『君の膵臓を食べたい』読みました

今年の本屋大賞2位に輝く『君の膵臓を食べたい』をようやく読みました

これ売れてるよ!というのは 去年の今頃
BS11で「宮崎美子のすずらん本屋堂」のディレクターをやっている頃に
聞いていたのですが、結局読むまでに1年かかりました

これは元々住野よるさんが WEBに投稿したものが目にとまり
双葉社からデビューとなったそうです

で、今日読んでみたわけですが
私の感想としては、読んでいる間中ずっと
「ノルウェイの森」の主人公が高校生だったら こんな感じなんだろうなぁ
この作家さんは村上春樹が好きなんだろうなあ

と思っていました

で、最後まで読み進めると
「ええ、私は村上春樹好きです」的な事がガッツり書いてあって
ああ なるほど、そりゃそうだよね・・・確信犯なんだね。
という感じでした

正直 ポジティブ女子高生の難病ものというのは
最近はやっているようですが 私はどうも乗れません
そこは好みなので 別に良いのですが、
なんか、どうも 私は古いのでしょうか?
昔それこそ映画「18歳、海へ」だの「サード」だのを
見ているせいか 高校生の曲がった性衝動みたいな事が
この手の話に乗っていないと、どうも絵本みたいに感じてしまいます。

とはいえ、逆に言うと
私がこよなく愛する テレンス・マリックの「BADLANDS」は
ネブラスカで、18歳と14歳のカップルが ままごとのような
逃避行を続けながら、結果として大量殺人をする
という話を 絵本のように描いています

語り口はそっち寄りなんだろうなぁと思いつつ
日本の高校の話なので ちょっとピンと来ないところもありました

デビュー作としてはとても良い出来だとは思いましたが
まあオジサン向けではないですね。18歳ぐらいで出会いたかったです。








トラックバックURL : https://rokada.exblog.jp/tb/23451977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2016-12-08 20:33 | 書籍・マンガなど | Trackback | Comments(0)