先日早速話題の映画「アウトレイジ最終章」見てきましたよ!
若干ネタバレするので 見てない方は逃げて逃げて!



さあ、良いでしょうか?
アウトレイジは北野武監督が初めて手がけたシリーズ物の映画で
今回は3作目

第一作は2010年 関東の一大暴力団 山王会の中の権力闘争を描いた
作品で、そのバイオレンス描写が話題と成り、
第二作の2012年「アウトレイジ・ビヨンド」は山王会の権力闘争が
関西の花菱会を巻き込み、謀略が謀略を生むリチャード三世みたいな話になりました

そして第三作は前作から5年の時を経て 花菱会と、韓国フィクサー張との闘いという
事になりました

このアウトレイジシリーズは シリーズと言いながら明確な色分けがあります
第一作目はバイオレンス描写のアップデート 現代日本の最新の暴力表現を追求した作品で
かなりスプラッタな表現も含まれています
第二作目は「言葉の暴力表現」に力点を置き、その中で1作目より遙かに練られた脚本で
じりじりと人間関係に潜む暴力を描き出しました

そして第三作
これは 冒頭の画を見た瞬間に「あ!」と誰もが気がつく仕掛けがあります。
そう、北野映画の最高傑作1994年の「SONATINE」そっくりなのです。

「ソナチネ」は、抗争に疲れたヤクザが沖縄で部下達とまったりとした時間を過ごしながら
死に時を求めていくという、乾いた暴力表現と厭世表現が素晴らしい90年代の傑作です。

つまりこの作品はビートたけし演ずる大友の最後の死に場所探しの映画なのです。
もちろんストーリーとしては 花菱会と張グループとの抗争が描かれるのですが
ビヨンドよりもまったりと、そして緩やかに描かれます。
全ては大友の暴力によって解決するという構図が 明らかに他の2作とは違います
ビヨンドは 結構途中まで大友は目立ちませんでしたからね・・・。

最終章というだけあって、老いたギャングスターが人生の最後の時を探す・・・と言う面で
ゴッドファーザーpart3にも似た風合いがあると思いました

この作品も非常に良い作品だと思いましたが
残念ながら 主要な出演者が皆70歳を超えてしまい すこし肉体表現の激しさに欠けるところは
否めません。
その意味で アウトレイジシリーズはやはり ビヨンドが最高傑作だったんじゃないか?と
思いました。





by AWAchampion | 2017-10-12 05:15 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

カズオ・イシグロがノーベル文学賞を獲られたそうですね

実は私、3年ほど前に「宮崎美子のすずらん本屋堂」のディレクターを
やっていた時に カズオ・イシグロさんにインタビューする機会があり
色々読んでいたのですが、流れてしまったんですよねぇ・・・

そのときインタビューしていれば!

そしてサインでももらっちゃっていたら!!!

いやでも カズオ・イシグロのノーベル文学賞は
本当にまっとう中のまっとう。
とって当たり前だと思います

「私をはなさないで」が日本でテレビドラマ化された関係で
有名ですが
「日の名残り」はとんでもない名作だと思います

by AWAchampion | 2017-10-06 00:57 | Diary | Trackback | Comments(0)

松井秀喜さんに取材

松井秀喜さんの取材でNYにやってきました

そして今日こんなネット記事が出ています

ありゃりゃ、松井さんの左側を歩いている人って・・・
そう私ですよ あはははは


by AWAchampion | 2017-10-03 07:51 | Diary | Trackback | Comments(0)