ウワ~素晴しい!

2008年に発売されて以来 大好評をいただいている
「サンリオぽこあぽこ」シリーズですが

このたびなんと!
HDリマスター版となって 新しくなりました!

いやぁ 素晴しい
10年にわたって ロングセラーとして皆様に愛していただいているのですね

嬉しいです

演出家冥利に尽きます

マジ泣きそうです


みなさま、是非この機会にお買い求め下さい



by AWAchampion | 2017-04-22 04:29 | 告知 | Trackback | Comments(0)

新橋不思議空間潜入

新橋の駅前にあるSL広場に隣接する
ニュー新橋ビルは サラリーマンおじさんの天国として知られています
a0054076_04043494.jpg

1971年に建ったこのビルの中には
無数の飲み屋・安い食堂・喫茶店・パチンコ屋・ゲームセンター
金券ショップ・雑貨屋・貸し会議室などが入っていて
さながら、「50代の 中野ブロードウェイ」みたいな場所です

a0054076_04044812.jpg

ここの2階に上がると ちょっと異様な光景が広がります

極彩色のミニスカートからパンチラさせた
中国・台湾系のお嬢さん達が店頭に立ち
「マッサージいかがですか?」と声をかける マッサージ屋が
20件以上固まっている
都内屈指の不思議亜空間なのです
a0054076_04075122.jpg
a0054076_04080503.jpg

なんだか 古の遊郭みたいな雰囲気・・・
普通はそれは風俗街だと思うでしょ?
でも値段設定はなんと 30分2000円とあるのです

これは・・・?

で、潜入取材を敢行してみました

え?

どうだったかって?

ムフフフ

E気持ちでした


(ここからアサヒ芸能風で)
本紙記者 新橋ディープゾーンに ずっぽし潜入
バドガール風のクーニャンに誘われ
あるお店へ・・・

奥の個室で 福建省出身の希(のぞみ)クンに
小3枚で もっと気持ち事してあげる・・・と誘われ
本紙記者ゴックン!

希クン
「こういう店はじめて?この界隈は
女の子いっぱいいるネ。みんなパンツ見えてて 
ニッポンジン ぐるぐる回ってる スケベねぇ」



で、 結果ですね・・・
内容は至って普通の足裏マッサージでした

もっと気持ち事・・・とは
足湯&クリーム使うと 30分3000円ですよという事で
実は都内でも相当安い価格帯の
メチャメチャ お得なマッサージエリアでしたよ










by AWAchampion | 2017-04-22 04:13 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

いやあ 素晴らしい一日でした
ちょうど1年前 それまで新日本プロレスがデビュー以来最も大切にしてきた
「King of Strong Stlye」とまで呼んでいた 中邑真輔が
世界最大のプロレス団体 WWEに電撃移籍。衝撃的なデビュー戦をやってのけ
世界をあっと言わせました

そして今年、まさに満を持して WWEの1軍といわれる
RAWとSMACKDOWNのうちの SMACKDOWNに昇格したのです

今まで確かに何人か日本人レスラーが1軍に昇格しました
しかし中邑は、新日本プロレス時代の名前・ニックネーム・ファイトスタイル
コスチュームをすべてそのままに 堂々と世界で渡り歩いているのです。

今回の登場の状況を解説しますと
日曜日に行われたWWE最大のイベント レッスルマニア33の中で
WWEのちびっ子人気NO1 ジョン・シナがニッキー・ベラに
公開プロポーズするというシーンがありました

それをスマックダウンの中で 口の立つ悪党ミズが
シナの格好をして出てきて、さんざん馬鹿にしたのです
で、「シナはいなくなって 清々したよ。なぁ!」と呼びかけたところ

いきなりバイオリニストが登場 バイオリンを弾き始めます
「ん?」となるミズと観客
するとその旋律はやがて 中邑真輔のテーマソングのイントロを奏でます
気がついた観客が大騒ぎになったところで
真打ち登場!
2万人の会場が一体となって そのサプライズ登場を
テーマソングの合唱でお祝いしたのです

その衝撃を WWE公式動画は このように伝えています

で、アメリカ人は変な人たちですね
「中邑真輔登場の瞬間」という動画がたくさん上がっています
色々見せちゃう!

まずこれ!

つづいてこれ!
これは男の人が「何かサプライズみたいな事やってくれよ。頼むよ!」
とか言ってると バイオリンが鳴って喜んでます

そしてこれ!

さらにこれ!

そして試合後の会場はこんなことに!
帰り道で中邑真輔の入場曲大合唱ですよ!


すばらしい!
すばらしいね!
プロレスファンで良かった!








by AWAchampion | 2017-04-06 01:16 | プロレス界展望 | Trackback | Comments(0)