人気ブログランキング |

先日公開された「空母いぶき」を見てきました。

これはモーニングで今も連載されている かわぐちかいじ作の漫画が原作で
日本の空母が 第三国に襲われて、いやおうなしに戦闘状態に投げ込まれた・・・
その時どうする?

というシミュレーション・ウォー小説の作品でした


監督は若松節郎さん。私がお世話になることが多い 共同テレビのエース監督として
長い事知られていましたが、今はフリーでフジテレビ系のドラマを中心に撮っていらっしゃる
生粋のテレビドラマ監督です。

主演は西島秀俊と佐々木蔵之介
かなり男臭い(まあ軍隊ものですからね)映画ですが
本田翼が、たまたま空母の取材で乗り込んだ webニュースの記者ということで
出てきています。

ストーリーは原作とずいぶん変更されているそうです。
原作は 与那国島が中国軍によって占拠され、日本が
それを奪還するために 外交的戦略を立てつつ、空母いぶきを現場に向かわせて
自衛権を行使する。
しかしそのためには多くの「覚悟」が必要であった・・・というお話のようです。

で、映画はというと
近年 フィリピンルソン島あたりを根城とする 東亜連邦という国家を名乗る
集団が表れて、太平洋の国境を再画定しようと画策していた。
そんななか、日本の領土である 初島(架空の島です)に東亜連邦の船団が
上陸。日本領土を占領する形となった。そこで日本政府は空母いぶきを中心とする
船団を派遣し、終戦以来初めての戦闘状態に陥る

というかなり改変したストーリーになっていました。

見た感想はちょっと複雑です。
単純に 日本の自衛隊が交戦するというミリタリー趣味の側面については
知らないことも多いので「へ~こういう兵器があるんだ」とか「こういう風に指揮するんだね?」
みたいな ミリタリー初心者へのわかりやすい「海上自衛隊ハウツー」としては
面白かったです。

ただ、「シン・ゴジラ」の手法というか、戦闘状態の背景で日本の法律・憲法下で
なんとか国を守るためにギリギリの選択を迫られる政治家・官僚たちがメインで描かれる・・・という
構図がなんともおさまりが悪い気がしました。

「シン・ゴジラ」は意図的に膨大なハンコをもらわないと弾丸一発も打てない日本の政治システムというのを
徹底的に取材したうえでリアルに表現しつつ、こういうやり方なら国難を防げるよ?という
解決策まで見せたという映画でしたが
この作品は、そこまで踏み込んだんだろうか?という疑問が残ります。

また「シン・ゴジラ」は、まあゴジラ映画ですから戦争状態に突入することというよりも
「日本に3発目の核爆弾を落とさせない」という人間ドラマとして描かれており、まあそれは
日本人の心の中にある正義として理解できる気がしたのですが
今回の「空母いぶき」は 何度も「最低限の戦闘しかしてはいけない。相手の護衛艦に決定的な
ダメージを与えるのではなく、砲台やミサイルをピンポイントで狙って、相手の人命を失わないように
反撃せよ!」という指令が出ます。

「戦闘と戦争は違う。」

これがこの映画のキーワードで、公開前に佐藤浩市さんが「気弱で腸の弱い首相役の役作りをした」と
発言してちょっと右っぽい人の間で炎上しましたが、
確かにこの映画の思想に沿うのであれば、最後までためらう 悩み続ける総理像は
演技プランとしては正解だと思いました。

なんですけど…

戦力の暫時投入というのは、最もダメな作戦だという事は昔から言われてきましたし
最近ではAIによる ゲームシミュレーションの場面でも よくそういう場面が出てきます。

つまり、初めに敵の数を見誤ると 局地戦で負けるので 負けた分だけ ちょっとずつ兵力を投入していく・・・
すると結局ずっと 相手よりも戦力が少ない状態がキープされるので、
ドカンと戦力を増やさない限り
ただこちらが無駄に人が死んでいく・・・という理論です。

これは旧日本軍というか、元寇ぐらいからの日本のダメな伝統とも言えます。
ミッドウェー海戦も インパール作戦も 乃木大将の旅順攻防戦も とにかく1対1的な
事にこだわって、戦力を劇的に増やさなったことによる 戦略上の無駄死にが
多くの悲劇を生みました。

この映画はまさにそれが繰り広げられて、どんどん窮地に追い込まれますが、
いろんな偶然から 一応ハッピーエンドに結びつきます。(まあ映画ですからね)

しかしこれは日本国内としては「正義」に入るのかもしれませんが、
実際それで海上自衛隊の兵隊さんが亡くなる描写も出てくることを見ると
むしろ「こういう 憲法の守り方の描写はかえって誤解を招くのでは?」との
思いを強くしました。

ウォーシミュレーション小説として、これは甘いのでは?
というモヤモヤがものすごく残って、ストーリーとしては疑問符がたくさん頭の中に
浮かび上がる結果となりました。

ただ、途中出てくる斉藤由貴はとてもかわいらしくて
御年50歳とは思えない感じで そこは楽しめました・・・。





by AWAchampion | 2019-05-31 23:44 | 映画・演劇など | Comments(0)

さてさて、告知させてください
2019年 6月1日と2日  梅田芸術劇場メインホールで
「吉崎憲治&岡田敬二 ロマンチックコンサート」が行われます。

私の父 岡田敬二は1963年に宝塚歌劇団に演出助手として入団し
5年目の 1967年に「若者たちのバラード」で演出家デビューをしました。

その時にチーフ作曲家としてお世話になった 吉崎憲治先生には
以来なんと50年以上にわたって そのままタッグを組んで数多くの
レビューを作り出すこととなったのです。

そして今年 吉崎先生が活動60周年 父が演出家人生55周年を迎えまして
お互いまだ健康であるということもあり、
二人が作ってきた レビューの曲のコンサートを開くことになりました。

そして歌ってくださるのは
瀬戸内美八(ロマンチックレビュー 第1作「魅惑」の主演)
剣幸(「ラ・ノスタルジー」「ル・ポワゾン」主演)
紫苑ゆう(「ラ・カンタータ」主演)
杜けあき(「ラ・パッション」主演)
涼風真世(「グランドホテル」主演)
姿月あさと(「シトラスの風」主演)

ほかにも 南風舞 こだま愛 朝海ひかる 大和悠河 実咲凛音 
美穂圭子 悠真倫 愛月ひかる 
毬乃ゆい 天羽珠紀 舞城のどか 桜一花 鶴美舞夕 咲希あかね 隼海惺
という皆様がお集まりいただけることになりました。

これは本当に素晴らしいことです
一人の演出家がそのキャリアですべての作品においてタッグを組んで
曲を作っていただける人がいるというのが、いかに幸運で素晴らしいことか・・・。

そもそも50年以上演出家をやることも
60年プロの作曲家をやることもとても大変なことですが
その二人がずっとタッグを組んできたとは・・・。

50年を超えるキャリアで 同じタッグが続くということは
それだけ積み重ねてきた絆や、お互いで作り上げてきた経験などが重なり合っているということなのです。

吉崎先生のご自宅は私の実家…つまり岡田敬二の家から歩いて30秒。
同じご町内で道1本で行ける距離にあります。
私は幼いころ、父に頼まれて何度か、吉崎先生のご自宅に資料となるレコードや
歌詞などをお届けした記憶があります。
先生はいつも優しく出迎えてくださり、一言二言お声をかけてくださったのを
今も懐かしく思い出すことがあります。

父は江戸っ子でどちらかというと気が短いたちですが
逆に吉崎先生は、たおやかな関西弁をお使いになる方で、子供のころの私には
とてもやさしい先生でした。
もちろん仕事仲間ですから
いろいろなぶつかり合いもあったんでしょうが、全然違う個性だからこそ
気が合ったのでは?と
私自身中年になった今では思います。

本当に父は、人の出会いに恵まれた演出家人生を歩んできていると思いますが
特に吉崎先生との出会いは、父にとって最も誇れる宝物なのではないでしょうか?

宝塚歌劇団は基本的には座長芝居の部類に入り
なかなかレビューの演出家や音楽家に光が当たることはありませんが、
こうして 世界にも稀な 出会いの奇跡が 一つのイベントとなって皆様に喜んでいただけることを
当事者の長男としては とてもうれしく思います。

そして綺羅星のごとき宝塚歌劇団のOGの皆さんもこうして
集まってくださった・・・。
本当にそれもこれもすべて 皆様の愛情を感じずにはいられません。

本当にこのイベントを企画・運営してくださった皆様や
チケットをお買い求めいただいた皆様に 心から感謝いたします。
ありがとうございます。

当日は私も東京から見に行きます。私自身いろんな思い出に浸りながら
コンサートを楽しみたいと思います。

a0054076_00123828.jpg
a0054076_00125097.jpg





by AWAchampion | 2019-05-26 00:13 | 告知 | Comments(0)

いやぁ~知らなかった。
いや実は、今まで見たことなかったので 国立劇場で文楽を見てみようと
今日のんびり向かったわけですよ。

だって文楽ですからね?

500人ぐらい入る国立劇場・小劇場ですが
言うても文楽ですから、当日券余裕であるでしょ?と思ってたんです。

ところが・・・・

え?


えええ?


えええええっ!


なんと週末4公演 すべて超満員札止め
一枚の余裕もなく完売ですよ。


いやー正直文楽の集客をナメてました。実は大人気なんじゃないですか?
知らないというのは恐ろしいものです。

でも文楽にとって、これは喜ばしいことでもありますね。

a0054076_11544120.jpg


by AWAchampion | 2019-05-25 11:54 | 映画・演劇など | Comments(0)

さてさて、ようやく5月の20日にホールでの外タレ&オーケストラの収録が終わり
ほっとしております。

そこで映画をボチボチ見ております

1)「アメリカンアニマルズ」
 これはかなり話題になっていた映画なので、時間ができて真っ先に見に行きました
実話をもとにした・・・というよりも実話の映画(と冒頭で宣言されます)なんですが
2003年にアメリカ・ケンタッキー州で起きた 大学生による絵画強奪事件を
本人たちのインタビューと ドラマをカットバックして見せていくという映画です。


監督はイギリス人のバート・レイトン。
イギリスではドキュメンタリーなどを作ってるテレビ監督さんらしく
そういう凝った構成になっていました。

内容は 4人の「イケてない」満たされない大学生活を送っている学生たちが
生きている実感を求めて、でっかいことをやろうと言い出して
大学の図書館にある10億円の書籍を盗み出そうと計画します。

映画「レザボアドッグス」やら「オーシャンズ11」やらを見て
悦に浸る彼ら、しかし実際は杜撰すぎる計画と、罪なき図書館司書を傷つける
ことになって、動揺します。
そして、悲劇が訪れました・・・。

というお話なのですが、まあ再現ドラマとインタビューのカットバックというのは
結構日本のテレビ手法っぽい感じで、意外に日本人の目からは目新しさは感じませんでしたが
だからこそ、そのクオリティもよく見えるわけで、この手法の再現ドラマとしては
とても演出も頑張っていたと思います。
手立てとしては この再現ドラマをドキュメンタリーっぽく撮るやり方もあるんですが
レイトン監督は、ちゃんとエッジのきいた映像演出を加えます。

まあネタ的にも、同世代のイギリスの監督ダニー・ボイルの「トレインスポッティング」や
「シャローグレイブ」が頭にあったことは確かだと思いますが、そういう意図は伝わりました。

ただ、実際の彼らの計画があまりに杜撰で、おバカちゃんなので、
凝った再現ドラマも、インタビューの中のかっこいい言葉も「笑ってはいけない〇〇」みたいに
見えてしまうという弊害がありました。
これは仕方ないんですけどね…。この手法をとる限りは。
でももう少し頭のいい人たちを題材にとっても良かったのでは?
もしくは、さすがに誰もが突っ込む計画上の弱点は フィクションでなんとかごまかしたほうが
よかったのでは?という気もしました。


2)「居眠り磐根」
 今、書店に行くと時代小説の棚が文庫のところにものすごく大きなスペースを取っています。
これはすべて、もともとカメラマンだった佐伯泰英が「書きおろし時代小説文庫」を始めて
当たったというところに端を発しています。
その佐伯泰英の代表作にして シリーズ累計2000万部という金字塔を打ち立てたのが
「居眠り磐根」。私も5冊ぐらいは手にしている作品です。
 テレビドラマとしてはNHKでありましたが、この度 映画化
監督は松竹の撮影所上がりの最後の世代 本木克英さん。


この話は40巻ぐらい続き、一話完結の形をとりながら徐々に登場人物たちの関係性が変わっていくという
平岩弓枝方式を取っています。
その中の本の1~2巻分だけを映画化したものですが、
もともとのストーリーがとても波乱万丈なので、映画としては楽しめました。

が、まあ正直な感想を言えば、本木監督はとても手堅いお仕事をされる方で
しかも松竹のご出身ということもあり、時代劇の変態的な美学をお持ちの方ではありません。
なので、演出も画面構成も、何もかも極めて「わかりやすく」テレビ的に撮っていらっしゃる
感じがしました。

良いんですよ?
分かりやすくていいんですけど、それはやっぱりお茶の間で見るテレビでの話。
せっかく映画館まで来ているのですから、もう少し作家性を前に出してらしても
良いのになぁ・・・という感じがしました。

特に照明や画角ですが、本来行燈の明かりを表現するためには 暗くていいんです。
でも暴れん坊将軍の末期みたいな、パッキパキの明かりで、テレビ的な中央に持ってくる
画角だと、美しくないんですよねl…。
監督さんのこだわりがもう少しみえてもよかったのでは?と思いました。

主演は松坂桃李さんですが、彼はハンサムでよかった‥という印象です。
むしろ 助演女優の木村文乃さんが 時代劇初めてということだったそうですが
すでに当代一の若手時代劇女優の貫録を見せていました。

さらに柄本明、佑親子が素晴らしい。

加えて元前進座の中村梅雀さんがベストアクト

この辺が映画を支えていたと思います。

それとは別に個人的な印象ですが、ヒロインの芳根京子さんが、どう見ても
若い時の中島ひろ子さんにそっくりで、『櫻の園』でパーマかけてきちゃう
演劇部長がカツラつけてる風に見えて、面白かったです。
というのは中島ひろ子さんは、数少ない私の、女優さんの友人なので
そんな印象になりました・・・。



by AWAchampion | 2019-05-24 13:29 | 映画・演劇など | Comments(0)

はじめての国立劇場

さてさて、私はもう東京に住んで 来年で30年になろうとしています。
そして演劇も映画も演芸も好きですから、都内のいろんな劇場に行ってきました。

でも、なぜか国立劇場は縁がなかったのです。

ということで、

a0054076_03273637.jpg
行ってきました!
国立劇場へ!

国立劇場は、日比谷や銀座、新宿、下北沢といった演劇の場所からは
ぽつんと離れた 半蔵門にあります

そもそも正門は駅などをむいているのではなくて
a0054076_03291771.jpg
皇居で、皇族方が実際にお使いになる半蔵門を向いているのです。
つまり本当に庶民のための劇場というよりも オフィシャルな芸を陛下に言上する・・・みたいな
位置にあると考えていいと思います。

大きな敷地内には劇場が3つ
まず、落語の定席としての国立演芸場
a0054076_03315815.jpg
文楽などが行われる
国立劇場 小劇場
a0054076_03322869.jpg
そして歌舞伎などが行われる
大劇場です

a0054076_03325555.jpg
私はせっかく初めて国立劇場に行くんだから
変わったものが見たいなぁ・・・とかんがえまして
チョイスしたのが
前進座公演でした。

前進座?とお思いの方もいらっしゃると思います。
簡単に説明すると、従来の歌舞伎は名優の息子に生まれないと、いい役にはありつけない
世襲制度が強く残る演劇です。
しかし、昭和に入り、それに反発する若手の歌舞伎俳優たちが松竹の興行形態から
独立し、歌舞伎役者たちによる劇団を立ち上げたのです。
それが劇団前進座といいます。

スターとしては 何といっても中村梅之助が挙げられます。
彼は1970年代に「遠山の金さん」で名をはせ、NHK大河ドラマ「花神」で主役をを務めるなど
テレビでもおなじみの時代劇俳優で、私は子供のころ彼のファンでした。

劇団前進座はその成り立ちから戦後、吉祥寺に劇団事務所+劇場+集団住宅+農地を確保し
一種のコミューンを作り上げます。
と、同時に歌舞伎の口語化や、女性座員の登用なども行い、現代劇も行うようになった
とてもユニークな劇団なのですが
歌舞伎はちゃんと伝統的な歌舞伎をやるのです。

私はまだ吉祥寺に前進座劇場があるときから 一回見てみたいと思いつつも
彼らが共産党に近く、ちょっととっつきにくいイメージもあったことから
なかなか見る機会がありませんでした。

で、たまたま彼らの年一回のメイン興行があると聞き
がんばっていってきました

演目は「佐倉義民伝」
a0054076_03431925.jpg
今の千葉県佐倉市あたりの実話だそうですが、
飢饉の上に年貢が前年比200%に上がり、飢え死にするものが
あふれ、たまりかねた佐倉の名主 宗五郎が、何度も殿や老中に訴え出るもかなわず
ついに御法度、死罪確定である将軍への直訴に及び、一族郎党 死罪になるも
年貢は軽減されたというお話です。

これは3幕6場からなるお話なんですが
2幕3場しか普段演じられない演目なんだそうです。
それをこの度 51年ぶりに前進座が通し狂言として上演したというわけです。

見た感想ですが、素晴らしい歌舞伎で、思わず涙するほど感情を揺り動かされました。

主演は嵐芳三郎 河原崎國太郎 山崎辰三郎
う~ん?あまり聞いたことがない歌舞伎役者さんですが、
この、あまり知らない役者さんというのが、逆にとてもよかった気がします。

基本的には 本当に正統的な歌舞伎なんですけど
幾分松竹の歌舞伎より口語的な言い回しになっているようで、普通よりスッと
ストーリーが入ってきました。

多分台本もいろいろ整理されているのでしょう。
形式は完全に従来の歌舞伎でありながら、ちゃんと現代の人にアピールしうる
名演だったと思います。

でも本当に思った以上に正統的な歌舞伎で
当然浄瑠璃もありますし、舞台も回り舞台もあれば、花道で見栄を切ったときには
「豊島屋!」みたいな掛け声もかかります。

歌舞伎というとどうしても歌舞伎座とか、勘九郎さんとか海老蔵さんみたいな
生まれながらのスターみたいなイメージがありますが
プロレタリア歌舞伎とでもいいましょうか、
非常に興味深かったし見てよかったです。

で、なにせ3幕もあるので 休憩時間もたっぷりあります。
国立劇場内を探検しました

a0054076_03543222.jpg
劇場はこんな感じ
多分キャパは1800ぐらいじゃないでしょうか?

歌舞伎の劇場らしく
ちゃんとでかい食堂があります。宝塚大劇場もこういう食堂ありますよね?
a0054076_03555829.jpg
でも団体客で大変なことになっていたので私は
幕の内弁当を買いました。
まさに「国立劇場で幕合いで食べる弁当」ですから
これが本当の「幕の内弁当」ですよね
a0054076_03565746.jpg
そんなこんなで 3時間たっぷり楽しんだ一日でした。



by AWAchampion | 2019-05-21 03:57 | 映画・演劇など | Comments(0)

木村進 亡くなる

木村進が亡くなりました…

といっても多くの方にとって あまり馴染みのない名前かもしれません。
しかし彼こそが、1970年代に すい星のように現れて
間寛平とともに 大阪で革新的な笑いを生み出した天才喜劇役者
〈浪速のバスターキートン〉なのです。

大阪には2つの大きな喜劇の劇団がありました。
人情噺の松竹新喜劇と、爆笑ギャグの吉本新喜劇。

松竹新喜劇は巨人 藤山寛美が泣かせて笑わせる
練りこまれた人情芝居で人気を集め、
吉本新喜劇は労働者、やくざなどが大衆食堂で織りなす
どぎついギャグで人気を集めました。

ただどちらも、まあ舞台の上で普通に歩いて芝居をしていたのです。

そこに現れたのが、当時まだ20そこそこの 木村進と間寛平でした。
彼らは舞台を縦横無尽に使い、書き割りセットだろうがなんだろうが飛び越えて、
体躯の動きとマシンガントークで、大阪の笑いにアクロバットな動きを加えました。
今の人にわかりやすく言うと、明石家さんまがジャッキー・チェンの動きで
笑わせに来る・・・というのが正解でしょうか?

ドリフが、綿密なる美術チームとの連携で、すばらしい立体喜劇を作り上げていましたが、
木村進・間寛平は 時にアドリブでセットの屋根に上ったり、おじいさんの杖で
セットぶち壊したりと 予定調和になりがちだった大阪の喜劇に革命を起こしました。

ただ木村進は1985年ごろを境に、体調を崩してフェイドアウトしていきます
それは 吉本新喜劇冬の時代とリンクしています。

今の吉本新喜劇は、間寛平の薫陶を受けた辻本茂雄座長の勇退とともに
コント世代の小藪座長に主役の座がバトンタッチし、面白さのフォーカスが体躯から
ストーリーに移っています。

長い不在によって忘れられた存在ではありましたが
確実に日本のお笑いに一時代を築いた天才だったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。












by AWAchampion | 2019-05-21 03:19 | 映画・演劇など | Comments(0)

う~~ん。

令和になってからいろいろと続きます。

一昨日ですが、夜中まで台本を書いた後寝たんですね。
そしたらどうやらPCの電源が抜けていたようなんです。
しばらくはバッテリー駆動しますが、それが寝ている間に切れて、
電源が落ちていたようなんです。

それはいいんですよ。

でもそれで変な負荷がハードディスクにかかったみたいで
昨日朝 それに気が付いて電源をさしなおして
再起動しようとしたら・・・

あれ?

もう立ち上がらないんです。


もう!!


と思ってPC修理に持ち込んだら


「ハードディスクが壊れてますね?直すなら30日ほどかかって
10万円です」


ひゃ~~


しかも今日明日もガンガン仕事がある身です
30日も待てません


で・・・



泣く泣く買いましたよ
新しいPCを。


前回のパソコンは富士通でしたがなんと2年半で壊れてますから
今回は堅牢で有名なパナソニックのレッツノートにしました。



22万ですよ。




大赤字ですよ




泣きそうです




まあおかげさまでめっちゃ快適に動くわけですが・・・。


by AWAchampion | 2019-05-16 03:08 | Diary | Comments(0)

令和・・・初悲劇

今日は令和初のロケということで、囲碁将棋チャンネルの特番生放送
「2018グランドチャンピオン戦」に参加してきました。

これは囲碁の昨年度の各タイトルの優勝者たちが出場。
トーナメント方式で争うカップ戦です。

今日午前中に準決勝が行われて、午後2時から決勝が行われました
生放送はその決勝を中継したのでした。

で、私の担当は その午前中の準決勝の取材と
決勝の始まる前の 雰囲気の撮影→番組エンドのダイジェスト編集
というものでした。2011年に1年間『週刊囲碁パラダイス』という番組で
週2回 棋戦取材をしていたという経験から今でも使っていただいているのです。

で、令和初と言うこともありまして、
今日はいつもより張り切ってカメラを回していました。
決勝の舞台である日本棋院2F大ホールは超満員! 
そこでその熱気を撮影していたら・・・

うっ?

あっ!

えっ!!

なんと三脚と固定してあったはずのカメラが
雲台とカメラを止めるビスから外れ、落下してしまったのです。

もちろん満員のお客さんから悲鳴
中継用カメラも私に集中! 
プロデューサーさん以下みんなその悲劇を目撃しました!

その瞬間、世界はスローモーションになりました。

あ、

カメラが

落ちるううううううう!



ガチャン!!!


うわ~~~~~!

やっちゃった~~~~!


幸いレンズとかは大丈夫でしたが
バキ!っとカメラ本体は割れていて どう見ても修理が必要!

そしてそのカメラは もちろんレンタル!

どう考えても私のいただく 一日分のスタッフギャラよりも
ず~~~っと ず~~~っと ず~~~~~~~~っと 修理代は高いです。

はぁ~~~~~~


私の令和は幸先最悪のスタートとなりました・・・。ハ~~~~~。





by AWAchampion | 2019-05-06 23:38 | Diary | Comments(0)

まあ告知って事でも無いですが
明日、CS囲碁将棋チャンネルで14時から「グランドチャンピオン戦」の2時間半生放送があります
私もスタッフの一人として呼ばれまして
明日は日本棋院の中でバリバリ取材してます。
久しぶりに囲碁取材記者として頑張ります!

なかなかマニアックなチャンネルで、私の名前とかが出るわけでもないので
わざわざ見て下さいとはもうしませんが、囲碁が好きな方は是非!

by AWAchampion | 2019-05-05 22:50 | 告知 | Comments(0)

旧共産圏SFナイト

5月4日の土曜日は 有名名画座の池袋 新文芸座で
『旧共産圏SFナイト』というオールナイト興行が行われました。

ラインナップは
「不思議惑星キン・ザ・ザ」(1986年 ソ連)
「イカリエXB1」(1963年 チェコスロバキア)
「惑星ソラリス」(1972年 ソ連)
という素晴らしさ

で、見てきました!
『不思議惑星キン・ザ・ザ』は日本公開当時 1987年あたりに
キネマ旬報誌上などで大特集が組まれていた カルト映画です。
しかしその当時私は受験生だったこともあり
また大阪は意外に(マア私は兵庫県民ですが)そういうアート系
単館映画館が当時はなかったので 見る事が出来ませんでした。


というわけで 有名な映画で 旧ソビエトでは1800万人もの人が見た
超メジャー映画らしいですが、初見でした。

いやぁ~素晴らしかった。
ある日突然ソ連の街角から 砂漠の惑星に飛ばされた中年男とバイオリンを持った青年が
変な階級社会である惑星キン・ザ・ザで生き抜いていく・・という映画なのですが
終始オフビートコメディな中に、風刺も含まれつつ、ヘッポコスチームパンクな感じも
あって、
「ジム・ジャームッシュが作ったスターウォーズ」
「ラピュタの登場人物が全部サザエさんになった感じ」みたいな素晴らしさ!
35年越しの念願が叶って見て良かった。

『イカリエXB1』は1963年に当時のチェコスロバキアで作られたハードSF作品で
造形やストーリーがその後のキューブリックらの作品に色濃く影響を及ぼしたと
される幻の作品です。
2016年に アイスランド・チェコ・ノルウェーの協力によってオリジナルネガからの
修正が行われ、非常にクリアーな形での上映が実現しました。
昨年日本で公開されて かなり話題になった作品でもあります。


もう造形からして メッチャカッコ良い!この時代の共産圏は資本主義国家とは
違った科学の進歩をしていて彼らが思う近未来造形は、我々からしたら
未知のもので、非常に興味深かったです。

同時代の日本のSFでいうと東宝の名作「妖星ゴラス」(1962)が挙げられます。
これはゴラスと言う星が地球に激突しそうになり、地球連合軍がゴラス爆破か?
地球の軌道を変えるか?みたいな事を繰り広げるという名作です。
(昨年殆ど同じストーリーの作品が中国でパクり?公開されて大ヒットしたそうです)

東宝に代表される日本のSFはもっと爆破やらビームやらが出てきて 
ゴジラもそうですが、「受難と克服」という感じのストーリーが多いのですが、
(多分それは日本人の戦争観が投影されているのでしょう)

「イカリエX51」は地球から派遣された数十人の隊員が宇宙船イカリエにのって
異星人がいるであろうと思われる 小熊座の星雲に飛んでいくというストーリーで、
「人民の意思により、新しい地平が開拓される」という共産圏的な理想が描かれます。
そんなところも 違いが見えて面白いなぁと思いました。

で、本来ならその後
かの巨匠アンドレイ・タルコフスキーの超名作「惑星ソラリス」があったのですが
そりゃ夜中の3時からあんな沈思黙考型の映画を見たら 100%寝ます
しかも見たことあるし・・・。
と言うことで今回はパスして 歩いて帰ってきました。
朝になってTwitterを見てみたら
「ソラリス見たかったけど寝落ちした」報告多数でした(笑)



by AWAchampion | 2019-05-05 11:44 | 映画・演劇など | Comments(0)