最近ヘビーローテーションで流れている
サントリーの 「LUCKY サイダー」のCMを見たことがありますか?



製作者は 今、旬のモデル 佐々木希ちゃんの可愛らしい一面を出したかったと
思うのです。
ガッキーのポッキーの線を狙ったんですね。

ただ・・・。

ちょっと拙さが前面に出すぎている気がします。

まず英語がめちゃくちゃ、歌がジャイアン、さらに動きもぎこちないです。

多分、佐々木希ちゃんが、ある意味絶世の美女だからこそ、拙い部分を強調したのでしょうが、
どうでしょう?
彼女はこういう風に扱われるより、もっとクールビューティっぽい方がいいのでは無いでしょうか?

というのは、彼女が何歳なのか知りませんが、こういうのは多分大橋のぞみちゃんぐらいの
ちぴっこがやるからいいのであって、こんな大人がやると、ちょっと異様に見えますよね?
# by AWAchampion | 2009-04-15 01:27 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

ケーブルテレビのJ-COMに加入の方々はご存知かもしれませんが、
普通にCSが見られるほかに、「オンデマンド」と言って、
ドラマ・映画などを番組ごとに個別に買うことが出来る
機能がついています。

私も引っ越してJ-COMエリアに来たので、色々と
リモコンをいじっておりました。

「ああ!ウルトラマンやウルトラセブンが全話ある!」
「おお!仮面ライダーV3が!」
「ダークナイトがある!」
「おお!リチャードホールが!」
などと見ていたら・・・。

すると!

キッズ→キッズ→ と進んでいくと


なんと、

われらが「サンリオぽこあぽこ」がど~んと全話
アップされているではありませんか!



おお!



現在TSUTAYAでのレンタルも絶好調ですが、もしお近くに
ビデオ店の無い方!
是非、J-com オンデマンドでもご覧下さい!


しかしビックリしたナァ・・・。
# by AWAchampion | 2009-04-07 17:09 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

私は食べ物でほとんど好き嫌いはありません。

でも、「好んで食べない」
「なんとなく好きにはなれない」食べ物ってありますよね・・。

その1 「タコライス」
沖縄発のご存知タコライス・・。ご飯の上にみじん切りのキャベツ
ひき肉のいためたもの、チーズ、ケチャップなどが乗った
人気メニューです。

ただ、私はいつも思うのです。
「なんだか、お弁当箱をひっくり返しちゃったみたい・・」

タコライスは、具と米を別々に盛った方が
遥かにおいしそうに見えるのは、私だけでしょうか?


その2 「ハンペン」 おでんの中でふんわり膨らんでいる白い奴。
そう、ハンペンです。

しかし私はいつも思うのです。
「これ、要る?」

私は噛み応えがある食べ物が大好きです。
噛み応えランキングで言えばワーストに入るハンペンは
どうしても好きになれません。
別に食べろといわれれば食べますが・・・。


その3 「みたらしだんご」 お団子って、確かにアンがかかっていたり、
蜜がかかっていたりして、ビジュアル的には大変
おいしそうに見えます。

しかし一口食べると、いつも私はこう思うのです。
「あれ?表面に比べて、中身は気を抜いていないかい?」
何でしょう?団子の奥の方の部分って味が薄いですよね?
かといって、表面にかかったアンをその薄い部分に
馴染ませる方法って、ありそうでない気がするのですが・・・。

アレが、例えば団子に既に黒糖味とかがついていれば
素敵な食べ物だと思うのですが、今のままでは相当改善の
余地がありますよね?
# by AWAchampion | 2009-03-31 23:59 | Diary | Trackback | Comments(0)

薔薇のレコード針

昨日、ロケハンで中野の町を歩いていました。

ブロードウェイの脇にあるワールド会館という古いホテルの周りは
なんだかそこだけ昭和30年代みたいな古い一角になっています。
そこで、ずっと前から気になっていた木造の古い、中古レコード屋さんに
入ってみました。

中は、4畳半ぐらいのスペースで、ぎっしりとレコードが並んでいて
3分の一がポップスで、後の3分の2がクラシックでした。

すると店主のご夫人(70ぐらい?)が、声をかけてきました。
「あなたは、クラシックはお聞きにならないの?」
「いや、それほど詳しくは無いです。」
「あら、残念。お聞きになるといいのに、クラシックはね、
何百年も前からたくさんの人が聞いているから、
重みがあるのよ。音楽は一期一会だし、まあクラシックもきいてみてくださいな。」

そこから、彼女に色んなことを教えてもらいました。

聞けば昭和22年からやっているお店らしく、
実はSP盤のコレクションが充実しているお店でした。

知ってましたか?
SP盤って、20回ほど聞くと擦り切れてしまうこと。
SP盤って、販売は紙ケースに入っていますが、保存用に別に革製の
辞書みたいなケースがあったこと。
美空ひばりがデビュー当時、ステージで笠置シズ子のモノマネをやっていたこと。

他にも、
中野駅北口は、今でこそブロードウェイがあるが、その昔は中野学校があったから
中野の繁華街は今の新中野辺りだった。

などなど面白い話が満載でした。

特にビックリしたのは、SP盤コレクターの中でも珍品とされているのは、
イギリスで作られている、薔薇の棘を利用して作ったレコード針があるという
話でした。
薔薇の棘は乾燥させると硬くなり、先が細いのでレコードを再生する事が出来るそうです。
SP盤の再生機の本場はイギリスだそうで(これも初耳でしたが)
その針で聞くと、また鉄の針とは違った響き方をするそうです。

音楽は一期一会でしょうが、人の出会いも一期一会なんだなぁ。。。と
あらためて散歩の魅力を感じた一日でした。

a0054076_1315244.jpg

# by AWAchampion | 2009-03-26 09:13 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

いや~、今回のWBCは凄い展開になりましたね。

日本がアメリカを撃破して、決勝進出!

相手はここまで2勝2敗で、
お互いに他国には全勝しているという、因縁の韓国との大一番ですよ!

いや~ついにWBC決勝で日韓戦が実現してしまいました・・・。

しかし!今回は絶対負けてほしくありません!!

なんてったって、日本プロ野球と韓国プロ野球では歴史が違います。

日本プロ野球は、戦前にベーブルースをはじめとするアメリカチームと親善試合をして、
好投した沢村栄治らが、後に巨人軍を結成してから75年になります。

片や韓国は、元巨人新浦や元ロッテ白仁天が伝えてから約30年です。

ここは歴史の重みを見せつけて、しっかり勝って欲しいです。

2連覇へ向けて、頑張れ!ニッポン。
# by AWAchampion | 2009-03-23 19:17 | Diary | Trackback | Comments(0)

引っ越しました!

今週の初め、ようやく引っ越しました!

いや~大変でした・・・。

特に前の家の大掃除が大変でしたよ。

でも、前の部屋を掃除していると、そこで過ごした2年間の思い出が
そこかしこにあって、とっても感傷的な気分になりました。
特に前の部屋は、個人的に色々良い事があって、縁起が良い部屋だった
ですからね・・・。

でも、新しい部屋は部屋で非常に良い感じです。
今日からは、ケーブルテレビも入って、なんとなく巣篭もりになりそうな
予感がします・・・。
# by AWAchampion | 2009-03-21 01:14 | Diary | Trackback | Comments(2)

まもなく引越し・・・。

私事ですが、まもなく引っ越そうと思っています。

引越しの準備をしていると、やはり想い出がワッと立ち上がってきますね。
数年間すんだこの町と、もうしばらくお別れかと思うと寂しい気もあり、
次の町がとても商店街で有名な町なので、楽しみでもあり・・・。

変化の多い3月になりそうです。
# by AWAchampion | 2009-03-10 03:53 | Diary | Trackback | Comments(0)

昨年の9月から私のHPの方で連載しておりました
「ゼンマイ仕掛けのボビー」が、完結しました!

もしよろしければ読んでみてくださいね。


なが~いですけどね・・・。
# by AWAchampion | 2009-03-03 22:09 | Diary | Trackback | Comments(0)

先週金曜日に フジテレビ開局50周年記念番組として 歌謡番組の特番がありました。

わたしは編集をしながら見ていたのですが、そこで気がついたことがあります。

「ルビーの指輪」をヒットさせた当時の寺尾聡は、なんと34歳だったんですね!

今で言えば香取君とかと同い年です!

「雨の慕情」をヒットさせた当時の八代亜紀は、なんと30歳だったんですよ!

今で言えばほしのあきよりよっぽど若いですよ。

「悲しい色やね」をヒットさせた当時の上田正樹も、なんと34歳だったんですよ!


「赤道小町ドキッ!」をヒットさせた当時の山下久美子は、なんと23歳だったんですよ!

チャットモンチーよりも遥かに若いですよ!


いや~、みんな大人なんだと思っていたら、若かったんですね・・・。

あ、そうそう「冬のリヴィエラ」をヒットさせたころの森進一は35歳だったんですよ!


わたし、もう38歳です・・・。

え~「冬のリヴィエラ」って40過ぎの大人の歌だと思うのですが・・・。


いや~びっくりしました。
# by AWAchampion | 2009-03-02 00:30 | ビックリしたもの | Trackback | Comments(0)

滝田洋二郎監督について

先日、日本映画初のアカデミー賞外国語映画賞を獲得した「おくりびと」の
滝田洋二郎監督について書いてみたいと思います。

かれはもともとピンク映画の向井寛監督門下の獅子プロから出てきたのですね・・。

獅子プロにはわたしの先輩の菅沼隆監督が所属していました。
彼に直接聞いた話では、助監督としてテレビドラマにつくといただける30万のギャラのうち
10万を会社に納めた上で、のこり20万を獅子プロの10人の助監督で分ける・・・というぐらい
辛い修行時代だったそうですが、そこに耐えて、
80年代にデビュー。「木村家の人々」でメジャーデビューしました。

「木村家の人々」はわたしが大学時代にかなり話題になった映画ですが、当時
30代前半だったんですね・・・・。

それから一貫して、軽コメディが撮れる職人監督としての道を歩んできた滝田監督が
取ったというのがとてもいい話じゃないですか・・・。
# by AWAchampion | 2009-02-28 11:12 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)