太陽の王子 ホルスの大冒険

新文芸座の高畑勲監督・追悼特集で
「パンダコパンダ」と「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」は既に見たことがあった
のですが
「太陽の王子 ホルスの大冒険」は初めて見ました。
これは高畑勲監督が初監督作品で、脚本が宮崎駿さん
この二人のレジェンドの初めての作品だったのです

1968年 東映公開の90分の大作ですが
私はアニメーションに疎いので 実は全然この作品のことを知りませんでした。
で、見てみたのですが・・・・

いや驚きました。
「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」級の大傑作でした。
ナウシカのような映画が 昭和43年の日本で公開されていたというのが
まず驚きでしたね。

物語はアイヌ神話が元になっています
ある北の土地で 力を合わせて生きる人間たちのもとに
冬の悪魔が襲いかかります。
ホルスと仲間たちは 力を合わせてその悪魔と戦うのですが
その前に 謎の少女があらわれて・・・・という作品です

こういう自然との共生、共同作業の重要性みたいな事を
アニメーションで訴えかける、後のジブリの仕事は
実は50年も前にスタートしていたのだというのが 衝撃でした。

それに1968年の東映ですよ?
確かに東映まんがまつりの東映ですけど、当時の東映は 
【網走番外地】とか【緋牡丹お竜】とか【不良番長】の
時代ですよ
そこで、こんな作品が受けたのか?と思ったら
やはり当時 記録的な不入りだったそうですね。
そりゃそうだろうなぁ・・・と変に納得しました。



トラックバックURL : https://rokada.exblog.jp/tb/238501826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2018-05-05 02:50 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)