「風立ちぬ」を見ました

さて、現在大変話題になっている スタジオジブリ最新作
『風立ちぬ』を見に行きました。
まだ公開4日目ですから、ネタバレを含むこのコラム
どうぞご覧になってから覗いてください。











ということで、ご覧になった方だけ残りましたか?
では・・・。
ストーリーは 第二次世界大戦中 世界一の戦闘機と言われた
三菱ゼロ式艦上戦闘機  いわゆる ゼロ戦を設計した 三菱飛行機の
実在の技師 堀越二郎さんの半生をモデルに、
そこに「風立ちぬ」などを書いた堀辰雄の「菜津子へ」などのラブストーリーを
織り交ぜて描いた作品です。

物語は二郎の心の中で ジャンニ・カプローニというイタリアの飛行機黎明期の
名設計技師との対話を縦軸に 進行していきます。

パンフレットを見ると 演じた野村萬斎さんは「メフィストフェレスだ」と宮崎さん
から言われたそうですが確かに良いことばかり言うわけではない 
案内人という事で言うと そういう感じでしたね。

見た率直な感想ですが
この映画は見る人を相当選ぶと思います。というのは最近の映画では
かなり丁寧に語られる 時間・場所の移動 などが 結構
「当然会話でわかるもの」として バッサリ飛ばされるからです。

つまり例えば 本郷という地名が出れば この人は東大出身
上野広小路と本郷はそれほど 離れていないから歩いて行ける
東京と名古屋は戦前 特急つばめで大体 5時間ぐらいかかる
などなど 知ってると知らないじゃ大違いなのです。

ただ、まあもともと日本映画ってそんなものでした。
特に小津さんとか成瀬巳喜男さんとかの映画って 極自然な形で
そういう事を会話に入れることで 処理していましたよね?
省略の技法がきわめて 古典的で上品な日本映画らしい作品でした。

ラブストーリーが始まり、やがて九式単座戦闘機を設計していく
後半30分は本当に胸躍りました。かなりいい映画だったと
思います。
あのモネっぽい「パラソルをさした女」こと 菜穂子さんは
良いキャラクターですね。彼女が出てきてから 二郎に人間味が
ぱっと広がるところは 抑揚が効いている分 非常に感情移入できて
そこから二郎がいとおしく思えました。
庵野監督を起用して 押えすぎる演出をしたのがそこで生きていたのは
さすがです・・・。

また、大正末期 震災の復興から第二次大戦突入直前の
大日本帝国のもっともよかった時代の東京をジブリが描き出して
くれたのはとても良かったです。

あの姿がどこまでちゃんと時代考証が入っているのか?は
分かりませんが、見る限り 昭和初期の帝都東京は 確実に昭和30年代の
東京より進んでましたね。

ただ、ジブリで育った 20代とかの人がどこまでわかるか?は
相当疑問です。

そもそもゼロ戦がどの程度革命的だったのか?とか
そういうのは もうわかってる物だと思って話が進行しますからね。

まあゼロ戦じたい ほとんど語られず、堀越二郎さんご自身が好きだった
九式単座戦闘機の事ばかり語られますけどね・・・。

要するに当時のプロペラ戦闘機で、非力な三菱エンジンでありながら
とんでもない俊敏な動きをした戦闘機だったわけです。
ただその代償として ほとんど防弾を考えなかった という飛行機だったのです。

それを知っていると、なぜそういう飛行機を作ったのか?が
分かってくるのです。
確かにちゃんと あのすばらしい レクリエーションのシーンで
二郎自身が語ってはいますが、(ゼロ戦ではないですけど)
その辺の知識が全くないと そもそもよくわからないんじゃ
無いでしょうか?

堀越さんが映画の中で寝ずにつくるのが
「ゼロ戦ではない」というところも セリフでもまるで語られず
後になって エンディングで「ああ、あれのあとゼロ戦作ったのね」と
分かるという かなり思い切った省略技法を使っています。

まあ飛行機の形自体が全然違うんですけど、知らない人は知らないですよねぇ。

ジブリのアニメーションは本当によく出来ています。
出来ているんだけど、実写作品と比べて 一枚の絵のなかにある情報量を
監督が絶対的にコントロールできる分、夢とのカットバックで
質感というか 夢と現実があまり変わらないように見えて 色々
混乱しがちでは?と思いました。
アニメーションはもう少し丁寧に説明すべきメディアなんじゃないかな?と
思います。

賛否両論あるエヴァンゲリオン 庵野監督の主人公起用ですが
周りをうまい人で固めたうえで 一人朴訥とした人を入れるというのは
小津さんにおける笠智衆さんという事なんでしょう。
その狙いは 割とあたっていたと思います。後半ラブストーリーのところでは
ちゃんと 庵野さんも芝居してましたしね。

ただ、ラストがねぇ・・・。
要するに黄泉の国で
メフィストフェレスが「どうだった?」と聞くと
二郎は、「自分が良かれと思って2万機も作った 世界最高の飛行機
ゼロ戦は 結局生きて1機も日本に残らなかった 多くの若者にとって
棺桶になってしまった」と嘆くわけです。

そこで死んだ妻 菜穂子を見て
「死んだ若者は それぞれその瞬間 自分を生きたわけだから
設計者のお前がすべてをしょい込むことはない」
「生きよう」

というメッセージが込められて終わるっていう事なんですけど

一回フワッと見ただけじゃよくわかりません。

これには理由があります
九式単座戦闘機の飛行実験のシーンで
その直前に菜穂子が別れを告げていくシーンが入っていて
しかもそれを気が付いていることを暗示させる 二郎の憂い顔が
入っているので、ラストが落ちていないのです。

あそこは満面の笑みで空への喜びを表現して良かったんじゃないかなぁ?
と思いました。

結構ジブリの作品って ラスト「考えオチ」というか 落ち切らない作品が
多く、あの「カリオストロの城」の超名エンディングを考えた
人と同じとは思えないところがありますが、
今回もきわめてフワッと終わります。
その内容について 色々言いたい人もいるようですが 
私は内容については別にどうとも思いません。ただ
エンディングの強度はもう少し強くてもよかったんじゃないか?と
思いました。

それは実は アニメーションとしての宿命もあります
もっと最後の黄泉の国を地獄っぽく描くべきなんです。
だって戦争の地獄なんですから。
火が燃えても なんか美しく見えちゃいけないと
思います。多くの飛行機の残骸を歩いて行きますけど あそこももっと
別の質感で生々しくないと辛いんじゃないかな?と思いました。
でもジブリアニメーションにしちゃうと 美しくなっちゃう・・・。
そこはつらいところですね。

ユーミンのデビュー作「ひこうき雲」は、これ以上ないベストマッチです。
あれも含めて映画だという事であれば、素晴らしいエンディングなのですが、
今をさかのぼる事40年前に作られたJ-POPの古典があれほどエンディングに強く
響くってことは 要するに映画のオチが決まっていないから そこに
全て流れ込んじゃうってことなんじゃないかな?と思いました。
by AWAchampion | 2013-07-24 09:42 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

はい、最近の私 岡田倫太郎のお仕事をまとめて告知します。

テレビ放送

その1 『宮崎美子のすずらん本屋堂』
7月19日 22時~ BS11

話題作の著者をスタジオにお招きして、芸能界一の読書家 宮崎美子さんが
いろんなお話を聞く、書籍出版トークバラエティ 
今回のゲストは 純文学のトップランナー 阿部和重さんです

『シンセミア』『ピストルズ』など悪徳と暴力を描いてきた
阿部さんの最新作「□」は、イタリアンモダンホラーの色合いの強い
異色作。

宮崎さんとのトークも一見合わなさそうですが、実は素敵な化学変化が
生まれます。どうぞお楽しみに!

その2 『神武以来の天才 加藤一二三』
8月3日 10時~ CS囲碁将棋チャンネル

将棋と囲碁を取り扱う囲碁将棋チャンネル 8月の特別番組は
最近フジテレビ『アウトデラックス』などでおなじみ
加藤一二三九段の真実を
専門チャンネルならではのマニアックさで語りつくそうという1時間半!

とにかくどこを切っても ひふみんの魅力がいっぱい!

お楽しみに!


ブルーレイ発売

7月20日 発売
『鉄道伝説 vol2』

BSフジで今年1月から3月まで放送されて人気を博した『鉄道伝説』が
ブルーレイになりました。
今回はその第2弾です。

私は 鉄道界のスター 『東海道新幹線』の回を担当しました。

ぜひ一家に一つ!お買い求めください。
by AWAchampion | 2013-07-19 15:50 | 告知 | Trackback | Comments(0)

ここの所数回レギュラーで担当しております
BS11 『宮崎美子のすずらん本屋堂』ですが
私 岡田倫太郎の担当回は、今週7月19日金曜日 午後10時から
放送となります。

今回は 純文学のトップランナー 阿部和重さん。

「シンセミア」「ピストルズ」などが最近文庫新装刊となり、
海外でも人気が出てきた作家さんです。

写真やアーチストイメージから、ちょっととっつきにくい人を
ご想像かと思いますが、実は宮崎さんとの出会いは
素敵な化学変化を起こしましたよ。

純文学好きの方も、そうでない方も
是非ご覧ください。
by AWAchampion | 2013-07-15 15:33 | 告知 | Trackback | Comments(0)

父 岡田敬二が久々にメディアに出演しました
TBSラジオの 『爆笑問題の日曜サンデー』という番組の中で
宝塚歌劇団特集がやっており、その中でコメントを残しました。

大体 以下のような事を話しておりました。

「宝塚のレビューの レビューとは アメリカやフランスで
『振り返る』と言う意味。もともとは一年の最後に時事ネタを歌と踊りで
表現する大道芸のようなものだったらしい」

「宝塚には 昭和4年の『モン・パリ』(白井鐡造演出)で導入され
以来定着した」

「宝塚は、過激な暴力とかセックス&ドラッグみたいな表現は無い。
もしかしたらそれが甘いと言われることもあるかもしれないけど
3歳から90歳の 5世代にわたって女性が楽しく見られる。
お子様の目を隠さなくてはいけないような表現をしないことが誇り」

「もともと 日劇や松竹などの歌劇のライバルがいたけれど
小林一三翁の『清く正しく美しく』のモットーのおかげで長続きしている」

「これはディズニーランドと同じじゃないか?
夢を見させるファンタジーの王国である続けるのが宝塚の良さだ」


という感じでした。

聞いてくださった皆様 ありがとうございました。
by AWAchampion | 2013-07-14 14:40 | Diary | Trackback | Comments(0)

父 岡田敬二の告知です

私の父親は 宝塚歌劇団の演出家 岡田敬二ですが
なにやら 今日(7月14日)の13時から TBSラジオの
『爆笑問題の日曜サンデー』の中で ちょこっとコメントが
流れるそうです。

今回その番組全体が「宝塚音楽学校 開校100周年」について・・
らしく、そういう関係のコメントをしています。

もしよろしければぜひお聞きください。
by AWAchampion | 2013-07-14 06:48 | 告知 | Trackback | Comments(0)

キス我慢選手権 the Movie

いやぁ、見ましたよ 『キス我慢選手権 the Movie』
素晴らしい。
同業者として、最大限の賛辞を送りたいと思います。

全然ご存じない方のために、『キス我慢選手権』について
簡単におさらいしましょう

発端は2005年 まだ30歳になったばかりの テレビ東京のプロデューサーだった
佐久間宣行さんが立ち上げた、深夜の実験的バラエティ『ゴッドタン』の中で
芸人がセクシー女優からのお色気攻撃に、1時間耐えられるのだろうか?
という、きわめてゲスい企画から始まりました。

その企画は、普通に深夜のヤケクソバラエティっぽく進行していったのですが
劇団ひとりの番が来た時に小さな奇跡が起きました。
そこに現れた 当時ロリ系AV女優として人気がある・・・ということでキャスティング
されたにすぎなかった一人の女優との出会いが、劇団ひとりの
アドリブ芝居の才能を開花させたのです。
その女優の名はみひろと言いました。

二人は単にキスをするしない・・・というやりとりを発展させて恋人たちの
切なくも悲しいラブストーリーを即興で作り上げて見せました。

ここまでは、まあ『キャラ合戦』みたいな所もありました
ところが、1年後
レギュラー番組となったゴッドタンが満を持して2回目の『キス我慢』を
行います。
前回同様何も知らされていなかった 劇団ひとりの前に
現れたのは、高校生姿のみひろ。

そこで 本当の奇跡が訪れます。
みひろは劇団ひとりにも制服を着せて、二人は即興で学園ドラマを演じて見せます。
攻めるみひろ・答える省吾。
さらに、それをドラマっぽく撮りだす技術陣。
文字通り筋書きのない即興ドラマは、
誰も分からない結末へと突っ走ったのです。

これこそが、テレビ界でも珍しい、即興芝居バラエティが誕生した瞬間でした。
この第2回『キス我慢選手権』をきっかけに
劇団ひとりとみひろは、数々の名作エチュードを完成させます。

このフォーマットの秀逸な所は
かのヒッチコックが『ロープ』で試した、オンタイム・シームレス映像劇を
本当にオンタイム&アドリブで実現してしまったという所にあります。

つまり、ヒッチコックは舞台劇の中継であるかのように
実験をした映画を撮ったのですが、それをテレビマンたちが真顔で
やってみちゃったわけです。

しかもその『やってみちゃった』きっかけさえも
みひろとひとりの、奇跡の出会いに引きずられて決まっちゃったという
全てがまさに偶然の産物なわけだったのです。

その『奇跡の偶然』はついに、テレビ東京の深夜バラエティをスクリーンにのせてしまいました。

この『キス我慢選手権』は
主演男優は何も知らないまま、アドリブで動くという事のほかに
それを 同時におぎやはぎやバナナマンが、見てコメントをしているという
通常の映画の何倍も大変な企画です。

つまり どう動くか分からない主演男優をとらえるべく
20台近いカメラが構えていて、
それが相互に映らないようにしつつ、当然音声マイクや照明も
映らないようにして、
それでいて、その映像を同時にモニタールームに送らなくてはいけないのです。

映像を同時に中継車に送るためには
映画のフィルムカメラと違って、テレビカメラは中継車とケーブルで
物理的に繋がっています。

つまりカメラマンはケーブルを引っ張った状態で
四方八方にいる自分の同僚のカメラを映しこむことなく
どう動くか分からない劇団ひとりを映していたわけです

さらに、当然カメラマンが動けば足音がします。
ケーブルが地面につけば、引きずった音がします。
そんな雑音をカットしつつ、音声をクリアーに録音した
音声マンは、今回奇跡的な仕事をしたと思います。

普通の映画は一カットずつ撮って編集すればいいわけで
カメラはいくらでも逃げられます。
でも、この映画はそうは行かないのです。

それをオールロケで、ほんとに24時間でやりきった
制作・技術スタッフの苦労話は、パンフレットに載っていますが、
正直言って、それも爆発的に面白いです。

この映画は、だれも分からない結末に向かって
運命だけが引っ張っていくという意味で
まさに『お笑い地獄の黙示録』です。

そして『地獄の黙示録』のメイキング『ハートオブダークネス』が
現場の混沌と狂気を描き出しているのと同様、
現場スタッフのコメントからも、同じような 濃厚な狂気があふれ出ていました。

是非DVDにはメイキングをつけて欲しいです。

映画自体のクオリティ云々については、
この作品が 撮影形式における革命性 を持っているという
その一言に尽きます。

なにしろ 映画120年の歴史の中で
『主演男優が何も知らない』
『オーディオコメンタリーを同時に撮影する』
こと自体が無かったことなのですから。

実は手の込んだテレビバラエティをちゃんと作りこむことは
映画を撮るより難しいわけで、
今回 ゴッドタンのすべてのスタッフは、その難題をクリアーして見せました。
その情熱が全てだと思います。

私は同じテレビマンとして、彼らに最大限の賛辞を送りたいと思います。
by AWAchampion | 2013-07-06 21:48 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(1)

以前このコラムでスカイマークエアラインの
サービスコンセプトについて書きましたが、また何かひと悶着あったようです。

J-castの記事ですが
http://www.j-cast.com/2013/07/03178664.html

タレントの伊集院光さんが、スカイマークを利用した時の事。
チェックイン時に『一番前の席は下に物が置けないので
上の棚を利用してください』という事を言われ、
一番前の席に座ったそうです。

その際空港で保冷剤付きの2個入りプリンを買ったそうで
頭上の棚に置こうとしたところ
CAさんに『頭上の棚に保冷剤をおくと、水滴が垂れるからダメ』
と言われ、
『手で持って、膝の上に置いてください』と言われたそうです。

ただ、フライト時間は1時間40分。保冷剤を持っているのは大変です。
隣の席に置くのはNGと言われ、
結局ホントに持っていたそうです。


スカイマークはそういう事が多いですね。
これはどうやら状況的に隣の席が空いていたようですから
隣の席の下に置いてくださいというのが正解じゃないでしょうか?

もしくは預かってあげれば良いじゃないですか?
規則は規則でしょうけど、乗ってしまえばそこから先は
チーフCAさんの裁量ってもので何とでもなると思うのです。

スカイマークさんは「うちはLCCだから、サービスではなく保安要員」という
言い方をしてますが、ジェットスターも、エアアジアもCAさんはちゃんとしてます。

これは単純に企業風土の問題だと思いますねぇ。
by AWAchampion | 2013-07-03 23:15 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

囲碁界からまた大ニュースが飛び込んできました!

日本の囲碁界が誇る若き天才、井山裕太五冠(棋聖・本因坊・天元・王座・碁聖)が
国際棋戦のメジャータイトルの一つ テレビアジア選手権で優勝しました!

囲碁というゲームはチェスなどと同じく世界的なマインドゲームで
国際大会=国際棋戦がたくさんあります。

今回のテレビアジア選手権は25年を数える、現存する大会では最も古いもので
中国・韓国・日本のテレビ棋戦 (持ち時間なし 一手30秒の早碁)の
優勝者・準優勝者などで争われる大会で、
いわば早碁世界一決定戦と言えるべき戦いです。

第一回優勝者は“宇宙流”武宮正樹九段、その後第6回までは
日本の棋士が制していたのですが、その後はなかなか勝てず
8年前に張栩九段が勝って以来 勝てていなかったのです。

囲碁はもともとメソポタミア由来の古いゲームで
中国でも韓国でも古くからありましたが、織田信長や徳川家康の庇護のものに
プロ制度が確立した日本がずっと世界をリードしていました。

日本では昭和の初めに 木谷實と、上海生まれの天才棋士呉清源が
革新運動を起こし、さらに進化
40年ほど前の周恩来首相の頃、国策で中国が囲碁の発展に力を入れたころから
呉清源九段や、藤沢秀行名誉棋聖の尽力で国際化が進みました。

そして今、日本の棋士は国際棋戦で全く勝てなくなり
世界的には中国と韓国が二強
ずいぶん離れて3位 日本 4位 台湾というのが
固定してきました。

囲碁の世界には世界ランクも発表されています
これは韓国棋院が発表しているもので
中国棋院 日本棋院 関西棋院 台湾棋院 海峰棋院などは
未公認ではありますが、ある程度の基準として使われます

1位は韓国の英雄 イ・セドル九段
2位は中国のスター 古力九段 (私はインタビューしたことがあります)
日本からは井山裕太五冠が 38位ということからも
日本の地位が分かっていただけると思います

そんな中での今回の優勝です!

本当に素晴らしい事だと思います。
日本の囲碁が世界に通用するという事を見せつける
出来事ですね!
by AWAchampion | 2013-07-01 22:53 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)