つづいてこの映画も見ました

■「エンドレス・ポエトリー」
 かのカルト映画「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」を監督したアレハンドロ・ホドロフスキー
監督が86歳になって放った、最新作で、彼の自伝的なストーリー3部作の2部目です
私は前作「リアリティのダンス」を見ていないので、本当に多分大学生の時に「ホーリーマウンテン」を
見て「きもちわりー映画だなぁ」ぐらいの印象しかない状態で ホドロフスキー作品と再会する
事になりました

「エンドレスポエトリー予告編」


 もちろん私は一応文学部の学生ですし、当時1980年代から世界を席巻した南米文学は多少は
読んでいましたし、マジックレアリズムがどういう物か?も知っていたのですが、当時1990年代
初頭はむしろ南米映画よりも旧ソ連下で作られたグルジアのセルゲイ・パラジャーノフとかが
作る「東側のシュールレアリズム」がドンドン入っていて、その抑制の効いた表現と比べて
もっと「死と生と性が濃い」今風に言うと「クセがスゴイ」ホドロフスキー作品は
当時激賞していた人々のようには楽しめませんでした。


「ホーリーマウンテン 予告編」(グロ表現注意!!)
・・・・ね?きっもちわりーでしょ?
大学生当時 確か最後まで見なかった覚えがあります。


 しかし私ももう46歳。さすがに人生の酸いも甘いも分かる年齢になりました
そこで見たこの作品ですが・・・・

いやあ、面白かった!

冒頭 今は寂れてしまった田舎町の商店街に、今のホドロフスキーがたたずみ
「昔は活気に満ちた街だった」と語ると
モノクロの書き割りがバタバタバタ!っと立ち上がり いきなり喧嘩とグロと血と・・・
コビトと・・・みたいな風景が広がってくる そのオープニングから心をわしづかみにされました

最近そういう風に「映画の地平を広げたいと思っている人」の作品って、自分の中では
ご無沙汰だったこともアリ、「こうやって表現しても良いんだ!」という喜びでワクワクしましたね

愛していた母親だけ延々オペラ調で歌っているとか
いろんな表現が86歳になったからなのか?自伝的ストーリーだからなのか?
昔の作品よりも上品さをまして、見ていてとても楽しめました。
(昔のホドロフスキー作品って イメージとしては吐瀉物とウジ虫と死体みたいな感じで
 スクリーンで見ていて気持ち悪くなる感じでしたからねぇ・・・私の勝手なイメージですけど)

あと。。。
日本の状況も変わったんでしょうね
この作品は男性器がボカシもなしに バンバン露わになります
これは昔なら絶対修正が入りました
でももう こういう「芸術作品」は良いんですね?
正直結構ビックリしました

日本で私が男性器をスクリーンで見たのは
私が20歳の頃、なぜか早稲田の雄弁会が「西部進先生から借りたビデオテープの上映会」
という、今だと色々アウトな上映会が なんと大隈講堂でありまして
行ったら、それが大島渚監督の「愛のコリーダ(無修正版)」だったのです。
当然一発目から藤竜也のタツヤがタツヤで・・・そりゃビックリしたのを
覚えています
女性が卵産んだりしますしね・・・

話はそれましたが
今回初めて組んだというクリストファー・ドイル(「恋する惑星」で有名になった撮影監督)
との相性も良く、非常に情熱的なチリの街を生き生きととらえている感じが
素晴らしかったです
あなたが大人であれば、是非・・・。




# by AWAchampion | 2017-12-01 11:58 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

最近見た映画をここから3本まとめて 書きます

■「ブレードランナー2049」
 かのカルトムービー「ブレードランナ-」の続編で、今年快作「メッセージ」を発表した
ドゥニ・ヴィルヌーブ監督作品と言うことで楽しみに見に行きました

 ネタバレを含むので、ずばっと書いてしまいますが、もともと公開当時は
ルドガー・ハウワー演ずるレプリカントを追い詰める、人間の警察官ハリソン・フォードが
最後に最強のレプリカントを仕留めて良かったね・・・・という作品だったのですが
それから数年後?10年近くたってからですかね?リドリー・スコット監督がエンディングを
変えたディレクターズカットを発表しました。
そこには 闘いを終えたハリソン・フォードが眠りにつくと 彼が電気羊の夢を見る・・・
これはレプリカントの特徴である。というバッドエンディングに変更されていました。

実は原作ものちに読みましたが「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」というのが
そのタイトルですから、実はディレクターズカットこそ原作に忠実だったんですね。

で、今回はもうそれが当然のように進みます

今作を見た感想ですが、この映画単体でメッチャ良い映画です
とても深淵で思索的で、しかも世界観がしっかりできあがっているので、主役の
ライアン・ゴズリングだけでなくホログラムの彼女(アナ・デ・アルマス)の悲しみなども
本当に素晴らしく描けてると思いました。

レプリカントだのホログラムだのを描いているのに「人間」が描けているとは
これいかに・・・ですが、いやホントヴィルヌーブ監督の腕は確かです
「スゴ~イデスネ視察団」の総合演出である 津田さんが以前
「僕はね、ヴィルヌーブ監督作品は全て傑作だと思っているですよ!」と熱く語っていましたが
いやその通りですね。彼がカナダ・ケベック出身で 凄くフランス映画の良いところを
継いでいるのも好感が持てます
監督のタイプとしては もの凄く物わかりの良いテレンス・マリックって感じですね。

でもね・・・
これ、続編感薄くねぇ?

というのが第一の感想です
ぶっちゃけハリソン・フォード要らないでしょ?この世界観の中に。
と思いました

FBで書いたら 放送作家の武田浩さんから「その後に発表された短編とかも見ろ」と
ご指摘を受けましたが、まだ見てないので言い切っちゃいます。
前作の両バージョン見たファン的には
いやぁ・・・これはこれで完結した作品で、ハリソン・フォードは一瞬だけ出れば
良かったのでは?と思っちゃいました

# by AWAchampion | 2017-12-01 11:33 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)

日記の続きです

11月25日  朝5時起床 7時15分頃 新木場にあるとあるスタジオに到着。
      今日は錦織選手のインタビュー。対談をお願いするのは滝川クリステルさん。
      対談時間は限られているので、最後の最後まで質問内容を錬りまくる。
      実際にお会いした錦織選手は、メッチャ格好いい。
      一流のスポーツ選手は、みんなとんでもなく格好いいという共通点がある。
      前日打ち合わせしたとおり 滝川さんがビシビシ錦織さんにスマッシュを打ちまくる。
      あ、ありがとう!      
      なんとか時間通りにインタビューが終わる

      終わった後、タクシーを待つ間東海テレビの東京支局制作部長である、
      横田さんとしばらくお話をする。横田さんが東海テレビで手がけている人気深夜番組
      「ザ・ラストヒーロー」のディレクターさんに、「スゴ~イデスネ視察団」の
      チーフDの一人安井さんが入っていると聞いて、
      【世間は狭いなぁ】と再確認。          
      夕方自宅に帰る途中で某社のK氏から電話があり 
      正月のスケジュールを聞かれる。つまり仕事の打診。うわ~!どうしよう。
      基本埋まっているが出来なくも無いという微妙な日程!パズルがちょっとでもずれると
      崩壊する感じ・・・。

11月26日 まさに6週間ぶり?いやもっとぶりの完全休養日
     「ブレードランナー」見に行こうか?と迷ったが、身体が心底疲れているので
     【良い風呂の日】でもあるので、池袋にあるスパへ
     サウナでさっぱりして、足裏マッサージなど受けてのんびりしながら
     テレビ東京の「池の水全部抜く」を見る。ムムム・・・なるほど・・・
     この日は「地酒風呂」の日らしく、二度目に風呂に入ったタイミングがちょうど
     日本酒を風呂桶に注ぎ込む時だった。
     で、サービスですとのことで、風呂に入ったまま 頭から日本酒をぶっかけられる。
     「え?そういうこと?」
     まあ何かお肌がつるつるになった気がする


いやはや、一週間の日記だけでも結構たくさんありましたねぇ・・・

# by AWAchampion | 2017-11-27 02:06 | Diary | Trackback | Comments(0)

ここ一週間の私を 日記風に書きます

11月20日 前日19日からこの日の朝4時半まで 渋谷の編集所にて
     「Rの法則・西野カナ」回の編集2日目
     終わって急いでタクシーで帰宅 5時半。8時に家を出ようとするも起きたら8時55分!
     慌てて2分で家を飛び出し、10時からのナレーション録りに間に合うように渋谷の
     MAルームにスベリ込むも、最後のエレベーターで局のプロデューサーさんとハチ会う。
     遅刻もろバレ

     10時からナレーション撮り その後MAが19時に終わるが局Pさんに修正箇所を
     20カ所ほど、そして私自身も15カ所ほど直しを思いつく。
     急いで霞ヶ関の東海テレビ東京支社へ
     20時から打ち合わせ。年末の特番で錦織選手にインタビューする事になっていて
     そのインタビュー内容を宿題として課せられる

     21時半に打ち合わせが早めに終わり(結局宿題になったので)タクシーで
     アークヒルズのテレビ朝日映像へ。ここ1ヶ月ほぼずっといる。
     22時に会社に着き、最終編集 仮眠をはさみながら朝8時にようやく完成!

11月21日 前日からつながっていて 朝8時にようやく全て完成!
     思わず写真をFBにアップ!
     
a0054076_01342286.jpg
     先輩の佐藤さんからコメントがすぐ来て「塚地さん激似」と言われる。私これでも
     10歳の時は近所の婆さんに「東千代之助の再来」と拝まれるほどのハンサムだったが
     今似てると言われるのは 塚地さんか金正男

     編集所へ10時に入る。ここで機材トラブルが相次ぎ 結局局Pさんに見てもらったのが
     夜の11時 直し終了が25時半になる
     しかしこれで終わり。マジ終わり。
     ホッとする・・・・
     ちなみに局Pさんは、perfumeの記録映画の監督でお馴染み NHKの佐渡監督。
     そりゃ厳しいわ・・・
     しかしお会いしてみるとメチャメチャ人たらしで誰にも不快感を与えない感じで、
    【なるほど紅白の演出ってこう言う方じゃないと、猛獣たちを相手に出来ないんだなぁ】と
     感心&納得。

11月22日
     自宅に帰ったのが2時半 そこから久しぶりにゆっくり寝て、11時半に家を出る
     13時に中野坂上の新日本プロレス。そう!1.4東京ドーム大会の映像の打ち合わせ!
     色々ワクワクしちゃう!基本大江Pと塚本Pとプロレス談義!楽しいだけのお仕事!

     その後14時45分に築地の共同テレビに立ち寄り、HDDを受け取る
     15時に 隣接する朝日新聞社内の喫茶コリントで極めてインスタ映えする
     ランチを
     
a0054076_01393716.jpg
     その後16時に 台場のバンエイトに顔を出し 土曜日の撮影の件で天才カメラマン
     白石氏にアドバイスをもらいつつ、新年の仕事の打ち合わせも。
     18時半から 「Rの法則 ライブ&トーク 西野カナ(2)」が放送
     ツイッターを見る限り 好評だったようで何より

11月23日 朝7時頃から週末の錦織圭選手へのインタビュー案を作成 12時に一斉にスタッフに送付
     アドバイスを仰ぐ
     18時頃総合演出の松木さん(映画 中村勘三郎 監督)から 
     デカいダメだしが出て、落ち込みつつ修正
     同時に錦織さんにインタビューの時に見せる動画も編集開始。
     修正しつつ(これは他にも修正来るなぁ)と思ったのでさっさとお酒飲んでしまう

11月24日 早朝 思った通り作家の武田さん(ブラタモリの作家さんとして有名)から直しが来る。
     しかもこの日、日刊スポーツで錦織選手の密着記事が出て 軌道を大きく修正する。
     また錦織さんに見せる動画がようやく完成。
     15時半に東海テレビ東京支社で プロデューサーさん達と会い、翌日のインタビュー最終
     打ち合わせ。
     18時半から六本木ヒルズの最上回のとあるサロンで、とあるブランドの発表会があり
     そこで司会として出演する 滝川クリステルさんと打ち合わせのため会う。
     滝川さんとは10月にロケでご一緒したので、気心も知れている。
     彼女は取っつきにくいようなパブリックイメージだが 実はメッチャ良い人。
     翌日の錦織さん打ち合わせに際し、コンセプトや質問案を説明すると
     滝川さんはテレビ東京の取材で
     何度も錦織さんと会っているので「ここはこうした方が良い」
     と的確すぎるコメントを幾つももらう。さすがフジテレビで鍛えられてるだけある


長くなりすぎたので 次のページへ!


# by AWAchampion | 2017-11-27 01:56 | Diary | Trackback | Comments(0)

告知です
先週放送されて大好評だった Rの法則 ライブ&トーク西野カナの続編が
明日11月22日 18時55分~19時25分まで
NHK Eテレで放送されますよ!

今回はカナやんの「トリセツ替え歌」を全国から募集!
なんと海外からも!?

西野カナファン必見!

お楽しみに!


それにしても キツかった・・・・
2本連続で作るのはマジキツかったです



# by AWAchampion | 2017-11-21 06:11 | 告知 | Trackback | Comments(0)

さて、昨日11月14日にめでたく
NHK-Eテレ 「Rの法則」ライブ&トーク西野カナ(1)が放送されました

いやはや作るのは相当大変でしたが
さすがメインターゲットが10代!
ツイッターでガンガン書いて下さっていたので 
皆さんの反応が通常よりもダイレクトに聞けて
作り手としてはとても楽しかったです

胸キュンドラマは、すずみんさんとなおきさん、それにはーちゃんさんに
出ていただいて、とある廃校で撮影しました
台風が近づくあいにくの悪天候でしたが
おかげさまで キュン死に続出の なかなか良い感じに仕上がりましたね。

あれは実際HPに送ってきていただいた皆様のエピソードを元に
構成したので、本当に「平均値の理想の告白」なんだと思います

はーちゃんが画面下からぴょこんと出てくるのは
あれは、私がパペット演出に強いディレクターですからね
・・・はーちゃん=エルモって事ですね

西野さんもとてもスタジオで楽しんで下さったようです
いろんなVTRで爆笑して下さっていたのが印象的でした

10代限定ライブもたくさんの皆さんに来ていただいて
ちょっと西野さんが緊張しちゃったのか?
実は何度か収録のときに歌詞を間違っちゃって・・・
「ごめんなぁ・・・くやしいなぁ・・・あとちょっとやってんけどなぁ・・」
でもそれがとてもキュートでした
でも残念。さすがにそれは放送できません
スタジオに来て下さった方のボーナストラックと言うことですね

で・・・もう発表になっているようですが
(1)があるって事は(2)がありますよねぇ~~

今編集中ですよ。多分(2)の方がレアトーク満載かも?
どうぞご期待下さい

# by AWAchampion | 2017-11-15 15:41 | Trackback | Comments(0)

10月中旬から、ずっと赤坂のアークヒルズにあるテレビ朝日の関連会社さんで
延々編集しています

アークヒルズは 森ビルが開発した「◎◎ヒルズ」の走りであり
ビジネスビルでありながら、高級住宅街でもあり、カラヤン広場には
ベビーカーを引いた セレブママたちが歩いていたり
オーバカナルでお茶したりしています

そんな雰囲気ですから・・・近くにコンビニが無いんです

いや無いことは無いんですが、都心にしては結構歩くんです

で、その代わりになんと 成城石井が24時間営業をしています

私がいるテレビ朝日映像から成城石井までは徒歩30秒なので
どうしても夜中煮詰まると 成城石井で買い物をすることになります
すると さすが高級スーパーだけあって 細々とした物でもベラボーに
美味しいのです!

例えばこれ!
a0054076_10552774.jpg
成城石井のざくろジュース!これマジ激うまですよ
お値段は普通の160円ぐらい
イヤマジ 激うまです!おすすめ!
それからこれも!

a0054076_10562584.jpg
成城石井のフルーツプリン
これは290円ぐらいですが 超ウマ!
最近確かにコンビニスイーツのレベルが上がりましたが
全然違う!
編集で2日徹夜して 朦朧とした私が食べていきなりハイになるぐらい
がつんとくるうまさですよ!

イヤマジ
成城石井万歳!
板橋にも作って欲しいなぁ・・・

# by AWAchampion | 2017-11-12 10:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

告知 Rの法則

告知です

11月14日(火)
18:55~19:25 
NHKーEテレにて「Rの法則」ライブ&トーク 西野カナ
が放送されます

私はディレクターとして ガッツリ参加!
10代限定スペシャルライブあり!
胸キュン再現ドラマあり!
突撃インタビューありの カナやんファン必見!
いや、全ての10代女子必見の
ドッキドキ 恋バナスペシャルとなっております!

YOU!見ちゃいなよ!




# by AWAchampion | 2017-11-11 14:22 | 告知 | Trackback | Comments(0)

NHKの渋谷放送センターは 1971年竣工で、私と同い年です
そのときに作られた 101スタジオ(通称1スタ)は、当時東洋一の巨大なスタジオと
呼ばれ、そこから「ヤング101」など数多くの名番組が生まれました

1990年代に入り 砧TMCのレモンスタジオ1(スマスマのスタジオ)とか
2000年代にフジテレビ湾岸スタジオなど 似たような大きさのスタジオが出来ましたが
未だ、日本最大級のスタジオとして 現役で活躍しています

で、私 その101スタジオで、このたび演出をさせていただきました。

a0054076_16360925.jpg
そう、ガッツリ音楽番組 撮りましたよ。
紅白やってるようなスタッフさんたちと、撮ってきました

ライブで、お客さん300人入れて大騒ぎ!

詳しくは放送後しか告知できそうにないんですが、
11月14日火曜日の19時台 チェックしてみて下さい
Eテレで面白い番組がRかもよ?





# by AWAchampion | 2017-11-08 16:38 | テレビ | Trackback | Comments(0)

先日早速話題の映画「アウトレイジ最終章」見てきましたよ!
若干ネタバレするので 見てない方は逃げて逃げて!



さあ、良いでしょうか?
アウトレイジは北野武監督が初めて手がけたシリーズ物の映画で
今回は3作目

第一作は2010年 関東の一大暴力団 山王会の中の権力闘争を描いた
作品で、そのバイオレンス描写が話題と成り、
第二作の2012年「アウトレイジ・ビヨンド」は山王会の権力闘争が
関西の花菱会を巻き込み、謀略が謀略を生むリチャード三世みたいな話になりました

そして第三作は前作から5年の時を経て 花菱会と、韓国フィクサー張との闘いという
事になりました

このアウトレイジシリーズは シリーズと言いながら明確な色分けがあります
第一作目はバイオレンス描写のアップデート 現代日本の最新の暴力表現を追求した作品で
かなりスプラッタな表現も含まれています
第二作目は「言葉の暴力表現」に力点を置き、その中で1作目より遙かに練られた脚本で
じりじりと人間関係に潜む暴力を描き出しました

そして第三作
これは 冒頭の画を見た瞬間に「あ!」と誰もが気がつく仕掛けがあります。
そう、北野映画の最高傑作1994年の「SONATINE」そっくりなのです。

「ソナチネ」は、抗争に疲れたヤクザが沖縄で部下達とまったりとした時間を過ごしながら
死に時を求めていくという、乾いた暴力表現と厭世表現が素晴らしい90年代の傑作です。

つまりこの作品はビートたけし演ずる大友の最後の死に場所探しの映画なのです。
もちろんストーリーとしては 花菱会と張グループとの抗争が描かれるのですが
ビヨンドよりもまったりと、そして緩やかに描かれます。
全ては大友の暴力によって解決するという構図が 明らかに他の2作とは違います
ビヨンドは 結構途中まで大友は目立ちませんでしたからね・・・。

最終章というだけあって、老いたギャングスターが人生の最後の時を探す・・・と言う面で
ゴッドファーザーpart3にも似た風合いがあると思いました

この作品も非常に良い作品だと思いましたが
残念ながら 主要な出演者が皆70歳を超えてしまい すこし肉体表現の激しさに欠けるところは
否めません。
その意味で アウトレイジシリーズはやはり ビヨンドが最高傑作だったんじゃないか?と
思いました。





# by AWAchampion | 2017-10-12 05:15 | 映画・演劇など | Trackback | Comments(0)