緊急告知です!
私の父 岡田敬二は競馬歴50年の 宝塚歌劇団一の競馬狂として知られていますが
遂に!ついに!
あの競馬専門チャンネル グリーンチャンネルの人気番組
『競馬場の達人』に出演しました

http://www.gch.jrao.ne.jp/program_horse_racing/racing_keibajyounotatsujin.html

岡田敬二(演出家)
今回の競馬場の達人は、日本レビュー界の第一人者岡田敬二さん。無類の競馬好きと知られる達人が、初秋の阪神競馬場で馬券勝負に挑みます。
11月30日(日) 22:00~22:30
11月30日(日) 24:30~25:00
12月1日(月) 16:30~17:00
12月1日(月) 23:30~24:00
12月5日(金) 23:00~23:30
12月6日(土) 17:30~18:00

だそうです!

さて阪神競馬場に通い詰めて50年の岡田敬二は
プラス収支で帰れるのか?
どうぞお楽しみに!

・・・・というか、これ、私に撮らせてほしかったなぁ
グリーンチャンネルさんとはお仕事した事は無かったですが
言ってくれたら、これノーギャラでやったのに(笑)
by AWAchampion | 2014-11-30 13:25 | 告知 | Trackback | Comments(0)

年末進行ぱぴぷぺぽ

ヤバいです

今日 早朝に企画書を3枚仕上げ、ある制作会社さんからOKをもらい
『これで某局のコンペを勝ち抜きましょう!』とプロデューサーさんからも言っていただき
晴れ晴れとした気分になっていました

そしたら・・・・

金曜日にVTRを提出した別の製作会社のプロデューサーさんから
致命的な大直し指令のために どうしても今日会いたいと連絡が

実は・・・

今、とある番組の年末総集編の編集中だったんです 自宅で

仕方なくいきましたよ

予想をはるかに超える大直し
っていうか 早く言ってよ的な大直し

はあ・・・・

今週木曜には またそれとは別の製作会社さんの番組の編集で朝まで編集です
その為の準備もしなくては…

と、思ったら
更にまた別の製作会社さんから どうしても今週顔合わせがしたいという連絡が!

な、なんじゃこりゃ!

まさに玉突き衝突事故なう!
ウルトラセブンに出てきたカプセル怪獣が欲しいなう!
いや、靴屋に出てくるこびとでもいいなう!
by AWAchampion | 2014-11-25 23:34 | Diary | Trackback | Comments(0)

日本のプロレスファンにとって一年に一度のお祭り
新日本プロレスの東京ドーム大会が 来年も1月4日に行われます

もう1989年から続けられていて、どんなにプロレス不況の年でも20000人は集めていて
プロレス復興が叫ばれる昨年は35000人以上の観客を集めました

そして今年、新日本プロレスの人気はますます上がり
更に2015年1月4日は日曜日という事もあり、今回は久々の40000人超えもありそうです

それにもまして楽しみなのは
今回の大会がアメリカのテレビでPPV放送される事なのです
今までは有料 U streamのネット中継が全世界的にされていたのですが
今年の9月30日でそのサービスが無くなってしまったことから 
それならテレビで…という事になりました

アメリカで放送されてる予告篇映像です


このアナウンサーに聞き覚えがある方は プロレスマニアですね?
世界最大のプロレス団体 WWEで長年メイン実況を務めて、プロレス殿堂入りも果たした
『アメリカンプロレスの声』 ジム・ロスその人なのです!
ジム・ロスは今回『NJPWの東京ドーム公演を実況出来るなら一つだけ条件がある。
俺をリングサイドに連れて行ってくれ』と言ったと伝えられるぐらい乗り気です

しかも素晴らしい事に 今回新日本プロレスは アメリカ用のゲストレスラーを極力呼ばず
メインイベント オカダカズチカ VS 棚橋弘至 (2012年 プロレス大賞 ベストバウト)
セミファイナル 中邑真輔 VS 飯伏幸太 (2013年 プロレス大賞 ベストバウト)

つまり去年と一昨年の 日本で一番良かったカードを並べて
アメリカ人にも 日本スタイルプロレスの真髄を見せようという作戦で来ました

特にセミファイナルは本当に期待できます
前回の2013年の試合は、本当に未来のプロレスと言ってもいい 素晴らしい試合でした

昔プロレスを見ていたよというご同輩の皆様!
今回はマジおススメ!だまされたと思って久しぶりにプロレスを見てみませんか?
by AWAchampion | 2014-11-24 01:16 | プロレス界展望 | Trackback | Comments(0)

11月下旬に流れる 岡田倫太郎演出作品のご案内です

11月21日 金曜日 
20時54分~21時
BS-TBS  『赤ひげのいるまち』
徳島・那賀町 鬼頭秀樹 医師 前篇

11月28日 金曜日
20時54分~21時
BS-TBS  『赤ひげのいるまち』
徳島・那賀町 鬼頭秀樹 医師 後編

22時~22時55分
BS11 『宮崎美子のすずらん本屋堂』
ゲスト 小松エメル


なんか金曜日の番組ばかりですね
よろしくお願いいたします
by AWAchampion | 2014-11-18 18:26 | 告知 | Trackback | Comments(0)

一万人のラインダンス

先日11月3日に 宝塚市制60年 宝塚歌劇団100周年 手塚治虫記念館20周年をお祝いして
宝塚市の武庫川のほとりで 10000人が参加したラインダンスが行われたそうです

で、私の父 岡田敬二が 名誉演出家ですかね?を仰せつかったようで
その様子がyou tubeにアップされておりました



はじめの方で榛名由梨さんの近くにいる帽子をかぶっているのが父 岡田敬二です
73歳 頑張って踊っております

この武庫川は私が宝塚にいた18年間とあまり変わりが無く
非常に懐かしい感じがしました

実行委員の方々 お疲れ様でした
by AWAchampion | 2014-11-16 22:03 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

シルベスター・スタローンが昔のアクション俳優をかき集めて作った
エクスペンダブルズシリーズは 今度ハリソン・フォードやメル・ギブソンを迎えた
パート3が公開されます

で、なんとなく気になって パート2の方をいろいろ調べていたら
知らなかったんですが予告編が大変オモシロかったみたいです

本当の予告編がこちら



まあこれは普通というか何となく流れが分かる奴ですが
この回に ジャン・クロード・ヴァンダムがでているので・・・・
配給元さんが『ヴァンダムと言えば テレビ東京 木曜洋画劇場でしょ!』と
本当にあの テレ東のスタッフさんたちに 好きに予告編を作らせたそうなのです
それがこれ!



あははははは

一応確認しておきますが もちろんスタローンが主演
ジャン・クロード・ヴァンダムは敵役です

しかしどう見てもヴァンダム映画!

素晴らしい!

いやあ公開当時見逃してましたよ!

ちなみにこの素晴らしくてイカレタ動画を作ったのは
ハーフHPスタジオさん
声優の事務所81プロデュースの関連会社で 私も一回お仕事したことありますが
こんなアホアホテイストだったとは知りませんでした

ちなみに2012年公開当時の私のブログはこちら
http://rokada.exblog.jp/16730154/
by AWAchampion | 2014-11-09 23:19 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

いやぁ・・囲碁界の流れは相変わらず早いです
ついに未完の大器 藤沢里奈二段が 女流本因坊になっちゃいましたよ!

囲碁タイトルは男性というかオープンタイトルが
棋聖
名人
本因坊
王座
天元
碁聖
十段

の7大タイトル(この順番はタイトルの序列の順番でもあります)

女性限定棋戦が
女流本因坊
女流名人
女流棋聖

の順番というちょっと変わった事になっています

それでその女流の最高位 女流本因坊に 16歳1か月の藤沢里奈二段が
向井千瑛五段を倒して輝いたそうです!

藤沢里奈さんと言えば、おじいさんが藤沢秀行名誉棋聖 お父さんが藤澤一就八段という
サラブレッドです。とくに藤沢秀行名誉棋聖は囲碁を世界に広めた立役者で
とても有名な方です

そのお孫さんでわずか11歳と女流では史上最年少でプロになっていた
藤沢里奈さん。私が週刊囲碁パラダイスをやっているときはまだ中学一年生で
まだまだ記録係とかをやっていたのですが、ついに最年少でタイトル取りました

向井千瑛五段と言えば ライバルで親友の謝 依旻名誉女流本因坊有資格者がいます
次は謝 依旻さんを倒してほしいですね
by AWAchampion | 2014-11-07 23:30 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)

テレビの世界でAD(アシスタントディレクター)と呼ばれる人がいます
主に20代の人で、番組制作の実行部隊として活躍する縁の下の力持ちです

テレビマンは誰しも数年間ADを経験して自分の番組を作っていくのです

ところが最近このADさんが全業界的に不足しています
わたしは現在5社ぐらいの会社と取引がありますが
どこへ行っても「ADさんいない?」と聞かれます

そして今日も、ある会社から
「岡田さんの担当につけるはずだったADさんが辞めてしまいました
ごめんなさい」とチーフADさんから連絡がありました

特に男性のADさんは本当に不足しています
確かに下働きですからギャランティはあまり良くないし
夜中まで働かされるイメージはそのままですから、大変な仕事ではあります

でも、5年ガンバレばテレビ業界で食っていけるのです
どうでしょう?人手不足という事は チャンスが増えているという事でもあります
昔はテレビ業界に入るのは大変でしたが、今は入るのは簡単です
入口は自分のやりたいジャンルの番組じゃなかったにせよ
結局作るのは自分ですから、入ればプロの人脈を作ることが出来ますよ
このブログをご覧の若い映像作家さん、学生さん
思い切ってTV業界に飛び込んでみては?
by AWAchampion | 2014-11-04 18:06 | Diary | Trackback | Comments(0)