カテゴリ:テレビ( 98 )

The 世界力3 こぼれ話

皆様 昨日2018年12月29日の深夜に放送された
「The世界力3」をご覧いただき ありがとうございました

Twitterでも書きましたが 私は久世光彦門下のカノックスという制作会社出身です
そして20数年前 丁度「深夜特急」でいうと2~3の間ぐらいに入社した
当時新人ADさんでした。

そんなご縁もアリ、大沢さんに初めてお会いした時にその話をしたら
「おお!そうですか!!」ともの凄く喜んで下さりました。
大沢さんの中で「深夜特急」はとても大切にされている作品で、
話も弾みました。
20年ぶりにようやく先輩方にちょっと追い付いた感じがしましたね・・・。

それでは撮影の合間のちょっとしたこぼれ話を・・・

◆大沢たかおさん
『王様と私』は屈強な首相役だったこともあり、9kg増量されていましたが
そこから多分15kgぐらい落として、今入っている入江悠監督の作品に
出られるようです。取材の間も鶏のささみとゆで卵の白身だけを食べて、
本当に頑張っておられました

大沢さんのパブリックイメージは「寡黙なハンサム」という感じですかね?
しかし実はホントにお話好きで、話題も豊富な方で、
人なつっこい感じで、ユーモアにあふれた方で、逆にビックリしました

撮影&取材に関しては サウザンプトン&フロリダロケで
ホントに例えばサーシャコーチとか、IMGのテニスディレクターなど通訳を入れていません
途中吉田麻也選手のことを語っていた地元の人へのインタビューも実際に
大沢さんが英語で行いました
皆さんが思っている以上に大沢さんは英語ペラペラですよ。

大沢さんの「王様と私」も我々は取材していますが
やっぱり大沢さんは我々日本人にとっては大スターなので
出待ちの方々がいらっしゃるわけです。大沢さんはその皆さん一人一人と
ちゃんと握手したり写真を撮ったり 1時間ぐらい公演終了後も
交流されていて、素晴らしい光景でした。

◆吉田麻也さん
サウサンプトン→ウィンチェスターとご一緒しましたが
とても気の良い、そしてハンサムな方でした
彼もお話好きで、しかも一つ一つのお話が、ロンドンで苦労された大沢さんと
響くことから、取材は3時間以上におよびました

吉田さんは奥さんとお子さんを公表していませんが、私はお会いしました。
子ども番組を生業とする私が、ビックリするぐらい吉田さんのお子さんは
可愛かったです。

吉田さん自身、ロンドンのウエストエンドで主役級の活躍をされている
渡辺謙さんや大沢たかおさんに本当に勇気をもらったようで
再会はとても和やかな雰囲気になりました

吉田さんの行きつけの店ということで、初めはあの出会ったマリーナに面した
「BANANA WHARF」というレストランを考えていました。
そこはまあ、ようするにダイナーというかファミレスみたいな所で
前日に大沢さんをお連れして「ここが吉田さんの当初の行きつけだったそうですよ」と
お話ししたら
「美味い物食べさせてくれるのかと思ったら ファミレスなんで初めはビックリしましたよ!」と
ジョークをかまされました。(その割には美味しそうにステーキ食べてましたが)
で、翌日 吉田さんとのロケで通りかかったときに「ホントはここで撮影予定だったんですよ」と
吉田さんに言ったら 
「イギリスに来た当時の行きつけでしたが、色々ツラいこともあったので、正直良い思い出は
無いです」と言われてしまい、
吉田さん&大沢さんに「ここで撮影しなくて良かったね」と爆笑されて
しまいました・・・。り、リサーチ不足ですんまへん・・・。

テレビPRスポットをご覧になった方は 吉田さんが「ここだけはカットして欲しくない」と
熱弁していた部分が印象的だったと思います。
しかし泣く泣くカットしてしまったので 採録します
「今回のロシア大会である程度の結果が出たのは、実は協会のスタッフが宿舎や移動方法などを
完璧にオーガナイズしてくれたからだった。
今回のワールドカップで躍進した原因は 新監督や選手もさることながら
裏方のスタッフの頑張りがデカい!ここはカットして欲しくない!」とのことでした。

◆錦織圭さん
錦織さんとは「世界力」は3回目。私とは昨年からのお付き合いですが
ちゃんと覚えていて下さりました。
名古屋・東海テレビ本社での撮影の時に打ち合わせさせてもらいましたが
楽屋では携帯ゲーム機をちゃんと持ち込んでらっしゃいました。

撮影の中では、錦織さんが大坂さんに「好きな男性芸能人は?」と聞いたら
大坂さんが「あなたが先答えてよ」と返して爆笑になりました。
そのお答えは すでにスポーツ誌に出てますが、本田翼さんでした。

錦織さんの事をよく知る山中コーチですが
兵庫県宝塚市のご出身で、私より2学年下。お隣の宝塚北高校のご出身と言うこともあり
話が弾みました。
共通の知り合いもいて「フロリダでこんな出会いが・・・」とビックリしました。

◆大坂なおみさん
名古屋・東海テレビの撮影には一家でいらしてました。
終わったあと、名古屋っぽい物を食べたいと言うことで色々リサーチされてましたよ

大坂さんは番組の中でもご紹介しましたが 日本語のヒアリングはとても得意なようで
私との事前の打ち合わせも通訳無しで日本語でやりました

サーシャコーチとの対談は、サーシャコーチの自宅に面したコミュニティーホールで
行いましたが、初めはエバート・テニスアカデミーでやる予定でした。
ところが・・・実はその日 我々とは別ルートでWOWOWさんが大坂選手と
サーシャコーチの対談をお願いしてたらしく、バッティングしてしまい
WOWOWさんの方が先に到着していたので、彼らがエバートで収録することになりました。
しかしサーシャさんは嫌がることなく、「じゃあ自宅の近くでやりましょうか」と
提案して下さり、あの対談になりました。

WOWOWさんの撮影のために、大坂さんもエバートにいらしていて、大沢さんと
すれ違っているのですが、なかなかそう言う状況で「東海テレビです」と名乗り出るのも
難しく、大沢さんと私たちは残念ながらその時はご挨拶出来ずに、大坂選手の
例の超カッコ良いニッサンGT-Rをむなしく見送りました・・・
そのことを大沢さんが名古屋でお話ししたら大坂さんも錦織さんも
「え~~!そんなことが!」とビックリしてましたよ。




ここ3ヶ月は殆どこの「the 世界力3」にかかり切りだったので
今は個人的にはちょっと 世界力ロスです(笑)
Twitterでも 感想をいただいていますが、皆様本当に見ていただいて
ありがとうございました。

by AWAchampion | 2018-12-30 15:00 | テレビ | Comments(0)

Rの法則 放送終了

私が昨年2本撮らせていただいて、近々もう1本撮る予定だった
NHK-Eテレの「Rの法則」が打ち切りになるそうです。

まあ状況的に仕方が無いと思います。
私がプロデューサーさんでも、なかなかこれからMCを変えて放送を
再開というのは考えられないだろうなぁと思います。

ただ、もともとNHKがとても大事にしてきた番組だけに
残念な気持ちで一杯ですし、まさに一瞬ではありますが
関わらせていただいた事に感謝したいです。

私がお会いした高校生R'sの皆さんは、それぞれ向上心にあふれた
気持ちの良い若者たちでした。
番組がこう言う形で終わっても、是非頑張って自分たちの夢を
かなえて欲しいと思います。

ちなみに・・・話題の山口メンバーとは
わたしは残念ながら殆どお会いしていません。
「Rの法則×西野カナ」の2本撮りの時、ライブがあったりした関係で時間が無く、
私が技術チームやR’sと打ち合わせをして、MCである山口さんとは
プロデューサーさんが打ち合わせをするという分業だったので
番組の主旨をお話しする機会にもお会いできませんでした。
(またジャニーズ事務所のタレントの皆さんは、とにかく
 ギリギリに現場にいらっしゃるのです)





by AWAchampion | 2018-05-07 19:20 | テレビ | Comments(0)

つい先ほど フジテレビ系全国ネットで
「THE世界力2」が放送されました

私は今回演出を担当させていただいたのですが
放送直後にも同業者の方々から「良かったよ」メールを
いただいたりして非常にホッとしております

とにかく昨年の第一回が渡辺謙さんが、錦織圭選手と松山英樹選手を
ご自分でガッツリ取材して、対談させる。
それを「映画 中村勘三郎」でお馴染みのドキュメンタリー界の巨匠
松木創監督が撮る・・・という中々の豪華な特番だったのですが
今回はいろんな事情で また違った形になったもんですから
「前回見ていただいた方に より喜んでいただけるためにはどうしたら良いか?」と
非常にプレッシャーのかかる 編集作業でした

今回とにかく 松井秀喜さんの言葉が 胸にしみました
彼は既に現役時代の事を 数冊の本にされていて、「言葉のある人だ」というのは
分かっていましたが、実際に2時間近くインタビューさせていただいて
私たちスタッフも、滝川さんも 松井さんが紡ぎ出す賢者のような言葉に
本当に感銘を受けました。

また錦織選手は まだケガが癒えていないこの時期に インタビューを受けていただいて
そして旧知の滝川さんとフランクなスタンスでお話しいただいて 
こちらも真摯な言葉の数々に感銘を受けました

そして滝川クリステルさんも パブリックイメージとしては どちらかというと
取っつきにくい感じもあるかと思いますが、実際はとても気さくな方で
ロケ中もスタッフに気を遣っていただいて 和ませていただきました。
それでいて インタビューに関して 当然事前に打ち合わせをするのですが
特に錦織さんの場合は 彼女の方が親しいと言うこともあり
色々と意見を出していただき、ジャーナリストとしても 番組作りの中で
非常に大きな貢献をしていただきました。

前回のような 奇跡的な出会いを作り出すことは出来ませんでしたが
これはこれで、良い番組になったのでは?と放送が終わった今は
ちょっと自負しております。

皆様ご視聴いただき どうもありがとうございました!





by AWAchampion | 2017-12-31 01:14 | テレビ | Comments(0)

NHKの渋谷放送センターは 1971年竣工で、私と同い年です
そのときに作られた 101スタジオ(通称1スタ)は、当時東洋一の巨大なスタジオと
呼ばれ、そこから「ヤング101」など数多くの名番組が生まれました

1990年代に入り 砧TMCのレモンスタジオ1(スマスマのスタジオ)とか
2000年代にフジテレビ湾岸スタジオなど 似たような大きさのスタジオが出来ましたが
未だ、日本最大級のスタジオとして 現役で活躍しています

で、私 その101スタジオで、このたび演出をさせていただきました。

a0054076_16360925.jpg
そう、ガッツリ音楽番組 撮りましたよ。
紅白やってるようなスタッフさんたちと、撮ってきました

ライブで、お客さん300人入れて大騒ぎ!

詳しくは放送後しか告知できそうにないんですが、
11月14日火曜日の19時台 チェックしてみて下さい
Eテレで面白い番組がRかもよ?





by AWAchampion | 2017-11-08 16:38 | テレビ | Comments(0)

フジテレビ系「その原因、Xにあり」の難病特集
ギラン・バレー症候群の たむらあやこさんについての
パートを丸々演出を担当しました

おかげさまで非常に好評のようです

このお話は 2015年に講談社 モーニングで連載された
「ふんばれ・がんばれ・ギランバレー」という闘病記コミックエッセイが元になっています

風邪や腸炎がきっかけとなって
四肢の脱力が起こり、それが重症化すると 感覚神経が冒されて痛みが走ったり
自律神経が冒されて呼吸が止まったり 血圧が乱高下したりする
とてもやっかいな病気です

とくにたむらあやこさんは
最重症例で、重い後遺症が残ってしまったパターンですが
それでも 実際にお会いしたら とても明るくて前向きに生きていらっしゃる方で
お母様の久子さんも娘への愛情があふれ出していて
とても素敵な方々でした

その出会いを元に台本を書き ドラマを撮りまして
一度しっかりドラマ化したものを、今度は番組に合うように
情報を入れていくという作業があったわけですが
ドラマを撮っているときも何だか、思い入れがあるので何度も泣きそうになりました

たむらさんは 今『楽園タクシー』と『筋トレ社長』の2つの連載を抱える
人気作家となりましたが
是非 その原点である
「ふんばれ・がんばれ・ギランバレー」 をご一読下さい





by AWAchampion | 2017-09-01 20:33 | テレビ | Comments(0)

今日 ヤフーニュースなどで
「AKB48の人がアナウンサーに!」というのが芸能のトップに出ていました

その彼女が行く先は、なんと関西の独立局 サンテレビと言うじゃないですか!

サンテレビは神戸にあるUHF局で
大阪地区では 東京で言うMXテレビのようなモノで
完全に独立した編成を持つ、本当に不思議なテレビ局です。

とにかく130試合 阪神の試合は全部試合開始からラストまで放送する
というのが売りで、例えば大阪の準キー局である大手の 朝日放送が
放送権を持っている試合でも
9時以降はリレーして、サンテレビが放送するという不思議な編成で
とにかく「阪神戦といえばサンテレビ」の局なのです

さらに私が高校生ぐらいから 土曜日の夜中に
ドエロな「大人の子守歌」枠の放送も始まり
それこそ始まった当初は 黎明期のAVが結構ガッツリ流れていて
当時のエロガキ高校生だった我々には、絶対見ておくべき局でした

また私の父は 知られてるように競馬狂です
私がまだ子供だった70年代には 父も暇だったので土曜になると
ずっと昼はサンテレビの競馬中継を見ていました
そこで、「競馬ブック」「キャバレージャンボ」「キャバレーサン」
「カジノ・ドゥ・三宮」など教育に悪いCMばかりを私と一緒に見る事に
なり、なんだかそれが幼少期の甘酸っぱい思い出として残っています

私は今は 東京でテレビディレクターをさせてもらっていて
日本テレビを除く全局で 何らかの番組を撮っていますが
出来れば サンテレビでもお仕事したいです

何でも良いですよ
是非 お声がけお待ちしています


サンテレビと言えばこれ! 京橋サウナ グランシャトーの
CMと天気予報 1971年から1990年まで
同じフィルムを使っていましたよ!



競馬ブックのCM 
これは本当に懐かしい!
これだけで一本ブログかけそうです


キャバレーサンのCM
これも有名ですね

by AWAchampion | 2017-03-16 21:54 | テレビ | Comments(0)

ぼ~っとCSをザッピングしていたら
アホ番組の巣窟 CSフジテレビoneで見つけましたよ!
「よゐこらぼ2 よゐこのパーリナイト!」

これはよゐこの濱口さんがニヤニヤしながら 
おニャン子クラブのレコードを「セーラー服を脱がさないで」から
順にA面B面かけながら当時の思い出を語り
それをゲームにしか興味が無かった有野さんがつっこむという
ボンクラ番組!

アホだなぁ~

見ちゃいましたよ 60分×前編後編
後編まで言っても 結局1986年5月発売の福永恵規「風のinvitation」までしか
たどり着かないという、濃厚な語り!
そう、後に中興の祖となるW渡辺 美奈代も満里奈もまだ出てこないという
ところで終わっちゃっていました

ほぼほぼ31年ぶりに聴く曲ばかり!
いやぁ・・・イントロを聴いただけで脳髄をしばかれるぐらいの懐かしさ
一気に高校生に戻りましたね
濱口さんより1~2学年上の私は 彼よりお小遣いがあったので
彼より詳しいですよ!ムフフフフ

こんなへんてこな番組は誰が作ってるのかと思ったら
プロデューサーは門澤清太さん(東京アイドルフェスティバルを始めた人ですね)
ディレクターは森洋介さん(アイドリング!!!のディレクターというより演者です)
まあそりゃそうだろうなぁ・・・という布陣でした

で、ふとおもったのは 1986年は54週のうち35週ぐらいがおニャン子クラブ関連の
曲が1位になっているんですが、ソロもグループも、シングル&アルバム曲の殆ど全てで
作詞をしている秋元さんは20代だったそうですが、どうかしてますよね・・・。

当時扶桑社から「秋元康の作詞塾」という本がでてました
これはものすごくデカい活字で30ページぐらい 作詞のイロハが書いてあり
そのあと 本の3分の2ぐらいは 「作詞メモ」という名の空白になっているという
究極の上げ底本!
一応 これに歌詞を書き込めば 作家さんが見てくれるという触れ込みでした

え?

ああそうさ!

私もその本買いましたよ

わははは


ちなみにその話を「ブラタモリ」「人生の楽園」などでお馴染み
放送作家の 武田浩さんにしたら「そんなバカ初めて会ったよ!」と
お褒めの言葉をいただき、
当時秋元さんのお弟子さんだった放送作家 大村たかゆきさんには
「俺がその送られてくる詞を添削してたよ」と言われました

わははははは

恥ずかしいねぇ!

父には聞かせられないねぇ わはははは



by AWAchampion | 2017-02-10 00:43 | テレビ | Comments(0)

2015年の1月ごろ大阪で放送された
『探偵ナイトスクープ』の【イクちゃんに会いたい】という回には泣かされました

依頼人はとある29歳の女性
その人は二人の子を持つ母親だったのですが離婚。
その後同級生だった男性と再婚します。
以来はその夫のことについてでした。
彼は複雑な家庭の生まれで、生まれてすぐに父と母が離婚。
父に引き取られました。
しかし父は放蕩な人で、物心つくときには父の恋人の
「イクちゃん」という方が母代わりとなって彼を育ててくれたそうです。
ところが彼が小学生になること、父とイクちゃんは破局。
二人に「どちらについていく?」と聞かれた彼は
前日に父から「わしについてくると言えば、ゲームボーイを買ってやる」といわれていて
父親を選んでしまったそうです。

それからイクちゃんと会うことがなくなってしまった彼。
しかし依頼人と彼の間に子供が生まれ、どうしてもそのイクちゃんに 赤ちゃんを抱かせてあげたい
という依頼でした。

その先の内容は絶対この先販売されるDVDに収録されるでしょうから
見ていただきたいのですが
とにかく頭が割れるか?と思うぐらい泣かされました

いやぁ・・・・。
これはいかん・・・。

by AWAchampion | 2016-06-22 00:08 | テレビ | Comments(0)

いやぁびっくりした
こんなにパワーがあるとは

え?


何がって?


それは・・・・



アニメ『とんかつDJアゲ太郎』ですよ!


2016年4月より 東京MXTV/BS11/読売テレビ/中京テレビで
放送しているアニメ『とんかつDJアゲ太郎』がものすごい
サイケデリックかつ、わけの分からないパワーでびっくりしました!
私はこれをJ-COMの配信で見ているので少し遅れて知ったんですが
イーピャオと小山ゆうじろうさんの漫画は 雑誌『KAMINOGE』でも取り上げられて
ずいぶん前から知っていました

渋谷のとんかつ屋さんの息子が、クラブでDJプレイを見たときに
『とんかつとDJって同じだ!』と天啓を受け、とんかつDJとして
成長していくという物語なんですが
とにかくめちゃくちゃ!

まあ私はおじさんですから「今更びっくりしてんの?」と言われるかもしれませんが
おじさんにとって「知ったときが語るとき」ですから、良いんです!

まあ百聞は一見にしかずといいます

見てください




by AWAchampion | 2016-06-10 20:24 | テレビ | Comments(0)

いや、これは嬉しい!

え?

何がって?

そりゃこれですよ!

a0054076_07101930.jpg
なんと 今日の朝日新聞・読売新聞・産経新聞に
私が演出した
「歌舞伎×トーテム
中村勘九郎が見た 世界最高峰
シルク・ドゥ・ソレイユの秘密」
の巨大な新聞広告が出てるんです!

いやぁ、こんなの初めて!
嬉しいです!

a0054076_07115068.jpg
a0054076_07121313.jpg
そして番組のほうも オススメですよ!
是非宜しく!




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
いや、もちろんこの番組がフジテレビ一押しの
イベントの宣伝番組だから、イベントの広告が載るのは
当たり前でしょ?って言われたら その通りです。
んなこたぁ・・わかっとります

なんですけど、
私はフリーランサーなので 今まで作った番組が
こうして局から「大事にされてる」って感覚が無かったので 
素直に嬉しいんです。イェイ!

by AWAchampion | 2016-04-02 07:12 | テレビ | Comments(0)