アイドル系の話をすると、このブログのPVが飛躍的に伸びます。
それに味を占めて、今回は1980年代の、私が現役でアイドルファンだったころの
文化の話をします。

今のアイドル歌手のフォーマットは 基本的には1970年の天地真理あたりから
確立され、キャンディーズでほぼ今の形になったと言われています。
全国的なファンクラブが結成され、ファンクラブの会員になるとイベントがある・・・的な。

それに歌の途中に合いの手=コールを入れるようになったのも
キャンディーズのファンがほぼ最初です。
彼女たちの解散コンサートのVTRを見ると、すでにBメロで
パン・パ・パン オ~! と揃いの掛け声と手拍子をしている、今でいうPPPHが確認できます。

キャンディーズには「全キャン連」というファン組織があり、全国展開をしていましたが
その後アイドル文化には 「親衛隊」と呼ばれる 事務所公認のファン自治組織が
結成されることとなります。

これは諸説ありますが、少なくとも 石野真子・榊原郁恵・大場久美子あたりの1978年ごろには
「親衛隊」という名前で存在しました。
セサミストリートで一緒にディレクターをやっていた、NHK教育「おどろんぱ」の演出で
知られる小林敬直さんは大場久美子の親衛隊の様子を面白おかしく語ってくれたことがあります。

この親衛隊は ファンの有志が作るものなのです。
で、それはファンクラブとはまた違うんです。
今から考えても非常に独特の文化を持っていたので ここに私が記憶する範囲で
資料を見ずに見たものだけを書きたいと思います。

1986年 私は河合その子の大ファンでした。
そこで見た光景ですが、親衛隊はコンサートの3時間ぐらい前から、ホール前で
そろいの特攻服を着てコールの練習をしています。
親衛隊入隊希望者は、そこで団長に直談判をし、入れてもらうことになります。

彼らには鬼軍曹的な人「支部長」がいて、真っ赤な統制棒(交通整理の赤灯)
を持ってコールを指揮します。

彼らはコンサート会場のもっとも後ろの席に陣取り、
ファンのコールを指揮します。
彼らの掛け声を真似して、他のファンはコールをするのです。

また、ヤジを飛ばすようなファンは親衛隊に怒られます。
私も怒られたことがあります。

親衛隊は、その地方で行われる、そのアイドルのイベントには強制的に
参加します。
さらに、そのアイドルにとって大きなイベントの場合は、別のアイドルの
親衛隊が応援に駆け付けるのです。

そこで、応援に駆け付けた支部長は
「オス!我々水谷真理隊 関西総本部宝塚支部 合計8名 応援に駆けつけました!」
迎え入れる支部長は
「オス!水谷真理隊の皆様!今日は早見優コンサートに駆け付けてくださりありがとうございます!
今日はよろしくお願いいたします!」

・・・・と、やくざ映画よろしく仁義を切るんです。

これ、当時実際に高校の友達にやってもらいましたから本当です。

で・・・駆け付けた別のアイドル親衛隊の隊員は 歌とかコールを知りませんから
ホールの前で3時間ぐらい前からみんなで練習するということになるのです

なんか応援団文化とヤンキー文化がいっしょになったような
不思議な文化でした。

当時【小泉今日子の親衛隊が最強】みたいな・・・何がどう【強い】のか
分かりませんが そんなことを言われていた記憶があります

今、AKB48の親衛隊です・・・ってあまりメディアでも取り上げられませんが
多分ないんでしょう。
物凄く昭和のにおいのする文化でしたからね。

それにナンパな私立高校出身の私は、とてもとてもおっかなくて
親衛隊には入れませんでした。
だからこそ懐かしく思い返されます。

by AWAchampion | 2013-02-26 12:12 | 懐かしいもの | Trackback | Comments(0)

以前も「ぬるっとした告知」としてお知らせしましたが
3月16日の土曜日 14時から
広尾駅 徒歩5分のお寺 香林院で
「アジアンパッション」というトークイベントの演出をお手伝いすることになりました。

http://blog.livedoor.jp/kuriz_asianpassion/

今回は 馬頭琴奏者 セーンジャーさん
人呼んで 馬頭琴界のヨン様。

爽やかな風貌と、物腰の柔らかいお話しぶりで大人気の演奏家さんです。

馬頭琴は元々モンゴルの民が連れていたラクダの孤独をなだめるために
生まれたといわれる、とても不思議な楽器です。

春のひと時、草原の風を感じてみませんか・・・。


とはいえ35名限定のイベントで、お寺のお堂でひっそりとやっていますので
お気軽に上記HPよりお申込み下さい。
by AWAchampion | 2013-02-26 10:37 | 告知 | Trackback | Comments(0)

私のお仕事 テレビ編

最近このブログをご覧いただける方が増えているようです。
そこで「岡田倫太郎って何者?」という方が多いと思います。
そりゃそうです、私、全然有名人じゃありませんから。

ですからテレビマンとしてのプロフィールを載せます

テレビディレクターとしては2001年にデビュー
ウェブドラマ「恋愛体温計」というドラマで、内田朝陽・浅見れいな主演でした。

その後 TBSテレビ「東京ウォーキングマップ」で演出を務め
2004年からはテレビ東京「セサミストリート 日本版」の演出家として
子供番組の道に入りました。

その後サンリオでDVDシリーズ「サンリオぽこあぽこ」の総合演出を担当。
マクドナルドのハッピーセットのDVDなども制作。
NHK教育で「アイ・マイ・まいん」の演出にも一年間参加しました。
「きかんしゃトーマス」シリーズのDVD演出も多数手がけています。

また囲碁将棋チャンネル「週刊囲碁パラダイス」の総合演出
を通じて囲碁記者としても活動。

現在では
NHK-BS1「ほっと@アジア」
BSフジ「鉄道伝説」などの演出に関わっています。

その仕事の一部は、RinokidsTVでもご覧いただけます

ホントにいろいろやってます。
是非エンドロールなどで名前を見かけたら、このブログの事を思い出してくださいね。
そしてプロデューサーの皆さま!私のスケジュール帳には、まだ若干の余裕がございます!
是非お声掛けください!
by AWAchampion | 2013-02-25 10:58 | 私 岡田倫太郎について | Trackback | Comments(0)

今年の一月からBSフジで始まった「鉄道伝説」という番組で
演出を担当しております。
エンドクレジットには総合演出として、私の早稲田大学映画研究会の先輩 安藤圭さんが
入っていますが、基本的には各回それぞれ独自の演出家が演出しております。

私はこれまでの放送回では#5 小田急SE車と#7 東海道新幹線を担当しました。

ともに戦後から高度経済成長期の話で、旧日本軍の技術者たちが
実は戦後にその技術を平和利用して、世界最先端の鉄道を作っていくという
物語で、作っていても非常に胸躍るストーリーでした。

こういう作品を作っていて、いつも思うのですが
私たちがこういう豊かな時代を享受できているのは、本当に日本の先輩方が
凄かったんだなぁ・・・という事ですね。

誰かの熱い思いが、革命的な車両を作る・・・という事をこれからも描いていきたいと
思っています。

新幹線に関しては、さすが国家的プロジェクト。過去映像がたくさんありました。
ただ、私のところにたどり着く間に テレシネだのダビングだの、アップコンだのされていて
アスペクトがエライことになっています。
直してはいるのですが、至らない点があることはご勘弁ください。
そんな状態でも、やはりこういう映像素材は共有すべきだとの思いで構成演出いたしました。

NHKのプロジェクトXは技術者 島秀雄さんから、この物語を紡いでいったようですが
今回は、すでにこの番組でも「ビジネス特急こだま」「湘南電車」「D51」など彼の功績を
多くご紹介していることもあり、十河信二という老総裁の熱い心に焦点を当てました。

東海道新幹線は日本の近現代史にとって欠かせない出来事であり
この関連で残された映像&写真資料も膨大です。

今回の番組ではほとんど経済面に焦点を当てて構成しましたが、
もちろん技術面でも一本できますし、もしかしたら新大阪駅建設物語だけでも
出来るかもしれませんね?
今のところ続編はラインナップにありませんが、ご要望があればどうぞ番組HPなどへ
お送りください

今後、 私、岡田倫太郎演出回としては#9 783系ハイパーサルーン
#12 近鉄ビスタカー が放送予定です。
両方とも中々いい出来に仕上がっています。ご期待ください。
by AWAchampion | 2013-02-24 02:05 | テレビ | Trackback | Comments(0)

いやぁ、面白かった!

先ほどCS MONDO TVでやっていた外国のテレビ番組
「世界最強 トラック野郎選手権」は最高でした。

イギリス アメリカ カナダ ニュージーランドなどから集められた
6人の荒くれトラック野郎たちが 抽選でペアを組み
アマゾンの凸凹道を 現地のおんぼろトラックで、
ボロボロのボートを 如何に早く、如何に壊さないように走るか?
というレースをやっていました。

これがベラボーに面白い!

それぞれの荒くれ男たちの関係性やキャラも立っていて
それでいてアマゾンの雰囲気も伝わる作品で
どこが作ってるんだろう?とエンドクレジットを見たら

BBC と出てきました

いやぁBBCスゲェ
by AWAchampion | 2013-02-17 10:25 | テレビ | Trackback | Comments(0)

ぬるっとした告知

ひょんなことから、とある馬頭琴奏者さんの
トークショーの演出をすることになりました。

「アジアンパッション」というイベントの
セーンジャーさんの回を演出します。

http://blog.livedoor.jp/kuriz_asianpassion/

「馬頭琴奏者界のヨン様」だそうで・・・。
実際お会いしたら、非常に素敵で日本にはいないタイプの爽やかな方でした。

3月16日 14時~15時半
場所は 広尾駅 徒歩5分の香林院というお寺です。
渋谷区広尾5-1-21
http://kourin-in.com/kt.html

料金は2800円です。


お申し込みは上記「アジアンパッション」ブログまで
お願いいたします。

お寺で馬頭琴の演奏と、モンゴルのお話に酔いしれてみませんか?

まあ演出といっても私がやることはそれほどないので、一緒に馬頭琴でも楽しみませんか?
というお誘いですね(笑)
by AWAchampion | 2013-02-16 08:30 | 告知 | Trackback | Comments(0)

最近ずっと自宅で編集することが多く
久々に新宿まで打ち合わせのために出ました。そこで紀伊國屋書店に立ち寄ったが最後・・。
気がついたら5000円分ぐらい買い物をしていました。

中でも文藝別冊の「いしいひさいち」特集を見つけたのは大収穫でした。

いしいひさいちは、昭和47年の「oh!バイト君」でデビューをした
4コマ界の巨匠で・・・・というか今 朝日新聞の朝刊に「ののちゃん」を
連載している漫画家です。

いわば4コマのメジャーリーガーでありながら、一貫してアバンギャルドな作風を
崩さない孤高の作家でもあります。

朝日新聞の連載は、前任者のサトウサンペイの「フジ山太郎」と違い
時事ネタを全く取り上げない、半径5m以内の物語に終始していますが
あれはセルフパロディで、実は彼はものすごく振り幅の広い作風なのです。

この「いしいひさいち」特集でも、彼の大ファンだという大友克洋が語っていますが
「何度読んでも面白い。オチも知っているはずなんだが・・。」という中毒性は
本当に素晴らしいです。
西原理恵子が「私の作風はいしいひさいちのパクリだっていうことを、いい加減気がつけ!」と
毒ついていたり、
「4コマ王子」こと小坂俊史が、バイト君のその後を書いていたり
カラスヤサトシが、なんといしいひさいちと同じ大学・学部出身だったりと
様々な発見がある 熱い本でした。

さらに、いしいひさいちが植田まさし、長谷川町子、しりあがり寿らについて
語っているインタビューもあり、充実の一冊です。
なにしろキャリア40年で、ただの一度も写真を撮らせていない
沈黙の巨匠です。それが植田まさしについて語るなんて凄すぎます!

で、編集者は新保信長さん。そう、一連の西原理恵子本で有名な方ですね。
さすが素晴らしい出来でした。


a0054076_9461743.gif

by AWAchampion | 2013-02-11 18:33 | Diary | Trackback | Comments(0)

放送予定

私が演出した番組の放送予定です

BSフジ「鉄道伝説」 土曜23時30分~24時
2月23日 「東海道新幹線」
3月9日 「783系ハイパーサルーン」
3月23日 「近鉄ビスタカー」

CS囲碁将棋チャンネル 囲碁スペシャル 日曜9時~11時
3月3日 「国際新鋭囲碁対抗戦」


よろしくお願いいたします!
by AWAchampion | 2013-02-11 10:11 | 告知 | Trackback | Comments(0)

BSフジ「鉄道伝説」

すっかり告知を忘れてましたが 
土曜の夜23時半からBSフジで
「鉄道伝説」という番組の演出をしております。
今回小田急SE車を担当しました

今後 2月23日 「東海道新幹線」
3月9日 「783系ハイパーサルーン」


一週おきに私の担当回が 流れるというハードスケジュール!
よろしくお願いいたします。
by AWAchampion | 2013-02-10 01:46 | 告知 | Trackback(1) | Comments(0)

強行軍ロケ!

いやぁ、強行軍ロケを敢行してしまいました。

というか、ロケ自体は別に大変ではなかったのですけど
制作会社さんの組んだ旅程が凄かった!
不況下でここまで来た!という旅程を、まあ一緒に味わってくださいよ。

2月6日と7日に私は博多で撮影をすることになっていまして
カメラマンさんと私の二人のクルーでした。

博多駅で13時にアポが取れていて、まあその2時間ぐらい前には博多にいたい
と思っていたのですが、制作会社さんが抑えたチケットはLCCのエアアジアで
なんと 朝6時半 成田発!
チェックインは5時30分締切!

え?

ええええ?

自力で行くとすると前泊などが必要なので
制作会社のスタッフさんの車と朝3時半に待ち合わせ。成田に向かいました・・。
成田についたのは4時50分。まだ成田空港のゲートが開いていなくて、
守衛さんの指示に従って 裏門から入るという素晴らしさ!

朝5時の成田空港国内線ターミナルは、なかなかのアジアンテイストでしたよ・・・。
そこかしこで 褐色の肌の乗客が寝ていて、南回りでヨーロッパへ行く感じがしました。

で、撮影が終わりまして 私はまた 翌日20時博多発 成田という瓶で帰ってきました。

私のほうは まあそれでよかったんですけど
カメラマンさんは その翌日 京都で撮影だったんですね。
普通は 博多から新幹線で京都入り 前泊じゃないですか?

しかしこの制作会社さんベ○ラムさんは一味違います!
なんと 博多泊
翌日7時のジェットスター航空で 関空へ!
関空から難波経由 京都入り! 機材手持ち移動!

いやぁ、しびれます!

しかもその京都の撮影後 こだま号で帰京!

いやぁ凄い!すごすぎる!
今まで聞いた ロケ移動の中で 最も「予算だけを考えた」スケジュール!

デフレはここまで来ておりますよ・・。テレビ業界の底は抜けています。トホホ
by AWAchampion | 2013-02-08 22:39 | テレビ | Trackback | Comments(0)