いやはや 封切から3か月たって ようやく見ることが出来ました。
映画版「レ・ミゼラブル」です。

この映画はミュージカルとして全世界で大ヒットした
キャメロン・マッキントッシュ制作版「レ・ミゼラブル」の映画化です。
もう皆さんのほうが先に見てるでしょうから、ネタバレしますけど
良いですよね?

映画はほぼ ミュージカルと同じように
セリフの部分がなく 歌ですべてが進行します。
その歌もほぼ 舞台どおりですので イントロとか間奏の部分などは
サイズが違いますが ほとんど舞台の時間通りに進みます。

舞台では 何もない回り舞台の上に囚人たちがつるはしを使って
炭鉱で働かされている様子から入りますが
この映画では 巨大な船舶の艫綱を引いている囚人たちの
描写から入ります。

その後はシークエンスの頭とお尻だけ「修道院」「パリ」「パリ郊外のある市」など
の引きの絵が入り、あとは殆ど人間のアップで構成された世界の中で
役者たちが 実際にカメラの前で歌い、演じます。

MGM映画の昔から 本来ミュージカルはリップシンクと言い
事前に録音した音源を流しながら 口パクするのが普通です。
というのは、別にそれは楽をしているからではなく、映画は1台のカメラで
様々な角度を何度も撮っていくものなので
毎回ブレスの位置などが違っては 合わなくなってしまうからです。

映像の、特に照明を最高のクオリティに保つためには 1カメラで撮るのが
最適ではありますが、テレビドラマなどでは 数台のカメラで一度に
ワンシーンを撮る 「マルチカメラシステム」というのを採用しています。

これを映画で最初にやったのが 黒澤明監督の「天国と地獄」で、
今ではテレビ出身の映画監督も増え、カメラのコストなども下がったことから
映画もマルチカメラで撮られることが多くなりました。

で、この映画はどうやら一度に毎回3台のカメラで撮り、役者はちゃんと
歌をワンフレーズ歌いながら撮影していたようです。

やはり感情を入れて歌い切るには そう何度も出来るものではありませんし
曲をある程度の長さ歌ったほうが良いわけです。

ということで、ほとんどのカットがクローズアップになるという
ミュージカルとしては非常に珍しい映画となりました。

これはこれで良いと思いました。
丸刈りの女性(アン・ハサウェイ)を見て 誰もが無声映画の傑作
カール・ドライヤー監督の 「裁かるるジャンヌ」を思い浮かべたことでしょう。
これほど力のある役者、完璧に近いキャスティングをしたので
あとはアップを撮っていくというのは、映画の一つの割り切りとしては
アリだと思いましたし、私も何度も何度も泣きました。

それを大成功だと思いつつも しかしそれは私が既に
舞台版「レ・ミゼラブル」を最前列でも一番後ろでも 東京でもロンドンでもNYでも
述べ30回ぐらい見ているから、流れも話も人の配置も分かってるからなんじゃないかな?
とちょっとした疑念もあることはあります。

まあ世界で既に6000万人が見た ここ30年で最高のミュージカルなんだから
見ている人向けに作っても良いとは思いますが
テレビマンとしては、もう少しシーンや 背景、今 おかれている空間的配置などについて
説明が丁寧にあっても良かったんじゃないかな?という気もしました。

私自身 見ていて 舞台の素晴らしいスペクタクルな場面をまず想像し
その出演者を鹿賀丈史からヒュー・ジャックマン  村井邦夫からラッセル・クロウに
置き換えてみていました。

舞台の素晴らしい演出ありきのクロースアップ映像なんじゃないかな?という
気はします。

その意味では ヴィクトル・ユーゴーの長大な小説「ああ無情」を
休憩を含めて3時間半に閉じ込めて、前半を役者の肉体中心で、
後半を巨大なバリケードのセットを絡めて スペクタクルだけどシンプルで象徴的な
素晴らしい演出をした
ロイヤル・シェークスピアカンパニーの 鬼才演出家 トレバー・ナンと
カナダ人演出家 ジョン・ケアードの二人の仕事の凄さについて
改めて驚嘆せざるを得ないのです。

私がミュージカル「レ・ミゼラブル」を帝国劇場に見に行ったのは
1991年 当時お付き合いしていた カナコちゃんに連れられて行ったのが最初ですが
彼女の事をすっかり忘れるぐらい感動したのを覚えています。

映画も素晴らしかったですけど、やはりあの時のファーストコンタクトの
「とんでもないものを見た!」感は 舞台版の感動を超えられない気がしました。

「超A級の映画だし 見るべきだし アリな手法だけど
全ては ミュージカルを見てからじゃないと始まらない」というのが私の感想ですね。


多分マリウスが バリケードから助けられたけれども ジャン・バルジャンだとは
気が付かない・・・とか、
ジャン・バルジャンは市長として大変尊敬されていた。だから逆に
ジャベールに目をつけられた。とか
そのあたりの描写は飛ばし過ぎな気がしました。

あと舞台では 第一部の最後になる 素晴らしい「One day more」も
アップショットの積み重ねだとああなりますよね・・・。
あそこは はっきり舞台の方が良かったと思いました。
もっとドイツ映画の傑作 「会議は踊る」の
「ただ一度だけ」のシーンみたいにすれば良かったのに?という気はしました

舞台は 全体が見えて 視点の変化は観客が勝手に想像力で行うんですけど
映画は 観客の視点を支配してしまうだけに、もう少し象徴的な美しい引きの絵が
多くても良かったんじゃないかな?とは思いました。

特にエポニーヌのソロ 「On my own」ですよねぇ・・・。
あそこは 島田歌穂さんが 舞台を一人歩きながら歌うほうが良いですよねぇ・・・・。
いや、映画は映画で良いのよ。
良いんだけどね・・・。あの舞台と比べちゃうとねぇ・・・、

特に曲調に合わせて 舞台では照明が変わったりするんですよね
それが舞台のスペクタクルを醸し出しているんですけど
そういう所は 映画でも導入しても良かったんじゃないかな?と思いました。

「In the rain. the pavement shines like a silver」ですからねぇ・・・
やっぱりペイブメントは シルバーに光って 川のようにもう少し見えても
良いんじゃないかな?というのは 誰しも思いましたよね?
頑張ってはいましたけどね・・。痛いほどやりたいことは分かりましたけどね。
そこまでリアリズムじゃなくても・・・って気もしませんでしたか?
そぼ降る小雨の中、一晩中マリウスの事を思いながら歩く・・・って歌なんですから
夢の部分は夢でもいい気がしました。 

舞台版では 照明はすべて赤っぽいロウソクの明かりっぽくしてあるんですが
登場人物が死ぬと 真っ白な「天上界からの光」が当たって 「天に召された!」
という感じを サス照明一本で表現しているんです。

それが最後の ジャン・バルジャンの死のところなんか 
とんでもなく効果的になってるんです。
照明部に関しては はっきり舞台の方が良かったかなぁ・・・。
by AWAchampion | 2013-04-18 16:15 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

私、子供番組のエキスパートを名乗っていながら
長い間東京ディズニーランドに行かずにいました。
最後に行ったのは1990年・・そう23年前なんです。

ずっと行きたいなぁと思いながら色々と機会を逃し続けていたのですが
一念発起。行ってきました!

え?

もちろん オッサン一人でですよ!

a0054076_0301053.jpg


この写真は、スタッフのお嬢さんがオッサンが自撮りしている姿に見かねて
なぜかタメ口で撮ってくれました(笑)

a0054076_22535337.jpg


今日はたまたま、東京ディズニーランド開園30周年だったんですね。
でも普通の月曜日ですから 比較的朝は空いていましたよ。

しかし、まあオッサン一人ですから、乗り物にガンガン乗るわけではありません。
ショーを中心に見ようという事で行きました

まずはディズニー映画の名シーンが楽しめるショー
「One man's Dream~The magic lives on」
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/tl/shw_one.html

キグルミショーとして、さすがのクオリティでした。
特にモノクロのミッキーとミニーが、ミニーのキスで一瞬でカラーに代わる
演出はなかなか見ごたえがありました。

次にトゥーンタウン見学!
a0054076_2357011.jpg


アメコミの町がとても可愛く、いろんなインスピレーションを得ました。

そして、ここ!
「It's a Small World」
a0054076_23591043.jpg


ここはある意味 私が絶対行きたい場所でした。
というのは、私の実家のすぐ隣に1990年代まであった 宝塚ファミリーランドの
「大人形館 世界はひとつ」という人気アトラクションを
私の母が非常に愛していて、私は幼少のころから何度も何度も
そのアトラクションに連れていかれました。



もちろん大人になり、それが本家ディズニーランドのアトラクションのコピーだと
知りましたが、それはそれで 宝塚ファミリーランドが無くなってしまった今
私の郷愁を誘うようなものなんじゃないか?という 
まだ見ぬ 懐かしさ?みたいなものを求めて 行きました。

中身の写真をあまりがっつりとは載せられないんでしょうけど
一部だけ・・。

a0054076_0243584.jpg


見てみたら 確かに完コピでした。
なので 初めて見たのに ものすごく懐かしく
なんだか泣きそうになりました。

それはそうと、映像人形劇の演出家としては、「It's a Small World」の
照明の素晴らしさに目を奪われました。
これはもちろん人形自身のクオリティもあるんですけど
照明が面白くないと全然面白くありません。ある意味照明の技術の粋を集めた
ような場所で、かなり面白かったです。
光って重要ですよね・・・・。
映像だと どうしてもここまで光で色の濃淡をつけることが
難しいのですが、「こういう世界を作ってみたいなぁ」と強いインスピレーションを得ました。

そしてそのまま ファンタジーランドを歩くと
なんだか 古の宝塚ファミリーランドの雰囲気・・・。
つまりファミリーランドが 相当建物とか色彩とかを参考にしていたみたいなんです。

という事は、子供のころからわたしは、ある程度ディズニーランドの影響を
間接的に受けていた・・・という事も言えるのでは?と思いました。
宝塚ファミリーランドはやっぱり 結構いい遊園地だったんですよね。

その後
「ミッキーのフィルハーマジック」で3D版 ファンタジアみたいな映像に驚愕し、

「カントリーベアーシアター」で 渋すぎるカントリーの人形館に苦笑し

「蒸気船」に乗り

「魅惑のチキルーム」で、何とも言えない 不思議な、リアル鳥人形館での歌に当惑し

途中 昼間のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」を堪能しました。

a0054076_0121021.jpg


そして 2つ目のショー
「ミニー・オ・ミニー」
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/al/shw_minnie.html

も楽しみました。私はこちらの方がお勧めだと思いましたね。

で、日も暮れたころ
私は 23年ぶりに「キャプテンEO」にたどり着きました!

いやぁ、私、当時19歳だったから覚えてるつもりだったんですけど
全然記憶と違ってビックリしました。
キャプテンEOは正直今から見ると 古臭い所も多いですが
なんか80年代の息吹が感じられて 私のようなものにとっては凄く良かったです

っていうか、入る前のメイキングで 若き日のルーカスとコッポラが一緒に
仲良さそうに仕事をしてるのが一番グッときました。

でも中身はほぼルーカス風味・・・。コッポラの無駄遣いなのでは?(笑) と思いましたね。

最後はもちろんこれですよね?
a0054076_0164360.jpg


今日、23年ぶりに・・・モノづくりのプロになって見たディズニーランドは
もちろん以前とは全然違って見えました。
オリエンタルランドの イベント能力の高さも良くわかりましたし
ディズニーの色彩、 特に暖色の使い方には感銘を受けました。
薄い紫というか薄いマゼンダを暖色の色合いの中で多用することで
上品なグラデーションをつけている様子が非常に印象的でした。

次はディズニーシーへも行ってみたいと思います。

オッサン一人でも何とかなるもんですね。
まあ乗り物は ほとんど乗っていませんが・・・。
by AWAchampion | 2013-04-15 22:55 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

ミル・マスカラスin新宿

Viva Mexico!
いやぁ、燃えました。昨日は燃えましたよ!

え?何がって?

そりゃ、仮面貴族 ミル・マスカラスが新宿に来たからですよ!!!

いやぁ良かった。

ご存知の方ばかりだとは思いますが
一応ご説明しますと、ミル・マスカラスとはメキシコの伝説的なレスラーで
1971年 日本プロレスに初来日以来
毎年 少年ファンに熱狂を持って迎えられてきた、空中殺法の元祖で
そのテーマソング「Sky High」は大ヒットしました。

もう マスカラスは70歳なんです。
でも 30年前と同じような逆三角形の体で ちゃんと上半身裸になり
試合をしてくれましたよ!

その記事と写真がこれ!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/fight/all/2013/columndtl/201304110004-spnavi

昨日は新宿FACEという 大体500人ぐらいのプロレス専門会場に
マスカラスが出るという事で、立ち見の超満員!
しかも場内はスーツを着た50代の男性も多く、後厄の私はどちらかというと年少組

まあそりゃそうです。マスカラスの全盛期は1970年代後半でしたからね。
そのころの少年ファンが詰めかけたわけです。

場内にあの伝説的なテーマソング「Sky High」が流れると
会場は一気に1976年あたりの後楽園ホールの雰囲気!
黒いオーバーマスクをつけたマスカラスが登場です!

そして ミスター新日本プロレスであった田中ケロ リングアナから
コールを受けると オーバーマスクを会場に投げ入れました!

それまでは 一応いい大人として座っていたファンたちも大騒ぎ!
一瞬にして少年ファンに戻って マスクの取り合い!
いやぁ・・・・泣ける。なけるよぉ!


もちろんあの機敏な30代~40代の動きが出来るわけもありません
でも ヘッドシザース・サーフボードストレッチ・メキシカンクラッチが出るたび
会場は大歓声!

そして・・・

あの伝説的な フライング・クロスチョップが!!!

あああ(感涙)

そして・・・

あの伝説的な フライング・ボディーアタックが!!!

ああああ(驚嘆)

ありがとうマスカラス!

ムーチョ グラシアス!アミーゴ!

a0054076_19514254.jpg

by AWAchampion | 2013-04-12 19:36 | 懐かしいもの | Trackback | Comments(0)

松平健という不思議

松平健さんは 暴れん坊将軍のイメージが強い
時代劇俳優ですが、ご存じのとおり彼の座長公演は
一種のレビューのようになっています。

そこからかの「マツケンサンバ」シリーズが生まれたわけです。
特に大ヒットした「マツケンサンバⅡ」は、作詞 吉峰暁子(OSKの演出家) 
作曲 宮川彬良 振付 真島茂樹(元日劇ダンサー)という
非常に和製レビュー寄りの作家陣によって作られています。

そもそも当時 彼の奥さんは宝塚歌劇出身の大物女優 大地真央だったわけで
なにやら 本当は彼は遅れてきた宝田明なのかもしれません。

マツケンサンバⅡのイントロが長いのも、
1分間 36小節ほど下々が踊った後、現れるなんて事は
宝塚のレビューではよくあることですよね?

実際 マツケンサンバⅡは 和製レビュー曲として見ると
非常に良く出来ています。
戦後レビューはラテンのリズムとともにありました。
サンバはどのレビューでも中心的な曲調です。

ただ、ガッツリハードなサンバは、意外と難しいものです
そこで宮川彬良さんは、楽器などでサンバの香りだけ残し、
普通の歌謡曲のリズムで 誰にでも踊りやすい曲に仕上げています。

これがヒットの秘密なのかもしれません。

それが高じて マツケンさんは凄い事になっていきます。

マツケンマハラジャ

http://youtu.be/qIUaNzAyJSI

アンドロイド マツケンサンバ
http://youtu.be/SgG65ok8T6c

確かに製作者の悪乗りはあります。
しかし松平さんの心の中には、ジーン・ケリーや宝田明 高島忠雄と言った
往年のミュージカルスターがあるのかも知れません。

誰か彼のヒギンス教授で マイ・フェア・レディを制作してみてはどうでしょうか?
by AWAchampion | 2013-04-10 23:40 | 演歌系不可思議PV | Trackback | Comments(0)

昨日 東京・渋谷 東急本店にある
オーチャードホールにて、
「Rocky in シネマ・ミーツ・シンフォニー」というイベントがありました。

これは読売日本交響楽団がロッキーのテーマを演奏し
その背景にロッキーの映画が流れるというものです。

で、私はその映像演出を担当しました。
これが なかなか楽しくて有意義ですが、大変でした・・・。

まず何か月か前にアレンジ打ち合わせがあり、
初めに使う楽曲のCD音源をもとに、映像を編集していきます。
その時点で
「リアルに曲が使われているシーンを抜き出すのではなく
曲ごとにテーマを持たせて編集する」
「ロッキーを見たことがない方にも あらすじが分かるように
編集する」
というお題がありました。

そして編集した後、何度かの修正を経て
実際に編曲家さんがアレンジしたデモ音源をくっつけるわけです。
その時点で結構CD音源とスピードや構成が違っていて
やり直しも多く出ました

で、紅白などテレビ主体の公開演奏に映像をつける場合は
そのデモ音源と全く同じテンポ、長さで演奏されるように
楽隊の指揮者さん・・・たとえば三原綱木さんとかは
【ドンカマ】と呼ばれる、ピッチマシーンを耳につけていて
タクトのスピードがずれないようにしてあることが普通です。

しかし今回はあくまでオーケストラが主体
指揮者のタクト次第で 3分の曲が4分になることはきわめて普通の事です。
特に コーダー(曲の終わりの部分)が思い入れたっぷりに伸びることは
十分考えられます。

そこで いったん編集したものを3~5分割して、それぞれ 伸びても大丈夫なように
余分なのりしろをくっつけたうえで、「ここぞ!」という瞬間にそれぞれ出していく・・・という
方式をとりました。

ですから曲の間中、実はオーチャードホールの監督室から、
普通にテレビのサブでやるみたいに
キューを出していました。

曲のつなぎ目で失敗すると 黒味が出て観客が一気に冷めてしまいます
でも、演奏は予想を超えて伸びていきます。
2回公演とも ヒヤヒヤもので、なんだか2時間の生放送を2回やったみたいで
2キロぐらい痩せたような気がしました。

本当は指揮者がもつコンダクター譜を見ながら追えばいいのでしょうが、
残念ながら私はそこまでクラシックに強くありません。
そこでテレビの歌番組で使用される カウント をとり
2時間ずっと 

1・2・3・4 2・2・3・4 ・・・あと4つで次の映像・・・キュー!

とやっていましたよ。

いやぁ大変でした。

でも終わってロビーに降りると 皆様 なかなかの好感触
特に昼の部のお客様は家族連れが多く、「子供たちに初めてのオーケストラ」
体験をさせていた方々がずいぶんいました。

その子供たちが「ねえ、アポロ死んじゃったの?」みたいな事を言っていたのを
見ると、このイベントをやって良かったなぁ・・と思いました。

テレビマンだとなかなか反応が返ってこないことも多く
生の雰囲気をロビーで味わうという体験は、予想を超えて心地よいものでした。

もちろん 根っからのロッキーファンや、読響ファンには
物足りない所もあったかもしれませんが
読売新聞が主催した、「家族向けコンサート」としては大成功だったんじゃないでしょうか?

歌のジャミン・ゼブの皆さんも 前から知っている方々で、もともとジャズっぽい歌を
歌っていらした現場で一緒でしたが、JBの「Livin in America」なんかも
歌いこなしていて 良い感じでしたよ。


で、このイベントの前日には、私がかかわった「歌舞伎座開場SP」の
放送があったわけです。
当然いろいろ日程がかぶっていたので、ご迷惑をおかけした 総合演出の
共同テレビ 松木創さんをご招待して見ていただきました。

正直ご自身の番組のために 4日ほど寝ずに働いた翌日のイベントだったので
お疲れのご様子ではありましたが、「いやぁ、元気になったよ!最後こぶしを握って
ロッキーを応援した!」と言って下さって
あらためて 「Rocky」というコンテンツが持つ 「人を元気にさせる力」に
感銘を受けました。
by AWAchampion | 2013-04-07 11:24 | 私について | Trackback | Comments(1)

歌舞伎座開場SPについて

フジテレビ「歌舞伎座開場SP」いかがだったでしょうか?
私はなんだか「スタジオ演出」なんて偉そうな肩書でクレジットが出てましたが
基本的にはスタジオでニコニコしていただけで、殆ど何もしてません。

たまたまこの番組の中核メンバーである 総合演出の松木さん
プロデューサーの近藤さん 構成作家の武田さんが
セサミストリート立ち上げメンバーという事もあり
ちょっとしたセンチメンタルジャーニーとして、「ちょっとお手伝い」させていただきました。

この番組は9年間にわたって総合演出を務められている共同テレビの松木創さん
構成作家の武田浩さん、撮影監督の白石さん、プロデューサーの近藤孝子さん
立ち上げ時のディレクターで、現在のプロデューサー後藤さんといった方々が
中村屋の皆さんと築き上げてきた信頼の賜物です。

そして花枝D幸田D京田Dといった取材Dのみなさんの長年にわたる根気強く
繊細な取材の積み重ねなのです。

考えてみてください。4月2日に歌舞伎座が開場・妻好江さんは4月3日にインタビューで
4月5日に午後7時に番組が放送されるというのは
いかに彼ら、取材チームががんばって、不眠不休のお仕事をしたか?ということですよ。
だって、好江さんインタビューにボイスフォローテロップ入ってたでしょ?
これって大変な事ですよ。

私はスタッフの一員ではありましたが、少し引いた立場で関わらさせていただいて
改めて、かれら勘三郎取材チームが、中村屋にかける思いの熱さに感銘を受けました。

こういう番組の裏に働く人々の、地道な努力にも是非拍手をお願いいたします。
by AWAchampion | 2013-04-05 21:15 | テレビ | Trackback | Comments(0)

2013年のお仕事について

私 岡田倫太郎の
2013年4月初旬までに放送などされたお仕事について まとめました。
是非プロデューサーの皆様 ご覧いただいて
「お?」と思われましたら
お声掛けください

テレビ

BSフジ「鉄道伝説」 30分番組
#5「小田急SE車」
#7「東海道新幹線」
#9「783系ハイパーサルーン」
#12「近鉄ビスタカー」

フジテレビ 「歌舞伎座会場スペシャル」
スタジオ部分演出担当
(案内役 松本潤さん)

CS囲碁将棋チャンネル
囲碁スペシャル「ジャステック杯 国際新鋭囲碁対抗戦」

旅チャンネル
「てくてく湯るり」 富士河口湖温泉

イベント

読売日本交響楽団コンサート
「Rocky シネマ・ミーツ・シンフォニー」 映像演出

コンサートとトークの夕べ
「アジアンパッション」 馬頭琴奏者 セーンジャーさんの回 演出
by AWAchampion | 2013-04-05 19:34 | 私について | Trackback | Comments(1)

告知ふたつあります

【告知2つ】
1)4月5日放送のフジテレビ「歌舞伎座会場SP」という番組があります。

これは過去9年間にわたって中村勘三郎家を追い続けてきた 
総合演出松木創さん 構成武田浩さんをはじめとするチームが制作していて
ギャラクシー賞など数々の賞に輝いている番組です。

私自身はドキュメンタリストではないので、
今までその番組にはタッチしてきませんでしたが、
実は彼らは「セサミストリート日本版」立ち上げメンバーでもあるのです。

そこで今回スタジオ部分の演出と いう形でお手伝いさせてもらいました。
スタジオ部分の出演は松本潤さん。素晴らしい好青年でした。

勘三郎取材チームの皆さんの丹念な取材は今回も素晴らしい
VTRを作り上げています。是非ご覧ください。

2)4月6日 読売新聞が主催する 「シネマ・ミーツ・シンフォニー」という
 公演が渋谷 オーチャードホールであります

これは読売日本交響楽団が映画音楽を奏でる素敵なイベントです
今回「Rocky」シリーズなのですが、私が映像演出を担当しています。

指揮は円光寺雅彦さん。
ゲストはスタローンの吹き替え 羽佐間道夫さん他です

http://info.yomiuri.co.jp/event/2012/12/post-294.php

是非お誘いあわせの上お越しください
by AWAchampion | 2013-04-03 08:21 | 告知 | Trackback | Comments(0)