仕事場でばったり人と会うことは良くありますよね?
特に私はフリーランスですから、思いがけないところで
思いがけない人と会うことがあります
そんなことが二日続けて起きました

その1
先日シルク・ドゥ・ソレイユの新作TOTEMを取材していました
するとそこにいたのが・・・
大学時代 私がいた映画研究会のお隣
早稲田大学シナリオ研究会のプリンスと言われた 板谷さん
私より1年先輩で、卒業後フジテレビに入社されました。
その後 バーで後輩一同とご一緒してくださる機会があり
「テレビ業界は大変だぞ!」と教えてくださった方なのです。

それから25年。
実際にお仕事をご一緒するまでずいぶん時間がかかりました
私も当時から20キロは太ってますから
「初めは分からなかった」と言われましたが・・・
そういう先輩も・・・。

a0054076_20040035.jpg
その2
そんなことがあった翌日
東京マラソンの取材をしていたら、スタート近くで見た事がある一団が。
ん?

んんん?

あれ?


良く見たら私もちょいちょいお世話になっている
『スゴ~イデスネ視察団』の撮影隊でした。
ディレクターの安井さんとお互い
「あれ?何してるんですか?」と言い
なぜかオッサン同士で記念撮影!
それがコレです
a0054076_20100775.jpg
視察団は何のネタだったのでしょうか?
それは放送をお楽しみに




by AWAchampion | 2016-02-29 20:11 | Diary | Trackback | Comments(0)

いやぁ・・・すごい
囲碁界のスーパースター 井山裕太九段が
囲碁界の最高タイトル 棋聖戦を 4勝0敗のストレート勝ちで防衛
4連覇を達成しました

これ・・・相手が山下敬吾九段ですからね?
10年前に 棋聖戦4連覇してる 現役で一番井山九段に拮抗した
実力がある相手にストレート勝ちって!

これは 3月に行われる十段戦で 伊田八段を破って
マジ7冠同時保持の偉業ありますよ!

by AWAchampion | 2016-02-18 22:38 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)

以前 私が制作・演出した
ベネッセコーポレーション しまじろう
「音とリズムの大冒険」が 未だに皆様に喜ばれているようです


これは会員の方が別の会員をご紹介いただくと
もらえるという特典なのですが
その体験談的なものが かなり色んなブログで書かれていて
概ね非常に評判がいいようです

非売品なので私の手元にも無いのですが
とても評判がいいようで 嬉しいです
作ったのは2011年ですから もう5年も愛されているんですね



by AWAchampion | 2016-02-15 13:52 | Diary | Trackback | Comments(0)

先ほど 近所の富士そばで
二人のオヤジ店員が 私の注文が難しかったらしく
あーでもない、こーでもないと悩み始め
やがて口論に・・・

それをぼ~っと眺めるワタシ

2016年のバレンタインデー

a0054076_16520241.jpg
ちなみに注文は
もりそばと「肉抜き」でした

by AWAchampion | 2016-02-14 16:52 | Diary | Trackback | Comments(0)

私が2008年に演出したDVD『ハローキティのマジカルあいうえお』が
8年経った今でも非常に高評価を得ているようです


嬉しいですネェ

テレビの仕事をしていると
今はDVDがあるとは言え、何年間もの長い間 見ていただくという事は
中々ありません

しかしこのDVDは8年間に渡って
色んなちびっ子に見ていただいているわけで
きちんと命が吹き込まれたような気がします

本当に有難うございます

作者としてこんなにうれしいことはありません



by AWAchampion | 2016-02-14 11:27 | 私 岡田倫太郎について | Trackback | Comments(0)

もともと昭和歌謡などが好きなたちですが
最近は特に今のJ-POPの少女の声に少し飽きてきたので
野太い男性ボーカルを聞く事が多いです

例えばこの曲
水原弘の『君こそわが命』 
第一回レコード大賞受賞歌手で『黒い花びら』『黄昏のビギン』
などのヒット曲を持ちながら酒におぼれた彼が
奇跡のカムバックを遂げた曲ですね。
とにかく男性ボーカルとしての実力が凄いです。
イントロは猪俣公章のド演歌で、流石に古臭さがありますが
それを乗り越えるとグッと来ますよ・・・

それからこの曲
中村晃子&細川俊之 『甘いささやき』
これは聞けば聞くほど変な曲ですが、中毒性があります
良く聞くと 中村晃子パートと細川俊之パートは
音の奥行きが違えてあります。
より細川さんのほうが耳元でささやいているように聞こえるような
録音加工をしてあり、1973年のミックス技術の高さが分かります
原曲はフランス語とハンガリー語の掛け合いなんだそうですね?

共に私が生まれるか生まれないか?の曲で
正直リアルタイムでは知りません
でも今はいい時代ですね こうして簡単に掘り返せるのですから・・・。

さらにコレも付け加えておきましょう
ご存知名曲 松崎しげる『愛のメモリー』
これもネタ化してますが 改めて聞くと確かに凄くいい曲です

最後にこの手の親玉みたいな曲を
トム・ジョーンズ It's not Unusual
この動画は2009年のものらしいですが いい年の取り方をしてますね
彼は私のイメージではラスベガスの帝王ですね
こういう中年男性ボーカルが世界的にゴンゴン出て来て欲しいですねぇ


by AWAchampion | 2016-02-08 23:45 | Diary | Trackback | Comments(0)

アメリカンフットボールの祭典
スーパーボウルは デンバー・ブロンコスの勝利で終わりました


しかしこの記事を見ていると
あの21世紀最高のQB ペイトン・マニングの引退のときが近い事を
示唆しています

うわぁ・・・まじかぁ・・・

私はなんと言ってもインディアナポリス・コルツ時代の
ハイパーオフェンスと呼ばれた、とにかく攻め達磨で
どんなパスもバシバシ通す姿が好きでした

確かに去年も今年も相当調子悪そうなんですよネェ・・・

悲しいなぁ
全盛期のマニング(18番)見てくださいよ・・・。
アメフト界の長嶋茂雄 辞めないで欲しいなぁ
少なくとも トム・ブレイディよりは長くやってくれぇ!
(この、ペイトリオッツがあんまり好きじゃない感覚、NFLファンなら
 何となく分かってもらえますよね笑)



by AWAchampion | 2016-02-08 15:19 | Diary | Trackback | Comments(0)

私は2003年から NHK-BSでやっていたアメリカンフットボールのファンになりました
当時は インディアナポリス・コルツに史上最高のQB ペイトン・マニングが入団して2年目とか?で
ニューイングランド・ペイトリオッツにはやはり史上最高のQBの一人と言われる トム・ブレイディが同じく2年目ぐらい?

さらに私が好きだった フィアデルフィア・イーグルスには ドノバン・マクナブ
アトランタ・ファルコンズには 入ったばかりのマイケル・ヴィックがいて
グリンベイ・パッカーズには まだブレッド・ファーブが健在で 良い時代でした

そのころからずっとペイトン・マニングはNFLのQBの象徴
21世紀のアメリカンフットボールの輝きでありました・・・。

そんな彼も気が付けば今年で39歳
引退が近い年になりました

今年は彼はデンバー・ブロンコスからスーパーボウルに出ました
しかし去年は ウィルソン率いるシアトル・シーホークスにコテンパンにやられてしまいました
今年こそ!有終の美を飾ってほしいです!

by AWAchampion | 2016-02-07 21:02 | Diary | Trackback | Comments(0)

井山裕太は今こそ世界へ

現在 囲碁界最大のタイトル 棋聖戦が行われています

挑戦者は以前 棋聖戦4連覇を成し遂げた
最大のライバルの一人 山下敬吾九段

しかしあの攻めダルマ山下を相手に
なんと井山棋聖は3連勝! 7戦戦って4回勝ったほうが優勝という
日本シリーズ方式ですから、ストレート勝ち目前ですよ!

そしてその井山裕太は今年で25歳
日本の囲碁メジャータイトル7つのうち6つを同時保持
3月の十段戦いかんでは 7巻同時保持の偉業の成し遂げそうです


そこで・・・
もし7冠達成したら
井山さんは すべてにタイトルを一旦返上して
世界戦に打って出るべきだと思います

世界の囲碁界は 今中国・韓国2強状態
国内敵なしの井山さんも 世界ランキングは16位です

世界ランキング2015です

しかしですよ、これは日本独特の2日制の長い対局のせい
世界戦の 持ち時間4時間の戦いに どんどん打って出て
マジで 李セドルやら古力といった世界チャンプを打ち負かしてほしいです

by AWAchampion | 2016-02-07 12:08 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)

今回の【スゴ~イデスネ視察団】小学校&缶詰SP
いかがでしたか?

私はサバ缶&イカ缶担当でした

サバ缶おいしいですよね
わたしももともとサバ缶ヘビーユーザーだったので
とても楽しいロケでした

ただ今回も撮影&編集はキツカッタ!
テレビ番組は体力勝負ですねぇ



そして私は缶詰担当ディレクターでしたが
小学校の回が非常に興味深かったです

視察団としてお呼びした人には
「殊更に褒めてもらわなくてもいいです」とお話ししています。
そこで今回の小学校の掃除や運動会をめぐる考え方の違いはとても興味深かったです

というのは 私が「セサミストリート日本版」(2004年~2007年 テレビ東京)
をやっていた時 「運動会」というネタを作ったら
NYのセサミワークショップから「全く理解できない」と言われて
日米運動会論争が3か月にわたって行われたことがありました

我々は「エルモが徒競走の途中でころんじゃったけど、みんなの声援で
立ち上がって 最後まで完走した」という他愛もないものを作ったのですが
セサミワークショップから「なんでエルモがスポーツフェスティバルで競い合いしてるんだ?」
「子供が倒れたら 大人が起こせ」「そもそも運動会って何?競技会?地域の親睦?どっちだ?」
などなど言われてジェネレーションギャップを感じまくったのです

そういう教育をめぐるギャップというのは とても面白いです
個人的な意見としては、小学校もうちょっと見たかったかも?です(笑)

by AWAchampion | 2016-02-06 21:02 | Diary | Trackback | Comments(0)