よゐこらぼ2「よゐこのパーリナイト!」

ぼ~っとCSをザッピングしていたら
アホ番組の巣窟 CSフジテレビoneで見つけましたよ!
「よゐこらぼ2 よゐこのパーリナイト!」

これはよゐこの濱口さんがニヤニヤしながら 
おニャン子クラブのレコードを「セーラー服を脱がさないで」から
順にA面B面かけながら当時の思い出を語り
それをゲームにしか興味が無かった有野さんがつっこむという
ボンクラ番組!

アホだなぁ~

見ちゃいましたよ 60分×前編後編
後編まで言っても 結局1986年5月発売の福永恵規「風のinvitation」までしか
たどり着かないという、濃厚な語り!
そう、後に中興の祖となるW渡辺 美奈代も満里奈もまだ出てこないという
ところで終わっちゃっていました

ほぼほぼ31年ぶりに聴く曲ばかり!
いやぁ・・・イントロを聴いただけで脳髄をしばかれるぐらいの懐かしさ
一気に高校生に戻りましたね
濱口さんより1~2学年上の私は 彼よりお小遣いがあったので
彼より詳しいですよ!ムフフフフ

こんなへんてこな番組は誰が作ってるのかと思ったら
プロデューサーは門澤清太さん(東京アイドルフェスティバルを始めた人ですね)
ディレクターは森洋介さん(アイドリング!!!のディレクターというより演者です)
まあそりゃそうだろうなぁ・・・という布陣でした

で、ふとおもったのは 1986年は54週のうち35週ぐらいがおニャン子クラブ関連の
曲が1位になっているんですが、ソロもグループも、シングル&アルバム曲の殆ど全てで
作詞をしている秋元さんは20代だったそうですが、どうかしてますよね・・・。

当時扶桑社から「秋元康の作詞塾」という本がでてました
これはものすごくデカい活字で30ページぐらい 作詞のイロハが書いてあり
そのあと 本の3分の2ぐらいは 「作詞メモ」という名の空白になっているという
究極の上げ底本!
一応 これに歌詞を書き込めば 作家さんが見てくれるという触れ込みでした

え?

ああそうさ!

私もその本買いましたよ

わははは


ちなみにその話を「ブラタモリ」「人生の楽園」などでお馴染み
放送作家の 武田浩さんにしたら「そんなバカ初めて会ったよ!」と
お褒めの言葉をいただき、
当時秋元さんのお弟子さんだった放送作家 大村たかゆきさんには
「俺がその送られてくる詞を添削してたよ」と言われました

わははははは

恥ずかしいねぇ!

父には聞かせられないねぇ わはははは



トラックバックURL : https://rokada.exblog.jp/tb/23614835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2017-02-10 00:43 | テレビ | Trackback | Comments(0)