いやぁ・・・まさかねぇ
あの映画が今更 初公開とは・・

え?

何がって?

それは・・・

「スパイナル・タップ」ですよ!!

あ?

ご存じない・・・

では御説明しましょう

事は29年前 私がまだ早稲田大学映画研究会の頃にさかのぼります
当時早稲田界隈にたくさんあった 古本屋に行っては
田舎の高校生では知り得なかった たくさんの「日本未公開作品」やら
「カルトムービー」紹介本を読んでいました。
それはたぶん若き日の町山智弘さんらの文章だったのかも知れません。

その中には ジョン・ウォーターズ「ピンクフラミンゴ」みたいな下手物作品
テレンス・マリック「BADLANDS」みたいな超レアデビュー作
「ファントム・オブ・パラダイス」「リトルショップ・オブ・ホラーズ」
「ロッキー・ホラー・ショー」みたいな歌って踊れるオフブロードウェイ的ムービーなど
たくさんありました

で、その中でも「落ち目のロックバンドの全米ツアーを取材したドキュメンタリー・・・に
見せかけたアホムービー」として音楽ファンらを虜にしていたのが
この「This is SPINAL TAP」だったのです。

いわゆるフェイク・ドキュメンタリーの最高峰としてその名を知られていた
「スパイナル・タップ」は その後BSなどでは放送されていたようですが
日本で劇場公開されることはありませんでした・・・

ところが何故か先週の土曜から新宿武蔵野館で いまさら!日本劇場初公開じゃないですか!
そりゃ見るでしょ?29年も期待が膨らんでいるんですから

で初日に行ってきました。
劇場は私みたいなシネフィル(映画マニア)とがちのロッカーみたいな人たちで
満席!



いやぁ 面白かった!
「スタンド・バイ・ミー」などで知られる監督 ロブ・ライナーの初監督作品なのですが
70年代のビートルズやらローリングストーンズらのエピソードをちょっとずつパロディしながら
ダサくもあり情熱的でもあった ロックスターたちの生態を大まじめに描き出しているのです。

ドキュメンタリーは取材されてる人も 取材している人も真面目であればあるほど
中で行われている事の非常識性が浮かび上がります。
それを構造ごとパロディにした ロブライナーの才気爆破つっぷりは素晴らしいです。

といっても本当に撮影自体は地味なのです、ただ中で行われている事がアホ
でも真面目にそのアホイベントを受け止めていると、そのうちに悲しみのようなものが
あふれてきます。

多分この作品は演者と監督がキャラクターについてしっかりと詰めに詰めたあと
ふんわりとしたプロット(というかこれから起こる出来事)を時に真面目に受け止め
時にどっきり風に、要するにアドリブ風味も入れて撮ったのでしょう。

だからちょっと方法としては、ニューヨーク派のジョン・カサベテスにもちょっと似ていて
それでいて アホ全開・・・こりゃさすが キング オブ カルトムービーですわ・・・。

それに今この21世紀から見ると ロン毛・ピチピチパンツのロッカーってダサいですよねぇ。
だから今見て良かったんじゃ無いか?と思いました。

フィンランドのオフビートムービーの巨匠 アキ・カウリスマキは今まで
「コメディだけど 映画としては小津さんの影響が強い」と思ってましたが
もしかしたら カウリスマキは 普通にこの映画のファンだったんじゃ無いでしょうか?
「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」なんて ホントメッチャこの
映画の影響下にありますよ!

いやぁ、ずっと見ていられる素晴らしい作品でした。


by AWAchampion | 2018-06-18 01:29 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

エアカナダで見た映画 帰り編です
■Catch me if you can
 スピルバーグが実話に基づいて作った作品で、デカプリオが扮する18歳の若き詐欺師が
家出後、パンナムのパイロット→医者→弁護士と次々と変身しながら小切手詐欺を
繰り広げ、それをトムハンクス扮するFBIの捜査官が追っていくというストーリーです。


冒頭のタイトルバックが シャレードみたいなとても小洒落たビジュアルイメージでした。
だから「おしゃれ泥棒」「黄金の7人」みたいな 華麗な泥棒稼業の話かと
思ったら、むしろウソがばれないかビクビクしてる、詐欺師の内面に光を当てた作品でした。

でも、そちらの方がキャラクターに人間味が出て、良かったと思います
実話だから本人に聞き取りインタビューをしてるんでしょうけど、やっぱり
本人から出る話は、華麗な成功例というよりは「どうウソを取り繕ったか」の成功例でしょう。

さすがスピルバーグ。
それに「そちらに光を当てるよ」というのは既にOPの曲が陰鬱なマイナーコードであるところで
示唆されていました。
その辺のストーリーのレイヤーの深さも素晴らしい作品だと思いました。

でも、同じ題材でデ・パルマ版も見たいなぁ・・・ガイ・リッチー版でもイイや

■ハリー・ポッターと賢者の石
 私は自他共に認める子ども番組の専門家ですが、恥ずかしながらハリー・ポッターシリーズを
見たことがありませんでした。見るなら最初から・・・というわけでこの作品を見ました。
本当に イギリスそのものの作品ですね。
上流階級の子供達が 寄宿舎で育っていくシステムは基本的に 本当のイギリスの制度そのものです。
そこにちょっとだけ魔法の要素を加えたところに、成功があるのでしょう。

 ハリー・ポッターやハーマイオニーもこれぐらい普通の子の方がピンときますよね?
この後エマ・ワトソンはメチャクチャ美人になってしまいますが、本当は赤毛・そばかすの
ぶちゃいく魔女の方が、このお話には合ってると思いますけどね。


by AWAchampion | 2018-06-18 01:06 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

ニューヨークロケの行き帰り
エアカナダで映画を4本見ました

■ブラックパンサー
マーベルコミックの映画化シリーズの一つで、出てくる人が殆ど全て黒人という
作品です。




アフリカの奥地、小さな農業国 ワカンダ。しかしこの国は未知のヴィヴラニウムを
生みだし、それによる高度な文明を築き上げていたが、そのことを鎖国によってひた隠しに
していた。
その国の王は皆、聖なるハーブの力で ヒーロー ブラックパンサーとなり
そのヴィヴラニウムを平和利用のために、そして鎖国のために戦う戦士となるのであった。

そのワカンダで新たな王が誕生したが、跡目争いから謀略によってその座を追われ
王座を略奪したいとこは ヴィヴラニウムを世界征服に使おうとしていた・・・


という、まあ貴種流離譚の一つですね。
マーベル映画はとかく「いや、漫画はそうなってるのかも知れないけど強引だよ」という
展開も多いのですが、この映画に関してはとても人間関係やそれぞれのモチベーションが
シンプルに整理されていて、見やすいおとぎ話になっています。

マーシャルアーツに長けた人民の支持の厚い王子が、謀略によってその王座を追われ
艱難辛苦の飢えに 格闘によって王座を取り返すという意味で、インド映画の
「バーフバリ」とちょっと似ているかも知れません。
そして「バーフバリ」より相当オシャレです。

が!逆に言うと「バーフバリ」のような過剰すぎるアクション・濃すぎるキャラ・深すぎる彫りの顔
くさすぎる台詞・くどすぎる映像表現の『全部入りマサラ ドロドロ具だくさんカレー』を食べてしまった
身体には、「ブラックパンサー」は「さらさら 野菜スープカレー」みたいかもしれません。
まあどちらがイイ悪いでは無く、そういう感じがしましたね。

■カーズ3
 ピクサーの名作「カーズ2」の続編です。カーズ・シリーズというのはアメリカのカーレースで、
高慢で恐れ知らずのライトニング・マックイーンが頂点に上り詰めるも、スランプに陥り
田舎の小さな街で 古びた車の仲間たちとの交流や、消えた過去の伝説の王者との出会いから
人と人とのつながりを思い出し「車は一人では勝てないんだ」と学んで
王座に返り咲くという作品です

で、その第三弾ですが、前作で田舎の友達や伝説の王座の指導により 破竹の勢いで勝っていた
マックイーンに、世代交代の波が押し寄せます。彼らは空力工学を駆使し、科学的なトレーニングで
勝ちまくり、旧世代のマックイーンとその同型車たちは負け続け、次々と仲間が引退していきます。
マックイーンも負けがこむことで、スポンサーが代わり、科学的なトレーニングを積むのですが
どうも性に合いません。
そんななか 若いトレーナーのラテン系娘 ラミレスと対立してしまうのですが、彼女の提唱する
科学的トレーニングより実践的なトレーニングが良いと主張するマックイーンは彼女を
草レースに連れ出し 本当のレースを経験させます。
そのことで、お互いがわかり合い、お互いのスキルを交換しつつマックイーンは引退をかけた
レースに臨むのですが・・・

というお話です
この話は オチまでは書きませんが
私はこのエンドは「え?これでいいの?」と思っちゃいました。

ハリウッドの脚本アナリシスには「オチは 観客の誰もが『こうなったら良いのにな』と思いつつも
今のまま行くと絶対そうならないような所に落とせ」という有名な言葉があります。
しかし今回のこの映画のオチは、バッドエンドじゃないんですけど・・・腑に落ちないエンドです。
う~ん?それでみんな満足するかな?
それで続編出来るかな?
違うオチの方が良かったと私は思いました








by AWAchampion | 2018-06-16 15:33 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

まあNYに行ってロケしたら
「ここは行くよね?」のポイントが幾つかありますよね?

行ってきましたよ!
まず ダゴダハウス
そうジョン・レノンが住んでいたペントハウスです
どうやら「2ベッドルーム 10億円」だそうです。
お金持ちの方は購入されてみては?
a0054076_03052670.jpg
a0054076_03072087.jpg
つづいてセントラルパーク!
それも 真ん中の「シープ・メドゥ」という芝生の所です!

そして対岸から見たマンハッタン
a0054076_03083228.jpg
a0054076_03080304.jpg
いやぁ・・・単純に楽しかったですよ。
今度は普通に旅行でニューヨーク行きたいなぁ・・・

by AWAchampion | 2018-06-16 03:09 | Diary | Trackback | Comments(0)

今回のニューヨークロケ メインはトニー賞でした。

え?トニー賞って何って?

それは、今年で72回を迎える アメリカ演劇界最大の賞で
いわば演劇のアカデミー賞というわけです。

今回の番組はミュージカル俳優 岡田浩暉さんがトニー賞にあわせて
NYに行くというコンセプトの番組です

ということで、ラジオシティ・ミュージックホールに行きましたよ!
私も!!
a0054076_02523760.jpg

これがトニー賞のプラチナチケットです!!
a0054076_02511481.jpg
a0054076_02515740.jpg
ラジオシティ・ミュージックホールの前は 黒山の人だかり!
いやぁ 私も遂にここまで来ました。

今回のプロデューサーの一人で
「平成中村座」特番のプロデューサーでもある後藤博さんと
一緒に 感慨深く記念撮影!

a0054076_02532299.jpg
a0054076_02542872.jpg
a0054076_02543992.jpg
さあ、遂に中に入りますよ!!

a0054076_02550567.jpg
a0054076_02552633.jpg
なかはこんな感じです!!
いやぁ 周りはタキシードが普通の格好。私は礼服で行ったんですが
カジュアルすぎました。
周りもみんな女優さんとかばかり!ちなみに安蘭けいさんもいらしてましたよ。

a0054076_02572113.jpg
a0054076_02574037.jpg
ラジオシティ・ミュージックホールと言えば レビューの殿堂で
クリスマス時期のロケットダンスは超有名です。見てみたいなぁ・・・

中は・・・残念ながらCBSさんとWOWOWさんが権利を持っているので
見せられません。

でも本当に素晴らしい体験でした

4時間半のトニー賞を間近で見た感想
■10以上の ミュージカルの1場面をほぼ完璧に再現していくのです
 その進行の凄さと言ったら!!もうほぼ紅白ですよ!
 それにそれをきちっと割って撮影しているわけです。
 テレビ屋としてはCBSのレベルの高さにビビりました!すげぇやアメリカ!!

こうしてクライマックスの1日は過ぎていきました





by AWAchampion | 2018-06-16 03:02 | Diary | Trackback | Comments(0)

さてさて6月8日から13日まで ニューヨークロケでした
その 第二弾です

今回のロケは ミュージカル俳優 岡田浩暉さんがエンタメの街ニューヨークの
大人の楽しみ方をご提案するという 番組のロケでした

そこで 2013年にトニー賞を獲ったミュージカル
「KINKY BOOTS」のプロデューサー 川名さんとのインタビューがあったので
みんなで見ることになりました

私は昨年 「世界力2」のロケでニューヨークに来たとき
東海テレビの東京制作局長 横田さんと一緒に「何か1本ぐらいミュージカル見よう」
と言うことになり「KINKY BOOTS」を見るはずだったのですが
結局「ミスサイゴン」にしたという経緯がありました

そこで今回は楽しみにしてたのです
a0054076_02205194.jpg
話は、イギリスの田舎町 頑固だった父が亡くなり、残されたのは小さな靴工場と
職人たち。息子はもう売ってしまおうとロンドンから帰省
工場を久しぶりに訪れるのですが、そこで見たのは子どもの頃かわいがってくれた職人たち。
そして大きな負債。
何とかしなくちゃ・・・・

そんなある日 出会ったドラッグ・クイーンのローラから「男性が履けるような耐久性に
優れていてゴージャスなピンヒールブーツが無い」との相談を受け、
そのアイデアに光明を見いだします。

で、そのローラがまた素晴らしいデザインセンスの持ち主!工場での試作品は素晴らしい出来で
職人たちは盛り上がります。
しかし、これをこの工場の製品として本当に売っていくことへ、勇気が出ない・・・
また偏見もある・・・
どうしたらいいんだ・・・
そんななか ミラノで行われる国際靴フェスティバルに出展が決まってしまいました。
どうする?

というお話ですが
・・・・・メッチャ面白かったです。
とにかくドラッグ・クイーン ローラの役をやった黒人の青年 J Harrison Greeがメチャメチャ
良くて岡田さんも「彼は一体どんな経歴なんですか?」とビックリしていました。
どうやらこの「KINKY BOOTS」で抜擢を受けた役者さんらしいのですが
堂々としていて 声量がメチャクチャあって、セクシーでハンサムという素晴らしい出来でした

見た直後の私の顔ですが
「コレは面白かった!」って感じでしょ?
a0054076_02345343.jpg
まだまだ人気ミュージカルですが「KINKY BOOTS」激推しですよ!

さて今年のトニー賞新作ミュージカル部門にノミネートされていた
作品は
「FROZEN」(アナと雪の女王)
「Mean Girls」(ミーン・ガール)
「SPONSE BOB」(スポンジボブ)
「The Bands Visit」
の4本でした。
トニー賞の選考委員もされている「KINKY BOOTS」のプロデューサー 川名さんに
伺ったところ、「そりゃダントツで「The Bands Visit」がいいですよ!
この1本だけオフブロードウェイから上がってきた作品ですしね」という
事だったのですが
残念ながら 岡田さんとあと2枚しかチケットが獲れず
私は泣く泣く諦めることになりました。

で、代わりに やはり子ども番組ディレクターとしては
「スポンジボブ」のミュージカル版は見ておかないワケには
いかないでしょ?

と言うわけで行ってきました
a0054076_02351620.jpg
a0054076_02400596.jpg
しかし・・・私は残念ながらスポンジボブの事をあまりに知らなすぎました。
スポンジボブのキャラが人間化して キャラが言いそうなギャグを言う度に 場内の観客が
老いも若いもドカンドカンと受けるのですが
全然知らないと、何だか分からなくて孤独感が半端なかったです。
いや、ミュージカルで使われる英語ぐらいは私分かるんですけど、キャラ芝居の場合 ストーリーは
二の次みたいなところがあるじゃないですか?
例えば、吉本新喜劇のすち子の回で、「うどん屋さんを立て直す話だ」というのは分かるのですが
なぜ乳首にドリルをするのか?そして何故ヤクザが抵抗もせずに「すんのかい?」と
連呼しているのか?が全く分からないとしたらどうですか?
それ!その状態に陥ってしまいました。

しかしビジュアルイメージは素晴らしく、様々なインスピレーションを得てきました。
今後の子ども番組のバンバン活かしますよ!!

そしてその翌日
ついにあそこに行くことになったのです・・・
つづく



by AWAchampion | 2018-06-16 02:48 | Diary | Trackback | Comments(0)

さてさて、6月の8日から13日まで ニューヨークにロケに行っていました!

しかし行きから結構なハプニングがありましたよ
6月8日は 17時半頃成田発のエアカナダで カナダのモントリオールを経由して ニューヨークに
入る予定でした
ところが11時頃 自宅にエアカナダさんから電話があって・・・
私「どうしたんですか?」
カナダ「実はモントリオールから成田に来る飛行機が3時間以上遅れてます。そのままだと
    その機体を使って出発する成田発の便もそれだけ遅れるので、ニューヨークにたどり着けません」
私「ええええ!」
カナダ「そこで羽田から17時に出る トロント便で トロント経由ニューヨークはどうでしょう」

ということで 急遽 羽田出発になりました
a0054076_02035235.jpg
a0054076_02101840.jpg
a0054076_02103636.jpg
a0054076_02114207.jpg
今回 初めてエア・カナダに乗りましたが、機内食は日本食っぽいのが出ましたよ
赤飯と鶏の煮物。まあ美味しくは無いですけど、これも人生修行です(笑)
a0054076_02131093.jpg
なんと朝食(機内で3食目)は 鮭のおかゆ。カナダ人のデカいCAさんが「オムレツ?or オッカッユ?」
と聞いて来たときは、何事かと思いましたが、まあ日本人にとっては
胃に優しいおかゆが機内食で出るのはアリですよね。

そしてトロントから ニューヨークに入ったので、大陸間航路が止まるメイン空港JFKではなく
ラガーディア空港に入りました。
ラガーディア空港に行ったことあります?なんかメッチャ地方空港テイストの小ささで
しかも 今全面改装中。
タクシーに乗るのに各ターミナルからバスで一旦集められて 乗せられるという感じで
ゲートを出てからタクシーに乗るのに1時間もかかりました。

しかもご存知でしたか?こういうカナダ経由便の場合、なんとトロント空港にアメリカの
入国審査があり、(カナダの入国審査はありませんでした)
カナダ領内でアメリカに入るという訳の分からない事になっていました。

まあこれも人生修行ですね。
a0054076_02152006.jpg

今回のニューヨークロケは メインが「エンタメとミュージカルの町」というくくり
と言うことで ここ行きますよね?まずは・・・・
a0054076_02193062.jpg
タイムズスクエア!
世界一賑わう交差点ですよ!
いやぁ・・・気分上がりますねぇ


こうして第一日は過ぎていったのです
つづく・・・


by AWAchampion | 2018-06-16 02:21 | Diary | Trackback | Comments(0)

さて、久しぶりの告知です
6月20日に VAPから
「だい!だい!だいすけおにいさん!!」シーズン2のDVD 第1巻が
発売になりますよ!

第1話~第3話までが収録されています!!
特典映像もたっぷり!

是非お手にとって下さいね!!

今回は自信作ですよ!!
2歳~6歳のお子さんなら もうヘビーローテーション間違いなし!!




by AWAchampion | 2018-06-07 18:38 | 告知 | Trackback | Comments(0)

私は子どもの頃からアウトドア的な活動が大嫌いで
キャンプとかバーベキューの何が楽しいのか?分からない子どもでした。

多分父も母も同じような人で、私は家族でアウトドア体験などを殆どしたことが
ありません。
特に母はバレエの先生だったので足をくじいてはいけないと言う判断もあったのでしょう。

何でそんなことを書いたのか?

いや、先日ロケハンで アウトドア初体験を3つしたのですが
楽しかった!!

わはははははは。

まあ聞いて下さい。

とある番組の夏休み特番ロケハンと言うことで
日本の某所に行きまして・・・

■どきっ!はじめての川下り(ラフティング)
ラフティングって知ってますか?
a0054076_18014026.jpg
これこれ、こういうやつです(この写真はネットからお借りしました。私とは縁もゆかりもない
方々が映っています)

これ、私もやっちゃったんです。
いやぁ~~~~~
これは面白い!!!
ボートで川面に着水して、そこに座り込んだ瞬間のドキドキ感ったら!!
川の流れをお尻に感じて進むボートの何と頼りないこと。
そして、多分何てこと無い渦なんでしょうけど
そこを乗り越えるときの スリルったら!!
ひゃっほ~~!

■どきっ!初めての乗馬
馬もねぇ・・・初めて乗ってみました
私は80キロ近くあるのでポニーというわけにはいかず、
ミニチュアホースという、ポニーよりはちょっと強い馬に乗りましたが
才能が無いのか?変なところに力が入って
グラグラして馬はたってるだけなのに落ちそうになり、
乗馬クラブのおやっさんに「監督さん、ビックリするぐらい下手だね」と
笑われました。

■どきっ!初めての熱気球!
そして熱気球ですよ!熱気球!
初めて乗って見ました。
とはいえ体験乗船なので、30メートルぐらいだけでしたが
ゴンドラがふわりと浮き上がる瞬間は
それこそオズの魔法使いのオズになったような気分になりましたね。
でも意外にゴンドラは安定しているようで
まあもちろん大騒ぎはしませんが、少しぐらい動いても大丈夫という感じでした。

ただ変なもんで、いつもは携帯電話を手から落とすこと何て絶対無いですけど
30mの上空に上がると、なんとなく落としそうな気分になるというか
重力を感じるんですよね。
それが面白かったです。


写真を載せたいところですが
番組のロケハンなので勘の良い方だと、場所が分かっちゃうので
秘密にしておきます




by AWAchampion | 2018-06-07 18:11 | Diary | Trackback | Comments(0)