うれし、はずかし、作詞家デビュー!?

みなさま
おかげさまで「だい!だい!だいすけおにいさん!!」シーズン2の配信が
スタートしまして
Twitterなどの反応を拝見していると 殆ど良いことしか呟かれていなくて
「とりあえず 喜んでいただけたんだな」とホッとしました。

で、私は子供番組を初めて手がけたのが
セサミストリート日本版なので2004年なんですが
そこから結構何曲も 子供向けの歌を作詞しています。
でも、まあ自分が演出する番組の曲ですから普通は
作詞に個人名を出す事も無いんですね。
それも含めて『演出』として名前を出させてもらっています。

ただ今回は製作委員会さんのなかに、きちんとした
レコード会社が入っていまして、14年の子供番組演出家人生で
初めて 著作権契約書を交わすことになりました

これって・・・

もう私「作詞家です」と言って良いのでは(笑)(照)

そこで思い出されるのが、私が地方のおバカ高校生だった
1987年ぐらいのことです
当時第一次のブレイクをしていた秋元康さんが
「秋元康の作詞術」という本を出してました。

それは本の2/3が原稿用紙になっているという
奇妙な本でした。

後年テレビマンになった後 その話をしたら
同業者たちから「そんなバカ初めて見た」
「その本についてた宛先に、詞がいっぱい送られて来たが、添削してたの俺」
など、驚愕の事実をたくさん聞きました。

でも・・・
その体験も無駄ではなかったようです

それから30年して一応作詞家になったんではないでしょうかね?わははははは




トラックバックURL : https://rokada.exblog.jp/tb/238446502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2018-04-07 12:00 | Diary | Trackback | Comments(0)