年明けの私のお仕事

来る2013年ですが 既に数本納品を済ませたり
放送日程が決まっているものがあります。

まとめて告知させていただきます

年明けのわたくしの作品 放送予定です

1月13日  「てくてく湯るり」 ~富士河口湖温泉~旅チャンネル  
2月6日  「鉄道伝説」~小田急ロマンスカー~ BSフジ
2月13日 「鉄道伝説」~0系新幹線~ BSフジ
3月3日 「囲碁スペシャル」~国際新鋭囲碁対抗戦  囲碁将棋チャンネル 

見事なぐらいジャンルがバラバラですね。

ではどうぞよろしくお願いいたします。
by AWAchampion | 2012-12-30 12:19 | 告知 | Trackback | Comments(0)

今回 NHKーBS1で「にっぽんアジア 両国 モンゴル人力士を支える町」を
作るにあたって、通訳として何人かのモンゴル人留学生さんたちと
お話する機会がありました。

彼ら彼女らは国の交換留学生として、一橋大学に留学している人たちで
非常に優秀な学生さんで、なんか1年間日本語学校へ行くと、その後
普通に一橋大学の法学部とか商学部に入っても、言葉も知識も
全く問題がないぐらい上達しちゃうんだそうです。

実際通訳をお願いしたわけですが、撮影現場の通訳ってメチャメチャ
我々も早口なうえに殺気立っているので、普通は日本語を伝達するだけでも
大変なわけです。
でも、彼らはそんな状況下でもペラペラでした。
たった2年しか日本にいない人たちがですよ。それもスゴイナァと
感心しました。

私がロンドンに留学していたときは、たまに日本語の本が置いてある
本屋さんに行って日本語に触れるのが楽しみでした。
しかし聞けば この情報があふれる東京ですら、モンゴル語の雑誌や
新聞は全く手に入らないだそうです。

で、学生さんたちは「モンゴル語の本&雑誌交換パーティ」なるものを
開いて、都内の学生が何人か集まり、自分の持ち物を交換するそうです。
大変ですよねぇ・・・。
by AWAchampion | 2012-12-28 09:01 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

時天空関のサムアップ

皆様 たいへんお久しぶりです。
いやぁ・・・大変なひと月でした。

実は昨日12月27日に NHKーBS1で17時から放送された
「ほっと@アジア」の特番
「にっぽんアジア~墨田区 両国~モンゴル人力士を支える街」の
演出をやっておりまして、
ここひと月はものすごくバタバタしておりました。

これは両国にあるモンゴル人力士コミュニティを
吉井歌奈子キャスターが訪ねる・・・というもので
幕内力士の 時天空関と町歩きをさせてもらいました。

番組制作にあたっての苦労話は
実はフェイスブックなどで、差し支えのない範囲で
書いていましたのでご存知の方も多いと思います。
ここでは、番組にご協力いただいた 
時天空さんの事を書きたいと思います。

時天空関は、元小結のモンゴル人力士で
もともとモンゴルの農業大学から、
交換留学生として東京農業大学に入学。
そこで、同世代の朝青龍らの活躍に触発されて
相撲界入りしたという
インテリ力士で、角界入門後に
きちんと東京農業大学を卒業した
苦労の人でもあります。

ハンサムな容姿とクールに見える語り口から
どちらかというとパブリックイメージは「物静かな人」という
感じなのかもしれません。

しかし今回撮影を一緒にやらせていただいて
彼の聡明さに大変感銘を受けました。
番組をご覧いただいた方は「結構長いあいだ 時天空さんは一緒に
街歩きをしてくださったのかな?」とお思いでしょうが、
実はホンの1時間ぐらいの
撮影時間でした。

それも九州巡業から帰ってこられた次の日の撮影だったので
電話でちょこっと話して、FAXで撮影趣旨をお伝えしていただけだったので
実際には撮影当日の朝 「私はこういうことをしたいんです」という
打ち合わせを彼とさせていただいたわけです。

そこで時天空関は、瞬時に我々の取材意図を理解して下さり
インタビューにしても、町歩きで教えてくださることにしても
全て まさに「私たちがそう言うコメントを求めていたんです!」と
叫びたくなるような事を次々としてくださいました。

これって実はすごく難しい事なんです。
聞かれたことに
「相手がこういうコメントを欲しいからこそ、この質問なんだろうな?」と
瞬時に判断して
そのとおりに、しかし自分の言葉で返すというのは、
普通の人にはできません。
一流のアスリートなど
「相手の意図を汲み取る鍛錬をしている」からこそ
できる技だと思います。

それを、彼にとっては外国語である日本語で
瞬時にやってのけるんですから
本当に聡明な方だと思いました。

それに、一見とっつきにくい感じもあるかもしれませんが
実は非常にフレンドリーな方で、
番組でもご覧いただいた 楽しい夕食でも
率先して我々に肉を取り分けて下さったり、
料理を頼んでくださったりして
むしろ力士の方が気を使ってくださるという、
ものすごく恐縮してしまうぐらいの
楽しい撮影になりました。

翌日 朝稽古を撮影させていただいて
一番最後
「これで本当に撮影は終わりです。ありがとうございました」と
ご挨拶をしたら、時天空さんは、
緊張した雰囲気の朝稽古の最中に
ちょっとだけはにかんで、
私にサムアップをしてくださいました。

「いい画は撮れたかい?」

ええ、とても良い取材になりました。
どうもありがとうございました。
by AWAchampion | 2012-12-28 02:30 | テレビ | Trackback | Comments(0)

今週号の週刊プロレスに
新日本プロレスで行われた 桜庭和志&柴田勝頼VS中邑真輔&石井智宏の
試合が載っています

そしてその試合の表の写真は
なんと試合後、桜庭和志が中邑真輔に対して
ピストルのポーズをつきつけているシーンなんです。

これは、プロレス界では
「シュートサイン」として知られています。
意味は
「ガチで行くぞ」です。

プロレスというのは、とても特殊な興行です。
毎日毎日格闘技を、エンターテイメントとして見せなくてはいけない
リアルアクションショーとも言えるライブスタイルなのです。

そこでは普通の場合、興行主が望むような大河ドラマになるように
それぞれの試合の結果は決められていて
その中で レスラーたちは、ジャムセッションのようにアドリブで
「魅せる試合を作る」という事をします。

しかしプロレスの世界で「シュート」とは
「興行主の意向を無視して、本当にどちらが強いか勝負する」
という意味なのです。

新日本プロレスに参戦している桜庭和志は
もともと大学までアマチュアレスリングの選手で、その後
UWFインターナショナルに入団したプロレスラーですが
ご存知のとおり、その後総合格闘技で「グレイシーハンター」として
名を馳せた、MMAの世界的レジェンドの一人です。

片や中邑真輔は、大学までアマチュアレスリングをやり
インカレ日本4位の成績でした。
さらに、大道塾の流れを汲む和術慧舟会出身で
MMAでも数試合勝利をしているという経歴の持ち主です。

スターレスラーとしては中邑真輔の方が有名ですが
MMAの猛者としては桜庭和志の方がはるかに上です。

その二人が「プロレスでのガチ」を見せるというのです。
これは想像力を掻き立てられます。

レスラーが互いに隠し持っている「ナイフ」をぎらつかせている
瞬間の写真を週刊プロレスは、その解説付きで載せています。

これは東京ドーム大会必見ですよ!
by AWAchampion | 2012-12-06 20:39 | プロレス界展望 | Trackback | Comments(0)

囲碁は将棋と違って国際的なゲームです。
もともとはメソポタミアで4000年前にできたゲームで
それからほとんどルールが変わらずに、現代まで
来ています。

ほんの30年前までは、織田信長以来 プロ制度が確立していた
日本が世界の囲碁界のトップでしたが
今や、中国と韓国が世界の2強。
日本は台湾と3位の座を激しく争っているところです。

囲碁の世界一を決める、最も格が高い 
競馬で言う凱旋門賞みたいなものは、日本の「富士通杯 世界囲碁選手権」でした。
第一回優勝者は【宇宙流】武宮正樹でした。
以降 第10回大会までは ほとんど日本選手が優勝するような状態でした。
しかしその第10回大会 小林光一九段の優勝を最後に
日本選手は15年間 全く勝てなくなりました。

そして今年、第25回大会は開かれませんでした。
スポンサー 富士通が降りてしまったことで、その大会がなくなってしまったのです。

変わって個人タイトル序列一位になったのは 三星杯・・・要するに韓国のSAMSUNGが
スポンサーの大会です。

今年は中国のナンバーワン棋士 古力九段と
韓国のスーパースター イ・セドル九段が決勝に残っています。

このふたりは サッカーに例えれば メッシとクリスチャーノ・ロナウド
まさに世界のスーパースターです。

その昔 日本でも 武宮正樹・林海峰・小林光一・趙治勲らは世界的な
スーパースターでしたが、
平成四天王と言われる 張栩・山下敬吾・羽根直樹・高尾紳路らは
国際戦であまり実績を残しているとは言えません。

日本最高タイトルをもっている張栩さんも
世界ランキングは、30位前後でした。

さて、今日本碁界を席巻している 井山裕太5冠は 果たして世界的な
囲碁のスーパースターになれるでしょうか?
by AWAchampion | 2012-12-01 22:16 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)