「パディントン2」

続いて イギリス映画「パディントン2」を見ました
これは 絵本でお馴染み「パディントン」の映画化なんですが
やたらと評判が良いので 楽しみに見てみました


いやいやいや
素敵な映画でした

まずそもそも CGのクオリティが最早とんでもない。
クマですよ。ちゃんと。
もうぎこちなさとか全くありません。クマがマジでいますよ!

そして子供映画としてのイメージもとても素晴らしいです
ロンドンの名所を描いた飛び出す絵本の中を旅するイメージ
間違っていれられた刑務所の中で ケーキを作るイメージ
移動遊園地のイメージ
そしてエンディングについている ヒュー・グラントのミュージカルシーン

全てが本当にイギリス映画らしい品の良さに彩られた
素敵な映画でした

そしてもちろんヒュー・グラントを初めとする人間たちも素晴らしい
いやはや、子供映画も本当に凄いところまで来ました

それから お話の舞台になる ロンドン・ポートベローは私が
1994年~1996年までの2年半住んでいた
ホランドパークのお隣町で
週末になると必ず散歩がてら遊びに行っていた町です
ですから、もの凄く胸にしみましたね

この映画は風景も人々も ロンドンやロンドン市民の良いところの煮こごりです
本当にロンドン市民は 大都会で人種も色々混じっていながら 結構人情味あふれる
町で、上品な町なんです。
私もあんなにかわいらしいクマちゃんではありませんが、英語の下手くそな外国人留学生が
ロンドンでやっぱり町の人に色々助けられました

「人の良いところを見よう」
これはイギリス人の上品な人たちの とてもいい習慣です
それが童話ではありますが とても美しく描かれた良い映画だと思いました

by AWAchampion | 2018-01-27 20:16 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

いやぁ・・・面白かった?

え?

何がって?

そりゃもちろん

韓国映画「新感染 ファイナルエキスプレス」ですよ!

この映画は2017年9月に日本で公開された映画ですが
私は半年以上遅れて池袋の新文芸座で見ました
予告編がこれです



半年以上前に公開された映画なので 普通にネタバレします。
ある日 韓国にあるバイオ工場で爆発が起き
何かが韓国にばらまかれました・・・

翌日 ソウル発釜山行きの超特急
その車内で一人の女性から・・・次々と謎の感染爆発が!
噛まれると即座にゾンビに変わるという恐怖がドンドン車内で広まります

その車内から生きて脱出できるのか?
しかし途中駅のテグは既にゾンビの手に落ちています
列車は釜山へとひた走ります
さて 何人生き残れるのか?

という まあ「ゾンビ」と「新幹線大爆破」を足して2で割ったような
作品なのですが
まぁ、ホントに脚本が良く出来ています
パニック映画としての伏線もそうですが
主人公 3組のカップルのそれぞれの人生がとても美しく描かれていて
彼らの行いがキャラクターの説明にもなっていて
さらにストーリーを進めるカギにもなっているという理想的な脚本。
パニック映画でアリながら 最後泣けます

正直同じパニック映画でも日本の「I am a ヒーロー」よりずっと
良く出来ていると思いました

是非DVDなどでご覧下さい


by AWAchampion | 2018-01-27 20:01 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

新文芸座で久しぶりに

私が東京にやってきたのは1990年のことでした。
大学で映画研究会に所属して、それから浴びるほど4年間映画を見まくったわけですが
ホームグラウンドは 名画座と呼ばれる2~3本立て映画館で
特に 銀座の並木座・池袋の文芸座・大井の大井武蔵野館には足繁く通いました。
並木座は黒澤・市川崑・溝口健二・小津安二郎など巨匠の映画
大井武蔵野館はカルト日本映画
そして文芸座はゴダールらフランス映画、フェリーニらのイタリア映画
タルコフスキーらのロシア映画など何でもかんでもここで知りました。
大島渚監督の特集上映なんかもここで見たのです。

でも最近はとんとご無沙汰しておりました

で、今何やってるのか?と思ったら
「日本のアクション快作特集」というじゃないですか?

で、今日は何と東映エログロ暴力映画の金字塔
池玲子の「不良姐御伝 猪鹿お蝶」(鈴木則文監督)と
杉本美樹の「0課の女 赤い手錠(ワッパ)」(野田幸男監督)じゃないですか?

見に行っちゃいました・・・

「0課の女 赤い手錠」は私が大学時代に既に「絶対見るべき映画」の一つとされていて
私は大井武蔵野館で、ボロボロのプリント状態のものを27年ぐらい前に見ました。

そして「不良姐御伝 猪鹿お蝶」は かのタランティーノが大好きな映画として
知られていて、私は今回初めて見ました

1970年代初頭は 日活が「にっかつロマンポルノ」で隆盛を極めていましたが
実は東映も東映東京撮影所は基本「東映ポルノ」を量産していました。
正直 ヤクザ映画でならした東映は
ポルノはポルノでも 暴力と結びついた異色の作品群で
レイプされてからの復讐・・・みたいなのが多くて
今の感覚では「ひ・・酷い」という話が多いです。
この2本も基本そういう作品なんですけど、表現がかっとンでいるので
後生まで残ったというわけです。

特に鈴木則文監督は私が物心を付いた頃は既に
「伊賀野カバ丸」だの「パンツの穴」だの、見ると大体糞尿が垂れ流しになる
作品を撮っていて、「下品こそ、この世の花」というご本人の名言があるとおり
スゲぇ事になっていましたが
この「不良姐御伝 猪鹿お蝶」のスタイリッシュさはビックリしました。
元々こう言う作品を作られる方だったんですね・・・。

とにかく久々にエログロ暴力の映画をじっくり見ました
これはこれで、何か懐かしかったです。



by AWAchampion | 2018-01-22 01:26 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

はい、これは台湾に行ったときなんですが
飛行機の中で見ましたよ「キングスマン・ゴールデンサークル」
話題になってますね。
結構評判も良いじゃ無いですか?

まあ結論から言うと
バカバカしくて面白かったです。
007の「ゴールドフィンガー」とか「007は二度死ぬ」みたいな
イギリス紳士のいやらしさと、ヒミツ道具が満載のスパイ映画で
しかも敵がほどよくアホらしいという
コメディアクションとして、良く出来たというか・・・良く出来ているわけじゃ
無いとは思いますが 面白かったです。

「007は二度死ぬ」が一番近いかなぁ?
あれは日本が舞台で、ジェットスキーがそのまま空を飛んだり
スペクターの基地が阿蘇山の噴火口にあったり
忍者が日本の女エージェントを毒殺したり、ファンタジーあふれる
作品でしたが、この作品も お色気が少ないオールド007みたいでした



とくに本人役で出てるエルトン・ジョンの怪演は
なんかもう、なんていうか、凄かったですね。



by AWAchampion | 2018-01-22 01:00 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

さて、そしてずっと見られなかった
「スターウォーズ8 最後のジェダイ」をようやく見ることが出来ました。

実は年末、公開の週に 新日本プロレスの事前煽りVTRのナレーション撮りがあり
ナレーターのバロン山崎さんが、メチャクチャ話したそうにしていたのに
「いや、ネタバレしないで下さい!!!」ってお願いしたり
世界力2のプレビューで 構成で入られていた共同テレビの松木創監督も
「倫ちゃん、見たよみたよ!あのさぁ!」と話したそうにしていたのに
「お願いします!やめてぇぇぇぇ」とお願いしちゃっていまして、
さらに、ツイッターでバンバンネタバレしていた 元セガのゲームディレクターで
早大映画研究会の先輩 五百蔵容さんをミュートしちゃったりと
スターウォーズを見ないことで 交友関係にヒビが入りかねない事態でしたので
まさに遅すぎるタイミングでの鑑賞でした。

しかし、はっきり言ってもう見る前から分かっていました。
評判悪いですよ。今回のスターウォーズは。
エピソード1並みの評判の悪さ。
しかし、エピソード1と決定的に違うのが、あのルーク・スカイウォーカーが35年ぶりに
かえって来るという所なのです。
ルークっすよ。マーク・ハミル!
だって、スターウォーズってルーク・スカイウォーカーの物語じゃん!

で、見てみました

う~ん。

まず良いところを言います。だってスターウォーズ好きだから。
とにかくルーク・スカイウォーカーがあのジェダイの服で出ていて
ミレニアム・ファルコンの中でR2D2と会ったりする映画を
嫌いになれますか?
イヤマジで、ルークまんせー!の映画で良かったんですよ。
ルークが新たなジェダイマスターとしてレイを鍛える・・・
このストーリーで何でダメだったの?

まず、あんなうじうじしたルークを見たくなかった。
百歩譲って贖罪の意識に駆られているとしても、第1話(エピソード4)の
オビワン・ケノービとルークの焼き直しのようなスタイルで
ルークが新たな希望レイを鍛えれば良かったじゃない?
なんでレイがいきなりあんなに強いのよ?

で、もっと問題なのは レイアが宇宙空間に投げ出されても生きていたり
ルークが念力で何でも出来ちゃったり、逆に何でもお見通しのはずの悪の首領スノークが
メチャメチャあっさり死んじゃったり・・・
フォースの使い方というか理解が違うんじゃねぇの?という感じでした。
何でも出来る魔法じゃないからね?フォースは。

それに、反乱軍と帝国軍がもの凄く 局地戦というかみみちい戦いで
雌雄を決しているのが気になりました。
そもそも反乱軍の戦略がアホ過ぎます。
旧日本軍のインパール作戦とか、旅順攻略戦ぐらいノー工夫の戦い方で
そりゃ、負けますよアレじゃ。

スターウォーズの「ウォーズ」の部分があまりにおざなりなのでは?という
感じがしましたね。

あと人間ドラマでも、あの天童よしみちゃんのラストは、あれはないでしょ?
フィンが特攻して巨大ビームを壊そうとしていたら、横から体当たりして
「だって好きな人を救いたいから」と腕の中で死んでいくわけですが、
観客が望んでいるのは「天童よしみちゃんの献身的な努力でフィンが助かり
さらに、反乱軍にも良いことが訪れる」です。
しかし反乱軍をピンチに陥れてどうする・・・。

とにかく、脚本がクソですよ。どうなっているんですか?

でもね・・・嫌いになれないの

なぜ?

だってルーク・スカイウォーカーが戻ってきたんだよ?
ルークだよ?
ルークから全ては始まったんですよ?この映画は。
そりゃ嫌いになれるわけ無いじゃない?

ってなことで、そりゃ語りたくなる映画ですよ。分かる。
ごめんなさいバロンさん、松木さん、五百蔵さん・・・。




by AWAchampion | 2018-01-22 00:34 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

映画を久々に固めて見ています
20日の土曜日に 打ち合わせの後渋谷で時間が空いたので
道玄坂のユーロスペースで アキ・カウリスマキ監督の新作
「希望のかなた」(Outside of the Hope)を見てきました



ネタバレもしますけど・・・・どうします?
これから見る人は逃げて下さいね。

はい 
良いですね?
アキ・カウリスマキ監督はフィンランドの方で、1990年代に
「レニングラードカウボーイズ・ゴー・アメリカ」で一躍有名になりました
これは、実在するロシアのカントリーロックバンド「レニングラードカウボーイズ」が
色々アメリカ文化を勘違いしたスタイル、そのままに本場アメリカ南部に乗り込むという
物語で オフビートなユーモアがズバズバ決まる素晴らしい作品でした。

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ(海外版予告編)


そのヒットでその後、彼の代表作「マッチ工場の少女」なども公開され
私が大学生のときには、アメリカのジム・ジャームッシュと同様
オフビートスタイルの映画の第一人者でした

私自身は「過去のない男」(2003)以来、彼の作品を中々見る機会が無かったので
さて、どんな感じかな?と楽しみに見ました

今回の映画「希望のかなた」は、フィンランドの首都ヘルシンキが舞台。
シリアからの難民カーリドが、貨物船で密航してくるところから始まります。
英語が堪能なカーリドは、警察で難民申請をして難民収容所に入れられます
しかし、シリアの彼の故郷は空爆に遭っているにもかかわらず「戦争状態」とは
認められず、強制送還されそうに・・・。
そこで収容所を逃げ出してたどり着いた先が、しがないレストラン。
そこでオーナーの目に触れて 働かせてもらうことになるのですが・・・。

というお話です

昔からカウリスマキ監督の映画はそうなんですが
この映画も 武藤敬司のプロレスみたいに 前半は延々 超静かな展開が続きます
「やばい!寝る!」私は何度も見ていてそう思いました
しかし、後半 急に物語が動き出してからの面白さたるや・・・
緩急の妙はまさに名人芸!いやぁ良い映画でした。

しかもオフビートギャグの切れ味はますます増しています。
日本がらみのギャグもあったので場内爆笑!
テーマ自体は 難民を受け入れる側のコミュニティーの監督が
難民を取り上げるという極めて重いテーマなのですが
それがジンワリ温かく伝わってくる快作でした。

さ、さすがだ カウリスマキ監督・・・。
相当おすすめですよ!



by AWAchampion | 2018-01-22 00:10 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

すこし間が空いてしまいましたが
台湾グルメ旅行 3日目の様子です

この日も朝から雨なので、本来台北と言えば・・・九份というぐらい有名な
例の「千と千尋の神隠し」の舞台になった街に行きたかったのですが
断念!
代わりに台北と言えば! の氏神様 龍山寺に!

a0054076_00274416.jpg
a0054076_00281880.jpg
そしてその近くの朝がゆ屋さん 
「地球の歩き方」にも載っている
【周記肉粥店】
a0054076_00413965.jpg
a0054076_00483072.jpg
ここも中々パンチのある見た目ですが、日本人がたくさん来るようで
私が「地球の歩き方」のページを指さしたら「inside? or take out?」だけ聞かれて
ちゃんとオーダーは通りました

それがこれ
a0054076_00163269.jpg
a0054076_00431217.jpg
干しエビとかつお出汁で作ったお粥なんですが、米の粒の食感がしっかりあって
お粥と言うよりも お茶漬けに近い食感で、これはとても美味しかったです
さすが有名店!
a0054076_00475718.jpg
a0054076_00485023.jpg

それに付け合わせも豆腐とかいろんな物から選べるみたいですが、
私は豚バラ肉の揚げ物。これも美味しかったですが 脂がツラい人は避けた方が良いかも?
でもお粥はちょっとだけなので、何か付け合わせはあった方が良いです

そんなこんなで お粥を食べ、
そのお店の正面にある清代の町並みがそのまま保存されている
「剥皮寮」を見学
a0054076_00473306.jpg
そして台北の中心 中正記念堂へ
これは蒋介石を称えて1980年に作られた 台北のモニュメント的な建物です
ただ・・・今は工事中でした
a0054076_00511382.jpg
a0054076_00513178.jpg
さらに 日本統治時代には台北総督府であった 総統府へも!
これは1919年竣工の建物で 当時の日本の技術の粋が集められた 良い建築物でした
a0054076_00533272.jpg
a0054076_00535021.jpg
塔の造形がとてもモダンですね
a0054076_00542185.jpg
そして入り口上の飾りガラスが素晴らしいです

で、ずいぶん歩いたので更にお腹がすきました
昼は中正記念堂の近くの 魯肉飯(ルーローハン)の名店
【金峰魯肉店】へ!

ここもなかなかの店構え!
a0054076_00571020.jpg
a0054076_00573371.jpg
店の前に突っ立っていると、店の人から「中で食べたいならそこ並べ」的な中国語で
指示を受けて列に並びます
しばらくすると 呼ばれて店の奥へ・・
a0054076_00591134.jpg
なかなかのアジアテイスト!
で、机の上を見ると・・・注文票が!
助かった!これなら分かる!
a0054076_00595157.jpg
で、魯肉飯(中)と卵・湯がいた青菜・にチェックを入れて
店員さんに!いやぁ・・・漢字の国で良かった!
で、運ばれてきたのが これ!
a0054076_01015040.jpg
うまそ~~~~!

魯肉飯とは 豚バラ肉をショウガと一緒にとろとろに煮込んで ぶっかけたもの
a0054076_01025222.jpg
口に運ぶと、肉の脂の甘みとうまみ、それに八角の香味が口の中に広がって・・・
思わず脳が揺れるほど美味しかったです
スゲぇ。台北に来て良かった!
煮卵との相性も抜群!そして 青菜が疲れた胃を癒やしてくれて 本当に
極上の食体験でした!!
ここはマジおすすめ!
a0054076_01050392.jpg
しかもこの3つで85元=約280円ですからね!さすがに安い!
大満足でした!

私の食べ歩きはこれで終わりません!
台北と言えばスイーツ食べないとね!
で、台北の原宿こと西門エリアにいって 「ICE PAPA」という店で
a0054076_01071525.jpg
a0054076_01073948.jpg
台湾式かき氷!
日本のかき氷は水を凍らせますが、台湾式はミルクが凍っています
なので氷自体に既に味が付いているところに 小豆など4種類の豆のあんこと
マンゴーアイスが付いた 素晴らしい逸品!
a0054076_01091118.jpg
そりゃこんな笑顔になります!
ちなみにメッチャデカくて 多分3人分ぐらいですが
頑張って大体食べました

ちなみにこれは 100元=330円ぐらい?
夏場はもう少しお値段が上がるそうですが 朝から既に2食とスイーツ食べても1000円行きません!
ビバ!B級グルメ!

で、さすがに食べ過ぎたので 宿に戻って一休み
夜を待ちました。
で、
台北の夜と言えば ここでしょ?

士林夜市!
a0054076_01120125.jpg
ここは毎日夜 縁日が延々並んでいるマーケットで
B級お土産だの、射的ゲームなどだのが並んでいます。

ただ・・・私思ったんです
縁日ってやっぱり20代のOLさんとかが友達と行くから楽しいんですよ
私 46歳です ひとり旅です。
オッサン一人で射的やっても寂しい・・・・
ここはオッサンの街ではありませんでした

でもここでのお目当ては
そう、臭豆腐です!
台湾の豆腐は 日本の豆腐を水切りしたみたいな 固さで私はむしろ
台湾の方が好きなぐらいです。
で、毎日一回は必ず食べていました

でも臭いと評判の臭豆腐はどんなアジなのか?
試してみたくなるじゃないですか?
私の予想では 沖縄の豆腐ようみたいな発酵食品なのかな?と思っていました
で、一番食べやすそうな 揚げ臭豆腐を注文

a0054076_01175676.jpg
おやおや?厚揚げですな・・・。
で、口に運んでみると
確かに なんていうか アンモニアのにおいが強く
味自体は なんというかいわゆる厚揚げの大豆の香りが薄い 普通の豆腐なんですが
においがやたらと トイレの匂いがするので
古い公衆便所の隣の屋台で とくに何の変哲も無い厚揚げを食べてる・・・みたいな
気分になりました。
発酵食品特有のコクみたいな物を求めていたのですが
味が淡泊なだけに においだけキツくて「この匂いいる?」ってきぶんになりました
くさやは あのクサヤ液につけ込む事でトビウオの干物が劇的に美味しくなるじゃ
ないですか?
そういうエッセンスがない感じがしました

ここでも魯肉飯と、ワンタンスープを頼んでみたのですが
a0054076_01212288.jpg
a0054076_01214009.jpg

とにかく臭豆腐からトイレのにおいがするので、別に店は悪くないんですけど
全体的に食べてて不快になってくるんですよね・・・。
士林夜市は「台北のマストスポット」的な扱いを受けていますが
40代になったら 別に行かなくてもいい場所かな?と思いました
食事もやっぱりそれぞれの名店に行った方が美味いです


というのが私の台湾旅行でしたよ!
さすがに食べ過ぎた!
ごちそうさま!






by AWAchampion | 2018-01-21 01:25 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

昨年末に東海テレビ/フジテレビ系列全国ネット で放送されました
「THE世界力2」錦織圭×松井秀喜×松山英樹
が、局の壁を越えて CSゴルフネットワークで再放送されることになりました

初回放送は 1月19日(土)
午後11時から

ゴルフネットワークですから、ちょっとゴルフ要素を加えた
再編集版となっています

年末見逃して
CSをご覧になれる環境にいる方
是非この機会にご覧下さい。




by AWAchampion | 2018-01-15 23:49 | 告知 | Trackback | Comments(0)

さてさて 1月8日 二日目も朝から大雨!
朝ご飯は 台北の皆さんがよく食べるという 豆槳(豆乳みたいなものですね)を
その名店 永和豆槳大王に食べに行きました
私はそこにお酢を入れた 酸っぱい豆槳と、油條(揚げパン)を食べました
a0054076_23492334.jpg
a0054076_23500704.jpg
これは豆乳と言っても温かいんです。で、酸っぱい。
固形物はこの揚げパンなんですが・・・う~ん。正直日本人の舌には微妙かも・・・
更に言うと揚げパンを揚げてる油があんまり良くないのか 胸焼けが・・・
まあでも良い体験でした

昼は故宮博物館へ行きました
いやぁ・・・ビックリしましたね
中国王朝って殷周春秋戦国 秦漢南北朝・・・って覚えるでしょ?
4000年前の 殷=(商)の時代の青銅器がこれ
a0054076_23551673.jpg
凄くない?殷の時代の銅鐸でっせ?
日本はこの時代 まだ縄文時代だから土器は出てくるけど
こんなしっかり青銅器が・・・しかもこんな状態良く?
いやぁ・・・ビックリしました
こんなのが無数にあるんですよ?
他にもこれ!
a0054076_23573763.jpg
これは殷より更に昔、5000年近く前の翡翠
これに清の乾隆帝が詩を掘った物らしいです
こんな超お宝が数え切れないほどあるんですよ
もちろんあの有名な白菜型の翡翠もありました
a0054076_00041658.jpg
いやほんと スゴイとは聞いていましたが
圧倒されました。
特に殷とか周のものって、こんなにキレイに残ってるんだ?
というその文化の厚みにクラクラきましたね

で、その故宮博物館の隣にある食堂でお昼ご飯
a0054076_00060731.jpg
ビーフンのにゅうめん・空心菜・豆腐でしたが 美味しかった!
上品な味がとてもスッと入ってきました
なにしろこの時間ぐらいまで 油條食った胸焼けが残ってましたから(苦笑)

でその後、もう一つのお楽しみ
台湾式 足裏&全身マッサージへ!
2時間たっぷりやってもらって スッキリしました!

夜ご飯は 赤坂にも支店がある 三商巧福という牛肉麺のファーストフードへ
そこで チキンのライスを食べました
チキンのライスって こういうこと!
a0054076_00095694.jpg
これはボリュームたっぷり!美味しかったです

こうして台北二日目の夜は更けていったのです・・・・

by AWAchampion | 2018-01-15 00:10 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

さてさて昨年末がとても忙しかったのと
おかげさまでマイルも相当たまりまして それで行ってきましたよ!
台湾へ!

というかまあ台北なんですけどね。
何故台北を選んだか?
それは・・・・B級グルメ旅をしたかったからです!
と言う事で 今回はひとり旅を食べたもので振り返りたいと思います

まず1月7日
a0054076_23174026.jpg
成田からJALで出発です!
飛行機に乗っている時間は 4時間ぐらいでしたが
機内食には定評のあるJAL さすが美味しそうな機内食が出ました!
a0054076_23185947.jpg
オムライスなんですけど、函館のシェフがお作りになったそうで
とても美味しかったです
で、昼過ぎに台湾到着!桃園国際空港でまず台湾1食目!
MRTの駅横にある新しいフードコートで麺と豆腐の煮付けを食べました
麺はビーフン。豆腐の方は山椒が効いていて、唐辛子の辛さとは違う
清涼感のある辛さ。 いきなり凄く美味しかったです 
a0054076_23204127.jpg
昨年秋に出来たという 空港からのMRT(地下鉄)に乗って
台北駅へ
a0054076_23250627.jpg
a0054076_23271703.jpg
そして一旦宿に落ち着きました。
この日はあいにくの大雨
それもスコールだったので、遠くに行くことはあきらめて
夜の街を散策して
色々と 夜ご飯を買いました

a0054076_23284255.jpg
ここはワッフル屋さん
日本だとクレープですが、台北だとワッフルの中に 生クリームやらイチゴを入れたり
チキンやトマトを挟んだりと言うお店が流行っていました


a0054076_23300950.jpg
私がチョイスしたのは ワッフルの中にチキンとレタスが入ったもの
ちょっと食べずらかったですが美味しかったですよ
それから 街角で肉まん&キャベツまんも買って 冬瓜茶(甘~いんです)と
の粉物夕食!とくにキャベツまん メッチャ美味しかったです!
a0054076_23295093.jpg
そんな感じで上陸1日目の夜は更けていったのです・・・。



by AWAchampion | 2018-01-14 23:32 | 散歩 | Trackback | Comments(0)