BBC選定 非英語圏映画 歴代ベスト100

先日イギリスの公共放送 BBCが各国の評論家達にアンケートをとり
「非英語圏映画 歴代ベスト100」を発表しました

これが結構面白かったので Twitterでも
全部載せてみました。
なんでも 24カ国19の言語がありフランス語が27作品、北京語が12作品、イタリア語と日本語が11作品ずつだそうです。
で、1位は黒澤明「七人の侍」が結構ダントツで、「全世界の全世代の全ての人々に
尊敬されている映画だが 日本では違うようだ」
日本の評論家は誰一人票を入れていないと解説されています。
まあ 日本人は奥ゆかしいから 日本の映画をあえて選ばなかっただけって説がありますが。

では行ってみましょう!
ずらっと並べます あなたは何本見てますか?

100位 霧の中の風景 テオ・アンゲロプロス
99位 灰とダイヤモンド アンジェイ・ワイダ
98位 太陽の少年 姜文
97位 桜桃の味 アッバス・キアロスタミ
96位 ショア クロード・ランズマン
95位 乱れ雲 成瀬巳喜男 
94位 友達の家はどこ? アッバス・キアロスタミ
93位 紅夢 チャン・イーモウ
92位 ある結婚の風景 イングマール・ベルイマン
91位 男の争い ジュールズ・ダッシン

90位 ヒロシマ・モナムール アラン・ルネ
89位 野いちご イングマール・ベルイマン
88位 残菊物語 溝口健二
87位 カリビアの夜 フェデリコ・フェリーニ
86位 ラ・ジュテ クリス・マルケル
85位 ウンベルト・D  ヴィットリオ・デ・シーカ
84位 ブルジョアジーの秘やかな愉しみ ルイス・ブニュエル
83位 道 フェデリコ・フェリーニ
82位 アメリ ジャン・ピエール・ジュネ
81位 セリーヌとジュリーは船で行く ジャック・リュベット

80位 忘れられた人々 ルイス・ブニュエル
79位 乱 黒澤明
78位 グリーン・デスティニー アン・リー
77位 暗殺の森 ベルナルト・ベルトリッチ
76位 天国の口、終わりの楽園 アルフォンソ・キュアロン
75位 昼顔 ルイス・ブニュエル
74位 気狂いピエロ ジャン・リュック・ゴダール
73位 カメラを持った男 ジガ・ヴェルトフ
72位 生きる 黒澤明
71位 ブエノスアイレス ウォン・カーウァイ

70位 太陽はひとりぼっち ミケランジェロ・アントニオーニ
69位 愛、アムール ミヒャエル・ハネケ
68位 雨月物語 溝口健二
67位 皆殺しの天使 ルイス・ブニュエル
66位 不安と魂 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
65位 奇跡 カール・テオドア・ドライヤー
64位 トリコロール青の愛  クシシュトフ・キェシロフスキ
63位 田舎町の春 費穆(フェイ・ムー)
62位 トゥキ・ブゥキ / ハイエナの旅 ジブリル・ジオップ・マンベティ
61位 山椒大夫 溝口健二

60位 軽蔑 ジャン・リュック・ゴダール
59位 炎628 エレム・クリモフ
58位 黄昏の女心 マックス・オフュルス
57位 惑星ソラリス アンドレイ・タルコフスキー
56位 恋する惑星 ウォン・カーウァイ
55位 突然炎のごとく フランソワ・トリュフォー
54位 恋人達の食卓 アン・リー
53位 晩春 小津安二郎
52位 バルタザールどこへ行く? ロベール・ブレッソン
51位 シェルブールの雨傘 ジャック・ドゥミ

50位 アトランタ号 ジャン・ヴィゴ
49位 ストーカー アンドレイ・タルコフスキー
48位 ビリディアナ ルイス・ブニュエル
47位 4ヶ月、3週と2日 クリスティアン・ムンジウ
46位 天井桟敷の人々 マルセル・カルネ
45位 情事 ミケランジェロ・アントニオーニ
44位 5時から7時までのクレオ アニエス・ヴェルダ
43位 美しき仕事 クレール・ドニ
42位 シティ・オブ・ゴッド フェルナンド・メイレレス
41位 生きる(to live) チャン・イーモウ

40位 アンドレイ・ルブリョフ  アンドレイ・タルコフスキー
39位 クローズアップ アッバス・キアロスタミ
38位 牯嶺街少年殺人事件 エドワード・ヤン
37位 千と千尋の神隠し 宮崎駿
36位 大いなる幻影 ジャン・ルノワール
35位 山猫 ルキノ・ヴィスコンティ
34位 ベルリン・天使の歌 ヴィム・ヴェンダース
33位 プレイタイム ジャック・タチ
32位 オールアバウトマイマザー ベドロ・アルモドバル
31位 善き人のためのソナタ フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク

30位 第七の封印 イングマール・ベルイマン
29位 オールドボーイ パク・チャヌク
28位 ファニーとアレクサンドル イングマール・ベルイマン
27位 みつばちのささやき ビクトル・エリセ
26位 シネマパラダイス ジュゼッペ・トルナトーレ
25位 ヤンヤン 夏の思い出 エドワード・ヤン
24位 戦艦ポチョムキン セルゲイ・エイゼンシュタイン
23位 裁かるるジャンヌ カール・テオドア・ドライアー
22位 パンズ・ラビリンス ギレルモ・デル・トロ
21位 別離 アスガル・ファルハーディー

20位 鏡 アンドレイ・タルコフスキー
19位 アルジェの戦い ジッロ・ポンテコルヴォ
18位 非情城市 ホウ・シャオ・シェン
17位 アギーレ神の怒り ヴェルナー・ヘルツォーク
16位 メトロポリス フリッツ・ラング
15位 大地のうた サタジット・レイ
14位 ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン シャンタル・アッカーマン
13位 M フリッツ・ラング
12位 さらば、わが愛/覇王別姫 チェン・カイコー
11位 勝手にしやがれ ジャン・リュック・ゴダール

10位 甘い生活 フェデリコ・フェリーニ
9位 花様年華 ウォン・カーウァイ
8位 大人は分かってくれない フランソワ・トリュフォー
7位 8 1/2 フェデリコ・フェリーに
6位 仮面ペルソナ イングマール・ベルイマン
5位 ゲームの法則 ジャン・ルノワール
4位 羅生門 黒澤明
3位 東京物語 小津安二郎
2位 自転車泥棒 ヴィットリオ・デ・シーカ
1位 七人の侍 黒澤明

さて?どうでしょうか?
意外に台湾の監督さん エドワード・ヤン、アン・リー、ホウ・シャオ・シェンなどが
頑張っているなぁ・・・と言う印象でした。
あと、恥ずかしながら初めて聞いた監督さん、作品も結構ありました・・・

ちなみに私は今のところ 53本 かろうじて過半数といったところでしょうか・・・
う~む 意外に見ていないもんです・・・。


個人的な感想を言うと
●タルコフスキーは「ノスタルジア」「サクリファイス」の代表作がランク外はびっくり!
 日本でこのアンケートやれば 30位以内に2本とも入りますね
●ドイツ映画からは「ブリキの太鼓」がランクインを逃していますね
●フェリーニ3本 アントニオーニ2本で、ヴィスコンティが「山猫」だけにとどまったのは
 これまた意外!「ベニスに死す」「夏の嵐(SENSO)」「若者のすべて」など
 色々あるのに・・・。
●チャン・イーモウは「生きる(to live)」と「紅夢」がランクインですが
 日本で人気の「初恋の来た道」はランクインを逃してますね。私の師匠久世光彦が
 「初恋の来た道」を見て チャン・ツィイーの可憐さに「ああいう女は監督と出来てるんだ
 くそ~~!」と心底悔しがっていました(笑)
●日本人監督は たくさん入っていますが黒澤・小津・溝口・成瀬がメインで
 存命中の監督は宮崎監督だけです。う~~ん。これは危機的状況では?
●フランスもまんべんなく入っているように見えて、
 ヌーベル・ヌーベルバーグのジャンジャック=ベネックス・レオスカラックス・リュックベッソンら
 以降の人は入っていません。
●ヴィム・ヴェンダースは「アリスの恋」やら「パリ・テキサス」は英語映画です
 だから彼の純粋なドイツ語映画としては「ベルリン・天使の歌」になるのでしょう
 


トラックバックURL : https://rokada.exblog.jp/tb/238837264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by AWAchampion | 2018-11-02 02:50 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)