とびっきりの悪夢

いやぁ・・・今 編集やら台本書きが溜まっているのですが
さきほど うたた寝していたら
トビっきりの悪夢を見ました・・・。

身体中の毛穴から虫がわいて、それがバンバンごきぶりに
変化して部屋中を飛び回るという パニック映画もかくや?という
壮絶な夢です。

飛び起きて調べたら
・身体の不調
・何かトラブルを抱えている前兆

など 当然良くない夢ではあるのですが 一つだけ

・予期せぬお金が入る

というのもありました。

おおお?今日たまたまネットでTOTO BIG買ってますよ?

でも白い竜の背中に乗って東京中を飛び回る夢を見ても
金運に何の変化も無かった私ですから
どうなんでしょう?
by AWAchampion | 2013-12-29 02:02 | Diary | Trackback | Comments(0)

「競馬予想TV」の混沌

CSジャンキーでお馴染み、わたくし岡田倫太郎が
今回取り上げるのは、またもフジテレビoneの看板番組の一つ
「競馬予想TV」です。
これは、G1の大きなレースの前日に、MC見栄晴をはじめ
7人の予想家たちが、自分のデーターを頼りに徹底予想するという
2時間超の番組です。

私は、父親が強烈な競馬狂である関係で、それこそ1977年の有馬記念
テンポイントとトウショウボーイの世紀の一騎打ちぐらいから
G1の結果ぐらいは追っていますが、自分では賭けることがない、とてもライトな
競馬ウォッチャーです。

でもそんな私でも、なんとなく見ちゃうのが、この「競馬予想TV」なのです。

この番組がほかの予想番組と大きく違うのは、7人の予想屋が
それぞれ、相当大きなキャラ付けをされているということです。
もちろんほかの競馬予想番組でも井崎さんみたいなキャラの立つ人は
たくさんいます。
しかしそういうんじゃないんです。

とにかく「血統」「調教」「展開」「指数」「過去のデーター」という感じで
一人一人が競馬を予想するデーターというものが固定されていて
そこからのみ予想をはじき出すというところに、この番組の
面白さがあります。

よくわかりませんか?
競馬は「前走の結果」「血統」「調教の様子」「前年のデーター」など
総合的に予想するもので、普通の予想家は、みんな ジェネラリストであり
総合的に見る中で、どこを重視するか・・・?という感じなんです

でもこの番組は、例えば血統派の人なら、
「たとえ前走走ったとは言え、このクソ血統の馬が勝つわけねぇ!」
調教派なら
「良血でも、この調教を見る限り調子が悪いのは当たり前!」
みたいに、自分のデーターのみで、ほかの人の予想を罵倒しまくるのです。
これが面白い!

つまり、自分のデーターに固執して,人の予想を罵倒しまくり
大カオスに陥ってしまうのです。

CSの醍醐味は、「マニアックな知識」と「未整理だけど活発な議論」にあります
この番組はその二つを兼ね備えた
とてもいい番組だと思います。

そして、私は馬券を買わないから知らなかったんですが
この人たちの予想が、ことごとく当たらないんですってね(笑)
これも痛快じゃないですか!

スタッフを見ていたら
ディレクターさんのお一人に、IQサプリの総合演出をされていた
稲村さんがいました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
追記

今日この記事を書いたら、たまたま「有馬記念SP」をやっていました
なんと今日の6人の予想家の誰ひとり、大本命であるはずの
オルフェーブルを本命にしなかったそうです。

で、・・・・実は番組で最も勝率がいい
アシスタントのサキちゃんが、本命オルフェーブルにしていました(笑)

これは・・・多分明日はオルフェーブル 涙の引退勝利なんじゃないでしょうか?

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
さらに追記

いやぁ、結局オルフェーブルが8馬身のぶっちぎり1位ですよ。
わははははは、結局今回も大外しでしたね。

そしてサキちゃんさすが!
by AWAchampion | 2013-12-21 12:46 | テレビ | Trackback | Comments(0)

今、話題になっている映画「ゼロ・グラビティ」を見ました
ネタばれになりますから、例によってまだご覧になっていない方は
さっさと逃げてください!










いいですね?
ここから先は見た方ばかりですよね?
いやぁ・・・面白かった!
3D映画として素晴らしい出来だったと思います。

主演はサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニー
というか、基本その二人ぐらいしか出てきません。
彼らは宇宙飛行士、シャトルの船外作業でハップル望遠鏡を修理していたら
ロシアの古い人工衛星爆破の影響で、その破片が大量に襲いかかってくるという
事故に遭遇
船外作業中に宇宙空間に放り出されてしまいます。

その事故でスペースシャトルは大破
彼らの希望は近くにいるISS(国際宇宙ステーション)に辿り着き
そこにあるソユーズを使って地球へ帰還すること。
しかし彼らには僅かな酸素と、一人分の方向転換用の微弱なロケット噴射機しかない。
二人は生き延びることができるのか?

というお話です。
このお話を、監督のアルフォンソ・キュアロンは徹底的な長回しによって
あたかもカメラもふわふわと浮かんでいるかのような、
誰も見たことがない3D空間を作ってみせました。

しかし無重力状態を長回しで、しかも引きの状態からよりの状態まで
カメラもゆらゆら動きながら撮影するって、いくらCGを使うと言ったって
限度があります。
どうやら照明とカメラごとぐるぐる回して光源で上下を表現して
宇宙服へ地球の映り込みなども全て後にCGでかいたらしいです。
モーションコントロールカメラやら何やら色々使ったんだと
思いますが、もう映像のプロの端くれである私にも
どう撮ったのか?まるでわかりません(笑)

とにかく無重力の恐怖と宇宙飛行士の孤独を描いた
傑作だと思います。

宇宙飛行士の孤独というと
古くは「2001年宇宙の旅」 近年では「月に囚われた男」などの
名作がありますが、その系譜に並ぶ一作だと思います。

もちろん、まあ観客もバカではないですから、
実際にはちょっとうまくいきすぎてると言うのは分かっています。

そもそもはじめの段階で、シャトルが大破するほどの事故に遭遇して
宇宙空間に投げ出されて、人と人とのランデブー&ドッキングが成功する
という事が、本当はありえないんでしょう。

でもそれはそれ、映画の甘い嘘です。
素直にこの素晴らしい映像表現を楽しもうじゃないですか!
by AWAchampion | 2013-12-21 10:56 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

昨日、朝6時50分頃
『すずらん本屋堂』収録のためにBS11御茶ノ水スタジオに向かって家を出ました。
冬の朝焼けはどこまでも美しく、澄みきった青にほのかに映えるオレンジ色が
この日の撮影の成功を予感するかのようでした・・・。

朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで・・・・


の、瞬間


グキィ!


いてててて!


朝の駅前の階段で派手に左足首をひねっちゃいました


いてぇぇぇぇぇ。いてぇぇっぇよぉぉぉ


しかしスタジオにたどり着かなくては行けません

なんとか這うようにスタジオに辿り着き 
心配されながら収録を終えました

で、翌朝

たまたま私のマンションの裏手に近所でも評判の接骨医の名医がいるので
行ってみました

ジイさん先生が私の左足首を見るなり

『ああ、こことここが外れておる。 それっ!』

いきなり グイッ!

ギャァァァァァァァァァ!


42歳独身男性
オジさん久々に痛みで絶叫しました。


痛かった。

マジ痛かった。


痛くて吐きそうになりました。


いきなりはヤメて。オネガイ。
by AWAchampion | 2013-12-14 10:20 | Diary | Trackback | Comments(0)

めっちゃ映ってるやん!

先日告知しましたとおり
中村勘三郎さんの一周忌特別番組にちらっと映ってるかもしれませんと
告知しましたが、その後日談です

実はその放送のちょっと前に
番組の総合演出 松木ディレクターから直々にお電話が有り
「倫ちゃん!映ってるから!」と教えていただいたので

「ん?松木さん律儀な方だなぁ。さすが水瓶座のA型」ぐらいに思っていたのですが
当日見てみたら・・・。めっちゃ映ってました!

っていうかとてもとてもいいシーンをぶち壊すぐらい
思いっきり見切れていました。

いや、申し訳ない
ホントそりゃ電話もしますわ・・・。失礼しました(笑)

しかも松木さん他プロデューサーの皆様も気を使っていただいて
エンドクレジットに『一周忌イベントのディレクター』ということで
名前を載せていただいたので
別の制作会社に行っても大騒ぎ。
自宅からも電話がかかってくるわで、大変なお祭りでした。

いやはや、なんかすみません。

確かにあそこで取り上げられている
『十八世中村勘三郎 一周忌メモリアルイベント』については
私の仕事ですが、
正直番組には何も関わっていなくて
むしろ邪魔して見切れているだけだったのに
と思うと なんといっていいやら・・・。

でも、とてもいい記念になりました
私としてもとても大きなお仕事を頂いたわけで
その事を、松木監督や、フジテレビ西村朗プロデューサーなどに
「お疲れさま」と言っていただいたような気がします。
ありがとうございました
by AWAchampion | 2013-12-10 17:46 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

いやぁ。今日『東京スポーツ制定 2013プロレス大賞』の
結果が発表になりました。

MVP オカダ・カズチカ(新日本プロレス)

ベストバウト 中邑真輔(新日本プロレス)対飯伏幸太(DDTプロレスリング)

ベストタッグ TMGK(プロレスリング・ノア)

殊勲賞 KENTA(プロレスリング・ノア)

敢闘賞 関本大介(大日本プロレス)

技能賞 吉野正人(Dragon Gate)

新人賞 竹下幸之助(DDTプロレスリング)

女子プロレス大賞 里村芽衣子(仙台ガールズ プロレスリング)

となりました・・・。

いやぁ・・・今年のベストタッグの下馬評第一位は ヤンキー二丁拳銃こと
宮本裕向(666プロレスリング)と木高イサミ(ユニオンプロレスリング)の
インディープロレスを代表するコンビだったと思いますよ。

とにかく普通のプロレスでも、デスマッチでも素晴らしい試合を連発してきた
日本インディープロレス界の宝です。

試合を二つ見てください
まずは普通の試合 対関本大介・岡林裕二組


次にデスマッチ(血が出ます。閲覧注意)
対平成極道コンビ

ちなみに白い棒は蛍光灯です。この人たち蛍光灯で殴り合ってるんですよ!



すごくない?ねえ凄くない?
いやぁ・・・思わずタメ口になっちゃうほどの試合だと思います

今年はヤンキー二丁拳銃だったと思うなぁ・・・。
by AWAchampion | 2013-12-10 12:30 | プロレス界展望 | Trackback | Comments(0)

12月まとめて告知

さて、12月になりましたね
私の演出番組 まとめて告知します

12月6日 金曜  午後10時~11時
『宮崎美子のすずらん本屋堂』 BS11
ゲスト 赤川次郎さん
あの国民的人気作家 赤川次郎さんがついに『すずらん本屋堂』に降臨!
今まで3億冊の本を売った日本一の男はどんな生活を? お楽しみに!


12月13日 金曜 午後10時~11時
『宮崎美子のすずらん本屋堂』 BS11
ゲスト 冲方丁さん
『天地明察』で一躍その名を売った 若手のホープ 冲方さん
歴史小説を手がける傍ら 『攻殻機動隊』のシリーズ構成もつとめるなど
多方面で活躍されています!


今回は2週連続私の演出回になります
お楽しみに!


それとは別に・・・これは私の演出番組ではありませんが
12月7日土曜日の21時~23時まで フジテレビで放送される
『十八世中村勘三郎 一周忌』特番で、先日私が演出に関わった
イベントの様子も少し流れます。
その特番の総合演出の松木ディレクターから
「倫ちゃん映ってるよ」とわざわざお電話があったので
私の顔をご存知の方は、探してみてください(笑)
by AWAchampion | 2013-12-04 02:46 | 告知 | Trackback | Comments(0)