いやぁ・・・連日暑いですね。
私もすっかり、もうひと月ぐらい前から夏バテしていて
毎年あんなに楽しみにしている 新日本プロレス夏の祭典
G1クライマックスも 殆ど見られていません。
他のプロレスもまたしかり
それどころか スポーツ全般 全然見る気がしません。
人が動いているのを見るのがすでに暑くてバテちゃう感じです。

ほら二日酔いの時に ビールの宣伝とか見ると
気持ち悪くなっちゃうでしょ?アレと同じですよ・・・。

こんな私が今見ているのはyou tube で税理士さんだの 不動産屋さんだの
車のエンジニアさんだのが画面に向かって淡々と話す
「節税指南」だの「中古マンションの見極め方」だの「中古車選びのポイント」だのと
いった動画ばかりです。
そういう動画は黒板の前でおじさんが淡々と話すような動画なので
見ていて涼しいです。

(まあもちろん仕事がおかげさまで結構順調なので、そんな金目の動画ばかり見てる
 っていうこともありますが・・・)

早く秋になりませんかねぇ・・。




# by AWAchampion | 2018-08-05 00:19 | 告知 | Trackback | Comments(0)

そして 今話題になっている インディ映画「カメラを止めるな」を見ました

これは自主映画の短編映画で知られていた(らしいですね。寡聞にも私は知りませんでした)
上田慎一郎監督(まだ35歳なんだそうです)が、300万円の超低予算で作り上げた作品です。
それがプロットの巧みさと、話の面白さで 都内2館でのナイトショーから火が付き
全国80館の上映へと広がった ジャパニーズ・ドリームを果たした作品です。

なんですけど・・・

これ、絶対ネタバレ禁止の作品です

しかもこれからご覧になる方多いでしょ?

だからざっくりした感想だけ言います

物語において「伏線の回収」というのはとても重要です。
それは、普通のテレビ番組においても フリ・オチ・受け と言う言い方をされますが
「◎◎ってことがあるらしいです。でもそれってどう言うこと?」
「それはこういう事!」
「その現象が起きる理由は かくかくしかじかなんです」

という基本構成で作られた 小さな謎かけの集積みたいな番組は
ずっと見ている人の興味をひっぱります。

この映画も はじめにド~ンと【フリ】とは気づかれない感じの大きなフリを
作り、それが伏線だったと気づかせて
全部それを回収します。

伏線回収の気持ちよさ。カタルシスを存分に味わいました。

あと作った人たちの情熱に 映像で飯を食っている先輩として
素直に拍手をしたいと思います。

# by AWAchampion | 2018-08-03 14:40 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

少し前になりますが 今年のカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した
是枝監督の「万引き家族」を見てきました。

もう公開もほぼ終わりかけなので ストーリーも含めて書きます

安藤サクラとリリー・フランキーの夫婦は
樹木希林が亡き夫と住んでいたぼろ屋に
息子と、樹木希林の孫 松岡茉優と5人で住んでいた。

リリー・フランキーは息子に 万引きの手伝いをさせていて
一家はそれで生計を立てていた。
リリーは一応 工事現場で解体屋の下働き
安藤サクラは クリーニング工場でパート
松岡茉優はJKリフレの店でいかがわしいバイト
樹木希林は 亡き夫の後添えの家庭を定期的に訪れてユスリ。
それぞれひっそりと暮らしていた。

そんな冬のある日 リリーと息子が万引きを終えて自宅に帰る途中
虐待を受けている5歳の少女を見つけた
やるせなくなり その少女を自宅に連れて帰る二人。

彼女の身体の傷を見て、そのまま彼女を家に帰さずに6人目の家族として
迎えたのだった・・・。


と言う話なのですが
話が進むにつれ、実はリリー&安藤サクラの夫婦と樹木希林、息子とも血縁がなく
要するに二人が拾ってきた【万引きされて連れてこられた疑似家族】だという
ことが明らかになっていきます。

それが是枝さんの淡々とした、テレビドキュメンタリーのリアリティとも少し違う
それでいて昔の東映の「作られた汚らしい貧困描写」とも違う、
まさに 戦後すぐの イタリアの巨匠 ヴィットリオ・デ・シーカの
ネオリアリズモみたいな筆遣いで描写されていきます。

多分着想としては 尼崎の疑似家族殺人事件みたいなモノだったんだと思いますが
それを、今村昌平監督なら「人間は結局欲で生きてるのよ」みたいな 
「身もふたもない」動機から生まれる悲劇のような喜劇を描いて、その下品さで
ハッとさせるのでしょうし、
今井正監督なら「名も無く貧しく美しく」貧者のプライドみたいなモノを前面に出すのでしょう。
しかし、是枝監督は 今平さんほど 人間を虫眼鏡で見る感じでは無く
かといって今井監督のようにガラス細工にするわけでもなく、
まさにテレビカメラぐらいの 「2週間に一日ずつ 1年追います」みたいな
距離感で 良い頃合いで描いてきます。

それが可哀想じゃない 貧しさを描いていて良かったと思いました。
ちゃんとフィクションだと思いますし、ちゃんとフィクションの技法で
詩的に昇華しようとしていた部分がたくさんある、映画だと思いました。

イタリア映画でも 多分これがデ・シーカじゃなくて フェリーニなら
安藤サクラはもっとデブおんなで、近所の男の子に性の手ほどきをしまくってるんでしょうし
ベルトリッチなら 安藤サクラはパート先のクリーニング店の亭主と情を交わし
クリーニング店に釣ってある色とりどりの衣装が、なぜか絡み合う二人の上に落ちてきて
色彩鮮やかなシーンに仕立て上げるのだと思いますが、是枝さんはとにかく
上品に描き出しました。

正直パルムドールとしては物足りない気もしないではないですが
良い映画である事は疑いも無いと思います。



# by AWAchampion | 2018-08-03 14:31 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

さて、あと30分後
15時からBSフジで「世界魅力発見旅 岡田浩暉が訪ねる ニューヨーク・ブロードウェイ」
が始まりますよ!

ぜひ皆さん ニューヨーク旅気分を味わってみて下さい

a0054076_14331845.jpg
ダコタハウス前にて
a0054076_14335146.jpg
セントラルパークにて

# by AWAchampion | 2018-07-28 14:34 | 告知 | Trackback | Comments(0)

昨日 Twitterの方では大々的に告知しました
今週金曜日から 4週にわたって
「だい!だい!だいすけおにいさん!!」夏休み特別編 やりますよ~~~!!!


いやぁ~ 実は6月のシーズン2 第9回の配信時には、もう決まってまして
ず~~っと昨日の情報解禁日まで隠してました

だから 今回告知できるのが 本当に嬉しいです


みなさん どうぞよろしくお願いします!!


# by AWAchampion | 2018-07-25 14:44 | 告知 | Trackback | Comments(0)

相変わらず暑いですねぇ・・・

で、今日外に出た帰りに商店街に新しく出来て
いつも中学生で行列が出来てる 台湾式のタピオカミルクティーの店に寄ったんです。

もちろんタピオカたっぷりの ミルクティを買って、
キンキンに冷えてるのを 自宅に持って帰ってきて
さあ、飲もう・・・と思ったら。



はぁ~~っ!



ああああああ!





そう、


もうお気づきですね?



床にぶちまけてしまいました



何てこった!


拭いても拭いても
ゆ、床から ミルクティの香りが!

# by AWAchampion | 2018-07-24 13:16 | Diary | Trackback | Comments(0)

夢ではなく目標

何事も口に出さないと実現しないので
目標は口に出すことにしました。

私は 5年後をめどにキッズ・ミュージカル映画を撮ります。
夢とは言いません。目標です。
私にはようやくその人脈も自分の実力も出てきたと自負してますから・・・。

頑張ります。


# by AWAchampion | 2018-07-21 20:32 | Diary | Trackback | Comments(0)

今日MAルームで

今日 MA作業中(テレビの音声を整える、番組の最終作業ですね)
いつもレギュラーの番組を担当して下さっている 若い男性オペレーターさんが
結婚指輪をしているのに気がつきました。

私「おお!おめでとうございます!」
オペレーターさん「ありがとうございます」

私「ちなみにお若く見えますが お幾つになられました?」
オペレーターさん「私、24歳です」
私「うわ~お若くして一本立ちされたんですね」

あれ?

私「ちなみに・・・ご両親はお幾つでしょうか?」
オペレーターさん「48歳です」

うわ~~~!
私47歳です。

そうかぁ・・・同世代の人は 息子さんが結婚するような人もいるんだなぁ。

と感慨にふけってしまいました。

これからこう言うことが増えていくんでしょうねぇ・・・。





# by AWAchampion | 2018-07-19 03:39 | Diary | Trackback | Comments(0)

20年ぶりに・・・・

昨日とある番組の編集がありました。
その番組は レギュラー番組で、基本的には赤坂にある編集所で行われるはずなんですが
その編集所が改装工事中で「別の編集所を2ヶ月借り上げているんですよ。」と言われ
青山三丁目のワタリウム美術館の近く、キラー通り沿いの編集所を紹介されました。

北青山のキラー通りは CM系の会社は多いですが あんまりテレビ系の会社はありません。
なので「ずいぶん珍しいところにあるなぁ・・・それこそ20年位あの辺行ってないけど
かつてはずいぶん通ったなぁ」と思っていました。

というのは、私が修業時代を過ごしたカノックスのADさん時代。
まる1年経ったところで、テレビ朝日「料理バンザイ!」チームにチーフADに抜擢され
(と言いつつ、当時の私はドラマの助監督さんをやりたかったので左遷だと思ってました)
毎週 取り立ての免許でハイエースを運転して 通った編集&MAスタジオが キラー通り沿いに
あったのです。

地図を見ながら「わ~この辺良く来たなぁ」と思いながら歩くこと10分

ん?

あれ?

a0054076_21591791.jpg
こ、これは・・・・

a0054076_21593939.jpg
その20年前に通った編集所じゃないですか!!!

でももらった地図の名前は違うよ?
ガラスにはビジョンユニバースと、当時の名前が書いてあるけど・・・
エクシードという会社だと聞いて来たのですが・・・。

と、あたふたしてたら 中から職員さんが出てきて
「どうしました?」
とお声がけされました

かくかくしかじか
私は20年ぶりにここに来て・・・
カノックスという会社で・・・
料理バンザイ!と言う番組で!

すると

マジっすか!
うわ~

と今度は向こうのかたが大喜び。
どうやら当時から残っていた方だったそうです。

詳しく話を聞いてみると、社長さんが代替わりされて、名前を変えられたらしく
初めは私は分からなかったんですね。

それにしても・・・

わ~この路地に良くハイエースぶつけたなぁ・・・
わ~このロビーで良く怒られたなあ
わ~このMA室で ナレーターのケイ・グラントさんに「ヤングシェークスピア」と
あだ名つけられたなぁ・・とか
いろんな事を思い出しちゃいました

a0054076_22052205.jpg
懐かしいですねぇ
20年後こんな再会をするとは 当時の僕は分からなかったですよ

# by AWAchampion | 2018-07-17 22:05 | 懐かしいもの | Trackback | Comments(0)

先日友人とばったり会いました

a0054076_22304903.jpg
そしたら、「だい!だい!だいすけおにいさん!!」シーズン2DVD第2巻を持ってました



a0054076_22331651.jpg
「DVDゲットしたでぇ どうや?監督さん持ってるんか?」

だそうで、とても自慢げにニコニコと喜んでいました。

でも、デーモネンよ。監督さんは第1巻25本、第2巻は10本買ってるんだよ。わはははは

# by AWAchampion | 2018-07-15 22:35 | Diary | Trackback | Comments(0)