーカスしてしまうというのは、ちょっと違う気がしました。

極彩色の映画化と思っていたのですが、思いのほか肌色の
映画でした。

しかし女体にフォーカスするなら、日本のテレビの感覚だと
バックステージで描くのは ダンサーたちの節制や、
世界で最も美しいボディラインを保つための努力というところを
描くことになるでしょう。

そうでなくてクリエイター側の葛藤を描くなら
やはり 舞台は引きで撮影しないといけないんじゃないの?と
思いました。
by AWAchampion | 2012-07-16 17:14 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

いやぁ・・・知らなかった!
テレビ埼玉 通称テレ玉が流している 局のCMが
とても面白いんですね!
私は不覚にも全然知りませんでした。

いくつかご紹介します。

まずはテレ玉 埼玉の川CM



つづいて テレ玉 チャンネルはそのままCM





要は今見ているテレ玉のまま、チャンネルを固定しちゃおうっていうCMですね。

ほかにも
地デジの啓蒙CMもテレ玉にかかると こうなります。




「いくらテレ玉見られても、8チャンとか4チャン見られなきゃ意味ないですよね?
8チャンってテレビで一番面白いですよね」って!

いやぁ、知らなかった。テレ玉 洒落がわかりますねぇ・・・。
お金がなくても とんちでなんとかするという
素敵なスタンスのテレビ局さんみたいですから、
ちょっと企画を持って行きたくなりました。
by AWAchampion | 2012-07-15 14:43 | テレビ | Trackback | Comments(0)

さて、告知です。
私が演出を手がけました「きかんしゃトーマス」DVD
「きかんしゃトーマス クイズにチャレンジ ソドー島へGO!」が
いよいよ7月25日に発売となります。

http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=5327&cd=FT00000062834

この作品は、トーマスの舞台 ソドー島とソドー島鉄道にまつわる
クイズに20問答えながら、楽しくトーマスのことが学べるというDVDです。

クイズも私 色々考えましたよ!

ぜひご購入ください!
a0054076_1020366.jpg

by AWAchampion | 2012-07-14 11:40 | 告知 | Trackback | Comments(0)