一力遼 20歳の苦悩

先日放送された 情熱大陸#1000記念
20歳の4人特集 最後を飾った 囲碁棋士 一力遼八段の特集を見ました

一力遼八段と言えば 仙台の大新聞社 河北新報 一力家の御曹司として生まれ
5歳で囲碁を始めてめきめきと上達
13歳でプロ入りした瞬間から「未来の日本囲碁を背負って立つ男」と呼ばれた
まさに俊英です。

その後もトントン拍子に出世
私がインタビューをしたときには15歳で、三段でしたが
すでに女流絶対王者の謝依旻六段でも歯が立たないほど強く
中国や韓国の棋士からもマークされる 日本囲碁界の麒麟児・・・というイメージでした

しかし 番組で放送されたのは
現在 囲碁のメインタイトル 7つを囲碁界で初めて全て保持し
国民栄誉賞を受賞。さらにここ1年以上タイトル戦負け無しの 井山裕太七冠に
全く歯が立たず完敗。
その後もどのタイトル戦でも勝利を挙げられず 涙する一力八段の姿でした。

囲碁を知るものとしては、もの凄く衝撃的なシーンでしたが
9割以上の視聴者は 一力八段を初めて見たことでしょう。
そう考えると、藤井六段のような立ち位置にいる 一力八段のこんな姿は
ちょっと悲しすぎる結果でもありました。

是非立ち直って 日本囲碁界の本当のエースになって欲しいです。

また、テレビマンの立場から言うと、今回のこの番組は
4月の最終週に流すと あらかじめ決まっていて取材をしているわけですが
取材を始めてから 彼が勝つところを一つも撮れないと言う中で
ディレクターさんは大変だったろうなぁ・・・と思いました。
東北新社の方のようですが
(ちなみに私は グランドチャンピオン戦の取材で一緒になりました)
まあ普通囲碁界をちょっと知っていれば 一力遼がそう何ヶ月も重要な対局で
勝てないなんて思わないですからね・・・






トラックバックURL : https://rokada.exblog.jp/tb/238494824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2018-05-01 22:45 | 囲碁界解説 | Trackback | Comments(0)