なんと、あの80年代に咲いた徒花・・・セイントフォーが
再結成するそうです!

セイントフォーとは、佐川急便が設立して橋幸夫が副社長を務めた
リバスター音産から1984年にデビューした4人組のアイドルで、
当時は『プロモーションに40億円をかけたアイドル』として
有名でした。

これは半年ほど先行してデビューした、ボンドの新人
『少女隊』が30億円のプロモーションと話題になった事から
対抗して10億円増やしたという それはそれはバブルなグループでした。

このアイドルグループの特色は、とにかく踊りがキレキレで
激しく、さらにアクロバットをしながら歌うという事です。
『太陽を抱きしめて』のイントロで、リーダーの浜田範子がバック宙するのは
とても話題になりました。

そしてこのグループは色分けされたボディースーツを着用していて
ちょっとした戦隊ものみたいな衣装を着ていました。

あれ?

あれれれれ?

何かと似てませんか?

そうです!

そうなんです!

セイントフォーこそ、ももいろクローバーZの源流なんです。

浜田範子のバック宙は、それから25年後に百田夏菜子のえびぞりジャンプに
なったのです!

今、動画サイトで『太陽を抱きしめて』を見ると
ビックリするほどコンセプトが ももくろちゃんに似てます。

しかも佐川急便って、当時新日本プロレスの筆頭株主で
プロレスとの親和性もバッチリ!

いやぁ・・・。早すぎたんですねぇ。

ちなみにメガネをかけていて、当時は全然グッとこなかった
板谷祐三子は、20歳を超えてからめちゃめちゃ色っぽくなり
グラビア界の頂点にその後 君臨することとなります。
その板谷祐三子は 今回の復活には参加しないとのこと・・・。
また人気声優 岩男潤子も参加しないとのこと・・・。残念。
by AWAchampion | 2013-10-29 23:04 | 歌謡曲考察 | Trackback | Comments(0)

越路吹雪のマネージャーとして知られ
「愛の讃歌」「サン・トワ・マミー」などの作詞や
多くの東宝ミュージカルの作詞家として知られた
岩谷時子さんが昨晩亡くなられたそうです。
97歳の大往生でした。

岩谷先生はそれこそ 日本の輸入ミュージカル 第一号
江利チエミ版「マイ・フェア・レディ」から訳詞を手がけ
今帝劇でやっている「レ・ミゼラブル」歌詞も手がけるなど
本当に日本のミュージカルの向上に尽力した第一人者として知られます

何しろ『マイフェアレディ』の『踊り明かそう』
 ♪ 夜明けまでも 踊りたいの 夢をのせて
『屋根の上のバイオリン弾き』の『サンライズ・サンセット』
 ♪ 日は上り 日は沈み 時は行く
『レ・ミゼラブル』の『夢やぶれて』 
♪ 夢を見ていたわ のぞみ高く 生きて
などが同じ人の筆で書かれているって凄いことです。

私の父 岡田敬二も何度かお仕事をさせていただいたようで
彼女との打ち合わせには非常に緊張して家を出ていった様子が
今でも思い返さえれます。
特に宝塚で父が演出した ナツメさんの『キス・ミー・ケイト』
カナメさんの『グランドホテル』などでは、ガッツリお仕事をさせていただいていたようで
25年前 すでに70歳だった岩谷先生と、40代後半だった父の
仕事ぶりを想像すると、今や同業者となった私もなんだか緊張してきます。

本当に日本のミュージカル界の至宝でした

ご冥福をお祈りいたします


偶然ですが
昨日行われた『十八世中村勘三郎 一周忌メモリアルイベント』内で
大竹しのぶさんが 昭和五十二年に勘三郎さんと共演した
『若きハイデルベルヒ』の曲を二曲歌いましたが
その作詞は やはり 岩谷時子さんでした。

寂しがり屋の勘三郎さんが岩谷先生を呼んだのかもしれませんね。
by AWAchampion | 2013-10-28 13:39 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

10月27日に築地本願寺で行われた
『中村勘三郎 一周忌メモリアルイベント』というイベントがありました。
私は、ひょんな事からそのイベントの演出を仰せつかり、
色々ありましたが、なんとか無事終了することができました。

http://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2030156.html

これもひとえにスタッフの方々や、ご出演いただいた皆様
それに屋外で少し寒い状況にもかかわらずニコニコ見てくださった
お客様のおかげです。
ありがとうございました。

もともと特に私自身は亡き勘三郎さんとはご縁があった
わけではありませんが、勘三郎さんを10年近く追っている
共同テレビの松木創監督と、セサミストリート時代に親しく仕事を
させていただいた関係で、今回、その松木監督のドキュメンタリー映画
完成お披露目のイベントの、イベント演出を仰せつかったという経緯なのです。

来ていただいた方はお分かりになると思いますが
そこでトークショーがありました。
故人を明るく偲ぼうということで 鶴瓶師匠・大竹しのぶさん・伊藤英明さん
柄本明さん・笹野高史さん・渡辺えりさん・野田秀樹さん・江川卓さん
青木功さん・永島敏行さんにご出演いただいたのですが
イベントの直前 その皆様に対して私が「こういう趣旨でトークをしていただきたい。
お時間は○○分で・・・段取りは・・」みたいなことを当然ご説明したわけです。
時間がなかったもので一気に、会議室で私と皆様・・・という感じで
打ち合わせをすることになりました。

もちろん私も今まで何百人の方々と打ち合わせをさせていただいて来たのですが
何しろメンバーが豪華すぎて、我に返るとびっくりして気を失いそうになるような状況なので
我に返らないように?打ち合わせをしていました・・・・・。

今回の主役 勘九郎さん七之助さんと、勘九郎さんのお子さん 七緒八さんは
非常に素敵な踊りをご披露されました。
2時間のイベントに トーク有り歌有り、映画有り告知アリで盛りだくさんでしたが
やはり新しい親子の舞が、一番皆様の心に届いたのではないでしょうか?

皆様 本当にありがとうございました。
いいご供養になったと思います。
by AWAchampion | 2013-10-28 02:45 | Diary | Trackback | Comments(0)

囲碁の世界は昔から、優秀な指導者がいる東京が強く
関西は苦汁を舐めてきました。

とくに木谷實門下の大竹・加藤・武宮・趙治勲・小林光一などが
いた昭和の時代、関西はまさに沈黙していました

ところが大阪府東大阪市出身の天才 井山裕太が6冠を達成
棋聖・名人・本因坊を独占してしまいました
彼は日本棋院 関西総本部所属です

さらに残る一冠の十段位を持っているのが 関西棋院の雄
結城聡です

つまり現在有史以来初めて、囲碁7冠が全て
箱根の関を超え、関西に集中しているのです。

その昔 関西棋院を作った ゛火の玉”橋本宇太郎九段は
この日を夢見ながら 本因坊戦を戦い抜きました

それを思うと 隔世の感がありますね。
by AWAchampion | 2013-10-23 22:40 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)

今週から来週にかけて
色々告知すべきものがあります
皆様よろしくお願いします

10月20日 日曜日 
午後4時~5時
BSフジ
「ジャパコンTV presents 目指せ観光立国!旅博2013」
演出をしました

10月25日 金曜日
午後10時~11時
BS11
「宮崎美子のすずらん本屋堂」
ゲスト ミステリー作家の貫井徳郎さん の回の演出をしました

10月27日 日曜日
午後6時~8時
築地本願寺
「十八世 中村勘三郎 一周忌メモリアルイベント」
構成をしております

ではよろしくお願いいたします
by AWAchampion | 2013-10-19 14:27 | 告知 | Trackback | Comments(0)

わたくし、今週一週間 とある制作会社に拉致→幽閉されておりました。
そのあいだに
アンパンマンで有名なやなせたかし先生が13日に亡くなられたそうです。

子供番組を得意とするディレクターという立場ではなく
ちょっと私的な理由で、色々考える事がありました。

私、今も未婚の独身なのですが
その昔、やなせプロの関係者のお嬢さんと、婚約していた時期がありました。
まあそういうお立場の方ですから、我々の結婚にはやなせ先生に
仲人になっていただけると、いいだろうな・・・とか夢想していた事も
あっただけに、お会いしたことはありませんでしたが、近しい気分を
一方的に持っていただけに、すごく残念です。

本当にジャムおじさんのような方だったそうです。
巨匠のご冥福をお祈りいたします
by AWAchampion | 2013-10-19 09:16 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

いやぁ、ついにこの日が来てしまいましたね
囲碁界は今年 井山裕太元年とも言うべき
出来事が続いています

あの二十五世本因坊趙治勲 しか成し得なかった
囲碁界のメジャータイトル 棋聖・名人・本因坊の三大タイトルを
一度に手中に収める 三冠王を『大三冠』というのですが
若干24歳 井山裕太が実現してしまいました。

しかも相手は平成四天王の山下敬吾

棋聖→張栩
名人→山下
本因坊→山下

を破って奪っていますし
ほかの四天王の二人
高尾さんには、もともとものすごく勝ち越していて
羽根さんとは五分ですが、最近は勝ちが先行していることを
考えると、まさに井山裕太一強時代の到来といってもいいでしょう。

今回は第三戦で 山下九段のチョンボがあったみたいで
はじめから 井山さんに風が吹いていましたね。

それにしても七番勝負を、あの山下敬吾相手に
4勝1敗とは恐れ入りました・・・。
by AWAchampion | 2013-10-19 09:08 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)

ちょ、前園さん!

なにやらyahooニュースを見てたら
前園真聖さんが酔っ払ってタクシー運転手を殴って
逮捕されたそうですね。

な・・・。なにやってんすか!

私昨年8月にNHK-BS1の【ほっと@アジア】という番組で
ゲストに出ていただいて
私の生放送初演出のお相手をしてくださったんです。

で、前園さんは紳士ですが
非常に頭の切れる方で、テレビマンとしてとても
仕事がしやすかったのを覚えています

それだけに、ビックリしました!
by AWAchampion | 2013-10-14 08:51 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

腰痛なう

自宅で編集してHDDを数個持ち歩いて台場でプレビューをしていたら
腰痛になりました・・・。とほほほ・・・。
by AWAchampion | 2013-10-12 07:23 | Diary | Trackback | Comments(0)

アイドリング!!!神回

私が何度もこのブログで書いている
多分今のテレビ界で1~2を争うアホ番組(いい意味で)
『アイドリング!!!』で非常に典型的な回が10月17日まで
無料で見られるようです。

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/variety/ser2101/2101120760/

これは東京オリンピック招致決定を祝して アイドリングメンバーとバカリズム升野氏が
一緒に歌おう!と、
昔のNHKの『ヤング101』みたいなノリで歌いだすんですけど、そのうち大暴れになるという回で
神回の名で知られているようです。

これを見ていると、なんだかその昔『夕焼けニャンニャン』で、とんねるずと素人高校生が
とんねるずのマネージャーボブ氏の腕相撲コーナーで大暴れしていたような、
もしくは『俺たちひょうきん族』で、西川のりおにセクハラをうけまくる寺田アナのような
ものすごく懐かしい、良い時代のフジテレビのにおいがします。

ただ暴れているのが、一応アイドルグループの子たちというのが
今風ではありますが・・・。

とはいえ アイドリング!!!さんは、稼ぎ頭の菊地亜美ちゃんをはじめとして
どう見ても、いい意味で「可愛いダチョウ倶楽部」にしか見えませんが・・・。

とにかく 目立たないところでひっそりと
メチャクチャしてる番組で、どうしても定点観測したくなる番組です。

ちなみにこの回、本当は一曲終わるたびに
IOCロゲ会長が 「TOKYO」と言う映像を何度も挟み込んでオチにするという
「五輪憲章もクソもあるかい!」というとんがった編集でした。
私がテレビで見た回はそうなって
ましたが、どうやら各所から怒られたようですね。
いや、でもこの番組を見る限り、フジテレビはまだまだ面白いと思うんですが。
by AWAchampion | 2013-10-07 01:14 | テレビ | Trackback | Comments(0)